ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

はやくもよいちさんのレビュー

ケンタウルス、露をふらせ

5.0
1

 夜空、星空といえば、とにかく私は宮沢賢治の作品に描かれる黒か濃紺のイメージを持っているのだけれど、「星集めの絵」がそういう背景だと描写されていて妙に納得してしまった。

 だが同じ心象映像を想起させるのに、宮沢賢治と夏木さんでは作品から受けるイメージが大きく違う。前者はいつまで経っても夜のままでひんやりとした世界であり、夏木さんの作品はラストで陽の光の眩しさ、温かさの中へと場面転換していくからだ。


 たしかに「星集めの絵」では人の死、という究極的に暗いテーマは取り上げられていない。だが主人公が役立たずな魔法しか持っていないことや、その能力ゆえに両親を苦しめてしまったトラウマ、ステラが間もなく失明するであろうことなど、十分に暗くて重いテーマを内包している。

 宮澤賢治の作品の多く、たとえば「銀河鉄道の夜」は確かにハッピーエンドではないものの、救済がないとは言い切れないだろう。「よだかの星」や「雁の童子」は同様に夜空を想起させる作品であり死が結末だが、そこが終わりではなく、死んだ後にこそ救済がある……と読み取ることもできる。


 では何がそんなに違うのか? といえば、パートナーの存在ではないか、と私は思う。


 どちらも孤独だった主人公とステラ、使い途のない魔力の持ち主と、生まれ持った素晴らしい魔法の力を間も無く使えなくなってしまう女性とが出会う。それは雇用主とアルバイトの関係から始まり、主人公の願いが「ステラの願いを叶えたい」という方向へ傾くことをきっかけに同じ一つの願いとなり、互いが互いを救済し合う関係になっていく。主人公は視力を共有させること、ステラは彼の能力にも使い途があると可能性を提示することで。


 世の中には慈善を為すこと、恵み与えることが至高の徳で、それを幸せと感じる尊い心の持ち主もいるだろう。だが主人公たちの見つけた幸せは与えることよりも、相手に求めること、ではなかっただろうか。

 お互いが相手に求めれば、お互いが相手に「求められている」ことになる。求められもせずに与えるよりも、求められて与えることの方がより幸せである、そう感じるのは私だけではないと思うのだ。

 アルバート青年が、彼女の求めに懸命に応えようとしたように。


 この作品は、場面ごとの明るさや天候が効果的に演出されている。未読の方はぜひ、読んでいただきたい。


はやくもよいち

登録日:2021/12/25 00:53

更新日:2021/12/26 09:16

問題を報告する

こちらははやくもよいちさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろうファンタジー完結連載:227話

【完結済】ケモ耳っ娘になったからにはホントはモフられたい~前世はSランク冒険者だったのでこっそり無双します~

最強可愛い美味い伏線増し増しモフストーリー

 リリアンはお名前の通り、可愛い狼獣人なのです。黒毛で、ケモ耳ぴょこぴょこ、しっぽフサフサぱたんぱたんの、15歳になりたて冒険者。しかも最強。  『樫の木亭』でバイトしててみんなから可愛いがられてる15歳、だけど最強。  最強なのです。  しかもカッコいい!  理由があります。それは前世の記憶があり、前世が最強だったからです────では終わらない。  前世の記憶があっても、そのままで強くなれるような世界じゃないのです。  彼女は幼い頃からちゃんと努力して、人間種だった前世と違う、狼獣人に生まれたことも活かせるように自分を鍛えてきたのです。真面目ですね、良い子です。性格も素直な、でも最強なのです。(ちなみに内緒なんですけど、前世は震えるような美女なんですヨ)  彼女のまわりには、あたたかいメンツが揃っています。環境もわりと最強です。読み進めていくと分かりますが、今自分が生活しているところにも、美味しい料理と心地よい人間関係、そして強いイケメンがいます。  実家も出てきますが、素晴らしい兄弟と強いイケメンがいます。  前世からのご縁も最強です。強いイケメンもいますが、可愛いモフモフもいます。最つよです。  恋の行方にもヤキモキさせられます!  特にデニス! そう、キミだよキミ!  リリアンも、前世のせいなの? と悩んだりして、どうなるか分からないところ、目が離せません!  ところでこの世界は、冒険者がギルドに所属し、レベルに合った難易度の依頼を受け、ついでに狩ったモンスターを美味しくいただく世界です。それがまた、もう、ワシにも……ワシにも一つくれ……いやひとかけらでいいからあ! という、ひどい、いや、羨ましい世界なのです。そういう美味しい世界に、投げ込まれる文明の利器、スマホ。スマホとは書いていないけどそれはどう読んでもスマホ、しかも実は日本も関係してるみたい……!  謎です。一気に深まる謎、気になります! リリアンの前世、そして国の成り立ちまで絡んだ巨大な謎に立ち向かう、これからクライマックスです!  一緒に堪能しませんか? (終わりへの旅 120 『サポーター』/ニール(3)まで読ませていただきました)

カクヨムファンタジー書籍化連載:153話

勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録

勇者は罰。最大最悪の罪で『勇者』とされた者たちが、魔王を倒す物語

まずこの作品における『勇者』とは、最大最悪の罪を犯したものに科される懲罰である。 主人公もその仲間たちも、その懲罰を背負うも当然の罪人であり、 誰も彼もが恐るべき罪を言動から覗かせ、あるいは現在進行系で犯し続けている存在だ。 そんな勇者たちに科される任務は、世界を侵食し続ける『魔王現象』の撃退。 かくして、勇者と魔王は相対することになる。 ただ目の前の魔王に抗い、それを倒すために戦う。 たとえ死んでも蘇らせられ、再び最悪の戦場へと送られる。 戦い続けることそのものが罰。それが勇者刑。 主人公ザイロはその中でも特級の『女神殺し』の罪を背負う勇者。 彼の根底を支えるものは『怒り』であり、それは自分自身と、世界に向けられたものだ。 その怒りでもって彼は誰かを救うために死地に飛び込み、 魔王に対して無謀ともさえ思える突撃を繰り返す。 そしてそんなザイロの元に、新たな『女神』テオリッタが現れる。 彼女と契約し、ザイロは再び女神の騎士として戦場を駆け巡る。 最悪の犯罪者『勇者』たちによる、最強の魔王討伐劇。 過去を失い、今を縛られ、未来には絶望しか残らない。 それでも彼らの生き様は不思議な熱を帯びている。 まさに痛快ダークファンタジーと呼ぶにふさわしい傑作である。

エブリスタファンタジー完結短編

Sadness of the attendant

ただならぬ狂気へ(「濡れた金色」のレビューと絡め)

 「濡れた金色」が2017年。そして改稿…いや、改稿では最早ありません。別バージョンです。特に、「濡れた金色」を読まなくても話は読めますが、どちらも読めば答え合わせ…いや、答え合わせは最早メインではなくただの「一要素」くらいなものですね。つまり、どちらも読めば印象が変わり深くなります。  まず、ですね。2017がでは始めに読むのを前提としましょう。ページを開いた瞬間に「あれ?」となります。まるで別人?というほど…そうですね、字が詰まっていますし文体がそもそも違います。  私は作者さんを「ストレンジカメレオン(某the pillowsというバンドとは無関係です)」と名付けたい。  このレビューだけはすみませんが「書き手側視点の感想色」が強くなってしまいます。すみません。それはまぁまぁ野暮ったくなるので出来るだけさらっとしたいと目標を立ててレビューをします…。  パット浮かんだのは谷崎の春琴抄か…いや、野坂昭如のアメリカひじきなのか火垂るの墓なのかと…やはり別作者を並べてすみません(結論、違いますよと毎レビューで言ってはいますが)  この絡み合いはなんだ。なんなんだと倒錯しそうになる。  読者視点でいきますと、昨今ありがち「人物情報(特に容姿)にこだわり、過多過ぎて全然頭に入ってきません、君は誰でしたっけ」現象がなく、むしろ薄い。  (書き手と個人的意見と読者視点)  個人的に実はリアル知り合いなので作者さんが「めちゃくちゃ人物を練る」タイプなのを知っているだけに…って、あまりレビューで関係無さそうなことを言ってしまい申し訳ないが、そんなわけでこんなにあっさりサバっと人物情報を切り捨てた、のにちゃんとビジョンが浮かぶ書き方が非常に高度で凄い。私なんて「ただの吉田」だとか書いてしまったことがあるくらいだというのに……(マジ話です)  童話と、童話ではない文芸の線引きがハッキリしていて、読み比べがとてもおもしろい。多分、書き手じゃなくても、「あ、こここっちのこれだ!」が拾えて飽きさせない。脱帽+髪の毛まで剥ぎたくなるほどだ。  こちらは恐らく「鮮やかな」ではないな。血生臭い「パラフィリア」だ。非常におもしろかった。  どっちの方が好きでした?と言われたら見てくれ、私はどちらも☆5をつけている。  両作薦めましたが片方だけでも濃いお話しでした。皆様が認知している「カエルの王子さま」を頭に浮かべて読んでみてください、是非。  

カクヨムファンタジー完結連載:4話

終わりのその先に

ど直球の異世界転生、その〝裏面〟

 異世界に転生した高校生四人組が、魔王を倒し大団円を迎えた瞬間、案内役の精霊に意外な真実を告白されるところから始まる物語。  異世界転生もののファンタジーです。あるいはその雛形なり構文なりを使ったショートショート、と、ストーリーだけを見るならそのようにも読めるお話。でもやっぱり本筋としてはゴリゴリの異世界転生というか、まんまファンタジーだと思います。現実の現代社会ではない、空想上の『ここではないどこか』を組み上げるための作品。  微に入り細を穿つ設定の数々。分量のうちの大半が細かな設定の描写に終始しており、おかげでディティールはすぐに掴めます。平たくいうなら古典的なゲームのような世界。剣と魔法と魔王はいいとして、スキルやステータスというものが普通に存在しており、なにより「こちらの世界」と「元の世界」がはっきり認識されていること。第一話、仔細に並べられた四人のプロフィールは、そのまま物語舞台の説明でもあって、とにかく設定がてんこ盛りでした。  この先はネタバレを含みます。わりと大事なところに触れてしまっているので、未読の方はご注意ください。  お話の筋そのものは至ってシンプル、というか実質的にかなり簡潔なもので、主人公の高校生四人と、もうひとりの友情の物語です。もともとあちら側の存在である案内役の精霊。主人公らを元の世界に帰すための狂言を、でも主人公らは嘘であると看破し、そして再び〝裏面〟の冒険の旅へ、というストーリー。つまりタイトルに偽りなし、終幕の先を描いたお話です。  精霊のついた嘘と、そしてその意図を察しながらも助けに戻ってきた主人公たち。彼らの勇気と友情の大きさが伝わる、堂々とした冒険の物語でした。

カクヨムファンタジー完結連載:58話

永遠の箒星(とわ の ほうきぼし) ― star witch’s story ―

魔法×科学×メルヘン×アクション! ――楽しく激しく全部入り。

永遠の宇宙と悠久の時、 魔法と科学の箒に乗って、 渡りゆくのは【星の魔女】。 ほんわかメルヘン、ガッツリ科学。 日常、溌剌、ハートフル。 願いを叶え、笑顔を呼んで、 星と輝く石集め。 望むのはただ最後の希望――宇宙を救う、そのひとつ。 滲み出づるは脅威と恐怖。 願いを喰らい、迫りくる黒。 侵蝕、絶望、落ちる翳。 挫き、貫き、叩いて蹴って、 縦横無尽に駆け抜けろ! 言の葉が舞い。殺陣が冴えれば。 飛翔! 躍動! 大乱闘!! ◆永遠の箒星(とわ の ほうきぼし) ― star witch’s story ―◆ ――希望を求めし、その先は。

ログイン

新規登録