レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

旦那様は私を殺したいほど憎んでいる

作品詳細
マッグガーデン様より発売中の「悪役令嬢にハッピーエンドの祝福を!アンソロジーコミック」にて、真柴なお先生にコミカライズしていただきました。 王太子の婚約者である公爵令嬢と通じ、王太子の想い人の純潔を奪った。そんな嫌疑をかけられた挙句、容赦ない拷問を受け利き腕を切り落とされた近衛騎士のイェルド。イェルドを拷問したのは騎士団長の息子だった。 後日、王太子の恋人の虚言だったと判明した。騎士団長は息子に譲るはずだった爵位の一つと娘を詫びとして差し出すことを決めた。 幼少からの婚約者に婚約を破棄されたブリットは、家のためにイェルドと結婚することを了承する。 ブリット兄の物語を連載始めました。 「愚兄の嘆き」 https://ncode.syosetu.com/n6345gg/ 無断転載は許可しておりません。 Reproduction is prohibited. (C)2020 Kana Suzumoto

思い込みですれ違う恋物語

3.0
0

虚言に踊らされた王太子の命により、苛烈な拷問の末に利き腕を切り落とされたヒーロー。近衛騎士としての道を絶たれた彼の元へ、拷問を実際に行った男の妹であるヒロインは詫びのうちの一つとして嫁ぐことになる。

自分はヒーローに憎まれていると思うヒロインと、実は……なヒーローとのすれ違いラブストーリー。


ヒロイン視点のこの話では、兄はとことんクソだな……という感想しかでてこないし、とりあえず皆きちんと話し合えよ! それぞれの話を聞けよ! というもどかしい想いに駆られる。

その辺りを乗り越えて、ヒーローとヒロインがちゃんと気持ちを通じ合わせられたのは良かったけど、最後ここでおわりかあ……という物足りなさもあった。


この作品だけ読んで終わると主に兄関連でもやもやが残ったままだけれど、兄とヒーローの関係や拷問の真実を、兄視点で描いてる続編にあたる作品があるので、この作品を読んだのなら是非ともそちらもセットで読んで欲しい。

というか、両方読まないともったいないと思う。

なぜ兄が、こんなクソとしか言いようがない行動をとり続けたのかの理由が分かるし、ああだから……とかそういうことだったのか……と納得できることが描かれているので。


星は、兄の物語【愚兄の嘆き】とセットでの点数。

亜夜さん

登録日:2022/6/21 04:20

更新日:2022/6/21 03:32

問題を報告する

こちらは亜夜さん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

亜夜さんの他のレビュー

おすすめレビュー

さかさま世界の俺の恋は

よかった、恋心まで反転しちゃってない

ボーイズラブとついているタグに、これはボーイズラブなのだろうか? と少々首をかしげるのですが。 逆さま世界の設定と描写が面白く、いろいろなものが逆さまになっている中、主人公は何が逆さまになっているのだろうかと読んで行くと……。 だいじょうぶ、きっと未来は明るいよと信じられる、すてきなお話です。

きみのひとみは恋してた〜言葉遊びから告白へ〜

言葉遊びと恋ごころ

 夏休みのがらんとした教室で二人きり、ひとみ先輩と主人公が吹奏楽部の練習をするでもなく、話に花を咲かせているところから始まる物語。  異性の先輩と二人きり、夏休みの教室……何か素敵なことが起こりそうな予感がして仕方ありません。二人は同じ楽器を担当していて、会話から良い関係性が伺えます。  けれど先輩は高校最後のコンクールで、二人が同じ部活にいられるのもあとわずか。会話の端々に、何かを言いたくて言えない雰囲気が読み取れます。いいですねこういうじれったさ。  タイトルなどから最終的な方向性は予想できますが、そこに至るまでのプロセスがコミカルかつ軽やかに描かれており、非常に読みやすくストーリーに引き込まれます。  先輩のフルネームが出てきた時に、さすがにその名づけはどうなのだろうと疑問を抱きましたが、なるほどちゃんと理由がありました。  名前の言葉遊びは大喜利のようで、次は何が出てくるんだろうと楽しく想像しながら読ませていただきました。  素敵な青春の一ページを堪能いたしました。ありがとうございます。

あの人に似て

私達の傍観

 おお、いま↑表示されて気付きましだが恋愛ジャンルだったんですか。尚更良さに気付きました。おお、大分捩れているな。  確かにそうですね…恋愛ですが、作者の裏の意図が見えるような、という新しい感想がこんな形で出てくるとは。  最後一文でこちらが「はっ!」と突き放される系のお話なのですが、まずこの2000字あまりを読んでいる最中、誰が誰に話しかけているのか、と言うのがある。では、話しかけられている側に行けば「一体何を言われているのか」になる。ですが主人公一人称なので突き放されてしまうわけです。あくまで私たち読者は「事象の傍観者だ」と思わされますが、内容が衝撃的で、そういうタイプの「余韻の無さ」がある、ので、かなり中毒的なお話です。 それが、短い。さっと呼んで欲しい、多分しばらく読書から帰ってこれなくなります。

俺と彼女の自殺予定日。

母に彼氏扱いされてる息子と、母に利用されてる娘。二人が自殺を企てる小説

父親に似ている余り母親にガチ気味に愛されてるイケメン男子高校生と、仕事人間の親からネグレスト気味状態を受けている寂しいクーデレ女子高校生。そんな二人があることをきっかけに「一緒に学校の屋上から飛び降り自殺しよう」と約束を交わします。徐々に明らかになっていくお互いの崩壊した家族関係に、デートとしか思えない人生の消化っぷり。 シリアスな話ではありますが、地の文もしっかりしていますし「寧ろシリアスなのを読みたい!」と言う方にオススメ出来る小説で、恋愛要素もあります。 完結してます。

僕と天野さんの片思い協定。

この片思いは、不器用で、とても優しい。

片思い女子天野さんと彼女に巻き込まれた日下くんの密かな協定は、お互いに片思いを成就させないこと。けれど、日下くんに片思いの内容を聞かせる天野さんの様子がだんだんと……。 天野さんを笑顔にしたいと不器用にがんばる日下くんに、エールをおくりたくなります。いつか日下くんが片思いを終わらせる時には、天野さんも彼の隣で笑顔になってくれるといいなと思わずにいられません。 不器用な二人の片思い協定とその顛末。ラストはやさしい気分になれる物語です。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top