ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

らい しゅうさんのレビュー

あの『無職転生』の筆者が手掛ける。最高傑作!

5.0
0

 最初に謝っておきます。

 『無職転生』も最高傑作です。(紛らわしいキャッチコピーで申し訳ないです)


 ただ仮に『無職転生』と当作品、どちらがより優れているかと問われれば私は当作品を推します。


 再三になりますが、『無職転生』も優れた作品なのは確かです。

 そしてそれが覆ることはありません。

 以上の点から、当作品が理不尽な孫の手の先生の代表作として扱われることは残念ながらないでしょう。


 しかし、当作品にはそういったハンディキャップをものともしない面白さがあります。

 ……正直に申し上げましょう。私は『無職転生』を読んだ時よりも当作品のほうがより印象に残り。また感銘を受けました。


 そう思えるのはどうしてでしょう。

 理由は沢山ありますが、あえて絞るのであれば2つあります。



 まず1つ目に「テーマがなろうを使うニーズに合致し、なおかつストーリーとして上手く組み上げられている点」です。


 タイトルからわかる通り、当作品は小説家になろうでランキング1位を目指すというシンプルな構造となっています。

 しかしこの手の作品(小説を書く指針などをまとめた執筆論、エッセイなど)は、総じて啓蒙的でかつ論理的な話が多く面白くないことが多いです。

 だが当作品はそういうマイナスなイメージは全くなく、あくまでライトノベルの文体で書かれており、ストーリーも丁寧に、そして読者の心を惹きつけるよう描かれています。

 まずこれだけで十二分に凄いことなのではないでしょうか。



 2つ目に「作中で紹介される執筆の極意が、真に迫った内容である点」です。


 当作品では執筆初心者がやりがちなミスから、タイトル論、はてには筆者が心掛けておく姿勢まで事細かに、そしてストーリー性を損なうことなく描かれています。

 そしてそれらの極意が、実際に効果があるのか当作品でも使われているのです。

 ネタバレになるので、あえて差し控えますが、ある該当箇所を読むだけである程度の執筆論がいつの間にか身についてしまうという魔法みたいなことが起こります。

 そんな力の一端を垣間見ることができる……それだけで当作品は読むべき価値があるかと思いますが如何でしょうか。



 他にも多くの理由がありますが、これ以上語るのも無粋かと思います。

 ここまで長ったらしく、拙いレビューを読んでいただけたということは、貴方の心の中に当作品の魅力が湧いているということでしょう。

 であるならば、ぜひとも自身の手で当作品を読んでいただければと存じます。


 決して無駄な時間にはならないと保証します。

登録日:2021/7/16 21:04

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはらい しゅうさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムSF連載:43話完結

ディ・ア・レ・スト

暗い過去がある中年と少女の支え合う旅

中年の退役軍人と少女が中心にありながら、 背景には戦争と人の醜さと酷さが横たわっている。 退役軍人の思い出せない過去をめぐり、二人は旅をする。 その途中で反発したり、思いを寄せあったり。 少女が愛する人ために、精神的に強くなっていくのが印象的でした。 ディ・ア・レ・スト(最愛の人)にたどり着くまでの、甘くはないけれど、深い物語。

小説家になろうSF連載:241話

【続刊、コミカライズ決定】アストラル・オンライン〜魔王の呪いで最強美少女になったオレ、最弱職だがチートスキルで急成長して無双する〜【WEB版】

粗削りながら要点を抑えた注目作

 星屑ぽんぽん氏の作品と同一ジャンルの作品。こちらはハーレム要素や身内のかかわりを重点的に書いている。  完成度ははっきり言って粗削りで、描写不足ややりすぎなご都合主義、取ってつけたようなハーレムが目立つ。ただし、メインヒロインと主人公の言動だけに着目すれば、勢いがあり楽しめる。面白さが粗を上回るタイプの作品だろう。

小説家になろうSF短編完結

フルサトRadio

それでも……

作業用ロボットのコタローは、主人の帰りを待って、毎日放送されるラジオを聴きながらリンゴ畑の手入れを続けていた。だが、何年経っても主人が帰ることは無くて…… ラジオ放送を通じて描かれる大災害の影響で帰れなくなった主人を何年も何年も待ち続けるロボット達の姿が健気で、切ない。日常を奪い去った災害とそれからの月日の長さが、どれだけ残酷なのだろうと思う。 作中に登場するいくつかのワードが、約10年前、現実に起こった大震災のことを思い起こさせる。あの大震災が奪いとったあの頃の日常が戻ることは、もう無いのかもしれない。それでも、それでも人は、あの日起こったことを忘れずに、いや忘れないで生きてゆくのだ。とても考えさせられる作品である。 この作品を初めて読んだのはもう1年近く前のことになる。それでも、ずっと頭の片隅でこの物語のことを覚え続けている。この作品には、人を惹きつける強力な力がある気がしてならない。誰かにとって忘れられない一作になることを願う。

カクヨムSF連載:4話完結

絶望税の黙示録

幸福を、そして不幸を可視化してしまった世界

 幸福促進税という「幸福でないこと」そのものにかかる税が導入された日本の、それからの社会の変遷と、その行く末のお話。  SFです。世界や社会そのものを大局的な視点から描いた、正真正銘のディストピアSF。こういう思考実験的なお話、というか社会実験の思考実験みたいな設定は、もうそれだけでわくわくしてしまうものがあります。ゾクゾクでもありますけど。こういうお話は少なからず現実(私たちの生きる世界)と地続きという側面があり、というか本作の場合は特にそれが色濃く出ているため、あんまり呑気に笑っていられないところが最高でした。破滅願望、といっては言い過ぎですけど、でも心の中のそういう暗い部分をくすぐられるお話。こんな世界に住むのは嫌だけど、でもみんな絶対見てみたいでしょ?  ディストピア感の演出が巧みというか、ガンガンぶっ込んでくる感じが心地よいです。「幸福推進勢」「ハッピーエンド」「パラダイス夕張」等々、一般にポジティブ印象を持つ語の、でもとことんシニカルな用法。みんな絶対好きなやつ。どんどん展開していく状況もものすごく読み応えがあって、都度いろいろ考えながら読むのが本当に楽しいお話。  この設定、一見不幸を不可視化しているようでいて、実は「ハッピーエンド」によって逆に可視化されているんですよね。このハッピーエンドというのは作中の特殊な用語で、現象的には自殺のことなのですけれど、でも公的というか社会の建前の上では「幸福な最期」を意味しており、要はある種のお為ごかしです。政治的に問題のない言い換え。退却を転進と言い換えるようなもの。  こうして名前とお墨付きを与えてしまったことで、人類の長い歴史の中でずっと透明だった一定数、ただ苦しみ死んでいくだけの人々に顔を持たせる結果となった。これまではただの死者数という結果の一部でしかなかった、必ず身近にいるはずなのだけれどでもまったく気にせず生きていられた『どこかの誰か』と、はっきり人間として向き合わなくてはいけなくなった世界。  実際、それは「ハッピーエンド」と決まったのですからもう放っておけばいいのに、でもなまじ顔が見えるようになったおかげで、これまでみたいに無視することができない。結果、いよいよ人間となった彼らがどう扱われ、何を為し、どこへ向かうか。やがて辿り着いた物語の先は、なるほど紛うことなきハッピーエンド。  とても笑って読んでいられるものではありません。不可視化されてきた者たちの復讐譚、痛快で気分爽快なその逆転劇は、でも私たちの敗北をもってなされているのですから——と、それはさすがに極端というか、読者はいずれの立場でもありうるとは思うのですけれど。  とまれ、大変厚みのあるお話でした。やっぱり最後のハッピーエンドが好きです。逆転劇に見えるけれど、でもただ上下がひっくり返っただけなのだとしたら、じゃあ結局ハッピーってなんでしょう? 自分の中のハッピーエンドの意味すら覚束なくなる、なんとも重厚な作品でした。

小説家になろうSF書籍化コミカライズ連載:865話

シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜

あなたもきっと……

あなたもきっとエナジードリンクが飲みたくなる!! ……冗談はさておき。 コメディタッチな作品で、VR系の王道を踏みつつもその設定の奥深さにワクワクする自分がいる。書籍化をすっ飛ばして漫画に……というところで名前は知ってるよーって方も多いと思うが、ぜひ未読なら読んでみてほしい。 ボリュームがすさまじくて躊躇っている方も、少しだけでも読んでみるといいかもしれない。コメディベースで進んでいくので、少しだけ読むのでも十分笑えて楽しめる。 そしてメイン(?)ヒロイン……のウサギが可愛い……きっと読み進めるうちにあなたも彼女の口調が移っていることだろう(経験談) そしてエナジードリンクが飲みたくなっていることであろう!(大事なことなのでry) ライオットブラッド出してください!!!!

ログイン

新規登録