glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

女神の白刃

作品詳細
 どこかの世界の、いつかの時代。  その世界の戦争は、ある遺跡群から出現した剣により、大きく姿を変えた。  女の身体を鞘とする剣は、魔力を収束、発振する兵器。  剣は瞬く間に戦を大戦へ進歩させた。数々の大戦を経た世界は、権威を西の皇帝が、権力を東の大帝が握る世になり、終息した。  大戦より数年後、まだ治まったとはいえない世界で、未だ剣士は剣を求め、奪い合っていた。  魔物が出ようと、町も村も知った事かと剣を求める愚かな世界で、赤茶けた大地を畑や町に、煤けた顔を笑顔に変えたいという脳天気な一団が現れる。  *表紙絵は五月七日ヤマネコさん(@yamanekolynx_2)の作品です*

彼は混沌とした世界に差す、光となるのだろうか?

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

1 読む前の印象や予想など(表紙やあらすじなどから想像したこと)

あらすじの感じから、人というよりはこの世界自体が主役なのではないかと感じた。

何故人を鞘としたのか? とても奇抜な設定ではあるが、そうしなければ成り立たない何かがあるのだと思う。

女性を鞘とした必然性こそが、この物語の重要な部分でありオリジナリティを形成しているのではないかと感じた。

世界自体が主役と感じたのは、この理由によるものである。


2 物語は(どのように始まっていくのか?)

ある旅人が別の旅人と出逢う所から始まっていく。主人公は旅芸人の方だろうか?

彼らは旅芸人の誘ういを受け、近くの村まで同行することとなった。そこでこの世界について語られており、剣士は特別な意味を持つことが明かされていく。旅人たちが村につくとそこは活気がなかった。果たしてその理由とは?


3 世界観について

旅芸人:ファン、エル

旅人:フミ

女性の身体が鞘となり剣へ変化するには、儀式が必要。最初の村では、強い剣を得るためのプロセスが明かされていき、旅人それぞれの境遇なども明かされていく。いわば、世界観や舞台説明のプロローグのようなもの(物語や世界観を理解したり、掴むためのもの)だと言っても過言ではないと感じた。

この剣については、誰も彼もが持てるわけではなく剣士と呼ばれる者が所持しており、それは自分の妻ではなく他人の”妻”を奪って剣(鞘とする)に変える。何故妻なのか? これにはある理由があり、それは作中で明かされている。


4 良かったところ。印象に残ったところ。好きなセリフなど。

・主人公に焦点が合っている

・伏線をきちんと回収している

・意外性がある

・悪がはびこっているようではあるが、ちゃんと爽快感がある

・設定がしっかりしている

・時代劇の好きな人が好きそうな構成である

・登場人物は多いが、名前のついている人物が少ないため、混乱しない


5 お奨めしたい部分

一章のみの話しの流れでの説明とはなるが、”絶望と希望を繰り返すことにより最大限の爽快感を読者に与えることができる作品”だと感じた。一章では話の流れや世界観、主人公の目的などが明かされているのだと思う。主人公は認めてはいないが、それ(ネタバレになるので詳しく書けないが)が旅の目的なのだと感じた。なので、方向性の分かりやすい作品でもある。

主人公の最終目的はなんだろうか? 行きつく先とは? 混沌としたこの世界に彼は光となるのだろうか?

見どころ満載の作品だと感じる。


6 物語のその先を想像して

主人公の目的が分かったので、この先は悪を成敗し世の中を変えていく物語なのではないかと想像する。

そして最終的には、この国 (世界)自体を変えていくのではないだろうか?


あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか?

お奨めです。

crazy'[email protected]レビュー師with優人さん

参考になった! 2
共感する! 2

登録日:2021/10/16 09:52

こちらは crazy'[email protected]レビュー師with優人さん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
crazy'[email protected]レビュー師with優人さんの他のレビュー
カクヨムファンタジー10万文字以上
ウィッチドライブ ~女の子と事故って魔法少女になり身体の相性が良いから働かされてるんだけど俺はこれを許すべきか? 契約したからもう遅いわよ〜
 時は20XY年。異形、と呼ばれる空想世界の産物だった筈の怪物が現れるようになった現代日本。  俺、高崎ユウ(♂)はそんな世の中で、完璧な手違いで魔法少女になってしまった。しかも巨乳の。谷間があるんですよ奥さん。  しかし身体は俺の言うことを聞かず、異世界から来た魔女、エルザとやらが操ってて、全く動かせる気がしない! でもそれは二人の身体の相性が良いから!? しかも一度契約しちまったら、しばらくは解除できない!?  更には、いきなり触手の化け物に襲われてアーッな展開にッ!?  人にここまでしておいて謝ってもこないコイツを、俺は許してやるべきなんだろうか……?  二人で一人のTS魔法少女物現代ファンタジー、ここに開幕!

作品ページへ

笑いあり、怒りあり、語りつくせない魅力の詰まった物語。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

【物語は】 異形と呼ばれる怪物が出るようになった世の中が舞台。ある日、主人公は手違いにより、魔法使いのようなカッコをした女性に、女にされてしまう。被害を被ったのはこちらなのに、何故か不満を漏らしているのは相手である。 理不尽な状況でも、冷静に状況を把握しようとする彼。喋ることは出来るが、喋ること以外出来ないという事態に。つまり、身体が乗っ取られている⁈ 突然、日常から非日常へと引っ張り込まれることになった、主人公の運命とはいかに? 【登場人物の魅力】 段々と明かされていく、主人公の過去。主人公は自身の境遇により、荒れていた時期もあったが、常識的な考えを持つ人物の印象。祖母の教えを胸に抱き、寛容になろうとする場面も見受けられる。 主人公が、とても人間らしい。ここが物語の最大の魅力ではないだろうか。常識的=いい人とは限らない。世に出回っている多くの物語は、人類の為にあっさり戦うことを受け入れてしまう。しかし、それは子供向けの物語であると感じている。あくまでも良いこと悪いことを教えるために、極端にしているのではないかと思えるのだ。大人になれば分別もつくので、人間の感情に対するリアリティを求めるもの。その感情は複雑に違いない。 例えば、子供の頃は守られる側であったが、守るものが多くなればなるほど、リスクを考えたりするだろう。この作品では、そのリスクに対する対価についても描かれている場面があり、協力する理由の一つとして納得できる。 この物語では、主人公の心情がしっかり描かれているので、笑ってしまう部分、一緒になって腹が立つ部分など、感情移入しやすいことも、特徴の一つ。 ウィッチドライブをすることになった相手とのやり取りもとても面白い。相性は最高なのに、仲が悪いのである。しかし、言いたいこと言える相手なので信頼関係や絆は結ばれているように感じた。信頼関係があるからと言って、仲がいいとは限らない。これは現実にもあること。二人の関係が今後どうなっていくのか楽しみである。 【世界観・舞台・物語の魅力】 舞台は、異形と呼ばれる怪物の居る世界である。なので、それを倒すような人々も存在するようだ。 ウィッチドライブのシステム自体がとても面白い。原理は簡単に理解することが出来るのに、いろいろと興味深いことが起きてしまうのが面白い。何故、主人公が男から女になってしまうのか。何故胸のサイズが変わってしまうのか。その辺りの理由についても面白く、単に女性になって戦うのではなく、その為に起きる面倒なことについても描かれている。 本来ならウィッチドライブというシステムを使い、戦うはずではなかった主人公。手違いにより、戦うことになってしまった。この契約は簡単には、なかったことに出来ないため、ある程度の期間は主人公が変わりを果たさなければならない。必要なものは経費で落ちるのだが、それはどうやら国民の税金から支払われるらしい。 その為、必要なものではあるが、”これを税金で⁈”という状況が起き、そこにも笑いが起きる。主人公の複雑心境が笑いを誘うのだ。 この物語は、魔法少女に対する期待のようなものも満たされていると思う。男性が好きそうな際どい展開にて。もちろん、匂わせであるが。 単に笑いだけではなく、敵となる人物たちにも拘りを感じた。悪は一概に悪とは言えないかも知れない。関係ない人まで巻き込んではしまうが、発端がありそこに同情を禁じ得ないこともある。そして、そういう人の心に入り込む人間こそが、本当の悪なのではないかと考えさせられるのだ。 【物語のみどころ】 この物語の主人公は、ある理由から喧嘩などに対しては、腕に覚えのある人物。だからと言って、国民の為に戦う義理はない。それを行うのはそういう職に就いているものの仕事であると考える人間が主人公だ。 この考えには、多くの人が共感できるのではないだろうか。物語だから、フィクションだからこそ、正義の為に戦う者に憧れることはある。それは死なない前提だからではないのだろうか。 多くの物語の正義の味方は特殊な力を持っている。毎回入院シーンのある、ヒーローものは皆無とは言わないが、なかなか見たことがないのではないだろうか。しかし、自分の立場だったなら。いくら力があっても、やはり怪我は免れないし、死ぬかも知れない。そうなったら、何も考えずに協力などしないと思う。しかも、同意もなくいきなり体の性別が変わり、勝手に身体が戦い始めるなど、発狂しそうだ。 この物語には、大人になってからヒーローものや魔法少女ものを見た時の疑問などについても、ナチュラルに解決されている。とても人間らしいところが魅力の物語なのだ。 そして、何故異形が産まれるのか。そこにもちゃんと拘りと理由があるように感じる。正義とは一体なんであろうかと考えさせられるのだ。どんな人間にも心があり、悪が一方的に悪とは限らない。同情もしてしまう物語である。 あなたもお手に取られてみませんか? 笑いあり、怒りあり、ハラハラドキドキしてしまう物語です。果たして、主人公たちは真の敵を倒すことが出来るのだろうか? 是非、その目で確かめてみてくださいね。お奨めです。

参考になった!

0

共感する!

0

crazy'[email protected]レビュー師with優人

小説家になろうファンタジー10万文字以上
散華のカフカ
        祝 50000PV!!  皆様のおかげです!ありがとうございます!驚きが隠せません!!!! 「散りゆく命に価値はあるのか?その価値を私は問いたい。」 一部 「審判」から30年。  人々は他者を慈しみ、愛し、平和を保ち、健やかに生を全うすることが最大の幸福とされていた。  しかし、都市では人が灰になって消える、灰化現象が続出。  東 劃(アズマ クアク)とその仲間達はそれを捜査すべく現場に降り立つも、その裏で起こる巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。 二部  闘争の天使を求め、統合政府、埋葬屋、Doomsdayの三つ巴の戦いが勃発。  混沌を極める戦いに無垢なる人々は何を求めるのか。  そして、ジュダにより語られる「審判」の真実。  それを知り東 劃は何を見出すのか。  其々の思い、陰謀、覚悟、そして、願いがもたらすのは 「破滅」か「再生」か。  只今三部絶賛執筆中です!

作品ページへ

事件を追ったその先で、想定外の展開が待ち受ける!

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

【簡単なあらすじ】 ジャンル:ローファンタジー 「審判」から三十年。都市では人が灰になって消える灰化現象が続出。主人公たちは、その事件を捜査していた。灰の身元を調べようとしていたところある不一致に気が付く。更に詳しく調べようとしていたところ、ある人物に呼ばれ捜査資料を渡されるのだが。まさかそれが、自分たちのその後の運命を変えてしまうことになろうとは思ってもいなかった。彼らの運命はいかに?! 【物語の始まりは】 ”朽人”という意味深な言葉を発れられるところから始まっていく。ある二人が美しい砂のようなものを袋に詰めているが、一体それにどんな価値があるというのだろうか? 彼らを通して伝えられるのは、不思議な光景不思議な体験。そして、最後に残された言葉は誰のものなのか? 謎の多場面から始まり、本編に入ると何か事件が起きたことが分かってくる。被害者は二名のようだが、これが冒頭の彼らなのだろうか? 【舞台や世界観、方向性(箇条書き)】 人が灰の様なものにされる事件が多発してる状況。 埋葬屋という謎の人物が存在する。彼の仕事は一体? オーディナルシステムというものが存在する。 多視点からなる群像劇。 【主人公と登場人物について】 主要な人物は三人の刑事だと思われる。 彼らはこの事件(人が灰のようなものにされる事件)の対策チームで初めて出会ったようで、妙に馬が合い捜査を行う時はよく三人で行動しているようだ。 【物語について】 彼らが灰の身元を調べようとしたところ、ある不可解な点を発見する。それをさらに詳しく調べようとした矢先に、彼らに会いに来た者がいた。その者は普段ならば、絶対に会うことのできない人物。彼らはその人物から直々に事件解決の依頼と、その事件に関する話を聞くことになる。その者から事件の情報を手に入れた彼らは、その資料から犯人を導き出したのだが……。 彼らは犯人を調査していたところ、自分たちもある陰謀に巻き込まれていく。この物語は、死=終わりではない。それは序章に過ぎないと感じた。果たして主人公はどうなってしまうのだろうか。 【良い点(箇条書き)】 ・あらすじに”裏で起こる巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく”とあるが、巻き込まれ方が想定外。 ・タグに”主人公は最強”とはあるが序盤では想像がつかない。一般の刑事に見えるからである。しかしあるところまで差しかかると、想定外の展開に驚く。 ・バトルものであるということは先に分かってはいるものの、構成が巧いので先が読めず、意外性と独創性が素晴らしい。 ・冒頭の方は事件ものであり、ミステリーのような雰囲気を持つが、異能力者たちのバトルが熱い。不思議なバランスと魅力を持つ物語である。 ・一人一人戦い方が違うようであり、戦闘自体に見どころがある。 【備考(補足)】8ページまで拝読 【見どころ】 まず構成が面白い作品だという印象。推理モノのような始まりであり、主人公達が事件を追っていくところから始まるが、気づけば異能力バトルとなっている。事件の黒幕は早々に分かる為、早くも事件解決か? と思わせる展開も秀逸。しかしそれは始まりに過ぎないのである。まさか主人公たちが事件自体に巻き込まれるとは、あらすじを読んでも想像できない。意外性の詰まった作品である。何故彼らが戦っているのかも、序盤で明かされていく。一体どんなラストになるのか、誰が勝利するのか予測不能である。 主人公はこの戦いにどのような立場や位置で関わっていくことになるのだろうか? 果たしてその結末とは? あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? この物語の行く先をその目で是非、確かめてみてくださいね。お奨めです。

参考になった!

0

共感する!

0

crazy'[email protected]レビュー師with優人

小説家になろうSF10万文字以上
神々のガラクタ船 ーWater alchemist and the Worldtree’s landsー
「かつて、この宇宙には水が溢れていて、生命体のはじまりも水の中にこそ……」  数えきれないほどの星の集団が化石となり、空間の大半を岩石が埋め尽くした、遥か未来の宇宙。  銀河系の集合構造、フィラメントの1つである”世界樹”。それはいくつもの星系国家の集まりであり、絡まり合う無数の枝のような知識ネットワークを共有している大コミュニティ。 偉大な科学者たちが築いた、宇宙で最大の叡知の領域。  その”世界樹”の、とある田舎惑星で生きていたミーケは、思い出を失った少年。思い出から逃げてきた少女リーザと、今はふたりぼっち。短いけど長い時間を、一緒に生きてきた。  一方、小国家《アズテア》の姫であり地質学者のザラは、不世出の学者であった母が残した、この宇宙から失われたものに関する不吉な予言を研究していた。  その研究が、ミーケたちが旅立つきっかけ、そして直接的な全ての始まり。  伝説の大学者だったらしい変な占い師。古い時代のガラクタ船。失われた物質の研究記録。隔絶されたいくつもの領域。最初の知的生命体。空間を越える神々。水の錬金術師の記憶。  そして、≪虚無を歩くもの≫。  多くの出会い、多くの謎、そして恐ろしき敵。  それは全て、このユニバース(唯一の宇宙)の物語。 ※「ノベルアッププラス」にも投稿してます

作品ページへ

主人公の一人ミーケの記憶に隠されたものとは? 少しづつ明かされていく謎と、真実。そして旅立ちの物語。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

【物語は】 遠い昔に水が失われてしまった世界で、記憶を失ってしまったと思われるミーケという少年の境遇から始まる。彼が覚えているのは、水の豊かな地域に暮らしていただろうという記憶のみ。 それも、何処なのか定かではない。確かなのは、この世界において水が貴重であること。そしてこの物語には、水が深く関わっていること。 主人公たちはある日、自分たちの家に宇宙船がやって来ることを知る。その出会いが全ての始まりだったのだ。 【世界観・舞台・物語】 天然の水のない世界。地球が失われた後の世界のようである。 主人公は20年前に倒れていたところをリーザに助けられ、以来二人で暮らしていた。歴の感覚が地球とは違う為、初めは一部難しいと感じる部分もあるが、重要なのは彼らの目的であり、丁寧に説明がなされている為、段々に慣れていく。 ザラという人物から見えてくる”世界樹”について。 世界樹がどんなものなのか? この物語を理解するのに、一番重要な部分だと思われる。 ”世界樹という”言葉のイメージにより、少し世界観を理解するのが難しいかも知れないが、あらすじにイメージを確定する一文がある。 ”それはいくつもの星系国家の集まりであり、絡まり合う無数の枝のような知識ネットワークを共有している大コミュニティ”(引用) 作中には”世界樹"にも国家があり、経済というものもあり、時には、ある研究を行いたくても、財力の問題でそれを行えない科学者もいる”(引用)とある。つまりこの大コミュニティの名(総称)を”世界樹”というのだ。 主人公たちは”天然水”を巡り、その研究の為に運命的に引き寄せられたのではないだろうか。そしてその研究こそが、ミーケの失われた記憶に関係しているのではないだろうか? その部分に関しては、物語を読み進めると段々と分かって来る。 何故水が失われたのか。この物語には謎な部分があり、それが研究という形で明かされていく。事実や想定などを聞いているうちに、ゾッとすることなどもあり、いつの間にか主人公たちと共に話を聞いている気持ちになる。世界観が、研究報告に(レポート)より分かるというのは、とても面白いスタイルだと感じる。 【登場人物の魅力】 この物語は、両視点で進んでいくようだ。冒頭ではまだ分からないが、群像劇なのかもしれない。 恋愛に興味のなさそうなミーケと、複雑な心境のリーザ。この物語の中では、種族(出身)により考え方が違うようだ。 大事な話といわれたことを発端として、考え方の違いなどが語られていく。独特の世界観を持った物語だと感じる。 この物語は1-8までは、世界観や研究ミーケの記憶、リーザの想いなどについて描かれていく。ミーケの素性についての予想が立つまでは、リーザの複雑な心境についても語られておりハラハラしてしまう。この物語の世界観の中で面白いところは”世界樹”の人間というのは”恋愛感情”については疎いという所。つまり科学者であり、恋愛というものに感情が向かないという事だ。これは、恋愛以外に夢中になれるものがある人には、想像しやすい部分なのではないだろうか。”二人の関係がどうなっていくのか?”というところも、見どころの一つだと思う。 【物語に見どころ】 人によっては、序盤が少し難しいと感じるかもしれないが、読み進めるにつれて面白さを感じるタイプの物語である。 ”水”が重要なキーワード。世界観については、読み進めているうちに”なるほど”と理解することが出来る。 まずこの物語は、何らかの理由で水が失われ、地球(ジオ)も存在しない未来の話である。そして記憶のないミーケという、主人公の一人は二十年前、リーザという女性に倒れていたところを助けられる。 そこから一緒に生活しているうちに、互いがかけがえのない親友になるが、リーザの方は心に変化が表れ始めていた。 そんな時に、ある一人の研究者がやって来るのだ。このことを期に水についてのある説を知ることになる。 そして記憶のないミーケの”記憶”についてや、彼自身のことについて分かることが出てくる。つまり、物語はターニングポイントの日から始まっていくのである。 果たして、ミーケの記憶に隠されたこととは? ≪虚無を歩くもの≫とは? 少しづつ明かされていく謎と、真実。そして旅立ちの物語。 あなたもお手に取られてみませんか? この先彼らに一体、何が待ち受けているのだろうか? ぜひ、その目で確かめてみてくださいね。お奨めです。

参考になった!

0

共感する!

0

crazy'[email protected]レビュー師with優人

おすすめレビュー

六畳一間から始まる壮大なストーリー

 主人公である高校生の誠(まこと)が引っ越しをするために入ったおんぼろアパートの206号室。両親の都合で一人暮らしをすることになり、借りたアパートには先客が!?  それは六畳間に佇む少女。ただし足はついておらず宙に浮いている。幽霊じゃないと言い張る白いワンピースの幽霊に取り付かれる誠は、流れで彼女の素性を探ることに。  どこからどう見ても幽霊なのに凄く明るい優羽(ゆう)と誠のボケとツッコミが軽快で楽しいのですが、さらに個性豊かな仲間が集まりその面白さは加速していきます。    そんな愉快な仲間たちと楽しい日々を過ごし、笑わせてくれながらも物語は着々と真実へ向かって進んでいきます。そして優羽の素性の謎を解いたとき見える真実とは……  これをただの幽霊とのラブコメではありません! 驚きと感動と笑いに満ちた物語の真実を是非、読んで確かめてください!!

六畳一間。幽霊つきっ ~部屋を借りたら幽霊少女もついてきました~

彼女は一体この先どんな人生を選択していくのか?

【物語は】 主人公が実家で、植物の世話をするところから始まる。人と深くかかわるのが苦手で、就職先を退職してしまった彼女。人と接するのは苦手な人も多いが、彼女はそれだけではなく少し変わった子供だったようだ。回想にて、その不思議な思い出の一部が語られていく。 【主人公の想い】 主人公の性質をどう捉えるかで、彼女への感じ方や考え方が変わって来ると思われる。仕事がしたくても、人間関係が元で続けることが出来ない。働かなければ、と思いながらも先のことを考えてしまい、それに向かってポジティブに考え行動することが出来ないとしたら? そして理解者がいなかったならばどうだろうか。 親であっても話すことが出来ないのだろうと感じた。いや、親だからこそ言えない可能性もある。主人公の心境は複雑だと思う。 彼女は自分が他の人と違っていても、”普通”を生きようとしていた。そして”普通”の人生を歩めると信じていたのではないだろうか? 【主人公に訪れた転機】 主人公はテレビで放映されている、ある旅番組で映し出された田舎の風景に心惹かれる。思い立ったが吉日と言わんばかりに、主人公は2泊3日の宿泊の準備をすると現地へ旅立ったのだ。 なかなか、先の人生を決められなかった主人公のこの行動は、この地にどれだけ惹かれたのか分かりやすい部分である。 【予感・非日常へ】 主人公には、1年に1、2度見る夢があった。それを目的地への移動の最中に見ている。この夢がどう繋がっているのかは、この場面ではわからないが、このタイミングで見るというのには、何か意味がありそうだ。 主人公は心惹かれるまま、目的地を目指す。そこで彼女が目にしたのは、いままで見たことのないものだった。 (ネタバレになるので詳しくは書けないが) 【世界観・物語】 目的地に着くと、その土地について語られていく。歴史や山に愛された姫とはどんな存在なのかを。 この物語は、単に人間の世界に順応できなかった主人公が、他の土地で生きるというような話しではない。自然に触れ合うことにこそ意味を持つ。何が出来るようになるのか、詳しく話すことは出来ないが、それが出来るようになることで、彼女にある役割というものが出来ていく。 これがこの後、どう彼女の人生に作用していくのかは、先まで読まないと分からない。しかし、心惹かれた場所に行ったことによって、彼女は少しづつ変わり始めているように感じた。 この物語は、詳しく話すとネタバレにあたる部分が多い為、抽象的に書くことしかできないことが難点である。 【物語のみどころ】 主人公は、人間の世界(社会)に馴染むことが出来ず、就職からたった1年で会社を辞めてしまう。しかし、そうなるまで”普通”の幸せが自分にも訪れると信じていた。子供の時から、変わっていると言われていても。 そんな彼女が心惹かれたのは”たまたまテレビで観た田舎の風景”。しかし、予感はあったのだ。夢というものの中に。 それでも、この土地自体に繋がりを持たない彼女が現地で、ある者たちと出逢う。この出会いが、彼女を少しづつ変えていくことになる。彼女にとって生き辛かったコンクリートの世界から、自然界へ。 そして、この土地で役割を見いだしていくのではないかと感じた。 あなたもお手に取られてみませんか? 人によっては、彼女の悩みに共感を持てるかたもおられると思います。彼女が、一体この先どんな人生を選択していくのか? ぜひ、その目で確かめてみてくださいね。お奨めです。

山に愛された姫 ~都市での生活はうまくいかないけど~

それはホラーか、それとも純文学か。強い引きと謎によって彩られた夜(ヨル)の記憶。

 神域である山や森で、また街や里からなんの前触れも無く人が失踪してしまう事件「神隠し」が多発するなか、主人公優の身に不思議な出来事が巻き起こる── *  この作品は、ジャンルがホラーになってこそいますが、様々なジャンルの融合体ではないかな、と感じました。  確かに根幹の部分はホラーなのかもしれません。ですがそれでいてミステリーでもあり、またヒューマンドラマでもあり、はたまた、純文学的でもある。  そんな本作の魅力を端的に表現すると、謎や仕掛けの多さであり、エピソードごとの引きの強さでしょうか。  度々挟まれてくる惨劇や、不可思議なイベントの数々に、「どうして彼女はこんな行動をしたのだろう?」「この先、どうなってしまうのだろう?」と気になり、自然とページを捲る手が止まらなくなる、そんな魔力に満ちた作品です。  三人称で綴られる物語なのですが、そこを上手く利用して、主人公である優の人格が、時々「ヨル」と入れ替わるところも本作の見どころ。  いまの発言ははたしてどっちのものなのか? 巧みな表現に翻弄され、思わず首を捻ってしまうことでしょう。  主人公──優と意識を共有している「ヨル」とは何者なのか?  感動の結末を、是非、見届けてください。 *  ──優が心の中でそっと囁いたとき、紋白蝶は飛び立っていった。壮麗なる青空に向かって。

長い夜

ある事件に巻き込まれたことにより、転職を余儀なくされた主人公が出逢いった天職

【簡単なあらすじ】 ジャンル:あやかしもの ある事件に巻き込まれ、濡れ衣を着せられた主人公は住むところも職も失ってしまい、切羽詰まっていた。そんな彼女の目に飛び込んできたのは、ある住み込みの社員募集の記事であった。詳しいことが書いておらず、怪しさを感じながらも面接に行くが……。そこで待ち受けていたのはあやかしの店主だったのである。果たして彼女の運命は? 【物語の始まりは】 童話のような始まり方の物語。主人公の日常がどんなものなのか、分かる場面から始まっていく。一話に入ると、彼女が何故この場所に来たのか経緯が語られていく。主人公はどうやらある事件に巻き込まれ無職になったことから、求人を見てここに面接へとやって来たらしい。ホームレス状態の彼女にとって、この住み込みの仕事は吉と出るのか、凶と出るのか⁈ 【舞台や世界観、方向性】 あやかしのいる世界 とても不思議な感じのする物語であり、舞台について詳しく説明するのは難しいが、豊川稲荷に住まう白狐たちと伏見稲荷の狐たちの違いや、あやかしたちについての知識など描かれている為、とても勉強になるなと感じた。 【主人公と登場人物について】 主人公は呉服屋で働いていたが、ある事件の濡れ衣を着せられたことがきっかけでこの地にやって来たらしい。通常なら落ち込んで何も手につかないだろう状況ではあるが、どうやら切羽詰まっていたようである。 職についての詳しい記載はないものの、内容と住み込みということに惹かれたようだ。切羽詰まっていたとはいえ、とても前向きな女性であると感じた。 その後あやかしたちと接する中で、段々と性格ななどもわかって来る。 【物語について】 主人公は自分のバッグにつけていた、和の小物が縁となって採用されることとなる。そしてここでは不思議な体験もするのである。しかしそれは、彼女には”見える”というだけである様だ。面接のあと、彼女は更に人間では体験できないようなことに遭遇するのである。 その後、彼女はあるあやかしによって、呪いをかけられてしまう。恋をすることで解ける呪いらしいが、そんなに簡単に恋は出来るものではない。この時点ではどんな呪いに書けられているのかもわからず、様子を見るために”ココロ堂”に泊まらないかという提案を受けるのだ。 その部屋で次に目覚めた後、あるあやかしと遭遇する。この場面から、ココロ堂がどんなところなのか? 何故主人公がこの店に採用されたのかなどが明かされていくのである。 【良い点(箇条書き)】 ・オリジナリティを持たせた作品である。 ・和がふんだんに出てくる。初めは現代らしさもあるが、段々と不思議な世界観に取り込まれていく。 ・主人公がとても個性的である。 ・憂いの部分が多いが、コミカルさもある。 ・童話調(ですます調)で描かれている為、昔話のような雰囲気も持つ。 ・登場人物それぞれにドラマを感じる。(背景がある) ・和らしさを表現している。 【備考(補足)】13ページまで拝読 【見どころ】 確かに主人公は”玉藻寧々”という人間の女性なのだが、あやかしたちの”人生”(?)にスポットのあたっている作品だと感じた。何故主人公がこの店に採用されたのか? この店が誰に為に存在し、なんのためにあるのか? それらが明かされていくと、この物語の中のあやかしがどんなものなのかわかって来る。”あやかしたちが抱える心の底の傷に触れていく”と、あらすじにもある通り彼らは心に傷を抱えているのだ。その傷はそれぞれ。 人と同じように何かに傷つき、それを言えないものも、もちろんいるだろう。彼女はこの先どのようにして、彼らを癒していくのだろうか?  そこが一番の見どころだと感じる。あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? 彼女が彼らの心に触れ、どんな風に変わっていくのか? その目で是非確かめてみてくださいね。お奨めです。

寧々(ねぇね)と豊川稲荷のあやかし事情

興味のある神様だけを読んでも楽しめる

 分類がわかりやすく、それぞれの神様のエピソードが簡潔かつ軽快に記述されていて、それぞれのタイトルの付け方も、興味を惹かれます。  日本の神様は数が多く、漢字の羅列という事もあって名前が覚えにくいですが、知ってみるとそれぞれの神様を主人公に大河ドラマが作れてしまいそうなほど、面白いエピソードがあったり、設定があったり。  逆に資料が少なくて設定の薄い神様は想像の余地があるともいえ、とにかく日本の神様をざっと知りたい!という方に、とてもおすすめできます。  こちらの作品で、楽しみながら神様の名前を知って、興味が沸いたら、更に専門書で知識を深めたりもしやすくなるので、自分の知識を発展させる最初の一歩にも優秀です。  文章が親しみやすいので、肩ひじ張らずに、気軽に知識が増やせるのが楽しいですし、日本人の教養として、知っておくべき内容とも思えるので、毎日少しずつでも読み進めたいです。

楽しくて、わかりやすい! 日本の神様のお話

本棚