ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

嶌田あきさんのレビュー

まるでピアノ曲。右手に刻まれた深い悩みと、2人が奏でる繊細なメロディ。

5.0
0

コンサートホールの舞台上で、グランドピアノをかき鳴らすような

アップダウンと深みに満ちた短編です。


ピアノ、手、ダンス。右手の目印。

タイトルの「曖昧」の意味。ぜんぶが1つのラインにキレイに乗っていたことが

あとになって分かるのがよかったです。


物語中盤に彼が言う

『河名さん。右手の甲……水性ボールペンはダメだよ。せっかくのホクロが消えかけてる』

から流れが一気に加速。面白い。

個人的には、ここから始まってもミステリぽくて、よかったかな、なんて思いました。


みにくいアヒルの子、の伏線回収も素敵でした。絵になります。

登録日:2021/7/12 22:35

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは嶌田あきさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろうミステリー連載:82話完結

異世界クイズ王 ~妖精世界と七王の宴~

「あれは一種のテクニックだ、全部のクイズに応用できるわけじゃない」

かつてクイズ王と呼ばれた男、ユーヤこと七沼遊也。 彼が目を覚ましたとき、そこはクイズと妖精が支配する世界、ディンダミア妖精世界であった。 彼を召喚したのは小国の姫、エイルマイル。 この世界で、七つの国の王が競う巨大なクイズ大会が開かれる、それに出場してほしいと告げられる。 しかしユーヤは困惑する、言語は通じるものの、異世界の知識などまったく持っていなかった。 そんなとき、ある人物から決闘を申し込まれる。果たして経験と技術だけを武器に、異世界で勝ち抜くことができるのか――。 ///// 異世界でクイズなんて、そんなのできるわけないと思っていました。 この作品からは、まさにその先入観を覆す「クイズの経験と技術」がたくさん出てきます。 何より、ファンタジー小説として読んでも面白い! なろう小説の中では異色の作品でしょうけど、話の展開は手に汗握る王道バトル物語になっています。 クイズの世界ってこんなに面白いんだ、と気付くことになった作品です。ぜひご一読ください。

カクヨムミステリー短編完結非公開

ダイイングメッセージちゃん!

きっと、ふふってなると思う

 朝から探偵の目の前に次々と現れる、女子高生の死体とダイイング・メッセージ。それらが示すものとは……?  どう頑張ってもネタバレしそうなので、ぜひ読んでくださいとしか言えません。一応ネタバレチェックをつけておきます。  怖いのは無理って方でもたぶん大丈夫なはず。  私は最後に、ふふって笑ってしまいました。

カクヨムミステリー連載:3話完結

ぼくの名前は猫である

どういう真相なのやらとんと見当がつかぬ

 なんだかご主人に飼われているらしい猫のお話。  いや言うほど猫ばっかりでもないというか、猫から始まりその周辺の人々にどんどんフォーカスが移っていく感じのお話です。ジャンルとしてはミステリで、しっかり謎を提供してくれるのですが、その趣向というか流れが印象的でした。  最初の猫のふわふわした語り口もあり、序盤のうちは柔らかな日常の光景が続いていくのですが、そのうちに「なんだろう?」と思わせる描写がちらほら顔を出し、そして気づけばすっかりとんでもないところに着地している、という構成。最後まで読み終えたときには「おおーそういうこと!」と膝を打つような思いで、つまりしっかり丁寧に練られたお話でした。  このさっきあげた「なんだろう?」が肝というか、登場人物があからさまに謎めいた行動をとるところが好きです。例えば探偵もののミステリなんかだと、わりと謎解きの部分を読み流してしまうことがあるのですが(自分で謎を解きたいという欲求よりも、探偵の活躍を見たいという欲求の方が上なので)、このお話では作中にしっかり引っかかるところを用意して、普通に読んでいても自然と真相を考えさせてくれるところがよかったです。親切設計というか、ちゃんとミステリさせてくれる作品でした。

小説家になろうミステリー連載:431話

異世界医院〜一期一会〜

なろう系ブラックジャック

16話まで読みました。 5話くらいでひとつの物語が完結します。 作者さんはお医者さんなのかな? 専門用語や説明文が沢山出てくるとブラバされるなろうですが、軽快なタッチで書かれているのと、本多先生の噛み砕いたお話で、患者と一緒に「ほうほう、ようわからんけど何となくわかった!とりあえず治してくれ!」と続きが気になります! 各話で出てきたキャラクター達がその後の物語で交差するのかな?と期待しています! 受付嬢ちゃんの謎も気になりますね! 引き続き読ませて頂きますヾ(●´∇`●)ノ

エブリスタミステリー連載:3話

血塗れた手巻き時計

これから二人はどんな事件に巻き込まれていくのか?その真相は⁈

*3話まで連載中(2021年12月4日時点) 1 読む前の印象や予想など(表紙やあらすじなどから想像したこと) あらすじだけでは想像のし辛い物語ではある。 ・まずは手巻き時計の魅力から。 ローターを持たない手巻き腕時計は、自動巻き腕時計よりデザインや装着感、さらに耐久性にも優れる。(web調べ)ローターがないことで薄型のデザインにし易く、装着感やデザイン性にも優れているものが多いらしい。値段はピンキリ。 ・ディスカウントストア(ショップ)とは色々なジャンルの商品を低価格で販売している小売店のこと。 あらすじの手首を切り落とされる事件は、タイトルの手巻き時計に関係していると思われる。主人公たちは、ディスカウントストアの店員ということから、そこで販売した物がこの事件に関係しているのではないか? もしくはそこで買い物をした客が関係しているのかもしれない。果たして真実は? 2 物語は(どのように始まっていくのか?) 主人公の職場にて、朝のミーティングの場面から始まっていく。ミーティング内容の各売り場の予算を見る限りでは、そんなに大きな店ではなさそうである。色んな商品を取り扱っている、ドンキ○ーテのようなタイプの店だと想像する。その中で主人公のノルマは100万であった。時計売り場として高いのか安いのか、ものに寄るだろうが。主人公はこの後、どのように事件に巻き込まれていくのだろうか? 3 良かったところ。印象に残ったところ。好きなセリフなど。 ・名前のある人物が思ったよりも多めではあるが場面のみの登場人物もいる為か、話が分かりやすい。 ・フロア長がなかなかの演出家である。主人公に奇跡と思わておいてからの、ネタばらしの流れが良い。仲の良さを感じた。 ・作中では恐ろしい事件が発生しているが、主人公が天然なのか暗くなりすぎない。 ・先がとても気になる。 4 公開部分の感想 まだ8000文字程度なので、事件の全容は分からないが気になる部分で終わっている。ここまでの話しで分かることは主人公は少し天然でズレているタイプ。それは人を和ませたりするが、呆れさせたりもする。憎めないタイプの人物のようである。そして時計売り場には新人も併せ二人の女性店員がいるようだ。洋服店や宝石店でもそうであるがその店のものを身につける(販売の戦略して)ということはよくある。その利用法はそれぞれではあるとは思うが、少なくともこの二人は、今回の事件の被害者となりうる条件を満たしているようである。まだ巻き込まれる部分まで話が進んでいない為、どのような巻き込まれ方をするのか分からないが、被害者になってしまうのか? それとも事件を解く側になるのか、非常に興味深い。今後の展開に期待。 5 物語のその先を想像して 2021年12月2日時点での公開済の部分では、非常に気になる部分で終わっている。無事に部下が帰宅で来たのかも分かっていない。 犯人の目的が想像し辛い事件である。もし、時計を手に入れたいのならば殴打するなどし、気絶させてから奪うなどすればいい。もしくは手巻き時計を持っている人物に恨みがあるというのなら、そんな面倒なやり方はしないだろう。つまり、手首を切り落とすことに意味があると言える。果たして犯人の動機は何なのか? 次の被害者は誰なのか? 動機は見当もつかないが、現時点で被害者になりうる人物は5人いる。彼らが無事なことを祈るばかりだ。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

ログイン

新規登録