レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

私は壁になりたい

作品詳細
「お前ン家、ヌリカベの家系だっけ?」 「先祖代々小売ヒューマンです」

真面目に読むと実は結構詰んでる(※真面目に読むものではない)

5.0
1

 進路希望調査票に「壁」と書いてきた女子生徒との、一対一の進路相談に挑む女教師のお話。

 テンポよく切れ味のあるコメディです。場面固定かつ一対一の掛け合いという形式で、特に語り口の起伏や言い回しの妙で引っ張っていく内容となっており、つまりはショートコントのような軽妙な掛け合いの妙味を、小説という形式の上に再現しているところが魅力的です。

 普通にコメディとして楽しく読んでいたのですが、でもこれ真面目に読むと実はものすごい勢いで詰んでいるのでは、というところもなんだか愉快でした。真摯に生徒のことを思ういい教師ではあるのだけれど、でも生徒自身の自主性を尊重しすぎた結果明らかに悲劇を助長している先生。そして想像以上にどうしようもなかった『壁』の正体。一切の遠慮なく一方的に垂れ流される欲望のおぞましさに、自身に向けられた暴力性すら跳ね除けようとしない先生の健気さ(あるいはヘタレっぷり)。読み終える頃にはなんだかDVによる共依存にも似た関係性が成立しつつあるようにすら読めて、いやもしかしてこの人らある意味相性ぴったりなのではと、そうごまかしてはみたものの結構身につまされる部分もありました。人の振り見てなんとやら。

 単純に個々の掛け合いそのものも面白いのですけど、でもこうして見ると「いやいや結構な惨事ですけど?」と、そんな状況をでもサラリと飲み込んでしまえる彼女らのタフさにも笑えてしまう、つまりはしっかりキャラクターの魅力をも見せてくれる素敵な作品でした。

和田島イサキさん

登録日:2021/11/4 18:19

更新日:2021/11/4 18:19

問題を報告する

こちらは和田島イサキさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

和田島イサキさんの他のレビュー

龍王ここに崩ず

終幕における幸せのかたち

 山とか谷とかもう陸そのものってくらいに巨大な龍と、その臨終に立ち会う羽目になった小さな妖精の、その対話とその後の顛末のお話。  いかにもファンタジーらしいファンタジー、というわけではないのですけれど(この言い方だときっと剣とか魔法とか冒険の旅のイメージが強そう)、でも「ファンタジーだからこそ」を目一杯使ったお話です。特に龍ことガイルベロンさんなんかは非常にわかりやすいというか、この体の巨大さに寿命の長さ、なにより生きてきた足跡のスケールの大きさなんかは、まず人間のそれとはまるで比較になりません。この大きさそのものがすでに魅力的というか、なんだか足元がソワソワしちゃうような壮大さをしっかり感じさせてくれるところが素敵です。  とにかく巨大で、小さな妖精や人間からはとても想像のつかない次元から物事を見つめてきた存在。本来なら対話など叶わないはずのその龍に、でも念話の力を持つ妖精の協力によって、初めて成り立った意思の疎通。それにより明らかになる龍の内心、いやあるいは望みというかむしろ性格そのものというか、その意外さがとても好きです。ややネタバレ気味の感想になってしまうかもしれませんが、ただこちらの予想や想定を裏切ってくるのではなく、その結果にとても共感させられてしまうところ。また対話相手としてそれを受ける妖精の感覚というか、その内心の変遷のコミカルさも面白かったです。期待から困惑、あるいは呆れのような感情になり、なんなら半ばツッコミ役みたいな役回りまで。こうしてみると龍も妖精も非常にキャラクターが立っているというか、性格そのものは自然な味付けなのに(極端なのはその大きさ小ささくらい)、でも造形そのものが実に生き生きとしている。この辺りが読み口に自然な味わいを与えているのだと思います。  そして、龍の最期とそれを踏まえての結末。余韻が美しいのもあるのですが、「ハッピー・エンド」という章題とあわせて考えると、より深みを感じさせてくれる幕引きでした。

5.0
0
和田島イサキ

おすすめレビュー

Robotech Touchdown 〜ロボテック タッチダウン〜

巨大ロボット、タッチダウン!

ロボット好きならだれもが憧れる、巨大ロボによるド迫力スポーツの試合。 それが『ラフトボール』! 走ることが大好きだった少年が、傷を負い、それでも立ち上がるための両足に選んだのがラガーマシン―――ロボットの鋼鉄の脚であった。 そこから始まる復活と約束の物語。 果たして栄光の未来へと少年はたどりつけるであろうか!?

ただ将棋をして話すだけ

毎週同じ曜日同じ時間に同じ場所で。ゆっくりと変化していく、二人の心境と日常。

話ごとであるが日常の一コマという印象。 ★どんなことをテーマにした作品なのか? 金曜日の深夜に大学の休憩スペースで高校生の主人公が、大学生である師匠と談話しながら将棋を指している場面から始まっていく。恐らく将棋と互いの好きな二人の日常の一コマである。 【将棋とは?】 戦陣になぞらえ八十一個の区画を設けた盤に駒(こま)を並べ、互いに一手ずつ駒を動かしてするゲーム。(web調べ) 【どんな物語なのか?】 高校生の主人公が大学生と将棋を指しながら、お喋りをしている様子を描いた物語。将棋の手などが出てくるわけではないので、ルールを知らずとも楽しめる。二人は好意を抱いているのか、とても仲良く見える。日常の一コマを綴っており、一ページで一場面という構成。主人公だけでなく、相手の女性からの視点もあり、互いに何を考えているのか? 何を想っているのかなども垣間見ることができる。一場面が500文字前後なので、サクッと読めるところも魅力。その凝縮された場面の中での二人のやり取りには、その先を妄想してしまうものもある。 【好きな所や印象に残ったところなど】 ・何故毎週であり、同じ時間なのか? 約束の場面が好きである。しかし、主人公が何故この時間なのかは謎のまま。 ・時々明かされていく、師匠の過去や人間関係について。チラッとしか出て来ないのだが、ミステリアスで興味をそそる。 ・二人は惹かれ合っているように思えるが、師匠の乙女心(?)に気づかない部分も面白い。鈍感なのも彼の良さなのだろうと感じる。 ・一緒に居て楽しそうなのがとてもいい。互いに居心地の良い相手なのだと感じる。変にベタベタしていないのも、良いなと感じる。 *現在129話まで公開中 (2021年11月13日現在) 【全体の見どころ】 将棋が分からなくても、ルールが分からなくても楽しめる物語であるのが一番の魅力だと感じた。この物語は群像劇なのだろう。主人公だけではなく、師匠や師匠の過去に関係する人物の視点からも物語は進んでいく。二人が将棋を指す時間はいつも決まって金曜の夜。そして同じ場所で。変わらない日常と変わっていく二人の心理が見どころだと思う。そして少しづつ明かされていく師匠の過去や心理なども面白い(面白味)部分だと感じる。日常の一コマであり、その日印象に残ったワンシーンのようなスタイルであり一話はサクッと読める。一話の文字数としては少ない印象もあるが、凝縮されたワンシーンで余韻も残る。主人公の中で、将棋が師匠とワンセットになっていく心境の変化や、その事に自分で気づかずにしてしまう言動。そこから派生する初々しさなどもほんわかしており、好感が持てる。ハラハラドキドキという感じではなく、応援したくなる物語である。 備考*16局まで拝読。

ヤクザの娘行きつけの〇〇

自ら孤立を選んでいたヤクザの娘が人の温もりを知っていく物語

 この作品は、ヤクザの娘である火口琴刃と、彼女を取り巻く人々の物語です。ヒロインである琴刃は、ヤクザの娘ながら、本を愛し、周りの人を思って自ら孤立を選ぶ心優しい少女で、ごく普通の女子高校生です。孤独な彼女の周りに、喫茶店で働く同じクラスの男の子、医者の娘でありながら演劇にのめり込んでいく美人の先輩、同じ塾の漫画が大好きな小学生の男の子、彼女に護身術を教える先生とその娘など、さまざまな人が集まってきて、人の温もりを知りだんだんと心を開いていく過程に心が温まります。  そんなほのぼのとした話と思いきや、終盤に起こる事件には手に汗を握って、どきどきしながら夢中になって全話読み進めてしまいました。とにかくヒロインを含む登場人物たちが、親しみやすく魅力的で、その書き分けも見事でした。とても完成度が高く、もっと評価されてほしい作品です。

私、メリーさん。47日後に逢いに行きます

あれ? このメリーさん、なんかおかしくない? か〜ら〜の〜!!!

『私、メリーさん。今、〇〇に居るの』  皆さんご存知の通り、メリーさんと言えば、電話越しのこのセリフですよね。  そして段々とその場所が近付いてきて……最後は自分の後ろに。  そのジワジワと迫りくる恐怖を与えるのがメリーさんの、メリーさんとしての役目だと思うのです。  それを踏まえた上でこの作品も読み始めるわけですが……。このメリーさん、何かがおかしい。(笑)  突っ込みどころ満載のメリーさんに最初は『ブハッ! なんやこれ。メリーさん、ちゃんと役目果たして怖がらせなアカンやろ!』という気持ちでいっぱいでした。  しかし、最初からこのメリーさんは、このメリーさんの役目を果たしていた。最後まで読んでそれに気付いた時……。  47日後 「私、メリーさん。今、アナタの後ろに居るの」  振り向いた先に何が待ち受けているかは、その目で確かめてほしい。

咲夜。人の寿命が見える私と、来年までに死ぬ彼の話。

寿命「一」の人を救えるか? 他人の寿命が見える女子高生の青春

他人の寿命が年数で見える女子高生、咲夜。入学式の日に寿命一年の先輩と出会ったことをきっかけに、彼女は次々と現れる寿命一年の人を救おうとしていく。  ✽ 寿命が見えるという一見便利そうな能力ですが、端数切り上げの整数での年数表示らしく、詳細な日時や死因まではわからないのがポイントかと思います。 未知ゆえに続く緊迫感や、時に生じてしまう油断。どうすればいいのかと苦戦しながらも人を救おうと頑張る姿には胸を打つものがあり、問題が解決したときの達成感や爽快感もとても良いです。 青春模様としては、文芸部の活動の様子が高校生らしく楽しそうで、読んでいて羨ましくなりました。咲夜と先輩の関係性の変化も見どころです。 あとは眼鏡っ娘らしいエピソードと言いますか、描写に可愛らしさや微笑ましさを感じたり、時には共感したりして、眼鏡っ娘の良さを再確認できたなぁ、というのも印象に残っています。 巧みな文章表現で、冒頭から引き込まれました。人物造形にもリアリティがあり、恋愛、友情といった青春模様が丁寧に描かれています。ミステリーとしても面白いです。 咲夜は寿命「一」の先輩を救えるのか? ぜひお読みください!

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top