ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

カクヨム恋愛非公開の可能性

のんびり幼なじみの気ままな告白

嶌田あきさんのレビュー

告白してないのって、それもう告白してるよね?

4.0
1

王道中の王道の幼馴染設定なのですが、通常とは逆

(この位の学年だと、男の子のほうが幼稚で、女の子のほうが大人びてますよね)

なのが、小気味よいお話。


家で一緒の宿題。チョコレート菓子。

声変わりしていて少しだけ大人のヨゾラと、

背伸びしようとする子供のリン。

カフェオレとココアの対比も、いい。


本文にも書かれていない、作者さえ知らない、

そして、当然2人は意識してないような、

そんなエピソードがまだまだたくさんあることを感じさせる

広がり感ある話でした。


欲を言うと、この物語中で、リンに成長してもらいたかったかな。

登録日:2021/7/14 08:49

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは嶌田あきさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨム恋愛

【連載版】転生スケベ令嬢と、他人の心が読める攻略対象者

スケベ令嬢と言う看板に偽りなし! おまわりさんこいつです!

前世を悔やみ、好きあらばスケベがないか探している見た目は儚げ美少女が主人公です。 本人が積極的に隠しているわけではないのですが、誰もそんなスケベなことを考えてるとは思いもせず、清らかな乙女と勘違いされる中、心を読める幼馴染みだけがその本性を知っています。 世界が健全な乙女ゲー世界の為、頑張ってスカートがひるがえるのを覗いても足首しか見えません。主人公のスケベへの執着心の凄さと周囲とのすれ違いっぷりには何度も爆笑してしまいます。 それでいて真面目に年齢制限を守った前世の主人公はいざとなると奥手で照れ屋で可愛くて、にやにやしながら見守ってしまいます。 短くまとまっていて、さくっと読めて笑ってにやけてほっこりできるおすすめのギャグ恋愛物です。

カクヨム恋愛

私の失恋と河原のポテトチップス、それと鳩。

関西だし醤油味のポテトチップス、やけ食いしたくなりました。

2人の失恋や告白のライトさと、テンポの良い会話、ポテトチップスという小物など、どれも青さを感じる演出で、よかったです。 「それと鳩」という割に、クルックーと鳴いてみたり、わりと重要な役割を果たしているようにも思いました。

カクヨム恋愛

今宵の夜伽は、君に捧げる。

今宵は誰の物語を紡ぎましょう――、三者一羽の色に惑う、中華幻想恋愛譚。

 中華ベースの異世界宮廷で織りなされる、溺愛系恋愛ファンタジーです。  気質の違う三人の皇子、そして美しい妖鳥が想いを向けるのは、宮仕えをしているしっかり者のヒロイン。三者一羽の愛情はまっすぐでわかりやすく、反面、ヒロインの朱衣の心は序盤ではあまりわかりません。  皇子たちを一人一人掘り下げて描いていくうちに、彼女の想いと宮廷の現状が少しずつ紐解かれていきます。  乙女ゲームや少女漫画のような王道のストーリーラインですが、朱衣の父親である「先生」との日々を三人の皇子たちが回想する流れは、この物語のもう一つの軸のように思います。  幼いときの思い出と今の朱衣との関わりが、彼らの生き方をどう変えてゆくのか。国の在り方にも関わるその変化も、見どころかなぁと。  甘い恋にほんのり苦い毒が混じる恋愛劇、ぜひご一読ください。

カクヨム恋愛

ハッピーエンドの犠牲者

言葉の中に滲み出る、絶妙な人間の根っこのようなもの(のような鏡)

 何か映画でも見るかーという話題から転じて、ハッピーエンドについての持論を展開してゆく、誰かに話しかける誰かのお話。  珍しい形式の作品で、なんと全編通してひと続きの話し言葉です。独白とは違って、明確に誰か他の人に向けての発話。要は事実上の長台詞、3,000文字ぶっ続けでのおしゃべりです。まずもってこれでお話として読めちゃうのがすごい……というと語弊があるのですが、もう普通にうまいというかしっかり乗りこなしているというか、この形式をちゃんと使い切っている感がありました。この形でなければ書けなかったものを書いている。  平たくいうなら、「本来であれば前提となる基本情報」の不足。話者たるこの人が誰で、いま現在はどんな状況で、そもそも話しかけられている自分は何? という、そこが必然的に全部抜け落ちた状態で進んでいく物語。普通は成り立たないというか、仮に長台詞から入ったとしても、読んでる側がしびれを切らす前にカメラが引くんですけど、このお話はそのまま最後まで行っちゃう。本来必要なものを全然気にさせない(仮に何であろうと話の中身には関係ない)形で話を回して、でも結末までにはちゃんと明かされる。そしてそこにしっかり意味があるというか、明されたこと自体がなんだか気持ちいいような。平たく言うと「出来がいい」とか「ちゃんとしてる」とか、曖昧な上に偉そうな言葉になって困るのですけれど、でもそれ。この感じ(伝われ)。  その上でなお巧み、というか非常に感想を書きにくくて困るのが、本当に基本的な情報しか明かしてくれないところ。実質的には伏せられたままの要素の方が多くて、でも全然『謎』のままではないというか、最低限この人を『ひとりの人間』『対話相手』として認識させられてしまっている点。  以下はその詳細に触れるためネタバレになります。  男性で、どうやら『わたし』の恋人らしい。よく考えたらそれしかわからないんです。いえわからないこと自体は構わないというか、お話として満足している以上そこは何の問題もない(むしろすごい)んですけど、この構造のトラップというか凶悪なところは、その『わからない部分に読み手が勝手に何かを補完してしまう(せざるを得ない)』点。だって顔も年齢もない人間というのは現実にはいないわけで、そしてそこに何を代入したかで、このお話の印象って結構変わると思うんですよね。  こういうところに想像の余地を残したお話は、自分はどうしても『えっぐいことする〜』という方向にゾクゾク喜んでしまうタイプで、つまり良く言えば慎重派です。常に最悪のケースを想定して歩くため、すべての踏み絵が自動的に『自分の顔した地雷』になる。つまりこう、彼のことをどうにも、いまいち、信用できないというか……わりと同キャラ対決と言いますか、見る映画一本決めるのにこんな長話する役回りはむしろわたしですけど? というのもあるのですけれど。彼氏にはただ黙ってニコニコ頷いていてほしいし、あとは年収と学歴と身長があれば何もいらない。いえ違うんですだってしょうがないじゃない、「この人こそは素敵な人かもしれない」と信じて後から痛い目見るのはもう嫌なの……(ごく自然な被害者ムーブ)  と、いうわけで、なんかもうどっぷり浸かってしまいました。完全に彼の話術に引っ張られたっていうか、無理矢理引きずり込まれた感じです。わずか3,000文字で潜れる深さとは思えない、ぎゅうぎゅう押し潰しにくる水圧が気持ちのいい作品でした。

カクヨム恋愛

今宵、あの藤の下にて君を待つ。

薄紅色の恋の行方。

 読み終えて、輪郭がくっきりとした状態で改めてはじまりの景色に戻ると、その世界の色がまったく違って見える。静かな言葉の中に、情動に訴えかける力強さのある、とても素敵な短編だなぁ、と思いました。 〈唐棣の家の庭には、見事な花を付ける一本の藤がある。二年前――ちょうど一人娘の薄紅が病に罹った頃から年中花を咲かせるようになり、枯れることのない藤を見て畏怖した人々がいつしか「鬼憑き」と呼ぶようになっていった。〉  美しい藤に隠れた妖しい魅力に引き寄せられていく薄紅の恋慕の情、その薄紅色の恋が向かう先に、曖昧だった記憶が重なって、立ち上がる像は儚くも切なく、確かにそこにふたりだけの世界があるのだ、と信じさせてくれます。相手のみをよすがにその感情のままに奔るひたむきな恋を紡いだ言の葉に身を寄せて、色彩豊かな登場人物たちによって描き出される物語を愉しむ。あぁ小説って楽しいなぁ、と再確認できるような小説でした。  素敵な小説をありがとうございます。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録