ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

はやくもよいちさんのレビュー

空白が幸せを醸す

5.0
2

 冒頭から、詩愛(しいら)はひとりでいる。


 彼女の隣、もしくは向かいに座るはずの浅黄(あさぎ)は思い出の中にしかいない。待っている彼女の立場で言えば、そこに誰も立ち入れない大きな空白だけを残して逃走中なのだ。


 出会った時のエピソードや、成功していく過程、彼の失踪など、ラジオの進行に沿う形で、詩愛の回想が差し挟まれる。その中で、浅黄は天才であるが故に、自分の思い通りではない環境の変化に対応することが出来ず、潜水艦を降りたことが語られる。

 だがシーラカンスはひとり、耐えて待った。耐えられることが彼女の強さであり、待っていられることが彼女の愛の大きさを伝えてくれる。


 この話をキリストが語った「放蕩息子」のたとえ話と重ねるのは、いささかうがち過ぎかもしれない。だが失踪(=放蕩)の末の悔い改めと、迎え入れる側の愛と赦しの大きさは、やはり多くの共通点があるように思う。


 私は最初、浅黄は心が弱く、詩愛の脇に空白だけを置いて逃げ出した無責任な男と感じた。だが彼は、ただ弱いだけの人物ではなかったのだ。

 もしかすると彼は、詩愛の抱く愛の大きさが見えなかっただけかもしれない。失踪中、彼自身も空白を連れ歩いて、やっと置いてきたものの尊さに気づいたということはありうる話だ。

 遠く離れて時間を置いて、それでも彼女が待っていると知り、浅黄は心を決めて戻ってきたのではないか。ぽっかり空いた空白を彼自身と、彼の持つ愛情で埋めるために。


 イエロー・サブマリンは再び走り出す。その行く手には祝福が待っているだろう。空白に注ぎ込んでいた愛情を、これからはお互い相手に向けることが出来るのだから。

登録日:2021/12/28 16:53

更新日:2021/12/28 16:49

問題を報告する

こちらははやくもよいちさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

エブリスタヒューマンドラマ完結連載:4話

足跡を追いかけて

夢に裏切られて絶望の淵にいる父と、久しぶりの再会を果たした娘の、小さな物語。

夢に振り回され惨めな姿となった父、そして、裏切られた父を想い行動に移す娘、絶望と希望が交錯する温かいヒューマンドラマです。

アルファポリスヒューマンドラマ完結連載:5話

あと五分が四時間になる理由-決して私のせいではない

あなたならこの物語を読んで何を感じるだろうか?

 読む前に感じたこと。  あらすじの”もっともっと大きな力が作用しているかもしれません……。”という部分を見て、ホラーなのだろうか? と思った。  しかしながら、タグにはホラーの文字はなく、何やら怪しげな文字が。  ”重力”?! 一体何が起きるのか楽しみな作品だと感じました。  そして始まった本編。やっぱりホラーじゃないか! と思わず絶叫。  だがラストまで読むといろいろ見えてくるものがある。  上手いなと思ったのは、主人公と相手との関係。あえてこの表現をするのが伏線であるということ。  読む人によって捉え方は違うのかもしれない。  何を感じるかも、経験によるものだとも思った。    このタイトルと相対性理論については理解したが、主人公とその関係はちょっと自分には理解が難しかった。ただ、主人公がこうなってしまった理由については想像が出来たし、また相手との関係がこうなってしまったことも想像がつく。  そしてここからが再スタートなのだということも。  まだやり直しはきくのだろうか? このままでは報われないが、相手は見放してはいない気がしている。気づくことを待っているような気がするのである。  完結作品なので、その先は読者がどう想像するかで決まるのだと思った。  あなたもお手に取られてみてくださいね。  おススメです。

カクヨムヒューマンドラマ完結連載:27話

おじさんは勝てない

読者だって勝てない

なんだこの時代錯誤なおじさんは!?と思いきや、たった数行で裏切られます。とってもいい意味で。すぐにその堅苦しい語りが癖になること間違いなし。 心優しくて力持ちという言葉がぴったりなおじさんと、ザ・三歳児な姪っ子ちゃんとのやりとりに心がほっこりあったかくなります。さらに、おじさんに恋する女性まで現れて!? 子供たちだけではなく大人たちまでみんな可愛い。姪っ子に勝てないおじさんの気分になってしまいます。 登場人物全員善人!とにかく隅々まで優しさに満ちていて、読むと元気になれるお話です。

アルファポリスヒューマンドラマ完結連載:19話

いたくないっ!

アニメ好きならみんな楽しめる、ありそうでない物語

主人公、山田定夫は育てていた美少女ゲーのキャラを死なせてしまったことから、傷心のうちに「俺の心の傷を慰めるアニソンを作ってくれ」とネットに書き込むと、本当に誰かが素晴らしい曲をプレゼントしてくれる。 それにイメージ膨らませた定夫は、ヲタ友達と一緒に、アニメオープニング動画を作ってしまうばかりか、ネットにアップしたら好評だったものだから、アニメ本編まで作ってしまい、これまた公開したら大評判、話題が話題を呼んで、テレビアニメ化の話が来る。 テレビアニメも大ヒット。しかし、定夫たちは…… と、こんな感じのお話。 ストーリー展開もさることながら、ヲタ仲間とのやりとりや、世の中からの虐げられ感、本人たちのねじくれ具合が、まあ楽しい楽しい。 作者、女性らしいのですが、ご年配なのかな、かなーり古いアニメや声優、特撮の話も出て来ます。なので、かなーり古い人は、より楽しめます。 主人公の定夫以外、メインのキャラが、 トゲリン、八王子、敦子殿(あつこどの)、とこの三人だけで、ニックネームなので覚えやすく、個性がとても魅力的。 その中でも、特に魅力的なのが、紅一点の敦子殿。普通の地味な目立たない顔という設定なのに、仕草言動がかわいらしく、こんな妹が欲しいなあと思ってしまいました。 この手の雰囲気の作品、勢いでちょっと書いてみる人はいても、すぐ途中で終わっちゃう。この作品は、しっかり書き切っており、そこも凄い。 みんなブッサイクだけど、だからこそ楽しいこのお話、一読をおすすめします! 異世界転生に飽きたあなたに是非。

小説家になろうヒューマンドラマ完結連載:50話

いつか荒野のガオケレナ ~呪わしの亜人は秘薬を喰らい、されど薬師はカルテをつづる~

作者の熱い想いの籠った、拘りの作品

【物語は】 終りの部分から始まる。とてもドラマチックに。主人公のハナは、去り行く人物の姿を見送りながら、自分の無力さに言葉を漏らす。しかし、それでも想いは変わらない。もしかしたら、タイトルの”されど”はここにもかかっているのかも知れないのではないだろうかと感じた。 自分の無力さを改めて知ったとしても、”されど”カルテを綴り続けるのだと。本編に入ると、ある人物との出会いについて描かれている。ある物を渡されて”精製”依頼され、彼女は思案に耽ることとなる。何故ならば、その依頼は聞き間違いではないかと疑うほど、変わっていたからだ。真意を確かめようと相手を観察したり、思考に耽るさまが実に丁寧に描かれており、視線の動きが分かりやすく、まるで自分が主人公(ハナ)の視線で見ているような気持ちになる。ここでは、主人公がどんなところで薬師をしているのか、なども描かれており、それを対照として相手の風貌などが描かれているので、実に想像しやすい。主人公は聞き間違いではないかと思う事柄について、どう対応したらよいのか迷い焦るところを、読者は固唾を呑んで見守る状況となる。 【登場人物の魅力】 主人公の心情が丁寧に描かれているので、焦る様、困る様子が手に取るようにわかる。また、緊迫感の中にコミカルさもある。それは彼女の想像力によるものだ。 読者も『確かにこんな時は、悪いことばかりが浮かんでしまう』と思ったり、クスッと笑ってしまったり。また、一緒に焦ったりしてしまうこともあるだろうと想像する。 少し話が進むと彼女の師匠が登場するが、この物語は”対照”を上手く取り入れることにより、人物を際立たせている。とても巧い書き方であり、表現方法だと感じた。例えば、主人公が大きいものが苦手であれば、大きいものが好きな人が出てくる。その反応の違いなどにより、性格などが見えてくるのである。 【作品独自の拘り】 *ノベプラ版、なろう版をザッと確認。 この物語には前回のあらすじや、図解などもついており、より読者が楽しめるような工夫がなされている。文体での表現や描写も丁寧で想像しやすいが、読者との想像の違いを修正や補足という意味でも、とても拘りや気遣いを感じ、読者への愛や作品愛を感じる。 【物語の魅力】 全体的に丁寧な描写で分かりやすく描かれており、それに加えてイラストなども添えてあるので、じっくりと読む作品という印象。なろう版とノベプラ版では若干違う部分があるので、軽く見比べて自分の好みの方をチョイスするという楽しみもある。 「第一章・第三節(なろう版では第一章・第二節)」では、薬師たちの里について描かれている。世界観について詳しく分かるのもこのあたりから。読み進める中で、主人公の志、次いで主人公の人となり、そして彼女をよく知る師匠、次いで里について。このように、一気に分かるのではなく、読者がついて行きやすいように段々と分かっていくというスタイルも魅力の一つではないだろうか。世界観の中で分かって行くのは、里の薬師について。この物語では、どんな小さなことも読者に分かりやすく伝えようという配慮がなされているように感じた。例えば、あらすじのページにしても、どんな物語であるのか。また、作品紹介なども書かれており、より読者が理解しやすく、見どころなどが分かりやすいのではないだろうかと感じた。 【作品の見どころ】 これについては、作品紹介に詳しく書かれています。ここから一部解説させていただくと”真面目だけが取り柄の薬師である少女が、誇りと使命感を持ち理不尽さなども感じながら、それでも立ち向かい成長していく物語”である。彼女の成長や立ち向かっていく姿が一番の見どころ。それをより魅力的な物語とするために、作者は細部まで拘り読者に伝えたい、届けたいという想いで描かれた物語であると感じました。 あなたは、この物語を読んで何を思いますか? どんな想いを抱きますか? 主人公や患者を通し、作者の熱い想いを感じて欲しい作品です。 是非お手に取られてみませんか?おススメです。

ログイン

新規登録