ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

asato umiさんのレビュー

4.5
0

起承転結がはっきりしていて、最後まで安心して読めました。余命いくばくない父親への願いを叶えるべく子供が、嘘の結婚相手を見繕うという物語の展開は良くあるが、レンタル妻を借りて来ると言うのは、面白い。その上、もう一工夫され、そのレンタル妻は元カノだった……。だなんて、その後の展開が気になる書き出しです。

主人公とレンタル妻は、過去の出来事をよじれた紐を解くように、ふたりが向き合って行く様子も丁寧に描かれていました。

おそらくコンテストに合わせて8000文字以内に作品を仕上げるのを苦労されたと推測できます。

読後感も良く、妄想コンテストの優秀作品に選出されたのも納得です。

登録日:2022/8/5 16:38

更新日:2022/8/5 16:46

問題を報告する

こちらはasato umiさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろうヒューマンドラマ完結連載:321話

お嬢様なんて柄じゃない

死んだバレー馬鹿はお嬢様になってもバレーがやめられない!

ある女の子を庇って刺されて死んだ結果、何故かお嬢様の体にはいっていた。と言うと異世界テンプレっぽいですが、庇った女の子で同じ世界の人間です。 家族にも事情を説明し、とりあえずはお嬢様として暮らすことになりましたが、お嬢様は婚約者にフラれたばかりの修羅場だったのです。が、そんなの気にせず将来を嘱望されていたバレー選手だった主人公はまたバレーを始めます。 そして友人をつくり青春を送りつついつかお嬢様に体を戻すことも考えますし、殺された心の傷だって簡単には癒えません。 事件や自分自身にも向き合い、少しずつ前に踏み出していく様は見ている方もどうなるのかと手に汗にぎるほどです。 別人になると言うファンタジックな始まりに対してあまりに現実的な世界で、ハラハラしっぱなしです。簡単にざまぁしたりと言う話でもなく、主人公を中心にみんなが少しずつ変わっていく。そんな話です。 最後はちゃんとハッピーエンドなので、安心して最後まで一気読みできる、恋愛もの、青春もの、入れ替わり系に興味のある方にはおすすめの作品です。

小説家になろうヒューマンドラマ連載:37話

リトル・アルカディア

強いけどどこか応援したくなるアイドルです

「どん底を知っていること。そこから救われたことがあること。この経験があるから、私はどんなことがあっても前を向いていける」 自身がなぜアイドルに救われたのか。 その疑問を解くためにアイドルになった主人公、奏ちゃんが様々な事情を抱えたメンバーとともにステージに立つお話です。 一番上の台詞からわかると思いますが、この子すごい芯が強くてカッコいい主人公なんですよね。 メンタル自体は別に鋼というわけでもないのですが、挫折から逃げない。  やはり一度逃げちゃってアイドルに救われた経験っていうのが彼女の中ですごい息づいているなって感じます。 ただ、それでもグループに対する責任感の強さが裏目に出るというか。 失敗した時の申し訳なさっていうのには少し弱いのかなって感じもありますが、そこも魅力ですしそもそも一人でやっているわけではないのですから仲間との絆が大事な部分ですよね。 なんというか奏ちゃんの事だけひたすら語るレビューになってしまいましたが、それ以外のキャラもとても魅力的なのでぜひ読んでみてください。

カクヨムヒューマンドラマ完結短編

その音色は夏の夜風に乗って

二人を結びつけたのは、あるひとつの音色だった。

 主人公、長田悠一は、父親が営んでいるラーメン屋台の手伝いをさせられていた。  不平を並べたてながらも仕事をこなしていく彼の心の支えとなっていたのが、夜の十時になると聴こえてくるバイオリンの音色。鼠の断末魔のように酷い演奏だったそれは日を追うごとに上達していき、けれど、必ず同じ箇所で躓くのだった──。  主人公と、「バイオリンの君」こと同級生、城山真妃との交流を描いた物語。  クラスで特段仲が良かったわけでもなかった二人の関係が、ある夜の出会いから劇的に変化していく様が丁寧に描かれています。 「そんな演奏で大丈夫なのか?」と、コンテストに挑む真妃に軽率な言葉をかけてしまう主人公。しかし、彼の後悔を他所に、彼女はしっかり結果を出すのです。  彼女の演奏が変わった理由は、意外にも彼が行ったとある「軽率な行動」が引き金となっていて?    意図せず、互いが互いを助けていたという人と人の繋がりや運命やらを感じずにはいられない爽やかな結末に、じわっと胸の奥が熱くなりました。主人公の心情を表現した「夢」のシーンも、よいアクセントになっていると感じます。  熱く燃え上がり、そしていままさに次のステージに向かおうとする彼らの物語を、是非見届けてください。  場面構成にいっさいの無駄がなく、しっとりとした展開が持ち味の短編です。

小説家になろうヒューマンドラマ完結連載:50話

夢見るネクロマンサーは霊と踊る ~かつて忌み嫌われたネクロマンサーの少女が、憧れの冒険者サーカス団と出会い脚光をあびる物語~

サーカス! 幽霊!? ネクロマンサー??

魔王が倒され、めでたしめでたし……とはいかない世界が舞台のお話です。 当たり前ですけど、戦う相手がいなくなれば戦闘職は失職します。 特にイメージの悪いネクロマンサーなんかは余計に。 そんな主人公ナスターシャちゃんが再就職したのはキャラの濃いメンバーだらけのサーカス団。 嫌われ者のネクロマンサーがスポットライトの下で輝くセカンドライフは上手くいくのか? その一方で街に幽霊が多量出現して大変な事に。  ネクロマンサーとして幽霊を鎮め街に平和をもたらすことはできるのか? そんな感じの物語です。 次に作品の魅力としてはやはり主人公ナスターシャちゃんの人柄でしょう。 飾り気が無く、前向きで人を嫌う事がほとんどありません。 第一印象としてはちょっと反応が鈍くて大丈夫かなこの子? と思いましたが、芯が強いから多少の事では動じず、おっとりした様子になるのだと思います。 この性格だからこそリストラの嵐が吹き荒れている様な世界観でもシリアスな雰囲気にならずに前向きなセカンドライフという方向性の作品になっているんだろうなと思います。 以上です。 とても面白いので是非読んでみてください。

カクヨムヒューマンドラマ完結連載:4話

俺達の証明

なんとかなりそうでどうにもならない目の前の現実

犯罪者をバットで処刑する仕事(公務)に従事する男の日常の物語。あるいは独白。 とにかく重い。いや重くはないけど閉塞感というか無力感というか、きっと現代社会にも通底する類のそういう〝しんどさ〟のようなものを、文章越しにポイポイ投げてきてくれるお話です。大事なのはこのポイポイで、グサグサでもゴリゴリでもなくあくまでポイポイ、何の気なしに軽く(でも大量に)投げつけてくるような、この独特の感覚が癖になります。 どこか冷笑的な側面はあれど、でも語り口そのものはあくまで軽く。なのに終盤近くまで読み進める頃には、なんだか石の中に生き埋めにされたような気分になる。 世代や環境にもよるのでしょうけれど、でもそれなりに多くの人が感じているであろう、〝この先〟に対する漠とした不安のようなもの。それをそのまま、くっきりと実体化させてしまったようなお話。 結末はきっと気持ちよくも読めるのですけれど、でもいざ目線を自分の足元に向けると、まだ怖い。 果たして、急に画面の向こうから転がり落ちてきたそれに、自分は顔をくしゃくしゃにして笑えただろうか? なんだか鏡の中のグロテスクな化け物を見せつけられたような、それでもその背の向こうに晴れ空を見つけたかのような。自分の足元さえ見なければ空だけは晴れているかのような、そんな綺麗で胃に悪い結びが最高に好きです。

ログイン

新規登録