レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

「ジョブが忍者の癖にやかましすぎるだろ……」と冒険者パーティを追放されてきた爆音忍者四人衆と、来月末までに莫大な借金を返さなくちゃいけない子爵令嬢の浮き沈み激しい二ヶ月分の人生~超速い。忍者なので~

作品詳細
「冷静に考えると冒険者ってコソコソ走り回って宝箱開けてるだけで成立しね?」  その一言が世を大忍者時代へ導いた! 『勇者』『剣聖』『賢者』『聖女』――強力なジョブを持つ冒険者たちが界隈を席巻していたのも今は昔。ダンジョンの中を一切戦闘せずに走り回って宝箱を開けまくってダッシュで帰るのがスタンダードスタイルと化した冒険者業界では『高速移動』『隠密』『鍵開け』の三技能が揃った『忍者』が大人気のジョブになっていた。  そんな『需要>供給』のバブルな冒険忍者界隈に流星のように現れ、流星のように追放されて無職になった爆音忍者四人衆がいた!  必殺技で轟音響かす爆熱忍者。  足音のボリュームが常軌を逸している最速忍者。  鍵開けのたびに怒り狂って全てを破壊する強盗忍者。  なんかずっと歌ってる人。  四人はそれぞれ別々の場所から追放され、しかし類は友を呼ぶというか、ゴミはゴミ箱にというか、そんな調子で一ヶ所に集ってしまった!  パーティのリーダーは、子爵令嬢フェリシー・フェリアーモ――二ヶ月以内に莫大な借金を返さなければ将来設計が終わってしまう彼女は、【急募】【短期間で稼ぎ切りたい方向け】の求人に釣られて来たこんなやつらを見事まとめ上げて人生を続けることができるのか。  普通に考えるとできないし、今更焦ってももう遅い!  それでも知恵と工夫と気合と気合と気合と忍者の超スピードで全部どうにかするのだ!  という感じの勢い系ファンタジー。 □完結済

忍者たちがダンジョンで暗躍……できないようです。

莫大な借金を抱えた令嬢がダンジョンで荒稼ぎするために忍者を雇うもうるさすぎるメンバーばかりが集まってしまうというコメディー系の作品になります。


まず、モンスターを倒さずに宝箱だけ開けまくれば良くね? という発想により忍者が花形職になっている世界というのが面白いです。


さらにそこから爆音忍者というネタに繋げて、しかも一発ネタで終わらせずにそれなりの長さに仕上げているのはすごいと思いました。


主人公もツッコミ役かと思わせて実は一番ハジけたキャラなのもパーティ全体のハッチャケぶりを加速させててよかったです。


なんというかあらかさまに非常識なキャラがいなくて全員、常識人っぽさもあるのにまともじゃないあたりが面白いと感じました。


副会長が好きです。


私が珍しくハマったコメディー系の作品なので、ぜひ読んでいただきたい気持ちが強いですね。 よろしくお願いします。

六戸行部さん

登録日:2022/6/20 23:02

更新日:2022/6/20 22:47

問題を報告する

こちらは六戸行部さん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

六戸行部さんの他のレビュー

おすすめレビュー

『エージェントは異世界で躍動する!』

この主人公、絶対に何処ででも生き残れる

 エージェント。それは仲介業者の方ではない。所謂、間諜の方だ。  主人公タイガは殺伐とした世界で、組織に縛られていた存在。なまじスキルが優秀なものだから重宝されていたとも言えるけど、危険と隣合わせで常に任務の成功のためだけに生きて来た。  任務の達成のためには、切り捨てなければならないものがある。目の前に救える対象があっても、任務のためには目を逸らさなければならない事が。それが出来るからこその、一流エージェント。  そんな彼が突然、異世界転移。  普通の世界でもそれなりの実力者だったので、そのままの彼でも十分異世界で生き残れる強さがあったのだけど、この世界で彼は更に半端ない力を持つ。  常に冷静に物事を分析し、最適解を見つけ対応していく彼は、天性のタラシでもあって……。元の世界ではできなかった人助け、自分がやれることをやって、無自覚に行動しているだけなのに、それがあまりにもスマートなものだから周囲の女の子は彼に夢中。そして男からは畏怖される。  彼が異世界に来る事になった理由、本当の敵はいったい何なのか。謎をはらみつつも、ライトなコメディの雰囲気で軽快に物語は進む。  でもやはり魅力の本質は、彼の圧倒的強さと頭脳を駆使したバトル。  強い主人公好きの人におすすめ!

シダル 信念の勇者と親愛なる偏奇な仲間達

神託によって選ばれた勇者とちょっと(?)変わった仲間たちの旅の行方は——?

 辺境に暮らす圧倒的な力を持つ青年が、神のお告げによって勇者に選ばれ、魔王を倒す旅に出る。  ファンタジーの王道ストーリーのはずなのに、この物語の勇者とその「剣の仲間」たちは一味も二味も違います。  癒しの力は圧倒的だけれど、敵である竜にまで情けをかけて勇者の剣を止めて隙をつくらせてしまう「神官」。知識と魔術は素晴らしいものの、魔王そのもののような容貌と雰囲気の「賢者」。目を奪われるほど美しく圧倒的な魔力を持つのに、戦闘中にシチューを煮始めてしまうような行動が読めない「魔法使い」。唯一、常識人に見える美しい「吟遊詩人」は、血が苦手でやっぱり戦いには向かない。  そう、勇者以外の仲間は、ほとんど戦う力を持たないのです。  けれど、読み進むにつれて、どうして彼が勇者に選ばれ、そして彼らが勇者の仲間——剣伴として選ばれたのか、むしろ彼らでなければならなかったのか、が徐々に明らかになっていき、同時に本当に強く優しい彼らを好きにならずにはいられません。  さらに物語に花を添えるのが、勇者と魔法使いそれぞれのとても個性的な恋。二人の純粋さがとてもとても厄介なそれぞれの相手の心を動かしていく様子が、本当に切なく美しいのです。  世界の淀みと人間の罪という重いテーマが根底にありながらも、思わず爆笑してしまうような楽しいエピソードと試練や苦難のお話のバランスがよく、退屈する暇もなくあっという間に読み切ってしまいました。  ドラゴン、ドワーフ、人魚など幻想的な生き物が生き生きとしている魔法に満ちた世界で、多くの困難と向き合いながらも、シダルたちならばきっと大丈夫、と何となくそう信じて心の底から楽しむことができる正統派ハイ・ファンタジー。ぜひ彼らと共に旅をして、勇者シダルと仲間たちの物語を見届けてください。  最後にこれだけは言いたいのですが——ハイロが最高に可愛いです!

最果ての、その先に

様々な人の想いが交錯する壮大な物語。

人の繋がりと、彼らが辿った道筋が、いくつも交差して、織られた壮大な物語です。 決して優しくはない世界の中、シグリドとふわふわのファランに随分癒されました。 一人一人が魅力的で、登場人物全員箱推ししてしまう。 ハードカバーになってそうながっつりファンタジーを読みたいかたに、特におすすめです!

少女マリーと父の形見の帆船

少女マリーの冒険譚

 これは、少女マリーがドタバタコメディ大冒険を繰り広げる物語である。  文体は一人称。一般的に発売されている少女小説から少し恋愛を抜いてコメディを足したような感触だろうか。  シリーズは現在第五作まで完結している。(書籍でいうと五巻発売中といったイメージ)一つ一つの作品のまとまりがよく、書籍そのものを読んでいるかのような感覚がある。 要素:船長、男装、少女小説

200文字異世界〜どうやらこの世界には字数制限があるようです〜

200×100文字の冒険で世界は救えるのか?!

1話200文字と決められており100話に到達する前に魔王を倒さないと世界が滅ぶらしい。そんなそんなヘンテコな異世界に転移させられた主人公は本当に世界を救えるのか?! この作品がすごいのは毎話ピッタリ200文字に合わせるところですね。毎回ピッタリに合わせるのは大変だろうなと思うとともに、それでいて違和感なく話が進んでいるのが驚嘆しますね。まだ完結してないですが、完結までピッタリ200文字を期待してます。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top