glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

歩けメロス

作品詳細
音速で走るメロス! 迎え撃つは暴君ディオニス! 暴君の暴は暴虐ではない!暴力の暴だ! 頂点のスピードと頂点のパワーが激突する時、果たして何が生まれるのか!? 太宰治原作のハイスピードアクション!

このメロスは走らない。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

このメロスの速度は、時速1235キロメートルまで達する。

そしてもう一つ、このメロスの速度の土台にあるのは企業WIKIである。


このメロスはセリヌンティウスを救わない。

だがは彼は、たしかに人を救い、王の心をも取り戻す。

これは走る方のメロスのテーマ、あるいはそれ以上のものに落ち着くのだ。


恐るべき荒業。恐るべき構成力。

だがなにより恐ろしいのは『太宰治原作』を名乗るその精神。


このメロスは、走らない。

シャル819さん

参考になった! 0
共感する! 0

登録日:2022/1/13 23:36

こちらは シャル819さん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
シャル819さんの他のレビュー
ノベルアップ+ ホラー 2万文字以下
浜辺で拾った
俺は一時期、海の近くに住んでいた。その頃、ビーチ・コーミングを趣味にしていた。 それで拾い集めたものは、今はもう全て処分した。ビーチ・コーミングもやっていない。海から離れた土地に引っ越した。 ある夏の日、浜辺で椰子の実を拾ったのがきっかけだった。俺はその椰子の実を見て、なんだか人の頭のようだと思ってしまったのだ。

作品ページへ

流れ着いたものが呼び寄せたのは……

point_star point_star point_star point_star point_zero 4.0

海岸に流れ着いたものに独自の価値を見出す中で、 流れ着いた椰子の実が人の頭に見えたところから、それは始まった。 錯覚か、幻か。 幾度となく繰り返される呼び声と要求、そしてその果てに待つもの……。 短いながらも見立てることのもたらす恐ろしさを感じさせる作品です。

参考になった!

0

共感する!

0

シャル819

カクヨム 詩・童話・絵本 2万文字以下
この小説は、5行しかない。
どうぞ「1」から順にお読みください。そうでないと意味がわからないと思います。 30話もありますが、すぐに読み終わります。 できればブラウザで読んでいただきたいです。 カクヨム公式コンテスト「はてなインターネット文学賞」にて、はてなブックマーク賞を受賞しました! 応援ありがとうございました。

作品ページへ

きっとあなたも、この5行目が好きになる

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

この物語は、たった5行でしかない。 でもその五行が、様々な言葉を持ち、冒険へといざなってくれる。 最後までたどり着いた時、きっと読者も6行目以降をそこに見出すことだろう。 言葉と視覚で組み立てる、たった5行の冒険譚をあなたも見届けよう!

参考になった!

2

共感する!

1

シャル819

本棚