ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

エムワイ(emuuwaii)さんのレビュー

4.0
1

主人公と幼馴染とヒロインの思わぬ出自。面白く読みましたが、本編をもう少し長く読んでいたかったところもありました。

登録日:2022/9/21 20:00

更新日:2022/9/21 20:07

問題を報告する

こちらはエムワイ(emuuwaii)さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー短編完結

グルメモリ

ミステリアスな人外ヒロインと世話焼き委員長ヒロインに挟まれる

夢魔の少女に魅入られた少年が、彼女のために記憶を差し出すお話。 より正確には、夢魔の〝餌〟となる記憶を手に入れるべく、別の少女と思い出づくりに励むお話。 青春の日の小さな成長を描いた、爽やかで甘酸っぱい物語でした。一種のラブコメ、または恋愛ものであるとも思います。 どこかうら寂しい、ある種の残酷さのようなものも含んだ展開(および結末)だと思うのですが、それでも誰ひとり損はしていない(一応)というのが興味深いです。三方一両得。 とはいえ、それがただの役得に終わらず、「本当にそれでよかったのか?」と考えさせられてしまうところが好きです。 何より大切にしていたはずの、他者への初めての想いを失ってしまったことを悲しむべきか? 夢の世界への執着を捨てて、現実世界に根を張れたことを喜ぶべきか? 少し寂しいような、それでも幸せなような、独特の余韻。そこに残された小さな問い。とても綺麗な物語でした。

エブリスタファンタジー連載:17話

龍翔鳳舞 ~世界最強の次の任務は、魔法学園へ入学する事!?

転生もチートもハーレムも追放ざまぁもない、主人公最強王道魔法学園ファンタジー!

まず最初に、設定の作り込み具合が凄いです。 世界観、文化、宗教、魔法の起源や原理まで、様々なところに作者様の拘りを感じました。 また、主人公最強の魔法学園ファンタジー……という「いかにも」な感じですが、異世界転生ものではなく、変に周囲がヨイショしたり、無自覚無双したりもしません。ハーレムなんかも作りません。ある意味、最近だと珍しい作風だなと思いました。 後、キャラクターの人数が多いですが、1人1人しっかりとした個性があり、個人的にはとある馬鹿(読んだ人なら分かるかも?)が大好きです笑 40万近くの文字数でありながら、物語としてはまだまだ先が長そうですが、これからの展開を楽しみにしています!

カクヨムファンタジー連載:31話完結

時空の旅人~Memory~

時間を超えて旅する者どもの選んだ結末とは────?!

【前回の事件の簡単な説明】 物語の舞台は1889年の霧の国。 主人公のアーサーは、懐中時計を使って過去や未来を行き来することの出来る「時の民」と呼ばれる16歳の少年である。 主人公は迷いの森でオオカミに襲われそうなところを助けてくれた人物を兄ように慕っていた。その彼が誘拐されたことにより始まっていく。主人公は彼をどうしても助けたかった。しかしその為の手掛かりは少ない。手がかりを探すため、主人公はある場所へ向かうことととなる。その道中でストーンの欠片を持つ占い師に出逢う。 ストーンは特別な能力を持ち、持っているものによりその能力は異なる。主人公はこの事件を追う中で、事件の黒幕が今から百年以上前に活躍した錬金術師、フォンテッド卿であることを突き止めるのであった。 「ルーチェ」とはギルド名 補足【前作からの主要な登場人物】 主人公:アーサー 主人公が兄のように慕っている風の国の王子:フランシス 風の国の王女:マリア 風の国の王子たちに遣える:リン・ユー 主人公が前回の旅で出逢ったタロット占い師:シャルロット 【簡単なあらすじ】 ジャンル:異世界ファンタジー 恐らく1890年の霧の国で懐中時計を使って過去や未来を行き来することの出来る「時の民」と呼ばれる少年が17歳の誕生日を迎えた。彼は誕生日に来てくれた兄のように慕う相手と、ある人物の元へ訪れる。するとそこで前回の事件が発端となり時空に歪みが生じてしまったことを知る。時空間の乱れを修復するために主人公は再び旅立つのだった。 【物語の始まりは】 ある人物が夢を見て起き上がるところから始まる。 その後本編へ。主人公は懐中時計を使って過去や未来を行き来することの出来る「時の民」である。主人公の17歳の誕生日、彼はある人物を待ちわびていた。それは前回の物語にも登場した、兄のように慕っている相手、フランシスであった。17歳はどうやら主人公にとって特別な年齢らしい。今度の旅ではどんなことが起こるのであろうか? 【舞台や世界観、方向性(箇条書き)】 「時の民」という懐中時計を使って過去や未来を行き来することの出来る一族の存在する世界。ヨーロッパの某国を思い起こさせる舞台である。 霧の国と言えば、あの国が思い起こされるので、モデルとなっているのだろうと思う。他には風の国、火の国、水の国などが存在する。 【主人公と登場人物について】 17歳になった時の民である主人公は新たな力を手に入れるが、フランシスは逆に力を悪用されない為に力を返すのこととなる。しかし、二人は共に旅立つこととなる。冒頭の人物は前作にも登場した人物。前回は彼の詳しい身の上について語られることはなかったが、今回の中心人物は彼のようである。彼は意外な経歴の持ち主であり、今回のカギを握る人物でもあったのだ。 【物語について】 前回の事件”フランシスの懐中時計を使って歴史を変えた”ことがもとで”時空間に歪みが生じてしまった”ことが今回の旅の発端となる。主人公たちは時空間の乱れを直すために旅立つのだ。前回の事件やそこで出会った人物については簡易にしか説明されていないため、詳しく知るためには前作を読む必要があるかもしれない。今回の旅で事件解決のために旅立つのは、主人公と風の国の王子たちに遣えるリン・ユー。そして旅の途中で出逢った、タロット占い師の シャルロット。果たして彼らは無事に時空の歪みを修復することはできるのだろうか? 【良い点(箇条書き)】 ・前回の物語を活かしている。 ・歴史を改変するには、当然通らなくてはならない道がある。変えられたからこその未来も当然そこにはある。良い選択だけがある物語ではない。 ・前作で謎のまま終わっていた部分をメインに持ってきたところが面白い。 ・一つの物語があり、それに被せるように新しいルートが起こるスタイルというのは興味深い。(玉についてなど) ・単なる続きではなく、前作を掘り下げたような形になっているのも良いと思う。 ・歪みを直すことで未来がどう変わるのか? ハラハラする物語でもある。 【備考(補足)】事件前夜までの拝読 【見どころ】 やはり前作を知っている方が楽しめる物語であると感じる。時空の歪を直す旅には3人で行くことになるのだが、それぞれに役割がある印象。この物語では、前作では分らなかったことも明かされていく。その中には、主人公が気づいていなかった時計についてのことも含まれる。分からなかったことが明かされて、なるほどとなる部分が一番の見どころであると感じた。 旅の中で、時空の歪を直すためには究極の選択もしなければならないことも明かされていく。彼らは果たしてどんな選択をするのだろうか?  是非あなたの目で、この物語の結末を確かめてみてくださいね。お奨めです。

エブリスタファンタジー連載:49話完結

Story of a diva-Last Rebirth-

主人公の心はどこへ向かうのかしら?(゚∀゚)

描写、文章構成、共に高いレベルで安定していて読みやすく、物語の世界に入り込みやすいわ。 主人公も強く美しい歌姫と魅力は充分ね。ただし、性格的にかなり極端な傾向があるので、物語の序盤で読者はある程度のふるいにかけられちゃうかも。 でもその壁を乗り越えると、その先で待っているる蜜の味はと~っても甘美。 この物語の甘美な蜜は、主人公の心の成長。 是非最後まで読み進めてほしいわ。きっとそこには貴方の知らない主人公が立っている。 貴方を満足させる主人公が、きっとそこにいるわよ♥

カクヨムファンタジー連載:76話

スペルドキャッスルの雪宴《ゆきうたげ》

“物語”が紡ぐ、ジオラマの中の不思議な世界へようこそ

本の中に綴られる文字は時を重ねて人々に読みつがれてゆくうちに不思議な力を持つようになる。 作中で語られるこの言葉は、この物語の設定と相まって読者を惹きつける説得力を持っている。 主人公の弟、京志郎が作ったジオラマの世界を、自信のない魔法使いシーディと、百合香は冒険する。その中で出てくる魔法や、ナイチンゲールの物語などといった現実世界とのつながりなど、謎がたくさん散りばめられた本作は、物語が進むごとに耽美で箱庭的な世界観と相まって、どんどん深化していく。 中でも特筆すべきはキャラの魅力だろう。主人公の百合香は、恋多き乙女で、ジオラマの雪だるまや弟の京志郎にすら心臓を高鳴らせてしまうほどの女の子である。 物語の全体的に、少女漫画や童話的な成分を含む一方、実家に隣接した図書館に作られた精緻なジオラマ部屋や流星刀などの男心をくすぐる要素が入っているのも本当ににくいなと思う。 総評して、仕掛け絵本にしたら面白い物語だろうなと思いました。 現実世界から干渉できる世界、っていうのも設定としてはめちゃくちゃ面白いです。そして、ジオラマの登場人物が、現実から干渉できない世界を作ろうとして、ジオラマ世界を拡張しようとしたことも。 製作者の手から離れて、作られた物語の世界が拡張していく。これは、作者にとっては嬉しいことのように思います。

ログイン

新規登録