レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

ウェイン・アポカリプス

作品詳細
にんじん太郎様に紹介動画を作ってもらいました! https://youtu.be/ZNbD4exRiT0 #拙著、「魔法の~」の一部焼き直しから始まってます(キャラ流用)。 ・感想やレビュー、ブクマなどよろしくお願いします。モチベになってますので。 ・他サイト「カクヨム」にて重複投稿を行っております。 第0話「師匠が言った量産型の自称『魔王』」  ウェインが色々説明したかもしれんが、重要なことだ。おさらい含めて最初から言うぞ。まず『魔王』というのは、だいたい年一とかでどこかに現れて、個人や軍隊に倒される。この時『魔王』の手下は、『悪魔だけ』なんだ。いわゆる『亜人』、そしていわゆる『怪物』は、別に『魔王』の指揮下にも影響下にも入ってない。 …これが年一ぐらいで出没する量産型の『魔王』だ。  しかし人間や亜人、怪物たちが、一致協力して「悪魔たち」と戦ったという記録も残っている。  こんな戦争を率いた……それこそが「大魔王」とか「真の魔王」と言うのだろうな。これに比べれば今この世の中に出回っている量産型の自称魔王など小さいものだ。  だが大魔王とかそういう凄い奴でさえ、全部の悪魔を掌握したのかどうか……それは誰にもわからないんだ。悪魔がどれだけいるかどうか誰にもわからないからね。  だから今後、もっと凄い魔王が現れるかもしれない……すると『魔王の可能性』すなわち『悪魔使役できるヤツ』を片っ端から殺していく必要がある。魔王が力をつける前に、その可能性を全て潰すのだ。全てを等しく追い、全ての『可能性』を潰す。  こうなると殺す側には納得できる理由ができる。それはもう『聖戦』だ。正しい戦いなのだ。故に、殺しても良心は全く痛まない。むしろ殺せば殺すほど称賛される。  例えば「これから侵略戦争をします」なんて言って兵士たちがついていくわけがない。必ず…いいか、必ずだ。必ず、人間は『正義』を持つと『悪』に対して過剰に攻撃的になる。ウェイン。これだけはよく憶えておけ。『正義』を行使する時は自分の心に注意しろ。 #…ウェインは、師匠が警察を嫌ってるのってそこらへんの事情かと思ったが、黙っておいた。  『魔王の可能性』を『全て殺す』こと……さて、ウェインはこれをやろうとするかな?

説得力あるハイファンタジー

5.0
0

まずこの物語は完結しておらず、現時点(144話)までの感想になります。タイトルが1.0から1.1へ変わったのはリアルな事情で一時中止したためとか


にんじん太郎さんの紹介動画(カクヨムの企画で制作されたようです)

https://youtu.be/ZNbD4exRiT0


「カクヨム」では「佐々木英治/hideharu」名義で同じものが書かれています。と言うかもともとなろうで活動しているようです。

さてこの話はレオン王国、魔法都市ラクスの魔法学院で生活する魔法使い「ウェイン・ロイス」の物語。

ストーリー開始時点で17歳の彼は、既に「一人前」となり(可愛い女の子の)弟子を二人持っています。

その魔力や技術は最高峰のようで、二つ名がついて国、街、学院の皆に好かれています。

しかし「魔法だけじゃ危ない」という意識を持っており、剣術や体術、馬術なども訓練している珍しい魔法使いです


彼は「自分を育ててくれた魔法学院に恩返しをしたい」とぼんやり思っているくらいで、あまり生活に派手さはありません。

それが一変したのはとある戦場視察に行ってから。

戦場でパワー、スピード、フィジカル最高峰クラスの剣士レーンと戦い、重傷を負うも仲間は助けることができました。

そしてそのレーンとも友達になります。


そこから段々と物語が加速します。

とある魔法使い系の生命体「ファントム」との邂逅

剣の達人ブレーナーらの襲撃

中堅貴族レオナール家で恋人エルの生い立ち


色々ときましたが、ウェインが「凄い」のは知力とその戦闘力。

城の中で、とある魔法を使って20人あまりを「眠らせ」たこともありますが(この世界での眠りの魔法は本来は興奮状態の相手には効かないそうで)。

単純に魔法の威力も世界最高峰のようですが、ウェインはスカウト技能も学んでいます。


夜の戦い。味方の救出作戦では自分に黒い迷彩や敵側の変装をし、敵に背後から忍び寄って「絞め落とし」ます(柔道の締め技)。

音がしないその攻撃手段に、敵軍は「自分たちが攻撃されていることすら」認識できていませんでした。

あるいは敵のリーダーの声を発生させて自分の都合の良くなる命令を出したりと。


魔法使いなので「魔法」は確かに基本で使うのですが、その応用力が物凄い。

素手での格闘、打撃や投げや絞め技。剣術。体術。索敵の魔法。色々とこなします。

もっとも「自分はまだ半人前だから、一人前の人に稽古つけてもらおう」という流れが多いので、一見するとウェインは弱い記述、負ける記述が多いです

ただ「ど素人」とかの相手には負けない強さなので、それが本職の魔法と複合した時の「強さ」のギャップが物凄いですね。


カクヨムにも載せてますが、なろう系の俺TUEEEE系ではないですね。努力と知能とアイデアで戦場を突破します。JOJOとかのそれに近いでしょうか



<お薦めキャラ>

モニカ13歳。ロリですが(生理がまだ来てないらしい)、ウェインの弟子の一人で彼を信奉するほど敬愛してます。

戦場で傷つき、倒れ、そして救出された時「ウェインに抱いて欲しい」と言ったのは衝撃的でした。

女が戦場で捕まると犯されるとかどうとか言われた結果のことだそうです

いわく「そんなのは我慢すればいいだけ。でもどうせなら一度だけウェインに抱かれたい。それでその後の人生、全部頑張れる」と。

芯が強い子なんですね。と言うかウェインとパーティ組んでいる女性は全て芯は強いようですが。(こんな子でもメインヒロインではないという凄さ)


ただモニカの場合生まれが特殊で、とある宗教団体の娘。ショップを手伝っていて、や〇い系同人誌も検品してた経験があるとか。

そんなんやらせるなよ親御さん、とか思いますが


実質かなりのハーレムであり、そもそもレオン王国は一夫多妻制を認めているのですが、ウェインは一途ですね。今のところは。


ハーレムというなら、その最強の剣士レーンもハーレムです(かなりの美形でコミュ力高いから当然か)。

話を聞くだけで、昔の女性は相当数。それどころか子供もいるようです。相手の女性が「絶対産む」と聞かなかったとかで。

恋人もころころ変えて、しかし義理の妹のディアとも肉体関係を持ち恐らく相思相愛のような感じなのですが、レーンの女遊びは半端じゃない模様です


むしろこっちが主人公のような活躍をするほどですが。単独で敵陣に切り込んでいって壊滅させたりとか。

ウェインの「魔法」はレーンと一番相性が悪いとのことで、レーンの経験も見て(19歳)仲間にしたそうですが、共に同世代の友人がいなかった同士、らしいです。


今、物語はそのレーンでも勝てない剣士ブレーナーを念頭に進んでいます。

この文章で少しでも興味を持っていただけたなら、ご一読をお勧めします。

田沢Sさん

登録日:2022/5/11 01:23

更新日:2022/5/11 01:19

問題を報告する

こちらは田沢Sさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。

田沢Sさんの他のレビュー
カクヨムファンタジー10万文字以上

ウェイン・アポカリプス

作/佐々木英治/hideharu

説得力あるハイファンタジー

まずこの物語は完結しておらず、現時点(138話)までの感想になります。タイトルが1.0から1.1へ変わったのはリアルな事情で一時中止したためとか にんじん太郎さんの紹介動画(カクヨムの企画で制作されたようです) https://youtu.be/ZNbD4exRiT0 「なろう」では「佐々木英治」名義で同じものが書かれています。と言うかもともとなろうで活動しているようです。 さてこの話はレオン王国、魔法都市ラクスの魔法学院で生活する魔法使い「ウェイン・ロイス」の物語。 ストーリー開始時点で17歳の彼は、既に「一人前」となり(可愛い女の子の)弟子を二人持っています。 その魔力や技術は最高峰のようで、二つ名がついて国、街、学院の皆に好かれています。 しかし「魔法だけじゃ危ない」という意識を持っており、剣術や体術、馬術なども訓練している珍しい魔法使いです 彼は「自分を育ててくれた魔法学院に恩返しをしたい」とぼんやり思っているくらいで、あまり生活に派手さはありません。 それが一変したのはとある戦場視察に行ってから。 戦場でパワー、スピード、フィジカル最高峰クラスの剣士レーンと戦い、重傷を負うも仲間は助けることができました。 そしてそのレーンとも友達になります。 そこから段々と物語が加速します。 とある魔法使い系の生命体「ファントム」との邂逅 剣の達人ブレーナーらの襲撃 中堅貴族レオナール家で恋人エルの生い立ち 色々ときましたが、ウェインが「凄い」のは知力とその戦闘力。 城の中で、とある魔法を使って20人あまりを「眠らせ」たこともありますが(この世界での眠りの魔法は本来は興奮状態の相手には効かないそうで)。 単純に魔法の威力も世界最高峰のようですが、ウェインはスカウト技能も学んでいます。 夜の戦い。味方の救出作戦では自分に黒い迷彩や敵側の変装をし、敵に背後から忍び寄って「絞め落とし」ます(柔道の締め技)。 音がしないその攻撃手段に、敵軍は「自分たちが攻撃されていることすら」認識できていませんでした。 あるいは敵のリーダーの声を発生させて自分の都合の良くなる命令を出したりと。 魔法使いなので「魔法」は確かに基本で使うのですが、その応用力が物凄い。 素手での格闘、打撃や投げや絞め技。剣術。体術。索敵の魔法。色々とこなします。 もっとも「自分はまだ半人前だから、一人前の人に稽古つけてもらおう」という流れが多いので、一見するとウェインは弱い記述、負ける記述が多いです ただ「ど素人」とかの相手には負けない強さなので、それが本職の魔法と複合した時の「強さ」のギャップが物凄いですね。 なろうにも載せてますが、なろう系の俺TUEEEE系ではないですね。努力と知能とアイデアで戦場を突破します。JOJOとかのそれに近いでしょうか <お薦めキャラ> モニカ13歳。ロリですが(生理がまだ来てないらしい)、ウェインの弟子の一人で彼を信奉するほど敬愛してます。 戦場で傷つき、倒れ、そして救出された時「ウェインに抱いて欲しい」と言ったのは衝撃的でした。 女が戦場で捕まると犯されるとかどうとか言われた結果のことだそうです いわく「そんなのは我慢すればいいだけ。でもどうせなら一度だけウェインに抱かれたい。それでその後の人生、全部頑張れる」と。 芯が強い子なんですね。と言うかウェインとパーティ組んでいる女性は全て芯は強いようですが。(こんな子でもメインヒロインではないという凄さ) ただモニカの場合生まれが特殊で、とある宗教団体の娘。ショップを手伝っていて、や〇い系同人誌も検品してた経験があるとか。 そんなんやらせるなよ親御さん、とか思いますが 実質かなりのハーレムであり、そもそもレオン王国は一夫多妻制を認めているのですが、ウェインは一途ですね。今のところは。 ハーレムというなら、その最強の剣士レーンもハーレムです(かなりの美形でコミュ力高いから当然か)。 話を聞くだけで、昔の女性は相当数。それどころか子供もいるようです。相手の女性が「絶対産む」と聞かなかったとかで。 恋人もころころ変えて、しかし義理の妹のディアとも肉体関係を持ち恐らく相思相愛のような感じなのですが、レーンの女遊びは半端じゃない模様です むしろこっちが主人公のような活躍をするほどですが。単独で敵陣に切り込んでいって壊滅させたりとか。 ウェインの「魔法」はレーンと一番相性が悪いとのことで、レーンの経験も見て(19歳)仲間にしたそうですが、共に同世代の友人がいなかった同士、らしいです。 今、物語はそのレーンでも勝てない剣士ブレーナーを念頭に進んでいます。 この文章で少しでも興味を持っていただけたなら、ご一読をお勧めします。

5.0
田沢S

おすすめレビュー

黒髪地味姉は聖女のようです

プロローグでしかないというか……

よくある異世界転移モノの序章というか第一話というか、ここから物語が始まる……という所で終わってしまうので、消化不良のようなもやもやが残りすっきりしない読後感だった。

偽称の虚言者 ー嘘を吐《は》く正直者ー

非常にトリッキーでテクニカルな作品

読みやすくてしっかりとした文章で綴られている、とてもトリッキーな内容の作品ね。 総合ランキング上位になんかによく顔をだす、わかりやすい作品を読みなれちゃってる人には、はっきり言っておすすめできないわ。 おそらく状況を把握できないまま、登場人物の言葉に振り回されページを閉じてしまうのじゃないかしら。 だけどミステリーファン、特に文庫畑を長く耕している読者には、これほどお薦めできる作品はめったにお会いできないわね~。 それほどに見事な展開を見せる物語であり、『京谷要』の狂言回しぶりは見事だったわ。 深く考えれば考える程ど、ツボにはまっていくのだけれど、考えずにはいられない興味深いストーリーも楽しいの。 ただし本当にかなりトリッキーで複雑に見えるところがあるので、WEB小説を中心とする読者よりも、文庫を中心とする読者にお薦めしたい秀作よん♥

鼻がでかいからフラワー

笑えて泣ける、メルヘンチックで残酷な、バンド小説

ちょっと前に、アニオタ小説のレビューを書きましたが、その作者、かつたけいさんの作品です。 奇妙なタイトルに、なんじゃこりゃ、と思い、こちらも読んでみたら……引き込まれました。なんだかズルズルと。 アクが強すぎて、万人にはおすすめできないかな。ということで、辛口の評価3.5です。 まずは簡単なあらすじ。 主人公は、中学生の女の子、高塚香奈(たかつかかな)。 とっても明るくて元気な女の子。 ですが、引きこもりのお姉ちゃんと、仲が悪い。 悪いというか、お姉ちゃんが完全に心をとざしており、それをなんとか元気づけようとするのだけど、お姉ちゃんが大暴れして、ボコボコに殴られてしまって。それでも香奈は、自分のこの態度が、いつかお姉ちゃんを救うんだ。と、あくまで前向きに、元気に過ごす日々。 ある日、商店街で、不思議で不気味な老人たちを目撃する。 黒い上下に、顔が真っ白塗りの、パンクロックみたいな、老人たち。 正体は、実は香奈のよく知った、商店街の老人たちだった。 商店街活性化のため、目立つような珍しいことをやろう、ということで、結成した老人バンドだ。 なんとなく通ううちに香奈は、なんとなくバンドに加わることになってしまう。 親にギターも買ってもらい、老人たちとの楽しい日々。 家では姉に殴られるけど、めげず、くじけず。 作詞を任されることになったものの、なかなか良い詞がひらめかず。 でも楽しいバンド活動。家ではボコボコ殴られるけど。 そんなこんなしているうちに、香奈は、交通事故で死んでしまいます。 冒頭の冒頭で分かっていることではありますが、とにかく、物語は主役交代。 後半は、お姉ちゃんの復活物語です。 引きこもりになった理由、ある酷い目にあったことが原因なのですが、 実は、前半ではまったく語られていなかった、凄いことが分かります。 お姉ちゃんよりも、死んだ香奈の方が、実は遥かに、凄まじく酷い目にあっていたのです。自殺してもおかしくないほどの。 自分を責めるあまり、精神がぐちゃぐちゃになって、お姉ちゃんは引きこもりになってしまっていたのです。 なんとかその苦悩から立ち直り、妹のあとをついで老人バンドに入り、妹が書きかけていた歌詞を、自分が完成させる。 そしてついに、フェスの日が来る。 ずっと引き込もっていたお姉ちゃんに、まともに歌えるはずもなく、と、そこに小さな、奇跡が起きて…… と、こんな感じのお話です。 なんだろうな、この物語は。 とってもせつない。でも、それだけでもなくて。 楽しいほどに、悲しくて、 悲しいほどに、楽しくて。 笑いと泣きが、絶妙な感じに溶け合った、そして題材が老人バンドという、とっても奇妙な物語です。 ちなみにタイトルは、物語のストーリーとは関係ありません。 バンド老人の一人の、肉体特徴であり、ニックネームです。 メンバー全員の、ニックネームでの紹介シーンがあるんですが、これ、笑えます。不謹慎だけど笑えます。是非、読んでみて欲しいです。 以前、泣き映画ブームがありましたけど、そんな感じに泣きたい人に、おすすめなお話です。

異世界マッチメーカー ~あべこべ世界と日本を行き来する~

あべこべ物異世界長編ハーレム物! tueeあり商売ありの欲張りセット!

ひょんなことから超常の力を得て異世界へ転移し、美醜逆転した世界で嫁を作ったり日本と行き来して貿易したりする話です。 主人公が人としていい子でいつも一生懸命なので、美醜逆転してるから関係なく人から好かれてハーレムを作ります。と言うスタンスはいいのだけど、普通にハーレムつくるいい人とは…? 相手が気にしないしむしろもらってくれと言われているからってどうなの? と言う主人公の性格故にちょっとした違和感はあるものの、あれもこれも楽しみたい人にはおすすめです。 普通に主人公が善人であるのは読んでて伝わってきますし、好かれるのもわかります。異世界と行き来する扉をつくれるので、主人公だけではなく会社の上司など様々なひとを巻き込んで貿易していきます。 美醜逆転しているが故に自信がない子が日本にきて自信をつけていく様子とか、美醜逆転ならではの展開もあって楽しめます。圧倒的tueeやさらなる異世界など設定も凝っていて、未知へのわくわく感もあり面白いです。 多少もの足りない部分もありますが美醜逆転物でしっかりした文章量で完結しているもの自体数がまだまだ少ない中、異世界あべこべハーレム好きにはたまらない名作だと思います。

アルベル

顔のいい、人を食ったような男ども

魔界の一角にある人肉レストラン、美貌の店長アルフォンソが、在庫の切れかかった人肉を狩りに行く年始のお話。 魔界や天上界といった世界規模の舞台設定から、主人公の経営するレストラン『アルベル』単体に至るまで。てんこ盛りに積み上げられた設定の中に、どんどこ出てくる魅力的な男ども。 サービス精神旺盛というか、まったく出し惜しみしないところが好きです。 どちらかというと長編向きというか、設定やキャラがこれだけ存在するなら短編で終わらすにはもったいないタイプの話だと思うのですが、ともあれ美形は最高です。それぞれタイプの違う男たちがわちゃわちゃやるのは良いものです。 お話の筋そのものは、とあるレストランの繁忙期のひとコマといった趣。短編らしく、掛け合いメインの軽くて読みやすいお話でした。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top