ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

亜夜さんのレビュー

2.5
0

悪役令嬢モノのお約束の中にも独自色があり、展開自体はそこまで悪くはないと思うが、キャラクターの味付けと動かし方が惜しいという印象が強かった。

特に、メインヒーロー。正直、彼にこれといった魅力が感じられなかったので、必然的に恋愛の部分が薄っぺらく思えてしまい、【恋愛ジャンル】としての面白みを味わうことができなかった。

登録日:2021/10/29 18:21

更新日:2021/10/29 18:01

問題を報告する

こちらは亜夜さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

ノベルアップ+恋愛連載:413話

140字のふたり

毎日きゅんきゅんしましょう!

タイトルからもわかる通り、1話がすごく短いです。 それなのに毎回胸キュンを味合わせてくれるのがすごい! 一気読みも簡単な文字数、だけど一気読みするのがもったいない、だけど一気読みしたくなる、そんな作品です。 ちなみに私がこの作品に出合った時は、その魅力に抗えずに一気読みしてしまいました(笑) この作品は、主人公の高校生2人がお付き合いを始めるところから始まり、何気ない日常を過ごしていくだけなのですが、とにかくそれが尊い。 そんな2人の行く末を見守ってみませんか?

カクヨム恋愛連載:10話完結

シャイで可憐な僕の彼女は、スナイパーライフルを構えた。

異能の眼なスナイパーの彼女が見つけた、彼と幸せの物語

どこにでもいる地味でシャイな女子高生の砂井さくらさんは、 実は超絶凄腕の『人以外を撃つスナイパー』 そんな砂井さんのことが大大大好きな彼氏の兵太くんに出来ることは、 砂井さんをただ見守ることだけ。 だけど、その眼差し、優しさ、包容力はずっと砂井さんを支える力になるし、 それまさに砂井さんの異能の眼が見せた、もっとも大切な未来に必要なもの。 だから二人は、少しずつ寄り添って、お互いの大切さを認識していく。 そういう奥手な二人の、穏やかな歩みがこの話にはギュッと詰まっている。 やさしい恋の物語が、ここにあります。

カクヨム恋愛短編完結

ブレインダムド

の〜みそコネコネ

 遠い昔の思い出、彼(主人)と出会ったロックフェスでの出来事を振り返る田中さんの回想。  何を書けというんです? いやもう、とてもよかった、好き、という言葉以外なんにも浮かんでこない……。  打ちのめされました。とても静かで落ち着いた文体の中に、はっきりくっきり描き出されるこう、何か。やべーやつ。物語性の核にあたる部分というか、『溶けること』という要素に仮託されているなんらかの事柄。名前のない何かというか、容易に言い換えの効かない〝それ〟そのものだからこそこの物語の形以外は取りようがなかったという、その時点でもう面白いに決まってるし感想の書きようまでなくなるのでずるいです。  まずもって文章そのものがとてもうまくてただただ気持ち良いので、正直内容をどう読んだか言語化できる気がしません。一度物語に乗ってしまうともう逃げられない。終盤なんかもう目が勝手に先へ先へと引っ張られるような感覚で読んでました。なんでしょうこれ。本当に説明できる気がしない……。  これはとても個人的な感想になる(=人によって異論めっちゃありそう)と思うのですけれど、音の表現というか使われ方がすごかったです。フェスだし実際バリバリ上演されてる場面もあるのに、いうほど音楽が〝聴こえてこない〟。ワッときたりビリビリするような空気の振動と、群衆の発する湿った熱気、それに当てられた倦怠感に喉の渇き、さらにはスポーツドリンクを飲み下した瞬間の潤いと、感覚に訴えてくる描写がこんなにもてんこ盛りであるのに(しかもそのどれもがゾクゾクするほど生々しいのに)、でも音楽(聴覚)だけが少し違う。少なくとも「聴く」という感覚ではなくて、でも音の中に「いる」という感触はしっかりある。  フェスやライブイベントでの大音響ってこんな感じ、というのもあるのかしれませんけど、でもそれ以上にというかそれ以前にというか、彼との会話の方にピントが合って、曲は自分の周囲にぼやけて漂うだけであること。これがもうすごいというか嘘でしょ何これ怖いというか、なんか脳味噌をハックされたみたいな感覚になりました。思えばこの主人公、最初から音楽に関してはほとんどぼやけたままで、なにしろ目当てがあるわけでもないままでのフェス参加、さらにはTシャツに書かれたバンド名を読み上げてすら〝平仮名で発音〟だったりして、この焦点の合い方とぼやけ方そのものが終盤の山場、彼女自身の望みというか今現在のありようそのものにがっちり繋がっていく、という、なんかもうここまでやられると悔しくなってきます。おのれ天才め。お前(の筆力)が欲しい。  実はこの山場(特に「彼が溶かした。」の次、「私、」から始まる段落)、最初から実質丸裸というか、その通りに描かれてはいるんですよね。かなり序盤に出てくる『私は群集に溶け込んでしまいたかった』という動機、まったくその通りの行動と結末。なのにここで気持ちが「わあっ」と盛り上がるのがすごいというか、好きです。もう本当好き。いろいろ好きなところがいっぱいあります。序盤の溶け込みたかったのにうまくいかなかったところや、そのチルアウトの空気感(この辺すんごい共感しました)。『遠い過去を振り返る』という形式のおかげで静かな語り口と、その落ち着いた表皮の下でぐわんと立ち上がってくる大きな波。そして回想であることそれ自体というか、最終盤で一気に畳み掛ける「それから」の強さと、その上で辿り着く帰着点のこの、もう、何? 満足感? 本当もうなんにも言葉が見つからないんですけど、とにかくものすごい作品でした。面白かったです。大好き!

カクヨム恋愛書籍化連載:89話

カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています

同期の美濃彩華というキャラが非常に魅力的で、書籍も合わせて今後が楽しみな作品です。弊害としてタイトルヒロインとくっつけるなら余程劇的な話を入れないと難しく感じてしまいました。

カクヨム恋愛短編完結非公開

夜明け

バイクと女の子。夜明けの出会いは運命的。

 白には黒のコントラストが映えるように、無骨なメカに女の子という組み合わせは絵になるものですが、今作では古いバイクに女子高生。絵になる。ライダースーツを纏い、レストアされた重いバイクをたどたどしく操る初々しさ。  そして真のライダーなら当然のごとく、安全運転。風になるぜ! なんてやんちゃな爆走をしたりしない。品行方正なバイク乗りで好感度が高いです。  そんな彼女でも夜明けが見たいという衝動に耐えきれず、夜中に家を抜け出すというところから物語は始まります。  そして夜明け直前の江の島で彼女が見たのは、これまた絵になるお姉さんライダー。  二人のバイク乗りが偶然出会い、大人の女性に懐く女子高生という女子同士ならではのじゃれ合いを経て。  それぞれのシーンが丁寧に描写されており、光景が目に浮かぶようです。  家族から継いだバイクを大切に扱ってる二人に、バイク好きの人も好感が持てる作品だと思います。  その後を予感させるラストの余韻も素敵。

ログイン

新規登録