レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

解錠の音が

作品詳細
ミステリ界の新鋭・逸木裕の最新作は、ミステリ純度の高い連作短編集『五つの季節に探偵は』。“人の本性を暴かずにはいられない”厄介な性質を持つ女性探偵・みどりが遭遇した、魅惑的な五つの謎を描いたミステリ連作短編集です。 本作に収録されている5編の中から短編「解錠の音が」を全文公開。世界が反転する、切れ味鋭いミステリ短編をお楽しみください。

厄介なお嬢様探偵と冷静な元刑事が事件の鍵を開けるミステリ短編

4.0
0

カクヨム公式連載の一つ。逸木裕による連作短編集の内の短編一つが全文読めます。さすがプロなので文章もトリックも防犯の知識もしっかりしています。人の本性を見たがるお嬢様探偵と、防犯講師に呼ばれるくらいの元刑事が、興信所に「ストーカーを捕まえてくれ!」と依頼され、事件に迫るミステリー短編です。

面白かったのですが、煽ってる程どんでん返しはありません。他の短編は凄いのかな?このどんでん返し(?)は「マジかこいつ…」って感じのものです。それはそれで面白かったですがw

あっさん

登録日:2022/5/11 20:27

更新日:2022/5/11 20:12

問題を報告する

こちらはあっさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。

あっさんの他のレビュー
カクヨムファンタジー2万文字以下

記念日

作/東雲一

和解って素晴らしい、そんな短編

 勇者と魔王、分かり合えない2つの世界が和解をし――そんな素敵な未来を予感させほんわかした気持ちにさせてくれる短編です。協定や和解って良いよなあ。癒やされます。短編なので詳しく書くとネタバレになってしまうので、是非平和な世界を楽しんで下さい!

5.0
あっ
カクヨムSF2万文字以下

未来ネット

作/しかまさ

星新一みのあるブラックなSFショートショート

文明が栄えた結果人々が肥え、食糧難に陥ってしまった。そこで採った解決策とオチがブラックです。後はネタバレですので書けません!面白いので是非読んでみてください。

5.0
あっ
カクヨム恋愛2万文字以下

理屈っぽい女はお嫌いですか?

作/横海イチカ

女性蔑視でモヤモヤしてる方に是非読んで欲しい。スッキリします

テーマがハッキリしている小説は面白いと改めて思いました。この小説は「女のくせにスポーツカー乗るの?( ´,_ゝ`)プッ」と暗に言われたバリキャリの女主人公と、性差別に思うところありの車の営業とのラブロマンスです。女性蔑視について言いたい事を言ってくれますし、素敵な恋愛要素もあるしで、女性が読むと共感しか無い面白い小説だと思います。 女性心理が「それ!」ってくらいドンピシャに書かれてるので、女性心理を勉強したい男性が読んでもオススメです。

5.0
あっ

おすすめレビュー

猫の名探偵 ~ネコジャラシ迷宮~

猫の名探偵 肉三郎 再び!!

 野良猫の『肉三郎』は名探偵、所謂、『猫の名探偵』である。  夏を思わせる暑さは、肉三郎にある夏の日の出来事を思い出させる。  今の彼がいるのは、その出来事あってこそと言っても過言ではない。風にそよぐネコジャラシの音色は、儚くも優しい物語を今でも奏でる。  ☆ ☆ ☆  前作『猫の名探偵 ~消えた鰹節~』の続編で主人公の猫、肉三郎の過去のお話です。  人間から見たら気楽に見える野良猫にも、思いはあるわけです。今回も猫から見える世界はとても新鮮で、人からは見えない物や価値観に魅せられます。  そして推理冴える肉三郎の活躍に、彼が渋くカッコいい名探偵なのだと納得するはずです。  肉三郎を中心に広がる猫の世界、一度覗いてみませんか?

安楽庵探偵事務所 〜尋ね人は異世界です。〜

独特のリズムと作風に、オリジナル要素と異世界をモチーフにした物語。

【物語のあらすじ】 新宿のとある雑居ビルにある探偵事務所には三か月に一度しか依頼人が来ない。そこには三つ理由がある。看板はなく、広告は出しているものの三か月に一度しか刊行されていないオカルト雑誌。そしてその内容にも問題があったのである。問題だらけの広告とちょっと変わった尋ね人を探す探偵事務所。 果たしてどんな依頼人がやって来るのだろうか? 【登場人物について】 安楽庵探偵事務所の助手は、お酢が好きなようである。 占い館の館長兼探偵事務所の所長は、絶世の美女ではあるがモテない。その理由は60個あるらしい。その他、異世界へ向かう人物などがいる。 【良い点(箇条書き)】 ・一定のパターンのある物語なのかと思いきや、五話で意外な展開となる。 ・依頼人がほとんど訪れない理由は、冒頭で分かるがそれ以外にも理由がある。その部分を知ると、なるほど! と思う。 ・異世界転生を、上手くモチーフとして取り入れた物語である。 ・作風とリズムが独特である。 ・異世界転生後の世界を舞台にしている物語は沢山あるが、異世界転生でいなくなった後の世界が舞台というのは面白いなと感じた。 ・登場人物が個性的である。 【物語の感想】 料理というものが物語にどのような形で関わって来るのだろうか? 初めは全く想像がつかなかったが、こういう使い方があるのだなと感じた。巧く異世界を取り入れた物語であり、発想も面白いと思った。 登場人物についての詳しいプロフィールがあるのも面白い部分。それぞれ副業があるのだろうか? 時々何を言っているのか、ちょっとわからないところも味だと感じる。 とても面白い物語だなと感じた。 *7話まで拝読 【物語全体の見どころ】 独特なリズムのある作品。同じ流れで物語は始まっていく。後半がそれぞれ違っていくスタイル。詩などでよく使われる反復法が物語全体に使われており、その独特なスタイルがリズムを生んでいる。 異世界転生を巧く取り入れた物語である。通常、異世界転生ものというと、異世界に転生した側が舞台である。それは異世界転生者が主人公なこともあれば、それを取り巻く人物や敵などが主人公である場合が多く、現代が舞台になるのは稀だ。 独自のテンプレートにより物語が進んでいく印象。そして独特の切り口で、依頼人の心を浄化していく物語だと感じた。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

大正永劫怪奇譚

がっぷり四つストロングスタイルの大正浪漫

 大正期の日本を舞台に、資本家の男性が不可解な事件に巻き込まれていくお話。  大正浪漫、いや『浪漫』という華やかな感じではないので実質ただの大正というか、とにかくおどろおどろしい話でした。ホラー、あるいは怪談のような伝奇のような。タイトル、キャッチ、紹介文の時点ですでに雰囲気バリバリ、本文に入ってさらに倍という、この徹底っぷりが印象的でした。  いつまでたってもお嫁さんのお腹の中から出てこない赤ん坊と、ひとりひとり存在ごと消滅していく友人たち。その謎を解明するというか、この邪悪でおぞましい何者かの根源に迫るため、猟奇的な曰くのある離れ小島へと向かう、というお話の筋。  ひたすら不気味な出来事ばかりが起こる中で、とどめとばかりに雪崩れ込んだ第三話の展開が特に好きです。あの孤島の、次々目の前に広がる悪夢のような光景。その描写が非常に鮮烈で印象深く、たとえ夢でも行きたくないなと心底思いました。  夢と現実の混じり合う世界で、おぞましくも圧倒的な怪異に翻弄されるようなこの感覚。古い時代に特有の不気味さというか、独特の雰囲気にとっぷり浸らせてくれる作品でした。

灯 不器用父さんの反省記

凝縮された厚みのある内容に終始圧倒されたわ!(゚∀゚)

物語全体の構成力。こちらに情景を映像として浮かび上がらせる表現力。登場人物たちの心情を訴えかける心理描写。どれをとっても非の打ちどころがない良作だったわ。 現代ドラマが好きな人はこれを読まないのはもったいなさすぎるわね! 特にあらすじで本人も語っているけれど一話目は特筆モノよ! アチシ、最初これを完璧な短編と誤解したもの。 しばらくたって、もう一度感動に酔いしれたくて読み直したら、続きがあるのに気付いたって感じ。 アマミン、やるわね! 是非、ご覧いただきたい人間ドラマの傑作よん♥

えっちゃんへ

こんな怖いもの読んだことない

多分今までweb小説は1500作くらい読んでますが、こんな怖い作品読んだことがありません。 お化けも幽霊も出てこない、ただ、1通の手紙。 続きを読んではいけないと激しく思うのに、手が止まりません。 前情報は少ない方がいいので、少しでも気になった方は是非。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top