ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

nkさんのレビュー

3.5
0

無償の投資は理解不能ですがヒロインは可愛いと思います。

登録日:2022/8/17 09:59

更新日:2022/8/17 09:57

問題を報告する

こちらはnkさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろう恋愛書籍化連載:33話完結

私の推しが今日も最高に尊いので、全力で幸せにする!

楽しかったー!

そして限りなく同意できる、推しは尊い、全身全霊で分かる 実際に推しごとされてる方ならば、主人公に共感しかできないと思う 初めは壁紙系から、ガチ恋へ移行する……そこだけは実は微妙にこう……うん、推しは次元の壁を隔ててくれているから良いのよ、うん…… と思わなくもないのだけれど、主人公がとても良い子で可愛いからありかなー、と思えてくる不思議 文章のノリと勢いが心地良く、一気に読める 浴びるように読める!

小説家になろう恋愛短編完結

黒瀬さんはツンデレでヤンデレでドSで黒髪ロングで巨乳で高身長で腐女子なクールビューティー

たとえピンヒールで足を貫かれようとも……

「ピンヒール美女」 このキーワードであなたは何を思い浮かべますか? 「足を踏まれたい!」と思った方はこんなレビュー読まなくていいので作品ページへお進みください。二次元の世界から降臨したとしか思えない美ボディ暴力系美女がお待ちです。 ・イケメン細マッチョ ・BL風展開 ・腐女子 ・猫耳 ・見た目小学生の先輩(女性) ・語尾が「にゃー」 M属性ではない人も上記のキーワードに一つでもピンときたらすぐに作品ページに行くことをお勧めします。 「どれにも該当しないな……」 そんな方もご安心ください。読めばきっと新しい自分を知る事になるはずです。そう、あなたの新しい「癖」を…… 短編です。少しでも気になった方は是非!

カクヨム恋愛連載:9話完結

星屑チーズケーキ カフェから始まる物語2

偶然の再会からはじまるあわく、あたたかいお話。

恋になるには、ちょっと一歩手前かもしれない。 そんな、あわいの空気感。 優しくやわらかな心地になる、ゆるやかな雰囲気に浸りたい方におすすめな作品です。 瑠美がカフェで偶然再会したのは、中学校の同級生。 中学時代はほとんど接点がなかった二人なのですが、そのわずかな接点を回想して、語る雨のシーンが本当に素敵です。 星空を見上げて誰かを思う、やわらかな気持ちがとても優しく響きます。 あと、ちょっとケーキとコーヒーが欲しくなりますので、お腹が空いている方は事前に用意しておいた方がいいかもしれません!

カクヨム恋愛連載:66話完結

たった今も恋しています。

恋愛三部作第一弾

恋愛もので記憶に残るシリーズ。恋愛ものってやはり女性のものなのだと思いしらされた、そんな作品です。小さな街でつながる物語が毎日楽しみでした。

カクヨム恋愛短編完結

ある日、トリケラ

【★映画化希望!】少年は奇病を発症した少女と海を目指す

主人公は中学三年生の少年。 しばらく学校を休んでいた幼馴染の家へ、夏休みの課題を届けに行きます。 そして知ることになる衝撃の事実。 幼馴染の腕には、謎のうろこが現れていました。 うろこは日を追うごとにじわじわと広がり、やがて……。 不安を抱える少女と、それに寄り添う主人公。 そんな二人のやり取りが、とても美しく描かれています。 薄暗い部屋、二人の距離。 肌の軟らかさ。うろこの硬さ。 過去の思い出。未来の約束。 ――そして、祈り。 読み進めるほど、鮮明な光景が浮かんできます。 そればかりか、体温や息遣い、鼓動が高鳴る音、頬を流れる涙までもが感じられます。 二人の行動のひとつひとつは、まるで『救い』のよう。 きっと、主人公がその名を呼んだ瞬間から、少女は少しずつ時間をかけて救われているのでしょう。 物語の終盤、二人は海を目指します。 私は、主人公が「にへら」と笑うシーンがお気に入りです。 彼の胸中は不安でいっぱいかもしれません。 でも、こんな状況で笑っていられるのは、後悔をしていないからだと思いました。 ずっと家族に遠慮していたヒロインは、家を出て、行きたがっていた海へと向かっている。 思春期の気恥ずかしさゆえにヒロインと距離を置いていた主人公は、ヒロインと寄り添うことを選んだ。 「自分がしたいから、そうする」 そのシンプルな答えに、二人は行きついた。 そして、それを教えてくれたのは「小学生の頃のあーちゃん」の言葉だったんじゃないかなと思います。 きっと二人は自由へ向かって進んでいる。 思春期だとか、人間だとか、トリケラトプスだとか。 そんなことは、きっともう、どうでもいいことなのです。 爽やかな余韻を感じる読後。 ラストシーンのその後を想像せずにはいられません。 涙なしには読めない感動作です。 私の中で『今すぐ映画化してほしい小説【No.1】』!! 二人に幸あれ!

ログイン

新規登録