ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

asato umiさんのレビュー

「結婚しないなら別れよう」結婚ってタイミングですね

4.5
0

~あらすじ~ 

「結婚しないなら別れよう」と遠距離恋愛中の彼女に別れを告げられた千弘はマンションのエレベーターでひとりの女性と出会った。箱の中で、二人の物語が動き出す。王道ラブストーリー。(あらすじ引用)


主人公 千弘 

ヒロイン 佐久間絵莉 


まず読み終えて、「結婚って、長く付き合っていたからではなく、タイミングなんだなぁ」と、思ってしまった。

そう思わせて仕舞うぐらい、リアリティがある大人の恋の物語。


物語の冒頭、「溶けたアイスが手首を伝う」から始まるが、それだけで主人公が唖然と固まった様子が伝わる描写から物語へと読者を引き込んで行く。

それでいて、別れのシーンも出会いのシーンもプロポーズさえも背伸びしない、等身大の登場人物たちにとても好感がもてた。

作中、男気をみせる主人公に惹かれるヒロイン、2人の距離の近づき方も自然で、読後感もとてもよいお話。

あらすじで作者が語っている通り、大人の王道ラブストーリー。

楽しませて頂きました。

登録日:2022/8/10 21:19

更新日:2022/8/10 21:16

問題を報告する

こちらはasato umiさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろう恋愛完結書籍化連載:324話

【書籍化&マンガ化】地味姫と黒猫の、円満な婚約破棄

ヒロインがこつこつと努力し幸せを掴む物語

皇太子の婚約者として妃教育を頑張っていたヒロインが、皇太子が妃として迎えたいのは自分の妹の方だと勘違いし問題なく婚約を破棄するための努力を始めた結果、本当の幸せを掴むことになる物語。 対立する悪役令嬢はおらず、ざまぁといったドロドロした展開もない、事件はあれど基本的にほのぼのとした展開の読みやすい物語だった。 どこまでも真面目に努力を続ける頑張り屋のヒロインと、黒猫の姿でそれを助ける魔術師のヒーローとのやり取りもかわいらしくて、にまにました。 一気に読み進め、ほっこりと読了できたけれど、最後もう少し恋愛成分が欲しかったかなあ……と思ったので★4に。

カクヨム恋愛完結連載:5話

閃光花火

一時の忘れられない青春

花火で遊ぶ高校生の男女を通して描かれる青春の一時。 それは、決して忘れられない出来事。ラストの展開がそれを物語っている。 波戸にとって、一緒に花火をした並木くんは忘れられない人になったのだと思う。 青春の面影は簡単には消えないのだ。 とても良い作品でした。

カクヨム恋愛完結連載:9話

君との恋の物語-Obverse-

あるデートから始まる、切ないくらいの純愛物語

【簡単なあらすじ】 ジャンル:恋愛 友人だった二人があるデートからお付き合いを始める。お付き合いしていく中で、ヤキモチを妬いたり、不安を感じたりと日常を描いた物語であり、惹かれ合う二人の純愛を描いた作品である。 補足:君の名は 青春SFファンタジー 千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で東京の男子高校生になった彼女は、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつくのだったが...。(君の名はより、あらすじ引用) この物語は、いつしか互いに会ってみたいと思う所から急展開を迎えていく。時間のずれなどが作用し、一旦迎えた終焉に光が差す。互いに名前を言い合った二人だが、その記憶は薄れ……。 【物語の始まりは】 二人の電話でのやりとりから始まっていく。しかし、相手の言葉は主人公には意外だったようで想定外のの言葉に戸惑ってしまうのであった。 相手の男の子は普段は意地悪な彼。そんな彼と映画を観に行く約束をすることとなる。いつものように”嘘だよー”と言われるのでは? と不安に思っていると、”デート”と言われドキドキしてしまうのであった。果たして、二人の恋の行方は? 【舞台や世界観、方向性(箇条書き)】 注意:「君の名は」を見たことがないと、分かり辛いかも。 舞台は現代。 【主人公と登場人物について】 主人公は、意地悪だけれどみんなの中心にいるようなこの男の子に恋をしているようである。この物語の”君”には名前はないようである。その秘密は一ページの終わりで明かされていく。そして彼が誰なのか? はその後明かされていくようだ。 【物語について】 不思議なスタイルの物語である。主人公と彼のエピソードがあり、主人公の補足(?エッセイ)となる。読者に語り掛けるスタイルだろうか? 進路が決まってからは二人が別々の大学を目指すため、切なさを感じる。しかし二人は時間の合間を縫って時間を共有していく。純愛を感じる物語。 【良い点(箇条書き)】 ・初めは少し分かり辛い部分もあるが、互いに惹かれているという気持ちが伝わって来る。 ・新しいスタイルの物語だと感じた。 ・互いを大切にしていることが伝わってる。 ・純愛だなと感じた。 ・学生の頃からの想いが大人になっても変わらないケースは確かにあるが、二人は本当に惹かれ合っているからこそ一緒に居るのだなと感じた。 ・恋愛の中で起こる不安や疑問などに触れている。 ・学生らしさを感じる物語。 【備考(補足)】卒業-Obverse-2まで拝読 【見どころ】 学生であり、友人であった二人がデートのお誘いをするところから始まっていく。主人公は単に映画の誘いのつもりではあったが。それがきっかけとなり、告白をし二人は付き合い始める。 この物語の中で、運命を変えたデートの約束ではあるが主人公のある疑問が印象的。主人公の誘いを受けて、その中で相手は主人公に告白している。もし、自分が誘わなかったら、どうなっていたのだろうか? それは純粋な疑問なのだろう。これは恋愛において抱きやすい疑問なのではないだろうか? お付き合いの中で自然と起こる、ヤキモチやすれ違い、進路などにより距離が出来てしまうことへの不安などが描かれている。互いを思いやり、惹かれ合う姿がとても印象に残る物語である。純愛の好きな方にお勧めしたい作品である。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

小説家になろう恋愛書籍化連載:121話

【2巻6/24発売】偽聖女!? ミラの冒険譚 ~追放されましたが、実は最強なのでセカンドライフを楽しみます!~【コミカライズ連載中!】

コミカライズが気になって原作へ。第一部のみ読了。 書籍準拠の漫画とは最初からかなり内容が違うんだな、と思いながら読み進めた。 色々事件が起こっている割には全体的に起伏に欠けるというか、なにもかもが薄めだなあ……という印象だった。 第一部はヒロインを追い出した国の滅びていく様と、自分を追い出した王子や貴族はともかく大多数の国民には罪はないとヒロインが民を救おうとする行動がメインなので、どちらかというとシリアスより。サブタイにある【実は最強なのでセカンドライフを楽しみます】といった楽しい要素はカケラもない。 第二部でヒロインの恋愛も、謎の聖女が絡むヒーロー関係のアレコレも盛り上がっていくのかもしれないが、個人的にはこれ以上はもういいかな、と感じた。

小説家になろう恋愛完結連載:6話

おまえの秘密を知っている

かわいいの嵐

はちゃめちゃにカワイイ。冒頭がちょっと不穏な気配がしつつも、読み進めるほどに顔がにこにこ笑って止まらなくなる可愛さだった。キャラがみんな可愛くてちょっと不思議ちゃん。 子供達の「神還り」の設定が一風変わった良い味になっている。いやしかし実際居るよね主人公兄sの様なお子たちって…そのスタミナは人なのか?みたいなパワフルお子さま…。 タイトルも最終話で綺麗に回収され、ボリュームもお話としてのまとまりもとても良い。 読後感も最高です。 フフンガウフィウフィ

ログイン

新規登録