ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんのレビュー

主人公が選ぶ未来とは? アクションが見どころのSF、群像劇。

5.0
1

【物語は】

 序章のニュースにて幕を開けていく。

 主人公は賞金稼ぎ。この賞金稼ぎには、いろんな制約があるようだ。実際に彼らが活躍する場面から始まっていく。

 その中で、賞金稼ぎとは実際どんなことをするのか? などが明かされていく。

 彼らがこの時、対峙した相手とは?


【物語・世界観について】

 ある事件から物語は始まっていく。クリスタルというものが情報の媒体になっているのだろうか? この時見つけたクリスタルから引き出した情報は、主人公にとって何か因縁があるものが混ざっていたらしい。

 その詳細については今後明かされていくものだと思われる。

 この世界の全員がそうなのかは分からないが、彼らにはナヴィゲータというものがいる(ある)ようだ。この電脳システムについては、まだ詳しく分からないが。

 そして、それぞれのナヴィゲータ(電脳空間を渡る擬似人格)は性格が違うようである。

 「」の形の種類によって会話がどこで(*)なされているのか、分けられているようである。

*「どこで」とは、電脳や表の会話など。

*かなり特殊な書き方をしていると感じた。


【登場人物について】

 主人公の他によく登場するのは、同業者のロジャーという人物である。

 主人公であるジャックは硬派な感じがするが、彼はどちらかというと軟派な印象。

 その上、自由人のイメージを持った。

 それぞれのナヴィゲータとのやり取りは、個性が出ており二人の性格が分かりやすいものとなっている。

 序章で手に入れたデータに対しての二人の反応は異なる。ジャックは乗り気ではなさそうだがあらすじの内容からすると、いずれ考えを変え自ら関わっていくのかもしれない。


【物語の見どころ】

 かなり特殊な書き方をしていると感じた。

 「」などの後を改行しない部分が多くあるため、怒涛の勢いでストーリーが進んでいるような印象を受ける。

 全体的にスピード感のある物語である。ただ、好みは分かれると思う。


 男性のような話し方の女性が出てくるので、彼なのか彼女なおかいまいち掴み辛い部分もあるが、この物語はロマンスよりもアクション重視の物語だと感じた。

 主人公が冒頭から続く事件の後、ロジャーと別れ帰宅する。その時、家には侵入者がいた。この人物は古い知り合いなのだろうか? この人物との遭遇が彼にとってのターニングポイントなのでないかと想像した。

 見どころとしてはアクション部分だと思う。

 読了部分では、まだ彼が誰に対しどんな目的で復讐をしようとしているのかは分からない。多視点の群像劇でもある。

 あなたもお手に取られてみませんか?

 この物語の結末をその目でぜひ確かめてみてくださいね。

 お奨めです。


*備考8ページ目まで

登録日:2022/8/14 22:56

更新日:2022/8/14 22:53

問題を報告する

こちらはcrazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムSF完結連載:2話

僕たちは芝生の青さに気づけない

キミのもて余してるものが、羨ましすぎるんだ

顔がそっくりな二人の男性は、あるきっかけで出逢い、契約を交わし、『交換』することで手に入れたいと懇願していたものを手にし合う。 でも、手にした先に見えたものは、満足感よりも別の真実だった。 鴨志田さんの切り取った『羨望/隣の芝生は青い』気持ち──不思議な体験として是非ご体感いただきたい!

カクヨムSF完結非公開

奈落の神の福音【3月31日 消去予定】

主人公が一番普通? いえいえ、彼女の過去に間違いなく度肝を抜かれるはず!

 今より少し未来の日本。  巨大な船上に作られた実験都市オルカで、新人の監察官、百目鬼 由佳は探偵業を営む呪術師と出会う——。  全体としては非常に緻密で硬質な文章でシリアスなシーンが語られているはずなのに、随所で飛び出す絶妙な言葉の組み合わせと登場人物たちの突飛な台詞回しで、気がつけば思わず爆笑してしまうという不思議な作品です。  呪術を使って事件解決をサポートする探偵をはじめ、登場人物たちは語り手の由佳を含めて、(本当にびっくりするほど!)圧倒的な個性を秘めています。  前半はどちらかというと軽妙な語り口で笑いを誘われ、テンポよく展開する物語に引き込まれますが、だんだんと江破の素性に関わる部分が明らかになってくることで、否応なしにその運命に巻き込まれていく仲間たち。  それだけでなく、登場人物一人ひとりの抱える心の闇というか——縺れた人と人との関係性が丁寧に描かれています。  ともすれば、読んでいるこちらの胸にまで重くのしかかりそうなそれを、けれでも、彼らはお互いにほどよい距離でそれを時に見守り、時に支えることで、重苦しくなりすぎず、暖かな希望をまだ感じさせてくれます。  後半からは、いよいよ姿を明確にした邪悪な敵との戦いが始まり、江破さんの軽やかさは変わらないものの、次第に緊迫感が高まっていき、そして、映画のようなクライマックスへ。 ラストは、ああ……と思わず声が出てしまいました。これしかない、という見事なエンディングだったと思います。  何を書いてもネタバレになってしまうのですが、最後まで本当にわくわくどきどきできる作品でした。ぜひ、結末まで皆さんに読んでいただきたいおすすめ作品です。

ノベルアップ+SF連載:91話

ブラックスワン(ノベプラ版)

■喪うを知る木偶、復讐に燃ゆ。□威を知る修道女、混迷を縫う。

喪失の虚、胸の裡。 楽園の外、憎悪の地。 ■喪うを知る木偶、復讐に燃ゆ。 □威を知る修道女、混迷を縫う。 どこから来たのか。 どこへと逝くのか。 知恵ゆえに、人は楽園を追われたという。 知恵ゆえに、人は原罪に問われるという。 されど訊く。幸福なるはいかなるものか。 されど訊く。楽園なるはいかなるものか。 そして訊く。知恵持たずして、幸福たるを、楽園たるを、いかに識るのか。 与えられた楽園は、そも意義をどこに持つのか。 与えられた地獄は、では恩讐にて覆せるのか。 神の嘘、教えの空虚、 失い喪い、亡きに泣き。 奪い奪われ、報い報われ、 連鎖と怨嗟が渦を巻く。 力で押せど、 謀り落とせど、 奪うに違いがあるでなし。 憎悪を向ければ憎悪が返る。 糸を引くなら手繰られる。 牙には牙を、謀には謀を。 呪い呪われ穴二つ。 与えた者が、冷ややかに見下ろす。 されど訊く。そも与えた者は、どこから来たのか。 されど訊く。そも与えた者は、どこへと逝くのか。 そして訊く。そも与えた者は、答えを知るのか。 例え外から救われど、 救いを識らねばただの仇。 裡なる救いを求むなら、 無為を壊すか、意義を築くか。 ■ブラックスワン(ノベプラ版)□ 手は手でなければ洗えない。

カクヨムSF完結連載:40話

ドラゴン・チェイサーズ!

SF初心者にもオススメできる名作

とにかくキャラが濃い! 主人公であるソリオとトビーのバディものとしても面白い。 最近のWEB小説とは一味違う、渋カッコいい男達の活躍を描いた作品です。 まるで洋画を観ているようなイケてる台詞回しの数々も、この作品の魅力。そういうのが好きな人には是非読んでみて欲しい。 そしてこの作品の一番良いところは、専門的な知識が無くても楽しめるSFだという事です。 今までSFにあまり触れてこなかった人にも安心してオススメできる一作。 漢気溢れるハードボイルドSF。 ↑このワードにピンと来たアナタに捧げたい名作です。

カクヨムSF完結連載:82話

花散らし、乙女 ー The girls are out of bloom on the planet ー

セーラームーン的にとびきりクールなガールズSF群像劇

世界戦争後の日本「コロニーJ」にある国立ジャパン学園に集められた少女たち。 桔梗、夏芽、木蓮、朝顔、牡丹。 彼女たちは、特殊能力を活かして謎の敵と戦いながら、皆、過去や苦悩とも戦っていた。 それぞれの成長、絡み合うストーリー。 章ごとに主人公を変えながら描くSF群像劇は、すこし荒廃的な世界観ともマッチしていてよかったです。余韻を残したエンディングに着地するのも良かった。 なによりも、どのキャラクターもそれぞれに一本筋が通っていて、愛すべき存在だと感じました。百合SFっていうか、セーラームーン的なクールさを感じましたね。

ログイン

新規登録