ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

MACKさんのレビュー

喜劇と悲劇の境目。哀しい道化師の物語

5.0
1

 ピエロや道化師という単語にどこか悲哀を感じるその理由が、この物語に詰まっている気がします。


 自分と違うものを笑う事に対して嫌悪感があったり、純粋に動きが面白いという理由だけで笑えてしまうとか、それを利用して自ら笑わせる手段にしたり、ひとつの事象でもそれぞれの主観によって発生する感情が異なるかも。


 一部の人に笑える話であっても、当事者や別の人にとっては悲劇という感じで、悲劇と喜劇は正反対のようで紙一重に近い場所にいるような、色々と考えてしまう深みもある物語。悲劇を喜劇に転換するのが道化師の役割なのかもですが。

 人を笑わせる事の難しさも改めて感じるこのお話は、風刺的な要素もあり、今の時代だからこそ一読の価値があると思ったりもします。

登録日:2022/4/8 10:13

更新日:2022/4/8 10:06

問題を報告する

こちらはMACKさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨム詩・童話・絵本完結連載:10話

One and only 〜空刻 究人 美術メガネコレクション展〜

美術作品の説明文を通して見るひとつの人生

美術館における架空の企画展、その展示作品の解説文、という体裁の物語。 この構成、というか手法自体にもうパワーがあります。なるほどこの手が、という以前に、仮に思いついたところでまずひとつの物語として成立させるのが難しい作品。 作品世界の中に実在する、なんらかの文章を通じて著される物語。例えば手紙や日記の類はよく見るのですけれど、でも美術品の解説文というのは珍しいです。たぶん初めて見ました。これだけでもうわくわくするというか、ほとんど勝ったようなものだと思います。 加えて、展示作品が『美術品としてのメガネ』というのが面白いところです。『美術メガネ』『メガネ作家』という語が普通に存在する不思議な世界観。展示される奇抜なメガネの数々と、その作者であるひとりの男の人生。その骨太なドラマに解説文を通してクローズアップしていく構成。 この、『リアリティ』と『創作らしい空想』がほどよく混ざり合う感覚。前者に寄せれば小説的な面白みが薄まり、後者を優先させすぎればただの混沌と化す。その中間、ちょうどいいところをしっかり押さえてくれる、絶妙なバランスが楽しい作品でした。

カクヨム詩・童話・絵本完結連載:30話

この小説は、5行しかない。

きっとあなたも、この5行目が好きになる

この物語は、たった5行でしかない。 でもその五行が、様々な言葉を持ち、冒険へといざなってくれる。 最後までたどり着いた時、きっと読者も6行目以降をそこに見出すことだろう。 言葉と視覚で組み立てる、たった5行の冒険譚をあなたも見届けよう!

カクヨム詩・童話・絵本完結短編

きつねと団子

花の蜜のようなまあるいお供え

お狐さまの比喩表現が優しくてまあるくて、ほんわかとしました。 一度だけ召し上がったなんとも甘美なお供えは、はたして再びお口に入りますやら?

カクヨム詩・童話・絵本連載:41話

ライブラ

短編集、鉛の頁を繰るように

 色々な物語が詰まった短編集作品です。  文字数は少ない物語ですが、ページ数が少なそうだと思って手に取った本が、ズシリと見た目より重かった、みたいな感じです。作品から感じる色も、鉛の色を感じるかもしれません。ダークファンタジー路線と言いますか、全体的に硬質で冷たい。そしてこの予想外の重さという事で、この短編集はページが鉛で出来ている、と表現したいと思います。  何処か刹那的な哀しさがあり、寂しげな空気。そんな雰囲気の中に、血の通った人間の姿もあり、行間を思わず読まさせられるという部分もあって、短編でありながら、心に残る物語ばかり。  登場人物も印象に残ります。  タイトルのライブラ(天秤)は”短録.リブラリア”の中に出て来る図書館の名前でもあります。完結はなく、これからも物語は紡がれ、この図書館の蔵書は増えていくでしょう。  そう考えてしまうと、この”短録.リブラリア”のラストが怖いものに感じる等、読者が少し想像力を持つと、物語が一気に長編のふり幅を持つという。  ぜひお読みください。

ノベルアップ+詩・童話・絵本連載:1208話

ひとくちセリフ劇場

小説を書かれる人にこそ読んでいただきたい作品

台詞だけ。 140字。 厳密に言えば、物語ではあるけれども、小説とはいえないのかもしれないわね。 でもね。アチシはこの作品を、小説を書くことを志す全ての人に読んでほしく思うのよ。 これだけの短さだもの。漠然と覚えることなら難しくないわよね。 目を閉じて台詞の中のシーンを思い浮かべてもらいたいの。想像の翼を広げてほしい。 語っているのはどんな人物か? 場所はどこか? どんな服で、どんな表情で、どんな状況下で、この台詞をいっているのだろうか? この作品は、作者はもちろんだけど、読者にも考えることを強制してくるわ。 今どきのWEB小説サイトのランキング上位作品を見てるとね、アチシは作品にかなりのわかりやすさを求められているように感じてるのよ。 そのような傾向をみせている多くのWEB小説読者には、考えることを強制する力の強いこの作品は、必要ないかもしれないわね。 でもね。一般が求める作品を提供する作家にとってはどうかしら? この台詞を最大限に活かす場面はどんな状況だろう? どう表現すれば、それを読者にわかりやすく伝えることができるだろう? アチシはこの作品を、ぜひ作家を志すみんなに、想像と表現のトレーニング教材として活用してもらいたいの。 作者様にはたいへん不本意な紹介の仕方かもしれないけれど、アチシは表現者にとって、この作品は値千金の作品だと心から思っているわ。 この作品を書いてくれている作者様に、心からの感謝と尊敬の念を伝えたい。愛しているわ、ウフ♪ 是非、貴方の力をさらに伸ばすため、この作品を一助としてみてちょうだいな♥

ログイン

新規登録