ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

ニッグさんのレビュー

冒険要素少なかったのが少し残念だけど読みやすさは抜群

3.5
0

転生ものだけどステータスとか無く読みやすい、サクサク読める

アイテムボックスは世界観的になんか浮いてる設定な気がする

主人公は転生したのだから冒険したい世界を回ってみたいと言うんだけど

その描写はすべてカットされる

そこが読みたかったのに

世界中を回って、それなりに強くなって

王国の魔法使いとして活動するところがメインになる

そうなると王国の中でハーレム展開が続くだけになってしまって

なんとも小さな世界の物語になってる

それでも読みやすいので読めるは読める

登録日:2021/7/14 00:04

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはニッグさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー連載:12話

緑森洋菓子店と齢七年のりんごの木

今日も ”りんご” は背伸びする

 いっやぁもう! かわいい! かわいいんだよコンチクショウ!  甘い匂いが漂っていそうな洋菓子店の庭に、無造作に植えられた(生えてきた?)一本のりんごの木。  七年経ってやっと実を付けたりんごの木には精霊が宿っていました。  パティシエらしからぬ風貌の無精ひげ男トーゴにまとわりつくりんごちゃん。彼女はそのりんごの木の精霊なんです。  この子がもう、とにかく、猛烈に可愛い。ビジュアルも可愛いと思うのですが、やる事なすこと喋る事。どこをとっても可愛い。何がどう可愛いかというと、可愛いんだよもう何もかもが! 呼吸してそこにいるだけで可愛いレベル。  子供扱いされてふくれたり、大人扱いされて子供ぶったり。  実が成るのだから大人になったと言ってもいいのだろうけど、見た目は恐らく樹齢と同じで七歳ぐらいかと思われます。  メルヘンぽく見せかけて、お菓子を作る無精ひげ男はやたらと現実味のある影があったりするから、ただの可愛い女の子が可愛さをふりまくだけの日常話ではないところもお薦めポイント。

小説家になろうファンタジー非公開

(ただいま、休止しています)ギーグ

彼は一匹のゴブリンだ。一人と呼ぶには、まだ、足りない。

 恐るべき作品である。 主人公の「ギーグ」――彼の事を、一匹と表記すべきか一人と表記すべきか、少々逡巡したが、この場では一匹と表すに留めておく。私が読んでいる物語の現時点(11話)で、ギーグは未だ己を人と認めていないからだ。  この物語は、英雄豪傑の物語ではない。ただ一匹のゴブリンが、人であることを目指して足掻く物語だ。彼が人を目指す道程の足元に広がる、土や泥を丹念に丹念に描いていく物語だ。  多くのファンタジー作品で、十把一絡の雑魚として扱われる魔物、ゴブリン。この物語の主人公であるギーグも、世界の趨勢には何の影響も与えない、ただ一匹の雑魚だ。そのゴブリンが、己を人たらしめようと足掻いていく。  『ギーグ』という、ただ主人公の名前を記したのみの直球の題名も実に良い。竹で割ったような潔さがあり、この作品を象徴しているようだ。  人を目指して足掻いていくギーグ――だが、彼は、本当に人とは何かを理解しているのだろうか? 作中では、未だ彼の人間観の全ては開示されていない。彼が人間をどのように理解し、どのような存在へと変わっていくのか。私には、それが楽しみでならない。  物語は極めて高い文章力で綴られ、ギーグが蹲う土の香、受けた暴力の痛み迄伝わるような作風だ。勇者や英雄の冒険譚に飽きた貴方。ただ一匹のゴブリンの足跡を辿ってみるのは如何だろうか?

小説家になろうファンタジー書籍化連載:385話

法陣遣いの流離譚

最初の追放シーンが既に伏線

叔父の葬儀で形見分けとしてマザーという一族の長からバックラーらしき防具を受け取る。 その意味が明らかになるのはだいぶ先の話です。 伏線回収が終わった後も主人公は新たな立場を得て冒険を進めていきます。 80万字を超える長編ですが、一人称形式で読みやすい作品です。

カクヨムファンタジー連載:130話完結

伯爵令嬢が効率主義に成長中だったら ―『効率的』を目指して色々チャレンジしてみます!―

ただの「幼女がキャッキャするだけの話」じゃない!

この作品は、ざっくり言うと「ちょっと頭の良い4歳の女の子が効率主義な母親による教育の下、新しい事に挑戦していく物語」です。 でも、それだけじゃない! 外枠はほっこりしたり失敗したりもするけれど、兄姉と協力しつつ大人と渡り合ったり、誰かの為に頑張ったりしつつ、成長していく物語だけど、作品の巻末にある『解説』にある通り「これは一種のビジネス書なのでは?」と思わせてくれるような気付きがあります。 『貴族令嬢』というファンタジー作品のトレンドを取り入れながらも中々珍しい内容になっていると思いますので、「テンプレは好きだけどちょっと最近マンネリだよね」「たまには変わった作品も読んでみたい」という方には、この作者さん・この作品はオススメです。

カクヨムファンタジー連載:74話完結

祓い屋見習いと半妖の雪女

兎にも角にも主人公が可愛いです。

基本的には主観視点の物語で、主人公の脳内がダダ漏れているのですが、その思考が最&高で、ちょっとめまいがするくらい可愛いです。 そして、そんな主人公の脳内思考を知らない周囲の人々には、とても品の良いお嬢さんに見えるよう、情景描写がとても慎重に描かれています。 物語はちょっとだけファンタジーで、主人公の見た目もファンタジックに可愛らしく「変化」するお話なのですが、その可愛らしい「見た目」は、まごうことなき、リアルな脳内描写によって象られています。 つまり「中身」が可愛いから「見た目」も輪をかけて可愛い。 ちょっとヤバイくらい可愛い。 可愛い……やばい、尊い……!!

ログイン

新規登録