ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんのレビュー

記憶を失った主人公が、混沌とした世界で手にするものとは?

5.0
0

【物語は】

 主人公が見知らぬ土地で彷徨っているところから始まっていく。どうやら記憶もないようだ。そんな彼は、あまり良い暮らしをしているとは言えないが、この世界に馴染もうとしていたようだ。

 ある時、ある少年と道端でぶつかってしまう。そのことをきっかけに、自分と因縁のあるやつらから終われ、一時は死にかけた。

 だがそんなところを助けてくれたのが、裏道でぶつかった子供だちであった。


【主人公について】

 どうやら見たこともない場所に、ある日突然飛ばされたようだが記憶を失っており、自分が誰なのかもわからないようだ。

 裏道で人を助けたことにより、合法的に金を稼ぐ方法などを教わる主人公。

 初めの仕事は娼婦館での護衛であった。

 ここに辿り着くまでの間にも、彼らの暮らす街がどんなところなのか明かされていく。少なくとも健全とは程遠い街である印象を受けた。

 彼にとって、自分を助けてくれた孤児院は特別な場所であると感じた。

 時に犯罪とされるようなことをしてきた主人公ではあったが、人格が非道というわけではない。


【物語・世界観について】

 あらすじより。

 何らかの理由で異世界転移した主人公は、生きるためにのし上がることを決意した。この世界では宗教上飲酒が禁止されていたが、酒の密造、密売にをつける。しかし、いろんな対立により革命などが起き、それに巻き込まれた主人公は、帝王への道を進むという物語なのだろうと想像したが、実際は緩やかに物語は進んでいく。主人公が人でなしというわけでもない。

 人身売買なども当たり前の世界らしく、人々に活気のないところなのかもしれない。

  防具屋などは、素材の良くないものが出回っており、闇商売などが盛んな割には、やはり全体的に貧困なのかもしれないと思った。

 魔法系の使える人も存在しそうだが、序盤では出てこない。


【物語の見どころ】

 主人公は確かに成り上がろうとはしているが、それが自分の為だけではない気がするのである。あらすじだけを見た時の印象としては、悪がはびこる都市で悪どいことをし結果的に帝王になるのだろうか? と思っていた。

 だが作品に触れてみると、主人公は極悪非道というわけではない。

 自分を救ってくれた孤児院の人々に恩を返したり、娼婦館の人たちと協力して人身売買をしている奴らを懲らしめようとしたりと、非常に人間的である。

 この世界は混沌とはしているが、優しさを感じる物語だ。

 読了部分では、ターニングポイントとなる”酒の密造、密売”についてはまだ出てこないが、それを期に物語は新たな展開を迎えるのだと思う。

 あなたもお手に取られてみませんか?

 彼がどのようにしてこの世界で帝王になっていくのか、その目でぜひ確かめてみてくださいね。お奨めです。

 

*備考9ページ目まで拝読

登録日:2022/8/14 19:28

更新日:2022/8/14 19:27

問題を報告する

こちらはcrazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー完結短編

あといくつ食べれば

己の中のそれに気づけず永久に苦しみ続ける怪物

 ホテル最上階の高級レストランで、激しい口論をする若い男女のお話。  ぱっと見はただのカップルの痴話喧嘩、ちょっとした日常のワンシーン……かと思いきや、といった筋書きの作品です。およそ3,000文字というコンパクトな尺の中、シンプルながらも綺麗にまとまったストーリーラインが魅力的でした。  インパクトの強い会話の場面から入って、中盤で詳細な事情を明かしつつ不穏な空気を匂わせ、最後に急転直下のひねりを加えて落とす。流れが綺麗で、くっきりと浮き立つようなわかりやすさがあって、真っ直ぐ滑らかに読み通せたお話でした。  若干ネタバレ気味の感想になってしまうのですが、結び付近の展開の味わいというか、この辺りに含まれた豊富な想像の余地がとても好きです。落涙、という、これ以上ないくらいにはっきりとした情緒の証。はたして彼の抱えた欠陥は、本当に欠陥と呼べるほどのものなのか? なまじ本物の怪物であるがゆえに見ることのできない、自分自身の本当の姿。決して満たされることのないであろうその飢えに、どうしようもなく心が揺さぶられてしまいました。

小説家になろうファンタジー連載:95話

異世界ゆるりキャンプ

【連載中】これはキャンプじゃない。開拓だ

タイトルがキャンプですが、キャンプではありません。植物の籠を持って転移した主人公は森の中ではほぼ最強、望めば植物で家が秒で建ちます。 初日から家があり、木製ですがアイテムにも一切困らず、狩りも植物の力を借りれば難しくありません。めちゃくちゃゆるーいサバイバルであり、開拓生活ですね。キャンプではないと思います。 ですがそんなタイトル詐欺は無視して、内容は面白いです。サクサク進む展開も心地よく、どんどん森の中を開拓し、段々仲間が増えて村になっていき、魔族と交易してどんどん豊かになっていきます。 こう言った異世界チート農家系は他にもありますが、人間関係もそこそこ丁寧に書いてくれていますし、人が一気に増えすぎて覚えきれないとまでなりません。個性があって面白いです。 大きな盛り上がりはなく、日常のわいわいした感じがずっと続いていく感じで、すっと一気に読んでしまう面白さがあります。 書籍化のせいが更新は遅めですが、淡々とチートで日々少しずつ豊かになっていく生活はほっこりさせられて面白いです。 開拓、農家、チート、日常もの、そう言った要素が好きな人にはお勧めです。 連載中なので星四にしています。

カクヨムファンタジー連載:81話

Save Us From Dream

それは、夢だったのか?残酷な世界にて。

 独特の空気感と世界観を持つダークファンタジー。確かな文章力と表現力で繰り出される凄惨な世界は、血の色。残酷描写は多めです。  物語の舞台は災厄後の未来の地球。世界は大きく変遷し、魔物という未知の生命体が生まれ、人類は危機に瀕して亜人種という新たな人類を作り出す。  主人公はどんな鋼も太刀打ちできないできない硬質な角を持つ、亜人種の女性、紫蘭。その角は何に使えるかというものでもなく、着替えで引っかかって服を引き裂いてしまったりと、かなり邪魔。だけどそんな角をもつ亜人種は他にはいないようで。  そんな彼女も娘に恵まれ、魔物に夫を殺される等の哀しい過去を背負いつつも、病弱な娘のためならと母親として精いっぱいに行動していくのですが。  親子を受け入れてくれた村に、魔物の襲撃。  紫蘭の世界はふたたび、闇と血にまみれていく。悲惨なあの「夢」とは違った形で、彼女を絶望へと。そこで出会った人物に与えられた奇跡は、彼女にとっての救いの一筋の光、福音となるのか。  彼女が背負った宿命と、成すべき事とは。  謎を多くはらみつつ登場人物を増やしながら、物語は更なる深淵へ。  ぜひとも最後まで追いかけたい作品です。

小説家になろうファンタジー完結書籍化連載:167話

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行

異世界と現実を行ったり来たり! 異世界貿易がやめられない! ハーレムもあるよ!

異世界と現実を行ったり来たりする系がとても好きですが、その中でも初期の名作です。 異世界の日用品なんかをアンティークとしてネトオクでお金に変えたり税金を考えたりと現実側のほうもしっかり描写されているので、その分異世界観が引き立ちます。 色んな謎がありますが、きっちり世界の謎まで解き明かしてくれますし、すっきり綺麗にまとまった名作です。 主人公が実家住まいで親のすねかじりの甘ちゃんなので、それがちょっとずつ成長していく感じがいいです。調子に乗ったり考えが足りなかったりもしますが、ちゃんと優しくて男気もあるので、みんなに好かれるのも理解できます。 ヒロインたちもみんな可愛くて癒されますし、最後は綺麗な大団円で、直接そのシーンはありませんが親も安心させただろうなとほっこりさせられます。 主人公も戦ったりチートもありますが、基本は商売物が好きな人におすすめです。

カクヨムファンタジー完結連載:77話

君の姿と、この掌の刃

人によって感じ方の違う作品だと思う

【物語は】 ある一文から始まるのだが、強調の効果を上手く使っている印象。 この物語は緊迫した一場面から始まっている。本編に入るとこの世界の歴史について触れており、そこから現在の国の様子や、人々の様子などを知ることとなる。その後ガラッと雰囲気が変わり、主人公の日常風景が描かれていく。ここで分かって行くのは、主人公の普段の様子と、同僚との関係などについて。とても丁寧であり、分かりやすく、滑らかな文体であると言える。人が体験しそうな事柄について、追って感想を漏らすところや、視線を追うように感じる情景や人物描写はとても自然で、まるで映画を見ているような気分になる。 【物語の魅力】 巧い人にも、いろいろとタイプがある。例えば、話しの展開に繋がりがあり、結果必然性で作られていると感じるタイプ。モチーフの活かし方が秀逸で、メッセージ性を強く感じるタイプ。構成自体が神がかっているタイプ。この物語は、この3タイプとはまた違う巧さを感じる。というよりも、どれもしっくり来ない。流れに無駄がなく、とても巧い。巧過ぎて、『こうだ』と明確にいうのが難しいというのが、近いかも知れない。必要な情報が流れるように読者に与えられていくので、まったくストレスを感じない。言葉にするのが難しい類の巧さという意味合いである。 冒頭に戦うこととなる人物を含まなければ、中途の拝読で主要人物は主人公を含め三人。同僚と上司にあたる人物。それぞれに個性的で、簡単に見分けがつくほど個々性格や言動が違う。しっかりとした世界観、個性的な登場人物。この物語がどう冒頭の場面に繋がっていくのか。そこが現時点では、分からないところが見どころの一つなのかもしれない。3Pあたりからは本題に入っていくのか、含みなどもあり、これから何が起こるのだろうかと、好奇心が刺激されていく。 【登場人物の魅力】 主人公を含む三人は、確かに性格も違い個性もあるのだがチームという感じがする。同じ目的を持ち力を合わせる仲間。信頼関係で結ばれ、絆というものを感じる。もちろん、個人の想いも描かれているのだが不思議なバランスの物語だと感じる。 国の為に犠牲になった彼らの日常。彼らは人でありながら、心を殺さなければならなかった。戦争の真の恐ろしさとはこういうところにあるのかもしれない。この物語の三人は、個々の人物というよりは戦争によって犠牲になった”人間のカタチ”なのかもしれない。 【この物語を通して感じたこと】 あくまでも個人の見解に過ぎないが、戦争が齎す真の恐怖とは何だろうか、という事について考えさせられた。一定年齢に満たない者を戦争の兵器にする理由。彼らがどんなに従順であろうとも最終的には、自国にとっても恐怖の対象になるのではないだろうか? 人は不安から逃れることは出来ない。一度持ってしまえば、相手がどんなに裏切らないと言っても、信じることはない。彼らは生きるために国の犠牲になった。それなのに、自由を奪われる理不尽さ。これは現実世界でも起こっていることであり、決して他人ごとではないはずだ。親が子にしていることも大して変わらない。凄く深いテーマが隠された作品なのではないだろうかと感じた。 この作品を読んであなたはどんなことを考えますか? 恐らく読む方によって感じ方は違うと思われます。 是非あなたもお手に取られてみてくださいね。

ログイン

新規登録