レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

真夜中の侍たち

作品詳細
 新時代へ突入した日本。元侍で街の悪人を始末してきた男は、廃刀令によって完全に侍の立場がなくなってしまい、悪人成敗を辞めてしまうのだが、そんなある日1人の農民の爺さんから頼まれる。 「頼む。オラの家族を殺した殺人鬼を殺してくれ!」  許せね悪は、存在するのか? 男の決意は如何に……。

偽善か、正義か

5.0
0

 何故か悪がまかり通っている理不尽な時代。

 冒頭殺人鬼に妻子を殺されたお爺さんが仇を討ってくれと頼むのを断る散切りの男。彼が空を見るシーンが、何かの予感を感じさせます。

 殺人鬼は警察に果たし状なるものを寄越し、己の存在を誇示し楽しんでいる。標的である家に出向いた際の殺人鬼からは、なかなかにコミカルな狂気が伺えます。

 しかし事前に情報を得ていた散切りによって――

 彼は今後も弱き者を彼なりの方法で助けていくのでしょうか。

 散切りがラストで北極星をどのような思いで見つめていたのか、とても気になる終わり方でした。

想田スイさん

登録日:2022/6/21 15:25

更新日:2022/6/21 15:20

問題を報告する

こちらは想田スイさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

想田スイさんの他のレビュー

おすすめレビュー

レディ・ウルフ

熱狂となり伝播する意志の核、個人の中の小さな妄執

やがて女王と呼ばれることになるとある傷痍軍人のお話。あるいは、戦争を含むひとつの歴史。 面白かったです。とにかく物語の作り方が巧みで、お話にグイグイ引き込まれました。 ひとりの女性の生涯を、語り部による口授という形で記した物語。しかし起こっている出来事の規模を考えたなら、これは彼女の物語であると同時に、この世界における歴史の一側面であるとも言えます。 時代の潮流が、世界規模の狂騒が、そのまま彼女の内面に収斂されていくような感覚。小さな個を通して見る大きな歴史。個人と世界の接続とそのスケール感に、ただひたすら打ちのめされました。 一番好きなところは、「そのあとは、きっともう知っているね。」の一文。そのひとことにより省略された、おそらくは彼らにとっての〝周知の事実〟。それが歴史的事実として前提となっている、その(語られている相手の)感覚との解離。 なんか頑張ってそれっぽいこと言いましたが、正直うまく言えません。とにかく好きです。あらゆる方向から、ときに思いもしないところからも心を揺さぶってくる、死ぬほど〝強い〟物語でした。

無声映画を聴きながら

子どもだけに与えられるはかない奇跡

昭和初期、炭鉱街で暮らす少年ふたりのひと夏の交流を、繊細で透明度の高い筆致で描いた作品です。 スクリーンの中の女優「マリア」を、「あれは僕なんだよ」と言う葛城。 それを純粋に信じた岸沼は、マリアと葛城と、どちらに惹かれたのでしょう。 葛城の家庭環境は詳しく語られませんが、おそらく(岸沼とは違って)貧しいのだろうとさりげない描写から察することができます。 彼にとって弁士のいない無声映画は、ほかの誰かになれる特別な時間だったに違いありません。 けれどもその「特別な時間」は、子どもだけに与えられるはかない奇跡です。 時間は子どもを大人にし、時代は過去を暴力的に押し流していく。 その波間に一瞬かがやいた、花火のような物語でした。

【完結】朔の風

古代日本の美しさと切なさと

 最初から最後まで、遥かな古代の悠久を感じさせる繊細な描写にうっとりと惹き込まれます。古事記や日本書紀に見える、美しくも血なまぐさい歴史の渦に巻き込まれる夕星の行く末が気になり一気に読んでしまいました。  夕星本人や葉隠やその他の登場人物たちの夕星への揺れ動く想いがとても切ないけれど、きっとこの結末しかありえなかったのだろうな、と思わせるラストでした。  しばらくして始まった外伝、そして第二部は、さらにこの世界の深さと広がりを感じさせてくれる、素晴らしい物語でした。古代の歴史好きな方にはもちろん、いままであまり古代史に触れたことのない方にも、和製ファンタジーの傑作として、大変おすすめしたい一作です。

悪魔と呼ばれた眼鏡

物に魂が宿るならば、持ち主の数だけドラマが生まれる

 これはとある眼鏡の一生を描いた物語です。  眼鏡の歴史を重ねながら、”彼”はたくさんの人の手を経る旅をしていきます。譲られたり奪われたり拾われたり波乱万丈な数奇な運命に翻弄されつつも。  大切にされたり粗雑に扱われたりもしながらというのは、人の一生にも似ているかもしれません。物も出会いと別れを繰り返して思い出を積み重ねるのだなあと。  ラストの未来を感じさせる余韻も素敵です。  文学的で、眼鏡自身の語りというスタイルに合う、淡々としているようでリズミカル、軽快な文章が心地よく、するすると読めました。

空白

タイトルと章題が味わい深い

禁断の知識の実を食べてしまい、楽園を追われたアダムとイブの物語。 無学なもので原典はほとんど知らないないのですが、知る限り話の筋そのものはほぼそのままだと思います。つまりある種の超訳というか、有名な逸話を小説として再解釈・再構成した作品として読みました。 宗教的なものを題材としながらも、書かれている主題そのものにはそういう色がなく、むしろ普遍的な人の有り様を描いているところが好きです。というか、まさにその〝書かれているもの〟が好き。主題というか。 アダムの抱える疑問あるいは不安のような思いと、それによって浮き立つイブという人間の人物像。そして、結局最後まで答えが得られないところ。と、こうして別の言葉に要約しようとしてしまうと、どうにもニュアンスが違ってしまってもどかしいのですけれど。 タイトルと章題が好きです。最後の締め方が綺麗で、染みるような余韻のあるお話でした。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top