ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

tomogata_aさんのレビュー

淡々としたクラフト生活(の裏で繰り広げられる変人達の群像劇)

5.0
0

主人公視点の一人称形式と、他プレイヤー達の掲示板(チャット?)形式で進んでいく一風変わった形式の小説です。


チートも無双も俺TUEEEEもありません。

生産職の主人公が淡々とマイペースにお洋服作りを楽しむ(過程で変人に絡まれたり、無自覚に変人達を振り回す)物語です。


掲示板パートでは、MMO特有の無法地帯っぷりが丁寧に描かれており、テンポの良さも相まって爆笑必至です。

大変民度の低いVRMMOが舞台ですが、主人公がさっぱりとして落ち着いた性格の陰キャなので主人公視点パートはギスギス感なく楽しく読めました。(掲示板パートはギスギスと言うレベルを超えた末期)


プレイヤー達それぞれが大変良い性格……良いキャラをしており、序盤で掲示板に名前だけ出てきたあの人はこんなキャラだったのか!という展開がたくさんあります。

皆さん独自のプレイスタイルできまくら。を楽しんでおり、かれらの織り成す群像劇がコメディもシリアスも作りこまれていて大変楽しめました。


なろうでも投稿されておられるようですが、現時点ではカクヨムのほうが最新話が早く公開されているようです。

登録日:2022/2/23 07:02

更新日:2022/2/23 06:26

問題を報告する

こちらはtomogata_aさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムSF連載:2話完結

義体探偵

満足感たっぷりの王道娯楽小説

 科学技術の発達した未来の世界を舞台に、とある私立探偵が失踪事件に挑むお話。  てんこ盛りの未来ギミックが嬉しいゴリゴリのサイバーパンクSFであり、また企業と人とその間の倫理を描いた社会派ハードボイルドであり、そしてひとりの男の過去と今を結ぶ悲しくも壮絶な復讐譚であり、そのうえエンタメ感あふれる痛快なアクション活劇であったりもする、もう大変贅沢なお話でした。すんごい満足感。  いやこう要約してしまうとなんだか欲張りすぎのようにも見えるのですけれど、でもこれらが何の違和感もなく整然と、ごく自然にひとつのストーリーとして組み上げられていて、しかもよくよく見てみたらこのボリューム感で約8,000文字ってえっどういうこと嘘でしょ、と、普通に唖然とさせられる感じが衝撃でした。実感としてはその二倍か三倍、もっと分量の多い作品を読んだような読後感。なにこれすごい……。  物語のテーマ性を担う部分が好きです。事件の真相が明らかになると同時に、『ヒトであること』という問いに最後の最後で収束していく、クライマックス周辺の流れがとても心地の良い作品でした。

小説家になろうSF連載:292話

転生機ゼフィルカイザー ~チートロボで異世界転生~

異世界ロボットもの

王道のロボットもの要素と変化球が混ざった良作です。

小説家になろうSF連載:31話完結

僕と彼女の、繰り返される夏

タイムリープ青春SF。こういう夏が過ごしたいなぁ…

タイムリープSFと青春・恋愛って相性よすぎですね。しかも季節は夏。 このフォーマリズムは「時かけ」以来長く愛されてきたもののひとつだと思いますが、この作品はそのど真ん中を突いて、ぎゅうぎゅう胸を締め付けてきます。 物語は、主人公の智也が2年前に亡くした彼女「藤堂栞」とそっくりの「柚木栞」に出会うところからスタート。この時点ですでに甘ずっぱい感満載なのですが、舞台は藤堂栞が亡くなる前の世界にタイプスリップ。当然、彼が取った行動は、彼女の死を避けたいわけなのだが、当の栞のほうも記憶と違う行動ばかり。 はっとする夏の描写や、鍵となる小物の使い方。運命に翻弄される2人の切ない心理も直接的に描かないで行動から匂わせたりと、上手いです。 後半からは息を呑む展開で、ほんと読ませられました。ほとんど忘れかけていた頃に「あ! この人!」という展開もうなりました。時間の異なる平行世界ができるので頭がこんがらがりましたが、タイムリープものなのであまりそこは考えても仕方ない感じですね。辻褄はあってます。 智也の行動と成長、2人の「栞」の想いも、くぅうと最高に惹かれるものがありました。

カクヨムSF連載:55話完結

めぐりの星の迷い子たち

巡り迷って、人の縁は絆を紡ぎ、環を成す。未来に織り成す魂の群像劇。

たくさんの人が関わり続けることで、どんなに行き詰まった環境であろうとも、新たな道が見えてくるということを、この作品は教えてくれます。 様々な登場人物の行動は、見当違いだったり空回りしたりすることもありますが、途中で触れ合った人々に何らかの影響を与えずにはいられません。そしてどんなにか遠回りしながら、やがて自らに還ってくる。 全ては巡り巡って繋がっているのだという、そんな訴えが伝わってくるようです。 文章も丁寧で読みやすい上に、そこに描かれるイメージがふわっと頭のなかに浮かび上がって、あっという間に読み進めることが出来ました。 こんな素敵なお話に出会わせてくれた作者に感謝すると共に、是非いろんな方に読んでもらいたい。そう思える作品です。

小説家になろうSF連載:240話

【続刊、コミカライズ決定】アストラル・オンライン〜魔王の呪いで最強美少女になったオレ、最弱職だがチートスキルで急成長して無双する〜【WEB版】

粗削りながら要点を抑えた注目作

 星屑ぽんぽん氏の作品と同一ジャンルの作品。こちらはハーレム要素や身内のかかわりを重点的に書いている。  完成度ははっきり言って粗削りで、描写不足ややりすぎなご都合主義、取ってつけたようなハーレムが目立つ。ただし、メインヒロインと主人公の言動だけに着目すれば、勢いがあり楽しめる。面白さが粗を上回るタイプの作品だろう。

ログイン

新規登録