ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

MACKさんのレビュー

ずっと問いかけられる”Why done it ?”

5.0
0

 「見せたいものがある」。そう連絡して来た親友の突然の自殺未遂。何でも話せる友だちだと思っていたのに、何故だか自分は蚊帳の外。彼女に自分の知らない顔があった事を知るなど、不安に満ちた空気感の中で物語は動き出します。


 学園探偵もの、という雰囲気でしょうか。しかし本来の探偵は自殺未遂をした親友であって主人公ではなく、主人公は見よう見まねで謎ときを開始します。


 もう一人の親友の存在、聞き込み、噂の出所探し。情報を集めながら主人公は真実を追い求めます。学校という、時間割がきっちりとしていて、行動のパターンが把握しやすい状況を利用した構成のしっかりとしたミステリーです。


 複雑な人間関係と相関がありますが、丁寧に整理されているので、主人公と一緒にヒントを紐解いて推理をして行く事ができました。


 彼女は何故、自殺しようとしたのか。彼女が見せたかったものとは。驚きの結末、その問いかけの答をぜひ。

登録日:2021/9/23 17:10

更新日:2021/9/23 17:08

問題を報告する

こちらはMACKさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムミステリー連載:2話完結

あなたを死なせるための手紙

この文字数の中に、どれだけのドラマが詰め込まれているのか。

 一切の無駄がない物を読んだという気がします。  タイトル、キャッチコピー、第一話の文言ですら、この物語には必要な文章だったように思います。読了後にそれぞれ意味が分かったときに、ああ……という言葉しか出ないかもしれない。  姉妹だからこそ、というのでしょうか。深い愛憎というものを見た気がします。  手紙の形で物語られる二人の人生は、読み手にも色々な感情を想起させ、ラストに向けて不穏な空気を感じさせます。  手紙によって最後に残されるものが何か、ぜひ最後まで読み切っていただきたい一作です。

カクヨムミステリー連載:23話

真夜とマヤ文明

古代文明と宝探し、多彩なキャラと豊富な知識に頁を捲る手が止まらない

マヤ文明の専門家である真夜は、さらわれた父と古代秘宝の行方を追って南米へ。冷静沈着な美青年とコミュニケーション上手なイケメンのオジサンの力を借りて、競争相手のトレジャーハンターと競いながら、古代秘宝の謎を解き明かしていく。 読み応え抜群の長編アドベンチャー! 是非ご一読ください!

カクヨムミステリー連載:4話完結

アリスな私にキスをしないで

読後に溜息が出るラブストーリー。苦くて甘い、これが”恋”

 心理学が得意な作者ならではのアイデアが盛り込まれた、秀逸なラブストーリー。筆者の書く「名木橋シリーズ」の”乱歩のまなざし”の「私」が主人公ですが、この作品のみの独立短編として読む事が可能な内容になっていました。  「私」の一途なところ。とてもかわいい。  「名木橋」の真摯なところ。とてもかっこいい。  甘いシーン、ほろ苦いシーン、甘いシーン、ほろ苦いシーンが交互に。  コーヒーがシーンに出て来るせいか、苦味は、コーヒーの味がする。  冷や冷やしながらも、甘いシーンにドキドキ。    「私」のドキドキが感染したのかな!?  みたいな感じで、甘いシーンに散々ぶん殴られます。  作者が目の前にいたら、全力投球でパイを顔面にぶつけるかもしれない。  照れてる私の顔を見ないで と。

小説家になろうミステリー連載:26話完結

囁くヴァニタス

どうか、物語の語りかける囁きに耳を傾けて

ヴァニタス──寓意画。それは人生の虚しさや、世の儚さをキャンバスに落とし込んだ、静物画のジャンルの一種を言います。 物語の舞台は学問と芸術の都・ヴェレス。 裏通りでひっそりと文具店を営む主人公・ライルのもとを、生真面目な少年・ルドルフが客として訪ねてきます。 曰く、「贋作屋」としてのライルに仕事を依頼したいと。 実直なルドルフに対し、人気サロン「火曜会」嫌いを豪語するライルは少々ひねくれ者。さらにある大きな秘密を抱えています。 そんなライルに度々振り回されるルドルフですが、絵画への熱量が並々ならぬものであるのは彼も認めるところ。 読者はライルの解説を通じ、芸術にまつわる見識や理解を深め、ルドルフの目を通じて、ライルという謎深き人物と、「火曜会」という豪奢なヴェールに隠されたほの暗い真実を知ることになります。 作者様は複数の書籍化作品をお持ちですが、この作品はいつまでも忘れられません。 文章の巧みさもさることながら、魅力的な登場人物たちの軽妙な掛け合い、芸術にまつわるシーンの説得力、キャラクターがほんとうに「生きている」と思わせる力が素晴らしい。そんな中にヤンデレもひょっこりいたりする。 何より、最初から計算され尽くした物語の構成が素晴らしいの一言。最後の最後までたどり着いたとき、「ここに繋がるか!」と膝を打ちました。 幕引きも見事で、あまりに鮮やかな結末の描きっぷりに、私たち読者も物語という一つのうつくしい「絵画」を鑑賞していたかのような、そんな錯覚に陥ります。 無駄な描写は一切ありません。最初から最後まで物語が語りかけてくる囁きを聞きこぼさず、見落とさず、見逃さず、ぜひライルとルドルフのたどり着く結末をご覧ください。

カクヨムミステリー連載:14話完結

スピーナ (spina)

色気とスリルに満ちた名作!

疑問から疑問へと読者をひきこんでいき、ちゃんとした少しずつ疑問を解消していく。読者を引き込む作品なので、気が付けば読み終えているといった感じです。良くできた作品。面白かった……。

ログイン

新規登録