glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

長い夜

作品詳細
神域である山や森で、人が行方不明になったり、街や里からなんの前触れも無く失踪することを、ある者は「神の仕業」としてとらえた。 そして、現代。神隠しなのか、事件なのか分からない出来事が多発。 そんな中、ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語が始まろうとしている── 【寄せられたご感想の一部】 「サイコサスペンス、かな! 冒頭から謎めいた緊張感のある展開が文字を追う目を急がせます!」 「 人の心の闇の深淵さ。。。。覗きたい、でも怖すぎる。でも次の 展開が知りたくて読み続けてしまうな。アディクトすぎるこれ」 「考えさせられる内容がとても面白かったです! 他にはない小説になっていると思います」   Art by 香月  @s_z4230

それはホラーか、それとも純文学か。強い引きと謎によって彩られた夜(ヨル)の記憶。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 神域である山や森で、また街や里からなんの前触れも無く人が失踪してしまう事件「神隠し」が多発するなか、主人公優の身に不思議な出来事が巻き起こる──


*


 この作品は、ジャンルがホラーになってこそいますが、様々なジャンルの融合体ではないかな、と感じました。

 確かに根幹の部分はホラーなのかもしれません。ですがそれでいてミステリーでもあり、またヒューマンドラマでもあり、はたまた、純文学的でもある。


 そんな本作の魅力を端的に表現すると、謎や仕掛けの多さであり、エピソードごとの引きの強さでしょうか。

 度々挟まれてくる惨劇や、不可思議なイベントの数々に、「どうして彼女はこんな行動をしたのだろう?」「この先、どうなってしまうのだろう?」と気になり、自然とページを捲る手が止まらなくなる、そんな魔力に満ちた作品です。

 三人称で綴られる物語なのですが、そこを上手く利用して、主人公である優の人格が、時々「ヨル」と入れ替わるところも本作の見どころ。

 いまの発言ははたしてどっちのものなのか? 巧みな表現に翻弄され、思わず首を捻ってしまうことでしょう。


 主人公──優と意識を共有している「ヨル」とは何者なのか?

 感動の結末を、是非、見届けてください。


*


 ──優が心の中でそっと囁いたとき、紋白蝶は飛び立っていった。壮麗なる青空に向かって。

木立花音(こだちかのん)さん

参考になった! 2
共感する! 1

登録日:2021/10/11 22:31

こちらは 木立花音(こだちかのん)さん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
木立花音(こだちかのん)さんの他のレビュー
小説家になろう青春・ヒューマンドラマ10万文字以上
私の穢れた血を洗いに
 母が村を焼き討ちした帝国兵に犯されて生まれた混血児の少女ユミン。ユミンは村人たちから『鬼畜の子供』と呼ばれ差別と迫害を受けながら生きていた。  ある日、ユミンは『狼羊』という童話から「父を殺して自分も村人たちと同じく帝国兵を憎む一員なのだと証を立て、皆から認められるべし」という教訓を得て、実父を探し出して殺すことを決意する。  村を訪れた戦争調査隊との遭遇を経て、ユミンは彼らと共に顔も居場所もわからぬ実父を探し、復讐を遂げようとする。  完結しました。  ステキブンゲイ、エブリスタ、note、ノベリズム、個人HP『絶望書房』でも公開中。

作品ページへ

憎しみの連鎖が招いた暗闇の中に、一筋の光が差し込む人間ドラマ

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 二つの国が血で血を洗う戦いを繰り広げた帝共戦争。その中で、帝国人から犯された現地女性から生まれた主人公、ユリンは、村の人々を虐殺した敵の子として虐げられる日々を送っていた。  彼女は、自身の穢れた血を洗うため、顔も名前も知らない父を探し出して、殺すことを決意するのですが──。   『戦争の悲惨さ』 『いじめ』 『国家間の賠償問題』  本作のテーマは非常に重いのですが、真向勝負で表現しています。    物語がたどる結末は、復讐の成功か、失敗か。いずれにしても、主人公には罪人となる未来しかありません。  ですが、憎しみの連鎖が生み出したどん底の中に、一筋の光が差し込むのです。  そこから訪れる展開に胸を打たれ、久々にウェブ小説で温かい涙を流すことができました。  人間が本来持っているはずの「優しさ」が、重いテーマの中垣間見えるヒューマンドラマ。  結末はぜひあなたの目で、確認してください。

参考になった!

1

共感する!

1

木立花音(こだちかのん)

ノベルアップ+青春・ヒューマンドラマ10万文字以下
麗しのサブマリン
ライバルがいた。 リトルリーグで女の子ピッチャーをつとめた西原(にしはら)ヒカリは周りの男の子を簡単に三振に討ち取れる。 ただ一人。一度も空振りの三振に討ち取れないライバルがいた。 彼の悔しがる顔を見るのが夢。 だがある日、ライバル石崎隆(いしざきたかし)から放たれた一球が運命を変えた。 ※完結済み ※ジャンル日間1位ありがとうございました! 2006年発表 Pixivより修正なしで転載 

作品ページへ

栄光の裏に隠された、敗者なりの美学

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 野球というスポーツに、どんなイメージを持ちますか?  大抵の人は人気の高い花形のスポーツであると同時に、男性がプレーするもの、という印象を抱くことでしょう。  もちろんそれ自体間違いではないのですが、近年は女子野球のリーグも存在していますし、小学生~中学生までの少年野球の世界においては、男の子に混ざってプレーする女の子がいるのも事実です。  さて本作は、そういった少年野球の世界で、女性でありながらエースナンバーを背負っていた主人公ヒカリと、彼女のライバルであった少年──石崎の視点で描かれる青春物語です。  もっとも、ライバルとは言っても対戦成績は石崎の全勝。  どうやっても彼を打ち取ることが出来なかったヒカリでしたが、〝ある日〟起こった悲劇により、志半ばにして野球の道を諦めてしまうのでした。  しかし影響は彼女のみならず、彼女を野球の道から引き摺り下ろす切っ掛けを作った石崎の側にも波及しており──。  スポーツものの作品というと、才能溢れる主人公による無双劇とか、強力なライバルとの胸躍る対戦を軸に描かれることが多いのですが、本作は少々趣が異なります。  地面スレスレからボールをリリースするアンダースローという独特の投法を身に付けているヒカリは、確かに才能のある選手ではあるのですが、そこは女性ということもあり男性ばかりの世界においては度々苦労を強いられます。  そればかりではありません。  彼女に野球をして欲しくない母親との確執。後にプロ野球選手にまで上り詰めた石崎との再会。彼にエールをおくりつつも、腹の底で抱える複雑な心境。  数々の壁に当たり、挫折して一度は這いつくばって、それでも諦めずに彼女が立ち上がるまでを描いた、光と影の物語とでもいうべきでしょうか。  高い壁を乗り越えて、再び草野球のマウンドに立ち因縁の相手と対峙したとき、ヒカリが抱えてきた未練の全てが払拭されていくのです。   『麗しのサブマリン』というタイトルの回収と、泥臭くも立ち上がる彼女の姿が印象的な本作。再び相まみえたライバルたちの対決の行方を見届けてみませんか? ◇  上体に捻りが生まれる。右腕が鞭のようにしなる。  地面スレスレから放たれたボールが、ど真ん中目掛けて突き進む。  青空をバックに、白いボールが弧線を描いた──。

参考になった!

1

共感する!

1

木立花音(こだちかのん)

ノベルアップ+青春・ヒューマンドラマ10万文字以上
喋る黒猫とうそつきの麦わら
高校には行かずにひとりずっと旅をしている少年、謙人。 廃線になった路線の線路上を歩いていた時に出会ったのは、自らをありすと名乗る少し変わった麦わら帽子の少女だった。 変わっていたのは彼女だけでなく、ありすの飼い猫のミーシャは唐突に皮肉めいた台詞を話し始める。 猫が喋るというあり得ないはずの事実に謙人は少し混乱していたが、ありすはそんな謙人をよそに、ずっと出来ていなかった自分の村のお祭り「春渡し」に参加してほしいと願う。 謙人は混乱しつつもそれを受け入れて、数日間だけ村に滞在する約束をして、訪れた村の中でありすの友人の女の子たちも含めて交流を深めていく。 だけどその中で皆はそろって「最後の夏だから」と気になる事を告げていた。 どうして最後の夏なのかは、誰も答えない中、「春渡し」は始まっていく。 祭りが進むにつれて、謙人は一つの村の、そしてありすの秘密を知っていく。 うそつきの麦わらのついていた、たった一つの嘘の秘密を―― 彼女の秘密とは、うそとは、最後の夏の意味とは何なのか。 謙人は意味を知ると共に、探していた旅の目的を見つけていく。 このお話は少しだけ不思議な、切なくて、だけど優しいお話です。 書けたら載せていくので、不定期連載になります。

作品ページへ

彼女が麦わら帽子を脱ぐとき、二人の本当の旅が始まる。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 物語は、主人公である謙人(けんと)が、あてのない旅をしている場面から始まります。  彼が線路を歩いているとき出会ったのは、麦わら帽子を被った少女、有子(ゆうこ)と、どういうわけか人間の言葉を話す黒猫、ミーシャでした。  有子は謙人に対して、「私の村に来ませんか?」と告げるのですが……?  ◆  本作の魅力は、「ほのぼのとした人間関係」、「どこかノスタルジックな雰囲気漂う世界観」など様々あるのですが、ゆったりしたヒューマンドラマだと思っていると、たびたび入り込んでくる「異物 (謎)」に、はっとさせられます。 ・なぜ、ミーシャは人間の言葉を話すのか。 ・なぜ、有子は「ありす」という呼ばれ方にこだわるのか。 ・春渡しという祭りが行われる意味とは? ・村人がたびたび話す、「これがきっと最後の夏だから」という言葉の真意は? ・そして、なぜ二人は出会ったのか。  等々。これらの謎は、わかりそうでわからない、という絶妙な匙加減をもって、物語の中に配置されていくのです。こういったミステリー要素こそが、むしろ一番の魅力でしょうか。  これにより、ちょっと不穏な空気も漂うのですが、かといって重くなることは決してなく、 「有子って言わないで。ありす。ありすって呼んでよぅ」 「はいはい、ありすね」  というミーシャと有子ありすの軽快な掛け合いや、『巨乳好き』『ロリコン疑惑』など、村の人たちと交わされるお約束のやり取りが、上手く緩和してくれるのです。  ほのぼのとしたコメディと、見えそうで見えない謎。二つの要素に牽引されてページをめくり、たどり着いた『春渡し』の当日。  ここから始まる伏線の回収は、もはや圧巻の一言。全ての謎が一本の線となり収束していく様に、感嘆するほかありませんでした。  有子がついていた嘘のあまりの優しさと切ないラストに、きっと涙することでしょう。  ボーイミーツガール特有の甘酸っぱさと、ミステリーのような謎解きとが一緒に楽しめる本作。ぜひ、お手に取ってみてください。青春恋愛モノが好きな方と、ミステリーが好きな方に特にオススメします。  有子が麦わら帽子を脱いだそのとき、二人の本当の意味での旅が始まるのです。  謙人と有子の未来に、幸多からんことを──。

参考になった!

1

共感する!

1

木立花音(こだちかのん)

おすすめレビュー

「殴りプリ」というパワーワードと色々バグってる世界、好きすぎる

「殴りプリ」というパワーワードで爆笑しながら追いかけていた作品。 ホラ、ゲームやったことある人は分かるよね? 後方支援職なのになぜが前線で殴りながら回復しちゃう永久機関装置、そう、それが「殴りプリ」。 しかもバフがバグってて最強が留まる所を知らない! 「サーシャ、普通のプリーストは、ひとりで〇〇〇〇〇〇〇したりしないんだよ……」 さて、期待値MAXで第一話へ足を進めると……待っていたのは女神です。 凄く……タマネギです。 もうここから読者は皆、女神テットゥーコ様の虜になります! 罪な女です。毎話毎話、テットゥーコ様成分が欲しくてジャンキーのようになります。 私はなりました。危険な小説です。 そしてどんどん出てくる魅力的なキャラクター達。 もちろんバグってます。 そして「ラブコメ」ですが、ほぼ「コメディ」です。 でもちゃんと「ラブ」してます。 でももどかしいんだよぉおおおんんん!とここでも読者を悶えさせます。 突如差し込まれる「ラブ」成分と「飯テロ」!楽しめる要素満載! おや? こんな話をしていたら女神テットゥーコ様の部屋への扉は開かれたようです。 行ってらっしゃいませ。フフフ……。

殴り聖女の彼女と、異世界転移の俺

コミカルな現代ファンタジーだと思った? ざーんねん。

 ベッドから落ちたと思い目が覚めると、主人公は、見知らぬ森の中に居た……。これは夢か幻か? 頬をつねっても記憶がない。  突然警告音を奏でるスマートフォン。襲って来るモンスターと救出に現れた女性との出会い。スマホには『LAND』という覚えのないアプリが何時の間にかインストールされていて?   現代日本のようで、いや、しかしちょっと違う。そんな不思議なゲーム世界に突如迷い込んでしまった主人公アキラが、続けて襲ってきたゴブリンから自分を逃がすために犠牲になった親友、トシヤと別れるという衝撃的なシーンで物語の幕は開けます。  つまりこれは、シリアス寄りの現代ファンタジー? それとも、VRMMO寄りのSF? といった第一印象を受けますが、ご安心ください。意外にも? コメディタッチで物語は進行していきます。  そんな本作の魅力であり特徴は、個性的な登場人物、でしょうか。  例えば……。  何故か服を着ていない、当然の如く大切な何かをブラさげた格好の老人、そらじじい。 ※いや、せめて穿けよ。  主人公の顔を見て、意味深に顔を赤らめる月影。 ※男性です。むろん、主人公も。  愛すべきもふもふ、不思議生物のうさぴょん。 ※兎なの? 人間なの? 兎人間なの?  登場人物だけではありません、怒濤の勢いで押し寄せてくる「お約束」の数々に、否が応でもクスリとさせられてしまうことでしょう。  が、ギャグ小説だと油断してはいけません。  基本コミカル時々シリアスで進行していく物語は、中盤以降に本性を現します。  何故、主人公は、こんなゲームのような世界に迷い込んでしまったのか?  何故、こんな、ゲームのような世界が存在しているのか?  そもそも、主人公は”何者”なのか?  段階的に明かされていく真相に、思わず「うわ、意外とすげーな (失礼)」と堪らず唸ってしまいました。  なんでしょうね。プロットを作ることの大切さを、教えられた心地でした。  オススメできるターゲット層は、現代ファンタジーが好きな方と、ラブコメが好きな方、でしょうか? やや会話文多めのライトノベル風味な上に一エピソードの文字数が実に適切なので、ごく自然にページを捲っていくことができる思います。  完結した今こそ、本作の良さに触れる時。最後はちょっとビター風味ながら、清々しい気持ちで結末の余韻に浸れることでしょう。  気になりましたら、お手に取って頂けると幸いです。

僕らのらんど

ある事件に巻き込まれたことにより、転職を余儀なくされた主人公が出逢いった天職

【簡単なあらすじ】 ジャンル:あやかしもの ある事件に巻き込まれ、濡れ衣を着せられた主人公は住むところも職も失ってしまい、切羽詰まっていた。そんな彼女の目に飛び込んできたのは、ある住み込みの社員募集の記事であった。詳しいことが書いておらず、怪しさを感じながらも面接に行くが……。そこで待ち受けていたのはあやかしの店主だったのである。果たして彼女の運命は? 【物語の始まりは】 童話のような始まり方の物語。主人公の日常がどんなものなのか、分かる場面から始まっていく。一話に入ると、彼女が何故この場所に来たのか経緯が語られていく。主人公はどうやらある事件に巻き込まれ無職になったことから、求人を見てここに面接へとやって来たらしい。ホームレス状態の彼女にとって、この住み込みの仕事は吉と出るのか、凶と出るのか⁈ 【舞台や世界観、方向性】 あやかしのいる世界 とても不思議な感じのする物語であり、舞台について詳しく説明するのは難しいが、豊川稲荷に住まう白狐たちと伏見稲荷の狐たちの違いや、あやかしたちについての知識など描かれている為、とても勉強になるなと感じた。 【主人公と登場人物について】 主人公は呉服屋で働いていたが、ある事件の濡れ衣を着せられたことがきっかけでこの地にやって来たらしい。通常なら落ち込んで何も手につかないだろう状況ではあるが、どうやら切羽詰まっていたようである。 職についての詳しい記載はないものの、内容と住み込みということに惹かれたようだ。切羽詰まっていたとはいえ、とても前向きな女性であると感じた。 その後あやかしたちと接する中で、段々と性格ななどもわかって来る。 【物語について】 主人公は自分のバッグにつけていた、和の小物が縁となって採用されることとなる。そしてここでは不思議な体験もするのである。しかしそれは、彼女には”見える”というだけである様だ。面接のあと、彼女は更に人間では体験できないようなことに遭遇するのである。 その後、彼女はあるあやかしによって、呪いをかけられてしまう。恋をすることで解ける呪いらしいが、そんなに簡単に恋は出来るものではない。この時点ではどんな呪いに書けられているのかもわからず、様子を見るために”ココロ堂”に泊まらないかという提案を受けるのだ。 その部屋で次に目覚めた後、あるあやかしと遭遇する。この場面から、ココロ堂がどんなところなのか? 何故主人公がこの店に採用されたのかなどが明かされていくのである。 【良い点(箇条書き)】 ・オリジナリティを持たせた作品である。 ・和がふんだんに出てくる。初めは現代らしさもあるが、段々と不思議な世界観に取り込まれていく。 ・主人公がとても個性的である。 ・憂いの部分が多いが、コミカルさもある。 ・童話調(ですます調)で描かれている為、昔話のような雰囲気も持つ。 ・登場人物それぞれにドラマを感じる。(背景がある) ・和らしさを表現している。 【備考(補足)】13ページまで拝読 【見どころ】 確かに主人公は”玉藻寧々”という人間の女性なのだが、あやかしたちの”人生”(?)にスポットのあたっている作品だと感じた。何故主人公がこの店に採用されたのか? この店が誰に為に存在し、なんのためにあるのか? それらが明かされていくと、この物語の中のあやかしがどんなものなのかわかって来る。”あやかしたちが抱える心の底の傷に触れていく”と、あらすじにもある通り彼らは心に傷を抱えているのだ。その傷はそれぞれ。 人と同じように何かに傷つき、それを言えないものも、もちろんいるだろう。彼女はこの先どのようにして、彼らを癒していくのだろうか?  そこが一番の見どころだと感じる。あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? 彼女が彼らの心に触れ、どんな風に変わっていくのか? その目で是非確かめてみてくださいね。お奨めです。

寧々(ねぇね)と豊川稲荷のあやかし事情

ピアノ×ライトノベル×20世紀初頭のスチームパンク

音楽を主題に据えたロンドンを舞台にしたスチームパンク。復讐という闇を隠し持つ主人公アドニスが、パトロンを探している少女アンジェラに成り行きで師事をするところから始まります。 登場人物達はみな個性的でノリもよく生き生きとしています。キャラの背景もきちんとあってしんみり出来たり、萌えポイントもあって楽しめるラノベです。

ヴィシュタイン・コピーライト

強気なウサちゃん可愛い!!

嫌われ黒兎の訳あり主従契約! ~狼は小生意気な兎に首ったけ~【完結】

本棚