glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

小説投稿サイトでランキング一位を取らないと出られない部屋

作品詳細
目覚めると、真っ白い部屋にいた。 部屋に一台だけあるパソコンのディスプレイには、こう表示されていた。 【この部屋は、小説投稿サイト『小説を書こう』のランキングで一位にならなければ出られない】 これは、何もない部屋に閉じ込められた男の、地獄の投稿生活を綴ったものである。 この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

あの『無職転生』の筆者が手掛ける。最高傑作!

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 最初に謝っておきます。

 『無職転生』も最高傑作です。(紛らわしいキャッチコピーで申し訳ないです)


 ただ仮に『無職転生』と当作品、どちらがより優れているかと問われれば私は当作品を推します。


 再三になりますが、『無職転生』も優れた作品なのは確かです。

 そしてそれが覆ることはありません。

 以上の点から、当作品が理不尽な孫の手の先生の代表作として扱われることは残念ながらないでしょう。


 しかし、当作品にはそういったハンディキャップをものともしない面白さがあります。

 ……正直に申し上げましょう。私は『無職転生』を読んだ時よりも当作品のほうがより印象に残り。また感銘を受けました。


 そう思えるのはどうしてでしょう。

 理由は沢山ありますが、あえて絞るのであれば2つあります。



 まず1つ目に「テーマがなろうを使うニーズに合致し、なおかつストーリーとして上手く組み上げられている点」です。


 タイトルからわかる通り、当作品は小説家になろうでランキング1位を目指すというシンプルな構造となっています。

 しかしこの手の作品(小説を書く指針などをまとめた執筆論、エッセイなど)は、総じて啓蒙的でかつ論理的な話が多く面白くないことが多いです。

 だが当作品はそういうマイナスなイメージは全くなく、あくまでライトノベルの文体で書かれており、ストーリーも丁寧に、そして読者の心を惹きつけるよう描かれています。

 まずこれだけで十二分に凄いことなのではないでしょうか。



 2つ目に「作中で紹介される執筆の極意が、真に迫った内容である点」です。


 当作品では執筆初心者がやりがちなミスから、タイトル論、はてには筆者が心掛けておく姿勢まで事細かに、そしてストーリー性を損なうことなく描かれています。

 そしてそれらの極意が、実際に効果があるのか当作品でも使われているのです。

 ネタバレになるので、あえて差し控えますが、ある該当箇所を読むだけである程度の執筆論がいつの間にか身についてしまうという魔法みたいなことが起こります。

 そんな力の一端を垣間見ることができる……それだけで当作品は読むべき価値があるかと思いますが如何でしょうか。



 他にも多くの理由がありますが、これ以上語るのも無粋かと思います。

 ここまで長ったらしく、拙いレビューを読んでいただけたということは、貴方の心の中に当作品の魅力が湧いているということでしょう。

 であるならば、ぜひとも自身の手で当作品を読んでいただければと存じます。


 決して無駄な時間にはならないと保証します。

らい しゅうさん

参考になった! 0
共感する! 0

登録日:2021/07/16 21:04

こちらは らい しゅうさん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
らい しゅうさんの他のレビュー
小説家になろうSF10万文字以上
ギスギスオンライン
 202X年。世界にVRMMOがリリースされた。思い通りに動くキャラクター、現実と比べて遜色ないグラフィック。それはオーバーテクノロジーの結晶だった。実は異世界なのか? デスゲームなのか? 疑いが晴れることはない。それでもゲーマーは進む。そこにゲームがあるから。専用ハードに腕を通してログインしていく。謎の発光物体を握りしめて。  これは、とあるVRMMOの物語。  魔法強すぎモンスター強すぎ人間弱すぎのオンラインゲーム。  主人公のコタタマは色々あって少しひねくれた生産職。ある日、ひょんなことからモンスターの群れを中堅クランのキャンプ地に誘導してターゲットをなすり付けたら全滅してしまって……?

作品ページへ

「こち亀」のようなどんちゃん騒ぎが好きな方にお勧めです!

point_star point_star point_star point_star point_half_star 4.5

 当作品を一言で説明すると「小悪党だが、決めるところではきっちり決めるクズな主人公が、悪事に走ってヒロインに殺され、スケベ心をだしてヒロインに殺され、良い空気になったらヒロインに殺される話」です。  上の説明で全く理解ができない方、ぜひ読んでいただきたいです。  気がつけば、この作品の魅力に中毒になること間違えなしです。  一つ惜しむべく点を挙げるとするなら、文風がやや独特で読む人を選ぶ点です。  ただ話が進むにつれて、読みやすいように文が整っていくので、最初の何話かで心折れることなく、読んでいただきたいです!

参考になった!

2

共感する!

3

らい しゅう

小説家になろうファンタジー10万文字以上
死神を食べた少女
死神を食べたらどうなるんだろう。 私には良く分からない。分かるのはたった一つ。 お腹がすいた。 だから、こいつらの首を持って偉い人に届けよう。 きっと美味しい物が食べられる。 さぁ、準備が出来たら出発だ。 本編完結しました。外伝、後日談を掲載しました。

作品ページへ

独特の世界観の作品を読みたいあなたへ

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 当作品を一言で説明すると、「主人公の死神を食べた少女が、革命によって終わりを迎えようとしている王国の兵士として戦っていく話」です。  見どころとしてはたくさんありますが、一つ上げろと言われれば「主人公の少女が可愛い、そして独特の魅力を持ち合わせている」点です。  彼女は頑固ともいえるぐらい、一貫した信念を持っています。  そんな彼女に周囲の人は、戸惑いながらも、だんだんと惹かれていき、そしてともに戦っていくことになります。  きっとこれから読まれる方も彼女に段々と惹かれていくことになります。  当作品は戦記物になりますが、とても読みやすく、途中で読みたくなくなるということもないと思います。  完結してますので、安心して読んでいただければと存じます。

参考になった!

5

共感する!

2

らい しゅう

カクヨム 創作論・評論 10万文字以上
ネット作家の火村君が「売る文章術」をコピーライターに教わるようです
(旧題:なろう作家の火村君は、コピーライターから、小説の売り込み方を学ぶようです) 「コピーライター?なんすかそれ」 「簡単にいえば『お客を得る』ための文章のプロだ」 (おかしい……ちゃんとした作品なのに……もっと人気でていいはずなのに……!) このように悩んだ人はいないだろうか? もしかしたら貴方は「書く文章術」は習ったが「売る文章術」は習ってこなかったのかもしれない。あるいは独学かもしれない。それでは、苦戦するのは当然だと思う これはそんな「書けるけど売れない」作家に捧ぐ、現役コピーライターの筆者が、その経験と知識を余すところなく伝える物語である。 『売り込み方』で同じ作品でも反応が2倍、10倍変わることは珍しくはない。貴方は、今の2倍、あるいは10倍感想が、評価がきたら楽しくないだろうか?もし人気作家は自然とできている「売る文章術」を得たいなら…… 『売る』をテーマに、不人気に悩む中堅ネット作家の火村くんと、熟練コピーライターの氷室さんが会話で紡ぐ、ネット小説攻略をテーマにした物語、いざ開幕! なお、感想やWeb拍手は全て目を通してますので、一言でも歓迎!  ※他サイトにも掲載中 ※なろうからの移転です。なので、一部なろうのままになってます。 いずれ徐々に変えていく予定です。

作品ページへ

ネット小説についての更なる知見を得たい方にお勧めです!

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

 本職がコピーライターでもある筆者が、自身の経験を活かし、いかに文章を「売る」のかについて書かれている話になります。  「小説とはそもそも何のためにあるのか」という根本的な疑問から、「タイトルをつける際に必要な考え方」という基本的な知識、はてには「ヒットしそうな小説のテーマになりうるかの確認方法」といったレベルの高い話までが分かりやすく、丁寧に書かれています。  基本的にこういう執筆論に触れる作品というのは、難解で、読みづらいことが多いですが、当作品はそういった形式は一切取っておらず、登場人物の二人による会話調ですらすらと読める作風になっています。  『ネット小説書き始めたけど、勝手がわからない』  『もう少し読者数が増やせる作品を書きたい』  『小説を売るということがどういうことなのか知りたい』  上のようなお悩みをお持ちの方。  ぜひご一読あれ、必ず何かしらの知見を得られるはずです。

参考になった!

0

共感する!

2

らい しゅう

本棚