ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

和田島イサキさんのレビュー

どういう真相なのやらとんと見当がつかぬ

5.0
0

 なんだかご主人に飼われているらしい猫のお話。

 いや言うほど猫ばっかりでもないというか、猫から始まりその周辺の人々にどんどんフォーカスが移っていく感じのお話です。ジャンルとしてはミステリで、しっかり謎を提供してくれるのですが、その趣向というか流れが印象的でした。

 最初の猫のふわふわした語り口もあり、序盤のうちは柔らかな日常の光景が続いていくのですが、そのうちに「なんだろう?」と思わせる描写がちらほら顔を出し、そして気づけばすっかりとんでもないところに着地している、という構成。最後まで読み終えたときには「おおーそういうこと!」と膝を打つような思いで、つまりしっかり丁寧に練られたお話でした。

 このさっきあげた「なんだろう?」が肝というか、登場人物があからさまに謎めいた行動をとるところが好きです。例えば探偵もののミステリなんかだと、わりと謎解きの部分を読み流してしまうことがあるのですが(自分で謎を解きたいという欲求よりも、探偵の活躍を見たいという欲求の方が上なので)、このお話では作中にしっかり引っかかるところを用意して、普通に読んでいても自然と真相を考えさせてくれるところがよかったです。親切設計というか、ちゃんとミステリさせてくれる作品でした。

登録日:2021/11/4 18:12

更新日:2021/11/4 18:12

問題を報告する

こちらは和田島イサキさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムミステリー連載:2話完結

名探偵は謎を解かない

ライトな読み口にがっつり満足感のある謎!

 単眼族や有翼族など、幻想的な種族の暮らす世界での、とある学校の小さな事件のお話。  ミステリです。いわゆる人の死なないミステリで、学園を舞台にしたキャラクター文芸で、そのうえしっかりファンタジーです。それがなんと一万文字の短編で。いやいやこの分量でやれること? という、読み終えてまず思ったのがそこでした。すごい衝撃。全部の要素がしっかりと、余すところなく使い切られている……本当にこの設定、この謎、このキャラだからこその物語だというのがわかって、いやもう凄まじい完成度です。とんでもないもの読みました。  世界の設定が独特です。お話の主軸というか、「これがなんのお話か」という部分は完全にミステリそのものなのですけれど、それに対して思いっきりファンタジーしてくる世界。いわゆるローファンタジーで、例えば学校のありようとか技術レベルのようなものは現代そのものと思われるのですけれど、そこにいろんな異種族(いわゆる人外)が存在している世界。もちろんしっかり意味があって、例えば一番わかりやすいのは、探偵役であるところの単眼族、シクロくんの種族的な特性です。  なんと彼の目には、他者の感情がぼんやり見えてしまう。探偵にはもってこいの能力で、当然それはしっかり活かされるのですけれど、でもすごいのはそれらの設定の折り込み方というか、語り口の自然さです。結構尖った設定のはずなんですけど、普通にわかる。なんとなく読んでるだけでちゃんと頭に入る。  ちょっと個人的な話なのですが、自分は探偵ものに対して結構不誠実な読み方をしてしまうタイプで、つまりあんまり謎について考えないままノリでぐんぐん読んじゃうのですけれど(探偵の格好いいところが目当てなので)、でもそんな読み方をする自分でも本作、必要な情報の取りこぼしがない。順を追って、丁寧に、かつ難しかったり情報がパンクしたりしないように書かれている。もうこれだけで勝ったようなものだと思います。  キャラクター、というか主人公コンビが好きです。彼らの関係性というか、ほんのり漂う信頼感のようなもの。キャラクターはしっかり立っているんですけど、全然コテコテではなく自然なんですよね。単眼というすんごい派手な特徴があるのに。この感じ、どこまでも自然なところが好きです。すごく好感が持てるというか、気がついたら好きになっている感じ。  あとはもう、本作を語る上で絶対に欠かせない最大の魅力なのですけれど、やっぱり『名探偵は謎を解かない』です。その言葉の意味。いわゆるタイトル回収といえばそれはそうなのですけれど、ただ拾うという感じではまったくなく、〝本当にそれをただ最初から書いていたのだ〟というのが最後にわかる感じ。なによりだからこそ、でなければ絶対に辿り着けなかったであろう、この物語の結末の心地よさ。非の打ちどころのないハッピーエンド!  読後の余韻というか「あー」ってなる感じというか、もう本当に満足感がすごい。捨てるべき要素がなにひとつない、ぴったり綺麗に組み上げられた佳作でした。結末が好きです。格好良すぎる!

小説家になろうミステリー短編完結

彼ぴっぴしゅきしゅきビーム殺人事件

強すぎるセンスに脱帽

なんというかこれは……タイトルだけで勝利したような作品ですわ。 しかしながら内容がおろそかになっておらず期待を裏切らない、むしろ期待以上の展開が待っている。 こういう作品と出会えることはとても嬉しいと思わせてくれる一作

カクヨムミステリー連載:4話完結

アリスな私にキスをしないで

心理学と恋愛の甘酸っぱいトリックをご覧あれ

憧れの人と付き合えて、ついフワフワと浮わついてしまうくすぐったい気持ち。 好きな人が可愛い女の子にアタックされているのを見て、焦燥感に似た不安定な落ち着かない気持ち。 本当に私のこと好きなの?とちょっと試したくなるイジワルな気持ち。 女の子なら誰でも一度は経験したことがある、恋の甘酸っぱさも、苦い思いも、本作品には丁寧に書いてあります。 恋に翻弄される文学部の「私」ちゃんは、ある日心理学の講座で「アリス顔実験」を知り、彼氏である名木橋先生にその実験を元にした悪戯をしかけます。 「私のことが好きすぎて、私のことを見たんですね」 この一言が言いたくて。 心理学の実験をトリックにして先生を翻弄する私ちゃん。そして、心理学の教授である名木橋先生の鮮やかな「お返し」が見事で、思わず恥ずかしくなって近くにあったクッションを抱き締めながら読んでしまいました(笑) 心理学を使ったトリックにわぁ!とびっくりする気持ちと、胸をドキドキさせる甘酸っぱい恋心。どちらも満足に楽しみたい方は、ぜひこの作品を読んでみてください。 多分、甘い恋愛映画を一本見たくらいドキドキしてしまいますよ♪

ノベルアップ+ミステリー連載:4話

ぼくの偽札騒動記

偽札騒動の意外な顛末は……?

 高校入学前の春休みにアルバイトとして、隣り街に住む老婦人の家で引っ越しの手伝いをしていた〈ぼく〉は、手伝いの謝礼としておばあさんから受け取った一万円を貯金しようと、銀行のATMの入金を試みるが、何度やってもはじかれて戻ってきてしまう……。その時に、ようやく〈ぼく〉はそのお札が本物と違っていることに気付く。  ということで、ここからがネタバレ込みの感想ですが、まだ読んでいない方は、ぜひ作品のページに進んでくださいね。  本作は親切そうなおばあさんに騙されたと思い込んで、もやもやとした気持ちを抱えた少年が、世の中の昏さ、現実の厳しさを知る……という物語ではもちろんなくて、隣人のおじさんと出会ったことによって、それが現在の一万円ではなく、〈旧札〉だったと〈ぼく〉は知ることになります。明記されている時代背景を考えると、福沢諭吉の旧札を〈ぼく〉は眺めていたのでしょう。  そう、ここで読者は本作がほっこりとした、日常の謎系統の作品だった、と知る、  ……というわけでもなく、  実はこの作品、ここからはもうひとつ新たな展開が用意されています。一万円札を新札と交換してくれたおじさんに感謝しながら家まで帰った〈ぼく〉には知る由のないことですが、実はおじさんは骨董品収集が趣味でそのお札がプレミア価値の付くものだと気付いて、親切ではなく下心からお札を交換していたわけです。自身の儲けのために少年に嘘を吐いたおじさんは天下の大悪人ではないですが、小悪党というか、小狡い印象を抱いてしまう人物で、そんなおじさんに天罰が下るように意外な事件の存在が浮かび上がってきます。  そんな本作はユニークで、穏やかな読み心地の中に、甘さだけではない、苦味を混ぜたような良質さがあります。

小説家になろうミステリー短編完結

彼ぴっぴしゅきしゅきビーム殺人事件

良い作fdwsaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaafsdaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa品

最初はどうかなぁと思ってたのでエスが、思っていた以上に良い作品でした。

ログイン

新規登録