ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんのレビュー

意外なところで繋がる彼らの糸。どのように解決に導かれるのだろうか?

5.0
0

【組み合わせ・舞台】

長年片想いで一筋なモーリス(だが非童貞)とツンデレ拗らせて素直になれないサリー


 舞台は現代から一千年後の世界。

 高度な文明を築いていた人類は、突如として現れた大自然の化身によって滅ぼされた。人々は住むところを追われ、細々と生きていくしか道はなかったようである。

 だが一千年前、ある神の齎したものにより戦況は変わる。

 人間は諦めるしかなかった現状に、希望の光を見たのだろう。

 魔法の使える世界であり、人間たちは手に入れた力により異形の獣(魔物)と戦っている。


【物語の始まりは】

 ピンチに陥ったモーリスの元へサリーが助にくる場面から始まっていく。

 そこから世界観や戦闘に関するシステム、二人の性格の分かるエピソードが語られていく。


【主人公たちと登場人物について】

 モーリスは一途なのが伝わらないほど、軽い感じの印象。ポジティブな考え方をし、それを口にするものの本心までは分からない。もしかしたら相手の冷たい反応に対し、心の中では落ち込んでいるのかもしれないと、思っていたが読み進めるとちょっとズレたタイプであるということが分かってくる。

 よく言えば恋は盲目。悪く言えば、周りが見えていないタイプのようだ。


 サリーに関しては、塩対応という印象。それでも冷たいというわけではなく、態度に出さないタイプというのが近いと思う。心配はしているはずだが、普段からこういうやり取りをしているなら、なかなかその時だけストレートな反応というのはできないものだと思う。


【物語について】

 この物語は戦闘シーンから始まっていくが、戦いなどがメインではなくモーリスが怪我をしたことにより、次々といろんな問題が連鎖して起きる物語である。

 主人公のモーリスはケガによりしばらく療養することとなった。その間、候補生の一人に異変が起きる。その彼はモーリスのケガの原因に関係していたため、彼が責任を感じているのかと思い話を聞くことに。

 しかし彼が集中できなくなっていたのにはもっと別の理由があったのだ。

 このままでは良くないと、彼の問題に関し調査に乗り出すが意外なところで事件は繋がっていたのである。


【見どころ】

 始まり方からは、戦闘シーンの多い物語だと思ってしまうが、どちらかというと探偵物語に近い。

 主人公はモーリスとサリーだと思われるが、候補生であるケイとその幼馴染みの清良との恋を巡っていろいろと画策などをし解決していくことが二人の目的の中にある。

 モーリスはその性格ゆえに、一途であることを信じてもらえないように感じるが、サリーの本心は分からないもののケガをさせてしまったことを後悔しているシーンもある。 ケイと清良の恋愛事情については、サリーも無関係ではなく複雑な心境に。

 ただの恋愛事情ではなく、軍内での上下関係や裏取引など複雑に絡み合い一筋縄ではいかぬ状況。果たして二人はこの幼馴染同士の恋を解決に導くことは出来るのだろうか?

 そしてモーリスの恋は報われるのだろうか?

 この物語の結末を、ぜひその目で確かめてみてくださいね。お奨めです。


*備考2-5. 心に残る男の影①まで拝読

登録日:2022/8/15 11:29

更新日:2022/8/15 11:28

問題を報告する

こちらはcrazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー完結連載:181話

天魔の契約

地獄への階段、それは彼の成長の階段

 落ちこぼれ、という表現も相応しいで出して登場する主人公ヴァン。家賃すらろくすっぽ払えないぐらい落ちぶれた貧乏学士。そんな彼は、天界でも天使になれなかった落ちこぼれだったという…。  行き詰った彼の世界が大きく変わるきっかけが”天魔の契約”。世界は大きく転換し、地獄は上に、天界は下に。そして混乱する地上界。この激動の世界が最初の数話で表現される迫力。  この契約の破棄を目指して、奮闘する彼の成長物語。  人間は欲にまみれていて、手酷い裏切りもある。そんな中でフィアナというヒロインと出会い、新たな仲間に支えられつつ、一段一段の階段を登って行く。地獄に近づくにしたがって、ヴァンもまた成長の階段を登って。  彼の力・才能はチートキャラっぽさがありながらも、まだまだ本当の意味では発展途上にあり、様々な経験を通して力を付けていくのですが、その過程が少年漫画のような熱さ。  コメディ的なエピソードがあったりと、物語には緩急も。  手に汗握るバトルシーンや、心の葛藤・後悔も感情を揺さぶってきます。  ヴァンと共に、あなたも地獄への道を冒険してみませんか。

カクヨムファンタジー完結短編

真白の森に住む魔女

小さな魔女のおつかいの裏にある事情

小さな魔女さんは母親の友人という女性に、本を届けにいく。 その女性が住んでいるのは、魔法が使えない魔女たちがいるホワイト・ウッド。 そこに入るには検査があったり、申告が必要だったり。 それはなぜか。明らかになる時、切なさが来ます。

カクヨムファンタジー完結連載:50話

Somewhere, Nowhere 〜ここではないどこかへ〜

静謐な世界の中で紡がれる上質なファンタジー

過去の大戦による因縁の残る、仄暗い雰囲気の世界。 入念に考え込まれた設定の土台の上で、主人公であるディルを取り巻く緻密な人間関係とその運命を巡る旅が描き出されています。 ディルは触れればすぐに壊れてしまいそうな繊細さで、その儚さと無防備さに惹きつけられます。また、ディルが気になる男性陣との三角関係の描き方が非常に巧みで、「ディル、気がついて!」とやきもきしたり「ロイ…」と切なくなったり。 設定や人物描写が細かいところまで書かれているのでまた少し日を置いてから読むと違った印象になりそうだなと思いました。 個人的に、ディルがよく「少し、眠ってもいい?」とか二分節でだけ言葉少なめに話す感じがすごく好きでいいなあと思ってます。

小説家になろうファンタジー連載:341話

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜【Web版】

ストレスフリーな勘違いコメディ

何も考えずに読める、なろう系コメディ小説の一作。 ライトノベル好きならスラスラ読めるテンポのいい文章で、作風にも槻影風とでもいうべきか作者個人のオリジナリティがある。多作な方だが、どの作品を読んでも「ああ、あの人が書いたのか」と分かる感じ。ただその分キャラクターや展開が全て似通っていて、特に主人公が大体同じタイプで、有能(?)な無気力系ばかりな印象。その代わり一定以上の面白さは担保されているので、安心して読める作家さんだと思う。 「嘆きの亡霊」は長期連載中の作品で、最初の1章2章あたりは特にテンポもよくて面白い。 ハンターなら誰もが一目置くパーティー「嘆きの亡霊」のリーダーで、知らぬ者のない二つ名持ちでありながら謎多きハンターである主人公が、実は最弱ハンターで「引退したい」が口癖…という勘違いコメディ。 主人公がテキトー言ったことが意味深にとられて最終的に全ての出来事が主人公の掌の上で転がされていたみたいに受け取られ全知全能扱いされて、1人意味の分かっていない主人公は「うんうん、そうだね」とテキトーに相槌をうつ…といったストーリー。主人公のパーティーメンバーもなかなか登場せず、チラチラと匂わせだけされて先の展開への布石としているのも上手い。 ただ章が進むにつれてテンポが悪く話がなかなか進まないので冗長さがキツくなってくる。しかも話の畳み方が無理矢理に過ぎる。特に伏線を敷いて回収するということもなく、問題を全て解決する人や物や現象が現れて丸く収まり、それらは全て主人公の掌の上だったと周囲が勘違いするという「デウス・エクス・マキナ」状態。勘違いコメディなら伏線や布石を敷いてピタゴラスイッチ的に展開が繋がっていかないと面白くない。問題が解決してもカタルシスが得られず、「あの話読み飛ばしても大丈夫じゃん」と気付くと中弛みを感じて疲れてしまった。 書籍化漫画化しているのでそれに合わせて文字数や展開を調整しているのかもしれないが、引き延ばし感が強いので連載を追いかけるとしんどいと思う。貯めて読むとか、何も考えずにサラサラっと読む分には面白いと思う。

小説家になろうファンタジー書籍化コミカライズ連載:489話

賢者の弟子を名乗る賢者

【連載中】わしかわいい!TS百合もあるどたばた異世界冒険譚

ゲーム世界でプレイキャラになってしまう話ですが、他にもたくさんの人が同じ状況になってしまっており、ゲームでの仲間たちと再会しながら旅をしたり食べたり遊んで修行して……などと言う説明がいらないくらいには有名な作品なのではないでしょうか。 特徴としてはすぐに仲間に出会えてかつ仲間が国の中枢にいるのでそこの雇われ人になって仲間探しをする形で旅をすることですね。ゲームに入り込む系の中では最初から所属しているのは珍しいと思います。 仲間たちも強く、主人公だけがめちゃくちゃに強いと言うほどではありませんが、戦闘において危なげなくどうなってしまうのかと心配することはあまりありません。 ジジイキャラから少女にかえたばかりで転移してしまったので能力は同じですが他人のふりをしていることから、賢者の弟子と言う立ち位置なのも面白いです。 主人公が可愛いです。容姿はもちろん可愛く、コミカライズも最高ですが、それ以前に主人公の性格が可愛いです。 こだわりもあるけど好奇心旺盛なジジイっぽさもありつつ、少女らしさもある性格で、年をとると幼くなると言うのがあらわされているようで、ジジイとしても少女としても違和感のない性格がとても可愛いです。ゲームしていた本人としては青年なのもあり、精神年齢メチャクチャですが、そこがまた可愛いです。 つい熱くなったりはしゃいでしまうところも、冷静でクールに判断できる年の功的なところも、一貫した性格があって個性ができていてとても魅力的です。 ゲーム時代にサポートNPCだった妖精族のマリアナと言う美少女もいますが、この子がまるで家を守ってくれる可愛い嫁のように健気で、主人公とのTS百合的関係がとてもいいです。 主人公は仲間を探すと言う目的もありあちこち旅にでますが、そこで美味しいものを食べたり色んな人や文化と出会っていくのが見ているだけで旅のワクワクを伝えてくれて読んでいてとても楽しいです。敵や世界の設定も実に凝っていて、深い世界がより旅を楽しませてくれます。 召喚によってたくさんの仲間たちがいるのもそうですし、人間の仲間もたくさんでてきます。次から次に人が出てくるのですが、どの人も個性的だったりストーリーが濃厚で無理せず覚えていくことができます。忘れるくらい懐かしいキャラがさらっと説明付きだったりして誰だったか読み直したりする必要はないのも助かります。 TS百合のたくさんの仲間とわくわく異世界ファンタジーを楽しみたい人には是非お勧めです。 あと好き嫌いがありますが途中から毎回のように作者のあとがきが入るようになります。ほとんどご飯の話になってきて個人的にはこれも好きで、作者のご飯へのわくわく感が伝わってきて自分は何を食べようかなと言う気にさせてくれます。 連載中なので星四にしておきます。

ログイン

新規登録