ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

エムワイ(emuuwaii)さんのレビュー

4.0
1

フィリアの頑張り。そして、色々な家の事情を知ったあとでも変わらない妹のミアとの関係も素敵でした。

登録日:2022/9/23 07:55

更新日:2022/9/23 07:46

問題を報告する

こちらはエムワイ(emuuwaii)さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろう恋愛完結連載:27話

【書籍化&コミカライズ決定!】10月15日発売・追放された元令嬢、森で拾った皇子に溺愛され聖女に目覚める

元孤児ゆえの図太さで意図せず成り上がっていく令嬢の物語

これといって特筆すべき惹かれるものも盛り上がることもなく黙々と読んでたら終わった……といった感じだった。 テンポよく進むので読みやすかったが、その分全体的に駆け足な印象。 恋愛面も、ヒロインの内面が幼い為に恋愛未満といった感じでの物足りなさがあった。 ヒロインの異常な食欲について、読んでいたら何故そうなるのかはなんとなく理解できたが、本文内で由来については触れていなかったし、キャラたちもその部分については気にしていない(単なる個性的に捉えてる)感じなのがちょっと気になった。 ヒロインが『翼の一族』だということは判明しても、そもそも一族について詳しい情報がないため気にしても仕方ない……ということなのかもしれないが。

小説家になろう恋愛連載:146話

【3章開始!】公爵令嬢は転生者で薔薇魔女ですが、普通に恋がしたいのです

家族に愛され恋に憧れる主人公の前途多難な異世界転生物語

【物語は】  現在四歳である主人公が、前世の記憶を思い出すところから始まっていく。  前世は現代社会で、地味なOL。彼氏いた歴なし。  公爵令嬢に転生したことを知った彼女は、恋愛に憧れていたにも関わらず、政略結婚をさせられるかもしれない未来にショックを受ける。  その夜、一族が揃った場で彼女が父に願ったことは……? 【世界観について】  序盤の印象ではあるが、とても安定した世界観だと感じる。  前王国宰相(さいしょう)がヨボヨボのおじいちゃんということから、平和もしくは人材不足という印象を受ける。  その上、周辺国と協力し困難を乗り越えたことから、近隣国との関係が良好なのではないか? という想像もできる。  魔法の使える世界が舞台であり、三百年前に絶大な魔力を誇った史上最強の悪女『薔薇魔女』が存在する。   【主人公と家族】  一般的に想像される貴族のスタイルでありながら、主人公の父母は恋愛結婚で結ばれたようである。その為、一夫多妻制でありながら妻や子供を大切にし、家族思いの父である印象が強い。  主人公は恐らく”忌み子”と呼ばれる存在のはずだが、家族からとても愛されているようである。特に兄は過保護で面白い。  彼女は、恋愛に憧れており縁談を断ることに成功はするものの、更なる困難が待ち受けていた。 【登場人物について】  読んでいるうちに、それぞれの真実が明らかになっていく物語であり。  もちろん、四歳の時に起きた出来事の真相も後に明かされる。  主人公が知らない裏側が読者にだけ明かされるのである。中には切なくなるエピソードもあり、主人公がどれだけ周りに大切にされているのか実感がわく瞬間でもある。  そして主人公の選択が正しかったということにも改めて気づかされる。 【物語の見どころ】  兄と従者がフレンドリーな雰囲気があるからか、貴族という立場でありながらかなりコミカルである。  始まりは四歳からだが、直ぐに十年後へと移る。その為、テンポの良い物語だとも感じた。十年後の話しでは、主人公が学校へ通うこととなるのだが、そこで様々な問題が起き始める。  恐らく勘の良い人ならば、同時に何かが起きていることを察するだろう。  ただの異世界転生物語ではない。何かミックスされているのではないか? と思わせる物語である。  主人公はシツコイストーカー王子の求愛を諦めさせ、忌み嫌われる運命から脱出し、素敵な恋が出来るのだろうか?  個性豊かな登場人物それぞれの心情を垣間見ることもできるエピソードあり。  あなたもお手に取られてみませんか?  恋に憧れる主人公の行く先を、その目で確かめてみてくださいね。  お奨めです。 *備考9ページ目まで拝読。

カクヨム恋愛完結連載:200話

ボッチの俺と天使の君

男性サイドから見た少女漫画

とても楽しんで読めました! ありきたりなボッチキャラがモテモテになる話かと思いきや、これは違います。 あくまで個人的な見解なのですが、男性視点の少女漫画です。 もし全話がヒロインである近藤さん視点で進んでいけば、これは少女漫画的な展開だと思います。 しかし『ボッチの俺と天使の君』の主人公は、男性である高岡伊織。 ここが面白いポイントでした! 少女漫画の男性キャラと言えば、イケメン爽やかモテ男。 ところが高岡の自己評価は、ボッチであり、陰キャラであり、少女漫画に登場するキャラクターとはかけ離れています。 そのため高岡視点で話が進むことが、少女漫画的な展開でありながらもにコメディなんです。 以上の点から、私はこの作品をラブコメとして楽しむことができました! 初々しい少女漫画的な展開がお好きな方も、ラブコメがお好きな方もお楽しみいただける作品です。 オススメです!

ノベルアップ+恋愛連載:13話

巫女さんえにしさま

恋のかたちなんて人によって違って当たり前。

さまざまな恋のかたちと縁結びのお話。異性、同性、加えて恋に興味を持たない人たちの群像劇。縁結びと聞くと恋愛か……となってしまいがちですが個人的には「無理に恋をしなくてもいいよ」という視点があることになんだかほっとしました。さりげない日常の何気ない心の動き、すれ違いや苦さ。それでも結局「幸せ」は押し付けられるものではなく、本人たちが幸せならばそれでいいという圧倒的な「強さ」と「肯定」。恋のかたちを知りたい方に、おすすめです。

小説家になろう恋愛完結連載:21話

呪われた聖女の娘

おぞましい顔に見える呪われた聖女の娘の成長物語

魔力のない人には、おぞましい顔に見えてしまう呪われた娘アリーサの物語です。 アリーサの正常な姿を見ることができる元聖女の母、同じく元聖女の母の友と息子レイ。 平穏な日々を過ごしながら、アリーサとレイが成長することで状況が変わっていきます。 アリーサ自身の想いもそうですが、周りのみんなの彼女への想いも強く、泣いてしまいます。 あとレイくんがかっこよすぎる(重要ですね!泣きます!)

ログイン

新規登録