レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

ハルイロ・ミント

作品詳細
 高校3年生の『小山内 あずき』は、昔から仲の良かった幼馴染のイケメン『青山 光翔(ミント)』といつの間にか、関係がギクシャクしていた。中学の頃は、自転車で二人乗りをして一緒に学校へ通っていた程の仲だったのに……。そしてその頃、鞄に付けていたふたりの仲良しの証が、高校に入学してから、片方見ることがなくなった。  そんなふたりに、起きたあるハプニング。それをきっかけに一気に、あずきのミントに対する思いが変化する。 「泣いてもいいから、笑ってみせてよ……」  泣いて、笑って、また泣いて……。  青春ど真ん中、揺れ動く、感情ジェットコースター胸キュン春色ラブストーリー♪ ・表紙画像:kimura2さんご提供のフリー画像。ありがとうございます。 ・文字入れ・装飾:miraii♪ 【日間トレンドランキング最高:1位】

主人公の想いに触れ、胸が締め付けられる一作

5.0
0

光翔は高校に入り、背も伸び、髪も染め、女子からモテ始める。変わりゆく彼に、私は気持ちが追いつかず、彼との思い出の詰まったバッグチャームをただ握りしめるだけだった。


主人公の焦りと戸惑い、そして悲しみ、それら一つ一つの感情が胸に迫ってきます。心も体も成長し、環境がガラッと変わっていく青春時代、不安定で繊細な高校生の男女の様子が上手く描かれた、渾身の作品です。

アズマさん

登録日:2022/2/24 07:54

更新日:2022/2/24 07:54

問題を報告する

こちらはアズマさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

アズマさんの他のレビュー

おすすめレビュー

流星とカノープス

カノープスへ思いを馳せて

失恋した「私」がクールな天文ヲタの変人トオカゲ君に翻弄されつつも天体観測を通じて心を通わせる暖かな青春恋愛短編。 彼氏から振られた「私」に何故か絡んでくる天文ヲタの変人トオカゲ君の無神経だけど優しく、無関心なようで鋭い観察眼を持つキャラが良いんです。 文字では説明できないし読まないとわからないけど、とにかく良いキャラなんです。 とりあえず読んでみてください。

どこかの誰かの日常短編集

「思い出にひたってまた蓋をする」

序盤をきちんと文章力で引き込んで、ストーリーとしてのオチもしっかりある、満足感の高い短編でした。

足跡を追いかけて

夢に裏切られて絶望の淵にいる父と、久しぶりの再会を果たした娘の、小さな物語。

夢に振り回され惨めな姿となった父、そして、裏切られた父を想い行動に移す娘、絶望と希望が交錯する温かいヒューマンドラマです。

放課後活動【短編】

ある放課後に起きた恋と友情の物語。

【物語は】 主人公が放課後、幼馴染みに声をかけようとしたら、もう一人の幼馴染みに止められるところから始まる。なんでも、その幼馴染みはある女子生徒に告白に行くらしいとのこと。 青春である。羨ましいくらいの青春だ。 友情っていいなと憧れを抱いてしまいそうな、幼馴染み三人の物語。 【登場人物の魅力】 主人公と、告白に向かう人物(坂やん)、主人公を止めた(時康)三人は幼馴染み。1P目でそれぞれの性格が垣間見える。主人公はどうやら、口が軽いらしい。二人のやり取りにより、気の置けない仲間であることが伝わってくる。 *気の置けないとは、遠慮や気遣いをする必要がないという意味である。 主人公は本当のことを言われているには違いないが、欠点を指摘されても明るい。そして幼馴染みとの和やかな雰囲気が崩れない。彼は素直な性格でもあるようだ。 主人公の性格が素直過ぎるために、起きる笑いが面白い。 特に、応援するか迷う部分。すかさずそこにツッコミを入れる幼馴染み。普段の仲良さも見て取れる。 大人になってから、友人関係になるというのは難しい。何故ならそこには利害の一致や、年の差が招じ始めることもあるからだ。確かに、社会人になって趣味の合う友達が出来るというのもあるが。 三人はそれぞれ性格が違い個性的。 主人公は、一見酷いことを言っているように見えるが、仲が良いからこそ言えることである。そんなことからも、三人はとても仲が良いと感じた。 【物語の魅力】 幼馴染みの恋を巡り、アイデアを出し合う主人公と、幼馴染みの一人である、時康。主人公が最初に幼馴染みの一人である”坂やん”に声をかけた時、彼は落ち込んでいた。しかしここからが本当の始まりだったのだ。 コミカルな部分もあるが、友情を感じるところが好きである。告白に失敗したところから、プレゼントを贈るというアイデアへ移る。このアイデアの話も面白い。初めに贈ろうとした商品への意見出し合いがあり、ほんとにこれでいいのかと吟味するなど、プレゼント選びの大変さが伝わってくる。 この部分での一番の魅力は、やはり三人の友人関係かも知れない。 持つべきものは友を地で行く。 【物語のみどころ】 あなたなら、純粋に友人の幸せを応援出来ますか? 幼馴染みの一人に好きな人ができ告白するということを、ひょんなことから知る主人公。もう一人の幼馴染みはその事を既に知っていた。 今回、好きな相手へ告白すると決めた幼馴染みに彼女が出来てしまうと、自分だけ彼女がいない状況になってしまう。 冗談を交え、葛藤しつつも協力する主人公。 コミカルに描かれてはいるものの、ほのぼのしてしまう三人の友情がここにある。その中でプレゼント選びの難しさと、恋への盲目さ。そして人の温かさなどを感じる作品である。 果たして幼馴染みの恋の行方は? あなたもお手に取られてみませんか? ある放課後に起きた恋と友情の物語。 学生時代にこんなことあったなと、青春時代に戻れる物語です。 是非読まれてみてくださいね、おススメです。

氷上のシヴァ

音と、人と、氷上の執念を書ききった物語

私は、この物語の最初から、最後まで、芝浦刀麻に関わる登場人物から語られる彼自身を追っていた、はずだった。 物語の終盤、まるで最初からいなかったかのように、彼は氷上のシヴァという世界から姿を消す。いや、確かにいたのだ。私も、この世界の住人も、彼の放つ金色の光を追っていたのだから。 楽しかった。その一言に尽きる。作者は空間を描くのがうまいと思った。空間の描写は、演目の曲だったり、スケートのブレードが描く軌道だったり、ジャンプという肉体の躍動が複雑に絡み合って表現されている。 そして、偶像めいた描写というか、確かに芝浦刀麻という存在はいたはずなのに、読み終えたあとに、その影を探してしまう、世界と切り離された読後感が素晴らしかった。 作中で語られる「俺は生まれ変わらなきゃいけないんだ。旧い世界なんか足下で叩き割って新しい世界を創る」という言葉が特に印象的でした。 インド神話の神、シヴァの破壊と創造がうまく組み込まれており、作中の登場人物の多くが、破壊(喪失)と、創造(成長だったり進歩)を経験し、青春ものの作品として、読み応えのある内容でした。 芝浦刀麻という存在を、多様な切り口で見せ、繊細な人間関係を描写してくれた作品。大変、満足です。 最後に、私が生きてこなかった人生を見せてくださりありがとうございました。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top