ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

亜夜さんのレビュー

2.0

登録日:2022/8/7 19:37

更新日:2022/8/7 19:37

問題を報告する

こちらは亜夜さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろう恋愛完結連載:17話

週末TSロリおじさん

両性生物が幸せになる話

 最初に一言言っておくが、この作品に「BL要素はない」。BLを忌避される方もブラウザバックせず見てほしい。作品を最後まで読めば、「BLではない」という言葉の意味は分かるだろう。  この作品は、親友が恋人になる過程を日常系小説の形態で描いている。  日常系としての掛け合いはすらすらと読めて完成度が高い。恋愛要素も内面の変化を直接的すぎないように描写しており、感情変化を丁寧に追うことができる。  特徴的な「TS」要素については、関係性の変化をうまく説明する設定として活用されている。TS系において過不足のない描写は珍しい。冗長さを感じさせない点は本作の長所の一つと言える。

カクヨム恋愛完結短編

プロキシマ・ケンタウリからきたオウムアムアがヒューメイリアンのパンスペルミアだったらどうする?

嘘か狂言かはたまた本当か。宇宙人ドロシーの言葉の唯一の『真実』

ある日の放課後、オカルト好きのドロシーが口にした驚愕の事実。 その意味を理解できるからこそ、彼は『選ばれた』のだ。 だからこそ、彼女の告げた言葉とその行動の不気味さが際立っていく。 そしてその中に輝く、青春のキラメキのような彼女の想い……。 だが翌日、世界は『なにも変わっていなかった』ただ一点を除いては。 赤い目のドロシーの言葉はどこまでが真実だったのか。 そんなことを思いつつ、まあ、これからもお幸せに!

カクヨム恋愛完結連載:7話

神崎ひなたの受難 藤原×神崎ss〜next ecstasy〜

紹介文の時点で何か異常なことが始まっているとわかる稀有な作品

 女子校の文芸部を舞台に、(おそらく唯一の)常識人であるところの美少女「神崎ひなた」が、迫りくるストーカー女子「藤原埼玉」の魔の手をいなしたり躱したりツッコんだりする恋の物語。  百合ラブコメ、あるいはテンション高めのコメディです。まず最初に触れざるを得ない点として、この作品は実在の人物をモデルにしたキャラクターが活躍するお話であり、つまりタグの通り「内輪ネタ」が多分に含まれています。そして自分はまさにその内輪に該当しているので、それ以外の人からはどういうお話に見えるのか、その辺りは見当もつかないという前提での感想になりますっていうかえっ嘘でしょぼくが出てる……?(※自分からお願いしました、ただ本当に使われると思っていなかっただけで)  笑いました。なんですかこのやりたい放題は! いや本当内輪ネタの内輪っぷりがきっちりしているというか、現実というかモデルの実際の行動をものすごく大量に(かつ忠実に)盛り込んでいて、しかもそれがちゃんとコメディらしいのがまた余計におかしいです。例えば序盤、急に出てきたお嬢様にいきなり調教されて犬になるところなんか、普通にリアルタイムで見ていた覚えがあります。一見唐突なように見えて、いやインパクトって意味では十分唐突なんですけど、でもこれ一発でしっかり九瑛さんのキャラクターの印象が固定されてるんですよね。すごい……。  中盤の謎のパワーインフレ感が面白かったです。作者の人柄というかなんというか、出る人出る人みんな強キャラみたいになってて(とはいえその強キャラ性はそれぞれ方向性が違うのですが)、それをただのお祭り騒ぎと油断して眺めていたら、なんとみんなしっかり活躍の場があるという……。ノリと勢い優先なように見えて、実は結構しっかり仕事してるのが地味にすごいです。いや本当、怒涛のコメディ展開のおかげでついつい見落としそうになるんですけど、実はこのお話ストーリーがいいっていうか、大騒ぎの裏でしっかりタイトル通りの「藤原×神崎」を貫いているんです。  この先は直球のネタバレになってしまうんですけど、クライマックスにおける主人公の活躍、神崎さんがゴリラを打ち倒す瞬間。「目を覚ませ」という叫びが最高でした。そこまでの様子見てるともう「一生眠ってて」くらいでもおかしくないのに、いやこんなの愛じゃん……実質眠り姫の目を覚ますキスじゃん……ってなりました。藤原さんが我を失った催眠状態になったのは、もちろんゴリラのせいでもあるのですけれど、でも第2話の即落ちのシーンにもかかっているように読めて、実は神崎さんその辺から無意識下でうっすらもやもやしてたのかなー、なんて、この辺の機微がもう本当にうまい。どんどんいけちゃう。素敵。  あとどうしても欠かせないもう一点というか、九瑛さんが好きです。彼女のキャラクター性と物語上の扱いが。堂々たる悪役をこなしているのに、最後に嫌な感情が残らない。むしろ魅力的ですらあって、この後味の良さがあってこそというか、やっぱりコメディはこうでないとと膝を打ちました。  総じて明るい、どこまでもまっすぐな、心をスカッとさせてくれる気持ちの良いお話でした。実はシリーズ物の三作目(たぶん)に当たる作品みたいですけど、これ単品で独立して読めるようになっているのも好きです。

小説家になろう恋愛完結連載:36話

臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない

よくある悪役令嬢展開にみせかけた青春ドラマは必見

田舎者の男爵令嬢と王子様がいい感じの雰囲気なのを目撃してしまった王子の婚約者、を支える伯爵令嬢の話。主人公のアドバイスにより王子との関係を見直したり、主人公自身も前向きになっていく学生らしい青春物語。 女の子同士の友情はもちろん、恋愛も自然な流れで嫌味がなく素直に応援できる。王子と男爵令嬢も悪役ではなく等身大な少年少女感もあり憎めないように書かれていて、もっと読みたいと思わせる。

カクヨム恋愛完結連載:44話

今宵の夜伽は、君に捧げる。

四人に見つめられるような、いろ鮮やかなる恋愛物語!

薄暗がりに朱衣が見つけた、傷付いた怪鳥。 『それ』は、東の国からやって来た妖だった。 朱衣をめぐって、各々突出した腕を持つ三人の皇子が、静かにしかし大胆に、朱衣を読み手を魅了しにかかる。 そこに、怪鳥も加わって……?! いわゆる逆ハーレムな、いにしえの中華風恋愛物語。 はてさて、あなたの推しは誰になりますやら。

ログイン

新規登録