レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

ワキヤくんの主役理論

作品詳細
【MF文庫Jより書籍化。第2巻発売中!】  進学を機に独り暮らしを始めた高校生・我喜屋未那。独自の主役理論に基づいて青春を素晴らしきものとするため活動を開始した彼の目の前に、現れたのはひとりの少女――友利叶。これまた独自の脇役哲学の下、理想の青春を送らんとする彼女は、未那とまったく同じ思考を持ちながら完全に正反対の解答を叩き出した――いわば天敵とも呼ぶべき相手だった。  警戒する未那。だが運命は皮肉にも未那と叶に同居を強制する始末。必然、「付き合っているのではないか」と噂の的にされるふたり。これでは未那の主役理論も、叶の脇役哲学も、その本来の意味を全うできない。  かくして、同根源にして別ベクトルのふたりによる、仁義なき戦いは始まった。  全ては主役理論と脇役哲学、どちらがより青春を輝かせるものかを証明するために――。  あと、ついでに誤解を解いて、彼女とかゲットするために!

胃痛青春ラブコメ

5.0
1

 主人公「ワキヤ」君は、高校デビューを目指す男の子。中学時代の親友と作戦会議を重ね、青春の主役になるための決まり「主役理論」を完成させ、意気揚々と高校へ進学する。ワキヤくんはどんな青春を謳歌するのか___


 どこまでもまっすぐな少年少女の青春を描いた傑作ラブコメ。そして、「胃痛ラブコメ」とも評されるつらさを併せ持つ変わった作品でもある。詳細はぜひ読んで確かめてほしいが、「少しずつ変化していく日常は、いつか望んだ奇跡だったから、そのせいで、失ってしまったものの大切さに、最後まで、気づくことができなかった。」という章は必読である。


要素:シリアス、サブヒロイン、胃痛ラブコメ、主役理論、脇役哲学

runo0044さん

登録日:2021/7/9 23:03

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはruno0044さん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

runo0044さんの他のレビュー

おすすめレビュー

今宵、あの藤の下にて君を待つ。

囁く声に焦がれた嬢の想いや

静かな夜、濃紫の空気に柔らかに舞う藤の花弁が冷たく淡く流れてくる様が浮かびました。 藤の木の下にボウと立ち出でる、美しい鬼。 そのまなざしの緋に魅せられて、床に伏していた薄紅嬢はあれよあれよと生気を取り戻す。 同時にうっすらと蘇り出すは、薄紅嬢が伏せる以前のモノクロの記憶。 鬼の姿へ、薄紅嬢の声は名を呼んでいたらしい。 心を精神を揺さぶられるような、甘く近かったであろう記憶は、薄紅嬢を惑わすか誘うか──。 藤の花に香に魅入られる、切なくて幻想的なお話です。

令嬢リプカと六人の百合王子様。~悪女と蔑まれ宣告された婚約破棄から始まる、百合が咲いたり咲かなかったりする――【魔王】のための逢瀬物語~

長文タイトルからの結構本格的な恋愛もののガールズラブ。コメディチックだけど内容はディープ

百合小説ということですが、百合というよりガールズラブ。フワフワではなくしっかり恋愛描写があった。 運命の王子が全員同性だったことにも理由があり、同性の王子全員が無暗に主人公を好いているわけでもない。ここからゆっくり関係が進展していくのかな、と思う。ただそれが読んでいて飽きない面白さになっている。 恋愛視点も同性でないと生まれない関係性があり、そこが百合というよりガールズラブが主題の恋愛小説だなと思った。 また世界観が独特で、上手く言えないけれどそこはコメディなカンジだった。中世をモチーフにしてるのかな?と思ったら全然違った。その世界観がそのまま、各キャラクターの個性になっていると感じた。 内容はディープですが、気軽に読めます。 本格恋愛だけれど尊いがあって、先が楽しみな作品です!

死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから (※ただし好感度はゼロ)

切なく甘い、魔法学校を舞台にした青春恋愛小説

1話から、ものすごく引き込まれます。初めて読んだときは徹夜で読破しました。切なさや感動で泣けるシーンも一つや二つではなく、本当に最初から最後まで素晴らしい作品です。 恋模様は、切ない部分はもちろん、甘い部分もいっぱいあります! 死に戻りをしてようやく恋人と再会できたと思ったら、彼は自分を覚えていなかった……という切ない始まり方ですが、ヒロインのオリアナちゃんが明るく前向きに頑張っている姿に癒やされますし、心から応援したくなります。切なく悲しいだけではありません。元恋人のヴィンセントも、本当に応援したくなる男の子です! たくさんのキャラクターがみんな個性的で魅力的で、生き生きとしています。よく練られた世界観と巧みな文章表現で、作中の世界が鮮明にイメージでき、しかもキラキラと輝いているような印象です。オリアナちゃんとヴィンセントの恋愛模様だけでなく、周囲の他の人物たちとの友情や、彼らの間で繰り広げられる恋模様、家族愛も丁寧に描かれています。 何度読み返しても色褪せることなく、毎回感動して泣いています。本当の本当に素晴らしい作品です。 ぜひ読んでください!

引きこもり令嬢と結婚する方法

人生というものは創作物語より波乱万丈。

 主人公アニスは見目麗しく、頭も切れ、それでいて女嫌いと噂される氷の候爵令息。彼の一挙手一投足がつぶさに描写されるシーンは読者も溜息物。おそらく読者のほとんどがこの人の侍女、無機物が許されるなら彼の部屋の壁になりたいと願うであろうと。以降()内は読者の心の叫びです。  そんな彼の元にやってくるのは厄介の権化、王太子ジャン。氷のような彼ですが何気にお人よしなところもあって(そういう所がかわいい!)、親友の頼み事をきく事になります。  それがジャンの婚約者であるモニカの事。彼女は随分と家から出てこない見事な引きこもりで、婚約者なのに会えない日々が続いているという。  アニスは結果的に女装をして(お似合いです!)モニカの様子を伺い、ジャンとの婚約に対して前向きにさせなければならない試練を負うのでした(苦悩する姿も素敵…!)。  前半を読んでる感じはコメディタッチですが、モニカの引きこもりの原因を知っていくとかなりシリアスで重い理由があって、大きな障害としてアニスの前に立ちはだかります。  二人の関係はやがて、本をきっかけに変わっていくのですが……。  作中にはたくさんの物語本が出て来て、何それ読みたいんだけど!という感じなんです。乙女ゲーもかくやというお話や、BがLしちゃう素敵物語ですから、そりゃあ読みふけりたいに決まってる。  アニスは彼女を引きこもりから脱出させられるのか?という期待と不安。男であるのがバレたらどうしようという緊張感。何より、アニスとモニカはお似合いなのでは……でも彼女は王太子の婚約者という立場、もしや悲恋もの!? 困惑の読者は、日々ページを繰るしかないのであります。

はじめまして。こんにちは。

二人が始めた文通の内容がいいわあ。 小さい頃は本当に意思の疎通さえ難しい感じだったのに、ミントが諦めることなく続けた結果、アンは人間らしくなっていったんだろうなあ。 ミントが男の子にいじめられていた時の、「殺せばいいとおもいます。」物騒な言葉だけどアンの愛の言葉だと思うの...。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top