ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

橘 紀里さんのレビュー

これは、言葉の通じない本当の「異世界」旅行記。

5.0
1

 主人公が理由もわからず異世界に来てしまう——古今東西、特に最近はそんな物語が溢れていますが、この物語のひとつの大きな特徴は、主人公ユーヤが最初に出会ったドラゴンの少女シル以外とは言葉が通じない、ということです。


 ドラゴンなら強大な力を持っていて、誰とでも話せる、だから大丈夫——そう思いました? 残念! なんとシルは自分のことさえよくわからず、世界のことも言葉も何もわかりません。ある意味ユーヤ以上に世界の迷子です。


 そんな二人が「何か」を探して旅する物語。

 まず心惹かれるのが、何だかよくわからないのにとっても美味しそうな食べ物たち! とろける何か、蜂蜜のようなものがかかった甘そうなお菓子。それを満面の笑顔で食べているシル。訳のわからない世界にいながらも、なんとも美味しそうで、苦労は多いのにどこかほのぼのして温かい気持ちになってしまいます。


 そして、世界の描写だけでなく、主人公ユーヤが現地の人々と身振り手振りやそれまで学んだカタコトの言葉を使って、少しずつ言葉の意味を理解していく過程がとても興味深いのです。

 二章で何度も登場する「アメティ」という言葉、現地の人々と交流していくうちにその意味がわかったとき、わあ! と本当に異国を旅している気分でとても楽しくなってしまいました。


 新しい言葉が出てくるたびに、この言葉はどんな意味なんだろう、この人たちは一体どんな人々なんだろう、そんな風に世界を深く楽しめる素晴らしい作品です。


 こんなご時世だからこそ、この物語で、まだ見ぬ世界を新鮮な気持ちで旅してみませんか?

登録日:2021/7/13 09:11

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは橘 紀里さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー連載:4話完結

純白の幼児、リリオネル。

魔王リリオネルたちの冒険はここからだ!

 ファンタジー世界に魔王として転生した主人公が、物見遊山で勇者見物にお出かけするお話。  転生ものの異世界ファンタジーです。長編の触りというか第一章というか、主要な登場人物の顔見せが終わって、これから物語が始まるところで話が終わっています。はてな、と思いタグを見ると『純白の魔物シリーズ②』とあって、どうやら何か大きなシリーズものの一編のようでした。  よって実質、キャラクターがすべてと言っていいくらいの作品なのですが、それだけに登場人物は皆なかなかに個性的です。転生した人間であり地上最強の二歳児である魔王と、それを囲む三人の従者。この三人がまた一癖も二癖もありそうな美形の男ばかりで、そんな彼らが魔王のわがままに喜んで振り回される、どこかスラップスティック的な趣のある作品でした。

カクヨムファンタジー連載:362話完結

ロワールハイネス号の船鐘

海を渡る壮大な海洋ファンタジー

新米艦長のシャインと彼の船に宿る精霊ロワールと、彼らの周りの人々の、確執と因縁から繰り広げられる物語です。 シャインに次々に降りかかる試練や育った環境がなかなかに辛く、ずっと寄り添って読んでいる分どうなるのか終始ドキドキしていました。 登場人物みんな個性的でそれぞれの人物味があり敵も嫌いになれない。 事が事だったこともあり解決したから終わりで終わらなかったシャインの葛藤は本当に彼らしかったです。 読了後は映画のシリーズを見終えたような達成感でした。 一章から面白いのですが、本格的に物語が展開しはじめるのは二章からなので、これから読む方はぜひまず二章まで読んでほしいです。

小説家になろうファンタジー連載:80話完結

暗殺者の結婚

自分が自分であることが幸せを呼ぶ

幼い頃から暗殺者として生きてきた主人公サザは、ひょんなことから突然領主の妻になることに。だが、移民してきたイスパハルという国では暗殺者は忌み嫌われる職業。また、国王に嘘をついてはならないという誓いを破ると死罪になる為、サザは元暗殺者という身分をひた隠しにして生きることになります。 些細なことがきっかけで夫婦になった二人ですが、互いが互いを信頼し、愛を深め合う過程が丁寧に描写されている為に、読んでいるうちに二人の幸せを願わずにはいられません。領主と言えども孤児の出であるユタカは身分違いであるはずのサザの人間性を愛し、またサザも元暗殺者であるがゆえに、ユタカが持つ苦悩や葛藤を受け入れて彼を支える存在になっていきます。 サザとユタカ。互いが互いを守る為に、命をかけて戦う場面は圧巻で、クライマックスの展開は手に汗握りながら読んでしまいました。 そしてその先にある結末──自分が暗殺者であることに誇りを持ち、自分が守るべきものを守り抜いた先にある幸せを、あなたもぜひ見届けてください。

カクヨムファンタジー連載:53話

人格者な魔王は人間に復讐を始めます 〜それを止めるは異なる世界の者たちです〜

人間に騙され同族たちを皆殺しにされた彼らの願いは、平和だった。

【簡単なあらすじ】 ジャンル:異世界ファンタジー 人間に迫害され、300年間ひっそりと暮らしてきた魔人たち。裕福ではないものの平和に暮らしてきた。そんなある日、人間の国から一通の手紙を受け取る。それは願っても叶うことはないと諦めていた”人間と魔人族との和解”への導きとなるはずであった。しかしそれは罠だったのだ。 【物語の始まりは】 魔王がある国の王に囚われ、恐らく牢獄であろう場所から始まっていく。妻だけは逃して欲しいと懇願するも無下に断られ、更に暴力を受けてしまう。二時間後に迫った処刑。彼は人間に対し、恨みの言葉を吐きだした。 【舞台や世界観、方向性(箇条書き)】 この物語では大きく人間とモンスターに種族が分類されている。 その中でも魔人族は異質。見た目などは人間と変わらず、性格は温厚だがその身体を形成しているものは違うようだ。そして寿命は人間の二倍。 人間との相違から忌み嫌われ、辺境の地に追いやられはしたものの二年前までは平和に暮らしていた。 【主人公と登場人物について】 300年経たれていた人間との交流。人間の方からある一通の手紙が届く。他の者たちが歓喜に沸く中、主人公だけが訝しんでいた。恐らく彼だけであろう、疑いを持っているのは。父である王が出向くこととなる。それを何とか阻止し代りに、あるいは護衛として一緒に行くことを望んだが断られてしまう。 身に覚えのない罪を着せられ殺されていく魔人たち。一方的に恨みを抱く、人間側の騎士団団長。魔王よりも魔王らしい王女。この世界は王女の策略により転がされている印象。不思議なことに、人間が惨殺されても全く心の痛まない物語である。それほどに人間の汚さや傲慢さ、自分勝手な言い分が見るに堪えない。魔人を応援したくなる物語だ。 【物語について】 二年前に何があったのか語られていく。主人公となる当時の王子は、幼馴染みに何度も求婚し断られていたが、やっとのことで承諾を得て婚約が決まったところであった。彼の婚約に至るまでの経緯を知るものは多く、国民は彼を祝福していた。それから二年後、彼の妻は子を授かり国中が歓喜に沸いていた。 それだけではなかった、300年ぶりに人との交流が行われようとしていたのである。しかしそれは罠であった。 国王と王妃は生きたまま帰ることはなかった。父の言葉通り、王となった主人公は国民の気持ちを一つにすることには成功したものの、人間からの盗聴に気づいてはいなかった。彼が王座に就いてからしばらくして、人間たちが攻めてきたのである。 【良い点(箇条書き)】 ・魔王に肩入れしたくなる物語である。 ・平和な時の日常が丁寧に描かれている為、彼らが襲撃を受ける様子などが更に地獄に感じる。憎しみを抱くには十分なほど惨劇がしっかりと描かれており、人間側に憎しみを抱いてしまう。主人公と共鳴してしまう物語だと感じた。 ・読者から見ると、騎士団団長はなにか王女に騙されているのではないか? と疑念を抱く。しかし本人は気づかず、そのまま王女に従っており、もしその事実を知ったなら、どうなるのだろうか? と色んな末路を想像してしまう。 ・権力を持ち、自分を偽り、人を騙して己の自由にしようとする人間は怖いなと感じた。そういう恐怖の対象を描けることが凄いと感じる。 【備考(補足)11ページ目まで拝読。 【見どころ】 登場人物の描き方が凄い物語である。人間とは、弱い者ほど攻撃的である。つまり、傷つけられるのが嫌だから先に傷つける。害虫の駆除と似ていると感じた。まだ何もしていないうちから恐怖を抱き、殺傷するのが人間である。 彼らが魔人を畏怖するのも、彼らの能力に恐れを感じているから。しかし彼らは温厚であり、迫害されてもそれを受け入れていきた。慎ましやかな生活でも耐えてきたのだ。彼らが望むのは、世界征服でもなければ、人間を虐げることでもない。幸せな日常だったと思う。 しかし人間は違った。自分と違う者を受け入れることができない。これはまさに、多様性を受け入れることができず、偏見を持ったりイジメの対象にしたりする現代社会と変わらないなと思った。いや、人間は現代に限らず、そうやって他人を迫害してきたのだ。人間の心の弱さ、身勝手さなどが描かれており、復讐として人間を殺める魔人を応援したくなる作品である。(犯罪を推奨しているわけではありません)そのくらい感情移入しやすい物語だと感じた。 この後、いよいよ何も知らない勇者たちが召喚されてくる。果たしてどのような展開を見せるのだろうか?  あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

小説家になろうファンタジー連載:212話

転性の冒険者~異性転換できちゃう私は、夢にまで見た異世界で両得ムーブ。旅のお供は愛すべき美少女多数! 男でハーレム? 女で百合? いやいや、どっちもいただきです!~ 

異世界転生して女性から男性へ

 転生前、同性であることがネックで二度の失恋を経験したことなどから、男になりたいと願った主人公の冒険譚。  第一章の最後まで読ませていただいたうえでの感想です。  神様とのやりとりにより、どうやら主人公は不完全な状態で転生してしまったようですね。女の子に戻ってしまうかもしれないという不安要素を抱えた主人公。しかし読者としては面白い要素です。主人公は望むとおりにハーレムを作ることが出来るのでしょうか。前世では報われなかった主人公を応援したくなります。  行きがかり上可愛い妹と共に騎士団へ入団することになった主人公、しかし出かける間際の両親の反応から、これからの展開が前途多難なものであるようにも感じました。  第一章後半での魔術師との闘いのシーンは勢いがあり展開も軽快です。  次への引きに優れており、先がとても気になります。また全体的にライトな文体で、楽しんで読み進めることが出来ました。続きも楽しみにしております。

ログイン

新規登録