レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

Evil Revenger 復讐の女魔導士 ─兄妹はすれ違い、憎み合い、やがて殺し合う─

作品詳細
「兄さん、あなたさえいなければ、私はきっと幸せだった……」 少女チェントの波乱の生涯を書くダークファンタジー。 親を失った幼い兄妹は、2人きりで生きねばならなかった。 兄は、日々の苦しさと怒りを妹にぶつけた。妹はただ耐え忍ぶしかなかった。 大人になった兄は名声を得た。妹には何も残らなかった。 そして、彼女は歪んだ。 ※この作品は、アルファポリス・小説家になろう・エブリスタ・カクヨム・暁・マグネット・comico・ノベルバ・pixiv・魔法のiらんど・セルバンテス、で並行連載されています。

ダークファンタジーの形を取った人の心を描く物語

5.0
1

「Evil Revenger 復讐の女魔導士」では様々な心の動きがありますが、そのどれも強くはあるのですが共感もしくは理解ができました。

それは現代を生きる私たちにも通ずるところがあるからだと感じました。

故にこの作品は「ダークファンタジーの形を取った人の心を描く物語」だと私は考えます。


何より描写力が素晴らしく、すいすい読めてしまいます。

文章構成も良くできており、そのおかげでダークファンタジーにも関わらず読後感がとてもよかったです。

心を揺さぶられたいと思うなら、この作品をお薦めします。

戸織真理さん

登録日:2021/7/16 17:29

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは戸織真理さん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

戸織真理さんの他のレビュー

おすすめレビュー

花鳥風月、風花雪月。

風流で上品で、少し寂しい夫婦の関係を書いた短編

恋人→夫婦の大人の恋愛を4文字熟語になぞらえながら書いた短編。恋人時代は甘くて楽しそうな二人、結婚して数年も経つと…仕方ないんでしょうかね。恋愛の賞味期限や、恋愛と結婚は別…という言葉を生々しく痛感します。この話の続きを想像せずには居られません。穏やかに過ごして欲しいです。

禅士院雨息斎のゴーストバスター劇場

わりと有能な残念なイケメン(形容矛盾)

 話題のイケメン霊能力者が、ポルターガイスト現象に悩まされる古いお屋敷の除霊に挑むお話。  ジャンルは現代ドラマとなっていますけど、味付けとしては結構ミステリミステリしてる気がします。幽霊の正体見たりなんとやら。除霊すべき敵の性質や正体をどう見抜いて、一体どのように退治するか。タグに「残念なイケメン」とありますが、この辺はめちゃくちゃ有能というか、普通にヒーローっぽい活躍を見せてくれます。  にもかかわらずどうして〝残念な〟という修飾がつくのかは、一応ネタバレになると思うのでぜひ本編でって言いたいんですけどこのあからさまな名前ェ! なにごとですか「ぜんしいんうそくさい」って!? 全身嘘くさい!? どういう名前!? 仕事に支障は!?  いやもう、本当にひと目見た瞬間(正確には読みを理解した瞬間)腰砕けというか、この名をタグの「残念なイケメン」と合わせて認識した瞬間、ときめきがドリフトで横滑りしながら走り出しました。好き……。  こんなパンチの効いたキャラをタイトルのど頭に持って来られた時点で、半ば勝負はついたようなものだと思います。そりゃ全身が嘘くさかったら他がどんなに優秀でも残念だよ……すごい説得力……好き……(二回目)。  終盤の展開がかなり予想外というか、本当にまさかの展開でした。なんだか思いのほかシリアス度の高いピンチで終わってません? 全身が嘘くさい主人公をはじめ、他の登場人物たちも妙に味があるところが魅力的な、さくっと読める素敵な掌編でしたっていうかこれ4,000文字しかないんですか!?(今気づいた)もっとあるかと思ってました。満足感!

アップルパイを焼いたら勝利点は獲得できますか

なんでもゲームで表現できても、心はなかなか測れない

彼女の喜ぶ顔を見るためにアップルパイを作りましょう。 料理はゲームと同じように、リソースの管理でどうにかなる。 でも、彼女の心は、彼の心は、そうそう答えは見つからない。 細々としたリソース管理の独り言も、 彼のもどかしい悩みの前では答えも気持ちも乱高下。 はたして彼の作るアップルパイは、 彼女の笑顔を、勝利点をもたらすことができるのか。

氷上のシヴァ

音と、人と、氷上の執念を書ききった物語

私は、この物語の最初から、最後まで、芝浦刀麻に関わる登場人物から語られる彼自身を追っていた、はずだった。 物語の終盤、まるで最初からいなかったかのように、彼は氷上のシヴァという世界から姿を消す。いや、確かにいたのだ。私も、この世界の住人も、彼の放つ金色の光を追っていたのだから。 楽しかった。その一言に尽きる。作者は空間を描くのがうまいと思った。空間の描写は、演目の曲だったり、スケートのブレードが描く軌道だったり、ジャンプという肉体の躍動が複雑に絡み合って表現されている。 そして、偶像めいた描写というか、確かに芝浦刀麻という存在はいたはずなのに、読み終えたあとに、その影を探してしまう、世界と切り離された読後感が素晴らしかった。 作中で語られる「俺は生まれ変わらなきゃいけないんだ。旧い世界なんか足下で叩き割って新しい世界を創る」という言葉が特に印象的でした。 インド神話の神、シヴァの破壊と創造がうまく組み込まれており、作中の登場人物の多くが、破壊(喪失)と、創造(成長だったり進歩)を経験し、青春ものの作品として、読み応えのある内容でした。 芝浦刀麻という存在を、多様な切り口で見せ、繊細な人間関係を描写してくれた作品。大変、満足です。 最後に、私が生きてこなかった人生を見せてくださりありがとうございました。

しあわせの歌を口ずさむ

祖母のひみつの行先は? 口ずさむ歌にこめられた想いと過去に

 その時と同じ風景を見て、その時の事を思い出す。あの時聞いた歌が同時に口から溢れだす……という感じで、流れるように回想される主人公の数年前の体験のお話。  誰にも言わずに連れて行って欲しい所がある。  おっとりとしたおばあちゃんの、いつもと違う様子に困惑しつつも、口ずさまれるタイトル知らずの洋楽の歌が主人公と読者の心に意味深に残る構成がとても印象的です。  おばあちゃんの行先、そこで何をしているのか、歌は何なのかというところ、ミステリーを読んでいるようなドキドキ感を孕みつつ、その結末を知りたいという気持ちで読み進めてしまう作品。  友情や愛情、祖父母の知られざる過去の一面。人間ドラマがそこにはあって。  その歌はきっと、主人公にも価値あるものになると思わせる余韻のあるラストまで、ぜひ一気に読んで欲しい作品。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

to_top