ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

aruhiさんのレビュー

とても疾走感の溢れる児童文学風のSFものです!

5.0
1

次はどうなるんだろうと思う間もなく、次々問題が降りかかります。

読み終えて、もしかしなくてもたった数日のできごとということにも驚きました。

とてもシビアな環境で生きている・生きてきたナナセたち。

明かされる現実も、シビアです。

ですが、それを払いのけるナナセたちの強さと明るさ、そして機転に終始救われました。

自分を奮い立たせるtoi toi toiも心地よく、こちらまで元気になれました!

児童文学やジュニア文庫が好きな方にもおすすめです。

登録日:2022/8/15 16:59

更新日:2022/8/15 16:56

問題を報告する

こちらはaruhiさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムSF完結連載:42話

千年王国978年目、崩壊の前兆と愛について

神聖なる悪魔の書

かわいい悪魔と厳しい天使たちが紡ぐ、とっても残酷なお話です。 ……すみません、大嘘です。めちゃめちゃ深い話です。 登場するキャラクターの多くがセックスします。 これは困ります。性別を超えてセックスしまくるのです。 人間じゃなくても、身体がなくてもするんです。 テーマは「愛」。とても困ります。マジで神様ってなんなんですかね。 唯一神の世界って、突き詰めて考えたらこんな感じなの? 確かに「道徳」ってのは人間が産まれる前からあったわけじゃないけどさ。 天使も悪魔も完璧な存在のはずなのにみんな悩みまくって、暴れて、セックスする。 中にはセックスしない存在もいます。でもたいていします。 そして、この書には全てがある。 幸せとは何か? 体とは心とは、異性とは自分とは何か? 美とは智とは魂とはなんなのか? なぜ私は嫉妬し、何をもって誘惑にかられ、どんな存在に無償の愛を注ぐのか? 自由とは? 運命とは? 完全とは? 最後の章までたどり着いたとき、あなたは世界を形成する理を俯瞰してみることができるようになっていることでしょう。 そして最終話。この『神聖なる悪魔の書(かわいい)』を手にして良かったと思うはずです。きっと。

カクヨムSF完結短編

月の表面でおっぱいを語る

看板に偽りなし(本当にタイトル通りのことしかしていません)

SF感動巨編(短編)。月に暮らすようになった人類がその歴史を振り返る対話劇。 ……なのですけれど、なんとその内容が八割がた『おっぱい』というお話。 コメディあるいはスラップスティックであることは間違いないと思うのですけれど。でも個人的にはもっとシンプルな豪速球というか、このお話そのものがひとつの壮大なジョーク、という感覚で読みました。 いろいろ小難しい話もしていますが、結局全部おっぱい。すごい。いや実は結構真面目な話というか、いろいろ深刻な歴史も含まれているとは思いますけど(しれっと政治的な意図により学説が抹殺されていたり)。 最後の終わり方が好きです。なんか普通にプロポーズして普通に結ばれるエンド。謎の拍子抜け感というか、思わぬところで変拍子が入るような感覚。こんな綺麗に収束する話だったなんて! そして輪をかけて好きなのは、エリカさんが実質話なんも聞いてないところ(このひと本当にプロポーズのこと以外頭にない)。主題の強烈さで押し切るお話のようでいて、でも節々に見え隠れするそこはかとない狂気。好き。

小説家になろうSF完結連載:74話

みらいぎゅ -寂しがりやな誘拐犯をぎゅっと抱きしめるための7日間-

もしこんな未来があったなら、あなたもきっと変えたいと願うだろう。

【簡単なあらすじ】 ジャンル:SF スマホが大好きな主人公はある日、自宅の自分の部屋でいつものようにゲームの画面にログインしようとしたところ、誰かに通話が繋がり目が覚めたら見知らぬ場所にいた。主人公は元の世界に戻るために、自分を攫った彼の願いに協力することとなったのだった。 【物語の始まりは】 スマホが手放せない高校生の主人公が帰宅するところから始まっていく。今日は帰宅が遅くなったようで、スマホを弄れるのは父が帰宅するまでの時間。早く着替えなければならないのに、誘惑に負けた主人公はいつものようにゲームイベントの声かけをしようとした。しかし、ゲーム画面(オープニング)がいつもとは違う?! 何故かカメラ通話に切り替わり、そこにはイケメンの青年が映し出されていたのだった。彼は一体……? 【舞台や世界観、方向性】 舞台は現代から近未来へと移っていく。主人公のスマホが見知らぬ青年に繋がったことがターニングポイントだと思われる。主人公は目が覚めたら見知らぬ場所にいたのである。ドアの外を確認するも、見知らぬシステムのせいで何処へも行くことができない、軟禁状態であることに気づく。主人公は疑いつつもここが自分の暮らす世界ではなく、未来だと信じ始めるのだ。 そして主人公はある作戦の延長線上の会話にて、現代と未来の大きな違いを知ることになる。それは彼が主人公を未来に招いた(誘拐した)理由を深く関わっていたのである。 【主人公と登場人物について】 主人公はスマホが大好きな高校生。弟がおり、彼には”スマホを使っているのではなく、スマホに使われている”などと言われているほど、スマホばかり弄っているイメージもついているようだ。 未来に誘拐されてしまった主人公に対し、誘拐をした彼の方は余裕があるように感じる。もちろんそれが普通とも言えるのかも知れないが、それは立場によるものではなく、環境によるものではないかと思う。 主人公は初めこそ怯えていたものの、元々コミュニケーション能力が高いのか、彼の目的を知ってからは心に余裕が出来た印象。読み手としても彼女なら、彼の望みを叶えてあげられるのではないかと思ってしまう。 【物語について】 カメラ通話で青年と話した直後、主人公は意識を手放してしまう。青年が主人公に告げた内容は、身に覚えのないものであった。しかし、次に目が覚めた時見知らぬ場所にいたのである。どうやら彼に言われたように、未来に誘拐されたようだ。みたことのないシステムに、逃げようとしても逃げられない事情がある。果たして主人公は無事に家に帰ることができるのだろうか? 【良い点(箇条書き)】 ・主人公の心情が分かりやすく、共感しやすい。 ・最初は不愛想に見える彼に対し、可愛いなと思ってしまう。 ・設定が細かいため、なるほどと納得できる部分が多い。 ・人は環境の変化に次第に順応していく生き物。だからこそ、この未来は自分たちにとって身近な未来だと感じる。 ・”もしもこういう世の中だったら”というIFに対してのリアリティが持たされている。 ・二人の打ち解け方が自然である。 ・物語の方向性がしっかりしているため、オリジナル設定は多いものの分かりやすい物語である。 【備考】11ページまで拝読 【見どころ】 スマホが大好きな高校生がある理由から未来に誘拐されるところから、物語は始まっていく。主人公はよくいる”一般的”な女の子である。何故狙われたのが彼女だったのか? それがこの物語において一番重要な点である。 未来では、家族とさえ触れ合うことができなくなっていた。その現在を変えたくて、過去から主人公を攫った彼。主人公は未来がどんなところなのか教わるうちに、自分が何故誘拐されたのかも知ることとなる。そして今とは違う信じがたい未来を変えるために、自分が狙われたこと理解をする。 初めは自分が無事に、元居た世界に帰る為に協力しようとするのだが、未来のことを知ると少しずつその意識が変わっていく。恐らく彼女もそんな未来を変えたいと感じているのではないかと感じた。 設定が細かく、いつか世界はこんな風になってしまうのではないかという恐怖さえ感じてしまう。彼女は果たして元の時代に帰ることができるのだろうか? あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

カクヨムSF連載:5話

アンドロイドは七色の涙に濡れる

■七色の向こう、□垣間見るもの。

むせび泣く酸性雨 行き詰まる街並み 朽ちゆく壁を悲嘆が伝い 破れた窓に悲哀が滲む 煙草の煙 低い悪態 伝う涙の色を問う かつての主を喪って 迷いの日々をあてもなく 征くとも知れず 逝くとは悟り されど裡には紛い物 今日も弾丸込め 今日も哀撃ち 哀の向こうに 愛を夢見る 終わりの向こう 愛の逝く先 愛を知り 愛を喪い 哀を負う 見出す愛に 重ぬるは終 狂える歌に 今日も彷徨う 七色は虹 雨の終わり 涙の終わり ■アンドロイドは七色の涙に濡れる□ 惑いの終わり 迷いの終わり 彷徨いの終わり 終わりの終わり

小説家になろうSF連載:63話

追放された伯爵公子は、超文明の宇宙要塞を手に入れました。

彼が乗り越える壁は、父かそれとも己か?

【簡単なあらすじ】 ジャンル:SF(宇宙) 伯爵家のに産まれた主人公は、14歳になると貴族として果たさなければならない義務があった。しかし彼自身に問題があり、それを果たすことができないと知った父に捨てられてしまう。十日ほどの食料と共に宇宙空間に捨てられた主人公、それは死を意味していた。SOSを出し、食料を小分けにして何とか生き延びた彼を助けてくれたのは宇宙海賊だった。その後帰る為の希望を手にした彼だったが、助けてくれた宇宙海賊が絶体絶命の危機に陥る。その時、主人公が選んだ道とは? 【物語の始まりは】 主人公が目覚めるところから始まっていく。14歳になった主人公は伯爵家の跡継ぎとして接続結晶という、人間と機械を接続するためにクリスタルの移植手術を受け、三日眠ったままだったようだ。この世界では、ドラグーンという 宇宙戦闘艦があり、接続結晶によって操縦者とつながることで高い性能を発揮するようだ。貴族はすべて、ドラグーンに乗って帝国のために戦う義務があるのだが、主人公は接続することが出来なかったのである。 彼は出来損ないとして、実の父に宇宙空間へ捨てられてしまう。目が覚め、その事に気づいた主人公はSOSを出し、何とか生き延びようとする。諦めかけたその時、希望の光が差したのだが?! 【舞台や世界観、方向性】 一般的なイメージでは、貴族と言えばそこそこいい暮らしをし、まっとうに生きていれば死ぬまで安泰という感じがするが、この物語では貴族には貴族の義務が存在している。それが出来なければ、家を継ぐことができず、出来損ないのレッテルがはられてしまうというのは過酷である。主人公にたまたまその能力がなかったのか? それとも能力のない者もいて殺されたりするのが普通のことなのかは、定かではない。 【主人公と登場人物について】 伯爵家の跡取りとして生まれながら、接続結晶にてドラグーンと繋がることができない。どうやら彼自身に問題があるとの結果が出てしまい、宇宙に捨てられてしまう。 表向きは病死とされていることから、これがこの世界の貴族にとって日常茶飯事あるいは常識なのだろうか? だとしたら怖い社会である。 物語が進むと父とやり取りをするチャンスが訪れる。複雑な心境になるシーンだが、主人公の成長も伺える。 【物語について】 主人公の出したSOSを拾い、助けてくれたのはなんと宇宙海賊であった。助けが来るまでは、絶望を感じる物語であるが、助けられた後はガラリと雰囲気が変わる。彼女たちは追われる身ではあるが人情や、優しさを持った人々だという印象。彼らはこの後攻撃を受け、ある惑星のようなものに着陸することになるのだが、そのやり取りは軽快かつコミカル。テンポが良い。 着陸した惑星は、惑星に擬態した要塞だった。ドラグーンとの接続に失敗した主人公だったが何故かこの古代超文明が残した宇宙要塞の起動には成功する。これで家に戻れるのでは? と助言を受け一旦は別れた主人公と海賊たちであったが……。 【良い点(箇条書き)】 ・交渉にはったりが多い為、展開にハラハラドキドキする。 ・宇宙を舞台にしたSFをあまり読んだことがない(観たりしたこともない)為、難しい用語がたくさん出てくるもののザックリとしか理解できなくても、ストーリーを理解することができる。 ・緊迫感や緊張感などが伝わって来る。 ・一ページ内で視点切り替えのある作品ではあるが、混乱はしない。 ・一難去ってまた一難。緊張感のある物語。ひやひやする展開が多く、どうなるのか先が気になってしまう。 【備考(補足)】17ページ目まで拝読。 【見どころ】 この物語は、主人公の成長の物語だと感じた。 いくら自分を捨てたとはいえ、子供にとって親というのは親なのである。彼は10日分の食料と共に親に宇宙区間へ捨てられてしまう。運よく海賊に助けられ生き延びて、古代の要塞と繋がることができた。ここで海賊の頭は”これで帰れる”と言ってはくれるものの、客観的に考えた時”古代の要塞と繋がれたから家に戻ることを受け入れる父”というのは”子供を道具としか見ていない”ということである。要はこういうことだ。時々ニュースなどでも目にするが、子供を捨てた親が”子供が芸能人になり稼いでいるから、親として名乗り出る”ということと同じである。利用しようというのが見え見え。しかし親と違い、よっぽどのことが無ければ子には情がある。主人公にも親に対し情や尊敬があったと思う。 そんな主人公が海賊たちを助け、父と再び対峙すると、緊張などは感じられたものの、もう守られているだけの子供ではない様子が伺えるのである。父に一人前として認められたという自信は後の成長に繋がっていくだろう。 逃げ伸びた先でも、彼には選択を迫られる場面がある。そこでは自分の意志で決断し、全ては自己責任なのだという心の成長が見られた。恐らくこの先も選択を迫られる場面は数多くあると思う。彼がその時どのように決断していくのか、非常に楽しみな物語であると感じた。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? この物語の結末を、その目で是非確かめてみてくださいね。おススメです。

ログイン

新規登録