レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

月下美人よもう一度

作品詳細
未花(みか)は高校二年生。 仲の良い父はプレゼントしたクマの人形を肌身離さず持つような人。 けれども実は世界的に有名な脳科学者。 【物に自分の感覚を移行する】……「SCT」と呼ばれる今までにない新技術を開発した人物だ。 一方母は幼少期に亡くなってしまったが、理由は頑なに教えてもらえない。 そのことに未花は深く悩んでいた。 意を決した未花は誰にも秘密でSCT手術を受け、父が大事にするクマの人形の瞳に自身の感覚を移して、母について探り始める。 そのなかで出会ったのが、以前父の研究所をクビになった優秀な元研究員の加納という男だった。 ガサツで不器用なのにどこか優しい加納に惹かれつつ、真実を追い求め、辿り着いたのは……。

これは一気に読むべし!

5.0
1

正直、この作品のレビューは特に危険でしょう!


ネタバレした時点で終わります。


なので、一気に読みましょうね!?


それほどの作品です。

雑食ベアーさん

登録日:2021/10/6 14:33

更新日:2021/10/6 14:32

問題を報告する

こちらは雑食ベアーさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

雑食ベアーさんの他のレビュー

おすすめレビュー

怪獣弐号

正統派・王道・ド直球の怪獣映画

ある日突然怪獣が出てきて、現代の東京をめちゃくちゃに破壊・蹂躙するお話。 怪獣映画です。怪獣映画としか表現しようがないくらいにはどっぷり怪獣映画しているお話。 とんでもないこだわりぶりというかなんというか、きっちり小説として完成された作品を通じて、その読んだ感覚の向こうに怪獣映画の面白みを再現してしまう。この技巧というか工夫というかは、まず並大抵のものではないと思います。 赤堀亨という主人公。ごく普通の、いわば〝逃げ惑う群衆〟のひとりでしかない存在を視点保持者に据えて、彼の目を通じて書かれる物語。作品自体は完全に小説そのもの、当然小説として楽しく読んでいるのに、でも同時に怪獣映画に感じる興奮をも伝えてくれる。 この恐るべき娯楽性の分解能、そしてその後の再構築の精度に、ただひたすら感嘆させられました。 冒頭の文章が最高に好きです。「怪獣が当たり前に存在していること」が前提の世界観、それを一切の説明なくわからせてしまう手際。他、内容に関わる部分としては、〝子供〟の使われ方が非常に印象的でした。演出が巧みというか、物事の見せ方や切り取りかたが非常に手慣れていると感じる作品でした。

僕とばーちゃんと、時々彼女の島 ~僕の穏やかな島暮らしが終末を迎えるまで~

読了したその後で、もう一度読み返してもらいたい物語。

 船が見えるまで、あと十秒。いや、五秒。サン、ニ、イチ──。  僕とばーちゃんと、二人だけが暮らしている島に、度々やってくる少女──アカリが、荷物を満載したクルーザー船で接岸するシーンから、物語は幕を開けます。  二人プラス時々一人の、平穏な日常が続くはずだった毎日は、ある日、島に船ごと流れついた漂流者の存在で、少しずつ壊れ始める……。  この物語に登場してくる主要人物は僅か四人。主人公のハジメと、ばーちゃんと、時々島にやってくる少女アカリ。そして、中盤から登場してくる謎の男。  舞台も実にシンプルで、僕とばーちゃんが暮らしている島だけで物語は進行し、そして完結します。  しかしながら、描かれるテーマは実に壮大。  物語の中に紛れ込んだ”異物”により日々は変貌を遂げ、やがて世界の構造にまで及ぶ話に発展していくのです。  もしかしたらこの先の未来、本当にこんなことが起こり得るんじゃなかろうか? と薄っすら考えさせられる結末。そんな結末まで辿り着いた後で、是非、もう一度冒頭部分を読み返して欲しいですね。  きっと、なにか違う見え方があると思いますよ?  さて、筆者の卓越した筆力で丁寧に描かれる本作は、短編でありながらも読み応えは十分。  純文学好き。SF好きの双方に、自信を持ってオススメできるタイトルです。  また、筆者の代表作を知っている方なら、『ああ、何処かで見たような』という既視感を覚えるかもしれません。実際、私もそうでした。  ですが、それが『筆者の意図的なもの』だと聞かされてから、すとんと腑に落ちたものです。  気になった方は、お手に取っていただけると幸いです。

奈落の神の福音【3月31日 消去予定】

主人公が一番普通? いえいえ、彼女の過去に間違いなく度肝を抜かれるはず!

 今より少し未来の日本。  巨大な船上に作られた実験都市オルカで、新人の監察官、百目鬼 由佳は探偵業を営む呪術師と出会う——。  全体としては非常に緻密で硬質な文章でシリアスなシーンが語られているはずなのに、随所で飛び出す絶妙な言葉の組み合わせと登場人物たちの突飛な台詞回しで、気がつけば思わず爆笑してしまうという不思議な作品です。  呪術を使って事件解決をサポートする探偵をはじめ、登場人物たちは語り手の由佳を含めて、(本当にびっくりするほど!)圧倒的な個性を秘めています。  前半はどちらかというと軽妙な語り口で笑いを誘われ、テンポよく展開する物語に引き込まれますが、だんだんと江破の素性に関わる部分が明らかになってくることで、否応なしにその運命に巻き込まれていく仲間たち。  それだけでなく、登場人物一人ひとりの抱える心の闇というか——縺れた人と人との関係性が丁寧に描かれています。  ともすれば、読んでいるこちらの胸にまで重くのしかかりそうなそれを、けれでも、彼らはお互いにほどよい距離でそれを時に見守り、時に支えることで、重苦しくなりすぎず、暖かな希望をまだ感じさせてくれます。  後半からは、いよいよ姿を明確にした邪悪な敵との戦いが始まり、江破さんの軽やかさは変わらないものの、次第に緊迫感が高まっていき、そして、映画のようなクライマックスへ。 ラストは、ああ……と思わず声が出てしまいました。これしかない、という見事なエンディングだったと思います。  何を書いてもネタバレになってしまうのですが、最後まで本当にわくわくどきどきできる作品でした。ぜひ、結末まで皆さんに読んでいただきたいおすすめ作品です。

労働用ロボットは働かない

これはユートピアか、それともディストピアか。どちらにしろ幸せではある。

人間が人間の性質を理解している以上、下手をすれば有り得る話だと思います。

██▚ 現代魔術は異世界をクロールするか : 数理科学による魔術の始め方 ▚██

理系ホイホイの王道なろう系

あらすじから強烈な理系ホイホイ。 ラグランジアン密度、ハンケル特異値、魔術演算補助アプリケーション、etc. これらの言葉から匂い立つように、この作品はかなり理系っぽい内容です。 でもなろう系の王道よろしく、主人公ジーニアスの使いこなす数式、つまり現代魔術がこの世界で暴れまわります。 多分タイトルは、フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」のオマージュ。 何度かリメイクが入っているみたいですが、一番新しい作品が一番面白いです。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top