glass menu_button

レビュー

作品

作品を探す

レビューを探す

レビューを投稿する

運営してる人

©オノログ

閉じる

こちらは かんむりさん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

クズ野郎異世界紀行

 二十歳そこそこのうらぶれた男、キミヒコ。夢かうつつか、彼の元に不思議な声が聞こえる。「何を願う?」と問いかける声に応えると、彼は未知の世界へと転移していた。さらにキミヒコの願いを叶えるためにと、得体の知れない自動人形が彼に仕えることとなった。この人形をホワイトと名付け、キミヒコはこの世界で自分勝手に生きると決める。前の世界での鬱憤を晴らすべく、好き放題をしていくキミヒコだったが……。 ※タイトル通り主人公はクズです。反社会的、反道徳的な言動や行動を繰り返します。真に受けないでください。 ※死体の描写や流血など、残酷な表現があります。苦手な方は注意してください。

全文表示

かんむりさんのレビュー

【連載中】まさにクズ!だが一本筋の通ったクズだ!

4.0

愛を願った男が異世界で目を覚ますと、そこには主人公の願いの一助となることが存在意義だと自称する少女になった何かがいた。

びびりで働きたくない欲望に忠実なクズのため、自動人形と言う魔物を使役すると言う設定で少女一人で働きにだし、自分はひたすら酒や女に溺れます。

その為基本回りの評価は悪いのですが、本人は魔物を使役するのは自分が働いているのと同じであり、事実人形であることを隠しているわけでもないのでヒモやクズと言う評価は納得ができません。


個人的には理屈には賛同できるのですが、取り繕うことをしない大胆さとそもそも悪く思われることに全く気づかない豪胆さに思わず笑ってしまいます。

主人公から自動人形を奪おうとするやからもあらわれたり、なんだかんだと問題が起きるため旅を続けざるを得ないと言うのが大まかなストーリーです。


主人公は特別頭が悪いわけではなく、それなりに装って大人の対応をすることも、またできれば無駄に殺したくないと言う理性的な面もあり、自堕落な生活さえのぞけば人形よりまともなことが言える為、人形の強さがわかる一部の人間からは評価されてるのも面白いポイントです。

また主人公の振る舞いは確かにクズですが、人形として割りきってるにしてはちゃんと心配もしてますし、そもそも愛が欲しいと願っただけあって不器用で憎めない性格をしていると感じます。人形がすぐに殺そうとするのを抑えてぎりぎりまで穏便にことをすませようとするのも、人間らしさを感じさせます。

人形とも何だかんだ仲良くしていますし、二人のやりとりは家族のような介護のような関係で、なんだかほっこりしてしまいます。


まだ途中なので星4にしておきますが、他の異世界ものとは一味も二味も違い、一風かわった異世界ものとして堪能できる作品です。

参考になった! 0
共感する! 0

登録日:2021/10/12 14:52

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
かんむりさんの他のレビュー

5.0

かんむり

もふもふに癒されたい人にはこれ!

5.0

かんむり

タイトル通り、主人公がもふもふになります。挿し絵もあるのですが、とにかく主人公が可愛い。 獣の本能によって無邪気に遊んでいるところとか、人間なんだぞと心の中では主張しながら完全にペットなところとか、可愛い子ぎつねと自覚してあざといところも、何もかもが可愛いです。 出会う人や精霊もいい人ばかりで、終始ほんわかさせられます。挿し絵も完璧に合っていて、挿し絵ONにして読んでもらいたい絵本のようなほのぼの癒し話です。 事件が起こったりもしますが、心から悪い人はいなくて優しい世界なので、ギスギスした物語はちょっと……と言う心が疲れた人には是非おすすめの名作です。 連載中にはなっていますが、切りよく終わってますのでいつでも読んでもらえます。

参考になった!

0

共感する!

0

北の砦にて 新しい季節 ~転生して、もふもふ子ギツネな雪の精霊になりました~

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【2020/12/15に双葉社様から続巻が発売します。コミカライズも連載中です】

4.0

かんむり

【連載中】死んだと思われ大聖女に任命されていた聖女、目が覚めたら伝説扱い!?

4.0

かんむり

転生した世界で聖女として活躍し、その身を挺して魔王を抑え込んだまま眠りにつき、眠ったまま浄化を続けてなんとか終わって目が覚めたら、そこは20年後の世界で主人公は伝説の大聖女としてまつられていました。まだまだ平和になりきっていない世界で、さらなる平和を目指してこっそり頑張ろうと言うのが大まかなあらすじです。 設定はよくある感じですが、主人公が自然に聖女として頑張って平和を願う女の子なので応援したくなります。魔王よりさらに強い敵がでてきていて、と言う流れでかつての勇者パーティでまた戦ったりする展開は熱いです。 寝ている間に力がパワーアップしていて無意識に大魔法をつかったりとやっちゃいました系でもあるのですが、一応本人が気を付けていたり、かつての友人への思いや危険に対してつい力んでしまった結果なので、不快になるほどではなくむしろ微笑ましいです。 基本的にほんわかのんびり屋で、空き時間があるとだらだらしてしまったりするような、高潔すぎない親近感を感じるところもあり好印象な主人公です。主人公は聖女としてかなりの強さがありつつも一人でなんでもできるわけではなく戦闘のバランスもよく、パーティで連携して戦っていくわくわく感があります。 ずっと待ってくれていた聖騎士の女の子との絆もいいですし、元仲間たちとの距離感もわいわい感が実によく、このまま仲良くやっていってもらいたいです。 2章が終わったところでまだまだ話が続きそうですので、ここから先が楽しみです。連載中なので星四にしておきます。

参考になった!

0

共感する!

0

転生大聖女の目覚め~瘴気を浄化し続けること二十年、起きたら伝説の大聖女になってました〜

【書籍2巻は10月2日発売。水曜日のシリウスにてコミカライズ連載中。コミック1巻は10月7日発売】 勇者パーティーは世界を脅かす魔王を倒した。しかし、魔王が死に際に世界を破滅させる瘴気を解放した。 「皆の頑張りは無駄にしない。私の命に替えても……っ!」 誰もが絶望する中、パーティーの一員である聖女ソフィアは己が身を犠牲にして魔王の瘴気を食い止めることに成功する。 ソフィアの聖なる魔力は結晶化し、魔王の瘴気を今も浄化し続けている。 彼女の活躍に世界中の人々は感謝し、大聖女と讃えるのであった。 そして歳月が流れ、魔王の瘴気を浄化した大聖女ソフィアがついに目覚める。 目覚めた彼女を待っていたのは二十年後の世界。 かつての仲間がおじさんになっていたり、後輩が年上になっていたりと戸惑いながらも、ソフィアは平和に? なった世界で生きていく。

4.0

かんむり

タイトルから察する通りのいちゃラブ小説!

4.0

かんむり

タイトルからわかるように、素っ気なかった婚約者の方が主人公にベタ惚れだったと言う話です。だいたい察すると思いますが、悲しいすれ違いの果てに主人公は婚約破棄されようとしていました。 最終的にお互いのことを許してあげて許してもらえて大団円。いちゃラブ完! という感じです。 物語上、特に大きな捻りもないですが、その分安定していて最後まで安心して読めます。 短くまとまっていてさっと読めて、疲れた頭に染み込むいちゃラブ恋愛ものなので、さくっとにやにやしたい人におすすめです。

参考になった!

0

共感する!

0

小説家になろう 恋愛 10万文字以下

【書籍化】婚約破棄を狙って記憶喪失のフリをしたら、素っ気ない態度だった婚約者が「記憶を失う前の君は、俺にベタ惚れだった」という、とんでもない嘘をつき始めた

【SQEXノベルさまより、9月7日に書籍1巻発売!】 ◇書籍ではWEB版のラストを変更し、これからも続いていくお話になっております。 ◇マンガUP!さまにてコミカライズ企画進行中です。 子爵令嬢であるヴィオラは、何もかもが自分とは釣り合わない公爵令息フィリップとの婚約破棄を望んでいた。そして事故に遭ったのをきっかけに、記憶喪失のふりをすることにした。 けれど突然、「君と俺は愛し合っていた」「二人きりの時には、フィルと呼んでくれていた」といった訳の分からない嘘を吐き、好きだと迫ってくるフィリップに圧倒されるヴィオラ。記憶があることを隠したまま、様子のおかしい彼のペースに巻き込まれてしまう。

本棚