レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

女の子だった私が性別を選べる身体で異世界転生!? ~男でハーレム? 女で百合? いやいや両方目指します!~

作品詳細
【第一部完結】2022/04/27 異世界転生/転移(ファンタジー部門)日間ランキング 143位 2022/6/9 87位 読者様のお陰です! 「生まれ変わったら男になりたい!」 女の子でありながら女の子が好きだった私。けれど、それを受け入れてくれる世界は私の周りには無く……。だったら男の子になりたい! そうすれば、ちゃんと恋ができる!!  そんな私、今この時より晴れて男の子です。 異世界に転生して晴れて男の子になった僕。 夢叶った! と思ったんだけど……転生した瞬間、神様が何やら意味深なことを告げてきた。 どうやら転生の時、僕の身体には謎の呪いがかかったみたい。その理由を探るため、旅をすることに!? 旅先で生意気で可愛い妹フィリアや、冷徹で生真面目な魔術師団総隊長レイシア、野性味溢れる小麦色の騎士長ロディらと出会う。そんな最中、魔術師達との闘いに巻き込まれてしまう! いやいや、ここぞ頼れる男の出番! ……と思いきや、急に女の子の身体に戻ってしまって。 なんてことだ! 夢にまで見た男の子としての恋ができない!でも何故か、周りの人達は女の子の状態でも僕に好意を抱いてくれたりもして……!? あれ、前世ではできなかった百合もできちゃうの!? 個性豊かな人物達と旅を続けた果てに、僕に呪いがかかったワケが明らかになる! 笑いありシリアスありの、異世界冒険ファンタジー!  毎日更新です! ※本作は、カクヨム、ノベルアッププラスでも公開しています。

異世界転生して女性から男性へ

5.0
0

 転生前、同性であることがネックで二度の失恋を経験したことなどから、男になりたいと願った主人公の冒険譚。

 第一章の最後まで読ませていただいたうえでの感想です。

 神様とのやりとりにより、どうやら主人公は不完全な状態で転生してしまったようですね。女の子に戻ってしまうかもしれないという不安要素を抱えた主人公。しかし読者としては面白い要素です。主人公は望むとおりにハーレムを作ることが出来るのでしょうか。前世では報われなかった主人公を応援したくなります。


 行きがかり上可愛い妹と共に騎士団へ入団することになった主人公、しかし出かける間際の両親の反応から、これからの展開が前途多難なものであるようにも感じました。

 第一章後半での魔術師との闘いのシーンは勢いがあり展開も軽快です。

 次への引きに優れており、先がとても気になります。また全体的にライトな文体で、楽しんで読み進めることが出来ました。続きも楽しみにしております。

想田スイさん

登録日:2022/6/19 17:15

更新日:2022/6/19 17:42

問題を報告する

こちらは想田スイさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

想田スイさんの他のレビュー

おすすめレビュー

罪咎の星と薄明の空

綺羅星の贖罪が二つの物語を同じ空の下へと誘う

ややスロースタート気味なお話ではありますが、真実が明らかにされて行くにつれ、読むスピードがグングン加速してしまった、そんな感じで一息で読んでしまいました。 神々の優しさ、厳しさ、潔さが序盤のドロドロ感を洗い流してくれる、そんな読後感。もう少し読んでいたかったです。

雨の国

語り手を通し、「異国の地」を敬意を持って描いた作品

かなり前、恐らく8〜9年くらい前に読ませて頂いた作品ですが、今でも心に残っている1作です。 というか、この作者さんの作品は大抵心に残っています。 冒頭から丁寧な描写で、ゆっくりと物語に引き込んでくれます。 語られる雨の国の素朴な生活や人々の描写も興味深かいものでした。 こういう風に、その土地そのものや、そこで生きることの意味をしっかり作品から感じられるところが本当に素敵だなと思います。 それに、何より、仕方なしに生まれていったしきたり、考え方を否定するような結末にならずに、逆にその土地で培われた少年や少女の優しさや強さがラストから感じられて、とても良かったです。 最終的に肯定にも否定にも結論をつけられない主人公の立ち位置も良く、主人公ではなく、主人公を通して「異国の地」を描いているという印象の作品です。 そのおかげで、読み手も偏った見方ではなく、ある種、その多くの風習に敬意を持って読めるのが、いいな、とも思いました。 ラストに垣間見える希望、未来への期待も心地よかったです。 個人的にはイアン君が好きでした。 やさしそうじゃないのにやさしい男の子って、いいなと思います。 読ませていただいたことを感謝したい作品です。

車止めのオッサン

あまりにも寂しすぎる理想郷

 仕事でお疲れ気味の主人公が、路上で『車止めのオッサン』に出会うお話。  これではなんの説明にもなってない、というか「その車止めのオッサンってなんなのよ」という話になると思うのですが、車止めのオッサンは車止めのオッサンです。他に言いようがありません。いや本当、まずここで度肝を抜かれたというか、「えっなに車止めのオッサンて」と思いながら読み始めた結果、予想以上に車止めのオッサンらしい車止めのオッサンが出てきた、その現実に舌を巻く思いでした。  現実の現代社会を舞台に、でもそこにほんの一点だけ不思議な(あるいは不条理な)設定を追加する。道路上の車止めになってしまう人間。現実にはあり得ない、という意味ではなるほどファンタジーなのですが、でも考えようによっては全然ファンタジーでもないというか、「実はあり得るかもしれない」と考えた瞬間にこそ面白くなる作品です。  実は自分が知らないだけで、もし本当は世界が『こう』だったら?  日々の労働に疲れ果て、さりとて人生からの積極的な退場を望むほどの余力も動機もなく、ただそのまま薄く空気に馴染むかの如く消え去りたいと願う人の、その最後に行き着く先。苦痛からの開放にして最終的な到達点。こういうものを世間一般に理想郷と呼ぶのですけれど、でもそれにしてはあまりに寂しすぎる景色。なにより恐ろしいのはその救いのない人生のゴールに、でも彼らがしっかり救われてしまっていること。ならばそこは事実としてユートピアで、でも理想郷の風景を見て「なんて寂しい」と感じる、そんなわたしの住んでいる世界とは何か?  驚きました。軽妙な文章にユーモラスな設定、ちょっとしたショートショートみたいな顔して、しれっととんでもないもん食らわせてくれます。車止めのオッサンの世界と、わたしたちの住む世界。果たして本当に寂しいのはどちらなのか、自分の認識の根っこをぐらつかせてくれる、静かながらも強烈な一撃を浴びせてくれる作品でした。

お前らは鬼龍院じゃない

一口でちゅるっといけてしまう一万文字

 見知らぬ他人になりすます行為を趣味とする主人公が、たまたまカフェで見つけた鬼龍院さんになりすました結果、鬼龍院さんが三人になってしまったお話。  面白かったです。本当に前の一行にまとめた通りの導入で、この時点でもうこんなの面白くないわけがないという予感でいっぱいだったのですが、その通り開幕から終幕まできっちり面白い作品でした。すごい。勢いっていうか流れるような本文の流麗さ、その醸す魔力がすんごい。気づけばすっかり幻惑されていて、一万字が一瞬の如しでした。魔法かな?  好きなところやいいところはそれこそ数え切れないくらいあるのですが、とりあえず冒頭がすごいです。内容的にはどう考えても布石、直接本筋そのものではない要は話の枕そのものなんですが、にもかかわらずものすごく惹きつける力がある。文章が走っているのもあるのですけれど、でも興味の誘導の仕方というか、読み手に「はてなんの話だろう?」と思わせる自然な話の組み立てがすごい。きっちり「主人公の趣味はなりすましである」というところに繋がるその流れというか。いや話の枕ってそのためのものでしょと言われたらそりゃそうなんですけど、この話ってその直後に鬼龍院さんが三人になるんですよ。そんなロケットエンジンみたいな話を書いているのにこの自然な助走から入って、しかも十分加速がついてるって、並大抵のことではない気がするんです。  あとはまあ、もう言うまでもないというかどうせ実際読んだ時点で嫌でもわかるんですが、文章の技巧。文体というか語り口というか、主人公の内面にぴったり寄り添った口語体の、きっちり一万文字ノーカットの長回し。一切つっかえるところがなく、スムーズかつハイペースに流れながらも(これだけでもう相当気持ちいい)、しっかり起承転結してくれる物語。なにより惚れ惚れするのが周囲の異常な状況に対する主人公の指摘、いわゆるツッコミ的な言葉や独白に、一切の余計な力みがないところ。どこまでも自然で、本当に作者の意図した通りに笑わされているとわかる、この作品にすべてを委ねる感覚の心地よさ!  最高でした。明るくテンポのいいコメディで、肩の力を抜いて楽しめます。とても面白い作品でした。

聖女様は残業手当をご所望です ~王子はいらん、金をくれ~【Web版】

浮浪児から聖女へ! 果ては王子の嫁!?

ストレートチルドレンとして暮らしていた六歳児がある日教会に聖女として拉致されてしまいます。 歴代の聖女は誰もが指名されるまま聖女になっていましたがこの主人公はただ働きはしないと宣言し、なんと教皇猊下からお給金をもらって聖女のお仕事をしているのです。 そんなお金大好き聖女様ですが、お仕事はきっちり聖女としての顔を振りまきますし、その力は本物。はちゃめちゃながら色んな問題をどんどん解決していきます。 王子様からの求愛もなんのその、住み込みで働いているだけなので人気が終わったら街へ戻るのだと息巻きながら、普通では考え付かないような振る舞いで聖女として大活躍していきます。 世界観、宗教観も楽しくて皮肉気でありつつ図太く可愛い聖女が最高です。 聖女は希望通り一般人に戻れるのか!? 聖女のはちゃめちゃな日常を楽しみながら結末を見てください!

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top