ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

かんむりさんのレビュー

神に愛されたやり直し少女、すべては勘違いだった!?

4.5
0

誰にも愛されず最悪の結婚式を迎える直前に死に、神によって前世の記憶をもって過去に戻った主人公。しかし神からもらった力「自分に好意を持つ人の心の声が聞こえる」により、今まで知らなかった人から好意を持たれていたことをしり、思いもよらなかったやり直しをしていきます。


いっぱいいっぱいで追い詰められた可哀想な子がやり直すことにより前と全く違う幸せを掴む。と言うのはやり直しものの醍醐味ですが、今作はそれが存分に味わえます。世界を見る目が百八十度変わって戸惑う主人公はとてもいい子で幸せになってほしくなります。


勘違いとは言え家族の態度が悪かったのは事実ですし、あっさりすぎるかなとは思いますが、短くまとまっていて読みやすく流されるままだった主人公が積極的になるのが微笑ましいです。

前世の記憶があってもわからなかったことや、主人公の思い切った行動で好転していくのは爽快です。ヒーローも主人公に一途で可愛らしいですし、綺麗に纏まっていて面白いのでやり直し溺愛物が好きな人にはおすすめです。

登録日:2021/10/16 15:22

更新日:2021/10/16 15:01

問題を報告する

こちらはかんむりさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨム恋愛短編完結

その笑顔がかわいくて

ふくれっ面、えへへ顔、上目遣い。可愛すぎるでしょ。

体験談を視点を変えて妄想を加えたとのことですが、 ノンフィクションでありながら演出をちゃんと加えた映画を見てるみたいでした。 リアリティとか等身大とか、そういうの全部忘れて、 物語として面白いと思います。 そして、文字なんだけど、それを感じさせないほど 2人の挙動が可愛い。

エブリスタ恋愛連載:10話完結

空色は恋模様

キュンとさせられる青春ストーリー

あらすじ 美雨(みう)と陽向(ひなた)は、 小さい頃から一緒に時間を過ごしてきた幼なじみ。 幼なじみとは、どんな関係? 2人の想いは通じ合えるのでしょうか?(あらすじ引用) 主人公 美雨 ヒーロー 陽向  幼馴染のふたりの関係性が上手く表現された冒頭。 美雨の片想いなのかな?と思っていたら、陽向も美雨を想っていた、両片想いの物語。 陽向の事を特別に思っていながらも、自分の気持ちに気付けない美雨を大切に見守る陽向の様子が良かった。 幼馴染である事から抜け出せないふたりにどうなっていくのかという、期待感を持って読み進める事が出来ました。 飲み会の席で智也先輩が美雨へと距離を詰めて来る。心中穏やかでない陽向の威嚇にもワクワクします。 受け身なタイプのヒロイン美雨。幼馴染の関係性から一歩踏み出すまでの、陽向の駆け引きにキュンとさせられました。

小説家になろう恋愛書籍化連載:25話完結

【書籍&コミカライズ化!】死にたがりな少女の自殺を邪魔して、遊びにつれていく話。【Web版】

寿命と引き換えに、時を戻せたら――。生と死を巡る、恋物語。

「絶対に寿命を譲ったことを後悔しないでください。」 死神と契約した主人公は、時を戻せる時計を手に入れ少女の自殺を邪魔する。 2人の関係は少しずつ縮まっていきますが、契約の寿命も近づいてきます。 果たして2人の迎える結末は――。 その結末を是非、読んでください!

カクヨム恋愛連載:10話完結

シャイで可憐な僕の彼女は、スナイパーライフルを構えた。

異能の眼なスナイパーの彼女が見つけた、彼と幸せの物語

どこにでもいる地味でシャイな女子高生の砂井さくらさんは、 実は超絶凄腕の『人以外を撃つスナイパー』 そんな砂井さんのことが大大大好きな彼氏の兵太くんに出来ることは、 砂井さんをただ見守ることだけ。 だけど、その眼差し、優しさ、包容力はずっと砂井さんを支える力になるし、 それまさに砂井さんの異能の眼が見せた、もっとも大切な未来に必要なもの。 だから二人は、少しずつ寄り添って、お互いの大切さを認識していく。 そういう奥手な二人の、穏やかな歩みがこの話にはギュッと詰まっている。 やさしい恋の物語が、ここにあります。

カクヨム恋愛連載:16話完結

The other possibilities

スピンオフによる読者救済。不遇な登場人物の幸福ルート

 この作品には本編が存在し、こちらはスピンオフのアナザーストーリーとなっておりますので、本編を読み、いくらなんでもこいつ、可哀相過ぎる……という感想に満たされた読者は、こちらを精神安定の処方薬のように摂取すると良い、という感じです。  本編で若干気の毒な立ち回りの登場人物が、幸福ルートに突入した場合なので、実際の本編の流れを汲みつつも、やはり違うお話として読む系。  本編と違って恋愛要素の塊の話なので、年の差カップルのイチャイチャシーンにほっこりする人なら、これ単品でも楽しめるかも。  ただこっちを先に読んで、彼のファンになって本編に行くと、ややきついかもしれません。  読むならやはり、本編が先、というのを個人的には推奨すべきかなという感想を持っております。参考までに…。

ログイン

新規登録