レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

龍翔鳳舞 ~世界最強の次の任務は、魔法学園へ入学する事!?

作品詳細
「なんで今更この俺が学園なんかに行かなきゃなんないんだよっ!?」  ──かつて10歳の幼さで戦場に立ち、魔人と人間の戦争に終止符を打った最強の魔導師、黒宮 龍也(くろみや りゅうや)。  漆黒の雷を纏い、敵を蹂躙するその姿から黒き戦いの神── “黒雷の戦神”の二つ名で呼ばれ、ある時は世界を救った“英雄”として讃えられ、またある時は人間を超越した“怪物”として畏れられていた。  戦争の後も、魔物討伐に依頼遂行に……と、戦いに生きていた龍也──だが、16の年のある日に転機が訪れる。  突如ギルドマスターより言い渡された「任務」という名の1つの命令。それは──魔法学園へ入学する事。  当然、今更何故……と、困惑を隠さずその命令に異を唱える龍也。しかし親友の後押しもあって、渋々その任務を受ける事に──。  新しい環境、新しい出会い、そして時を同じくして動き出した闇──戦いの中で生きてきた龍也は、学園という未知の世界で何を学び、そして何を思うのか──。 ──────────────────── 表紙イラスト:つよ様(@tsuyo_yon) https://estar.jp/pictures/25857401 ────────────────────  今時流行りの、転生チートハーレム追放ざまぁ……そんな要素は一切無し! それでも王道と言い張る主人公最強系魔法学園ファンタジーです!  地の文が多く、展開がゆっくりですが、どうぞゆっくりしていってください~。  

転生もチートもハーレムも追放ざまぁもない、主人公最強王道魔法学園ファンタジー!

5.0
0

まず最初に、設定の作り込み具合が凄いです。

世界観、文化、宗教、魔法の起源や原理まで、様々なところに作者様の拘りを感じました。

また、主人公最強の魔法学園ファンタジー……という「いかにも」な感じですが、異世界転生ものではなく、変に周囲がヨイショしたり、無自覚無双したりもしません。ハーレムなんかも作りません。ある意味、最近だと珍しい作風だなと思いました。

後、キャラクターの人数が多いですが、1人1人しっかりとした個性があり、個人的にはとある馬鹿(読んだ人なら分かるかも?)が大好きです笑

40万近くの文字数でありながら、物語としてはまだまだ先が長そうですが、これからの展開を楽しみにしています!

ゼストさん

登録日:2021/7/16 21:14

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはゼストさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。

おすすめレビュー

宮廷画家と征服王

「ムサシノ」、それはどのような地なのか…!

 二人の男性のやり取りから始まるこの物語。戦記物を彷彿とさせる重厚な語り口ですが、主人公が宮廷画家という職業であるから、血なまぐさい話にはならないと思いきや……?  どうやらこの国の新王となった男は、依頼する絵の出来如何で将軍たちの処分を決めるという。突然その双肩に重荷を背負う事になったアルフレッドの運命やいかに!?  この文字数で魅力的なキャラクター像を描き出し、緊張感ある展開、それでいて何故だか読者もムサシノってどんな所だっけ? と興味が惹かれるという。  新王の説明が言い得て妙というか、それ以外言いようがないしで。  武蔵野という土地のイメージを表現し尽くしながらも、ライトノベルらしい異世界転生の要素も織り交ぜられているという、短編とは思えない濃厚な後味の作品。  人生への示唆にも富んでいて、一読の価値ありです。

異世界転移していない!? ここは-システムエラー-界らしいです~ちょっとおかしなゲームを攻略しなきゃいけなくなりました~

─ システムエラー ─界を体験してみませんか?

ゲームをやっていて、この世界に入りたいなと思ったことは一度や二度ではないはず。この物語は、そんな読者の思いを満たしてくれる作品です。 昨今流行りの異世界転生ものと違うのは、この─ システムエラー ─界が完全にゲームとして確立されているところです。 まず、チュートリアルで主人公の佐藤は何回も死にます。選択肢をミスると即ゲームオーバー。でも、この作品の面白いところは、何回死んでも佐藤の記憶は継続している所。「あ、この選択肢だと佐藤は死ぬのか。じゃあ次はこうしてみよう」というように、読者はゲームのプレーヤーとして佐藤と一緒に物語を体験していくことができるのです。 また、最初のスキルが「なし」だったり、アイテムがバグって読めなかったり、謎が散りばめられているのも好奇心をそそられます。 文章は、実際のゲームの様に会話中心で進んでいくので、隙間時間にサクッと読めるのも魅力。また、ヒロインの猫獣人、シャロールちゃんがとても可愛くて、彼女のお色気シーンが見たくてガンガン読み進めてしまいます(ここも少しゲームっぽいですね) 佐藤になりきってシャロールちゃんと冒険を続け、最後のエンディングまでぜひ見てほしい、そんな素敵な作品です。

林檎と甜橙、女奴隷とその主人

まだ転がり続けるの? 意外な展開でぐんぐん読まされる

異世界からきた、とある男性の面倒をみることになったレティクラタ。彼の世話のため女奴隷を買うことにした。  …という感じで始まるこの作品。導入部は男性との恋愛もの?と思っていたのですが、話は思わぬほうへ転がり続けます。最後まで!  長短にこだわらないエピソードの区切り方や、直接的な表現をすることなく関係の変化を匂わせる描写など。いろんな箇所に効いている技やシリアスとコメディの緩急も見事で飽きさせず、どんどん読めてしまいます。 本当に面白かった。  設定もしっかり練られているようで、この先のエピソードや登場人物たちの細かい背景まで気になってしまう魅力的なストーリー。  軽い読み口が好みの方、少し深めの考察が好きな方、どちらにも楽しめる作品です。ぜひいろんな方に読んでみてもらいたい。おすすめです!

キメラの島

大人へ変化する時の心の震えをとらえた見事なハイファンタジー

大人向けハイファンタジーとして緻密かつミステリアスに作られ、且つ年頃の少年(少女)が大人へと変化していく時の心の震えを、そのファンタジーの中で見事にとらえた作品でした。 大人へと変わっていく自身の体の変化や、自分が何者なのかという疑問を模索しようとし始める心。 そういったものが淡々とした語りの中で鮮明に輝いています。 また、ファンタジー設定そのものが、そういった変化と密接に関わるように作られていてたいへん面白いです。 「自分の正体」が物語の謎そのものでもあるため、オムホロスとルー(ケセオデール)がそれぞれの戦いや旅を通して答えに近づいていく様にはぞくぞくとするものがあり、読めば読むほど目が離せなくなっていきます。 ゴドウとの間に生まれた愛情と同情によるやりきれない関係。 自身が何者であるかという疑問がそのまま大きな謎に繋がっていく様。 同類である師と殺しあわなくてはならないという恐ろしい宿命。 様々なものがたいへんな迫力と魅力を持っています。 また、節々に見られる心の変化や気づきの繊細さにもとても感銘を受けました。 特に、疎ましく思っていた夫の包容力にルーが初めて気がつくところだとか、自らが愛おしい女性と対峙したことで自分を愛おしんだ男たちの心を悟るところだとか、そういった部分はとても心に残ります。 旅の途中で出会う人々も、それぞれにきちんと背景があることが感じられました。 そのおかげで、作品世界がとても豊かになっています。 メインキャラクターだけの物語ではなく、彼らは世界の一部であり、作品世界はもっと大きいのだと感じることができるのです。 描写や文章も素晴らしいです。 五感に訴えかける文章のために、映像や雰囲気が見事に立ち上がってきました。 とても優れていて、面白く、心に刺さるものもあるファンタジー作品で、読めて良かったと心から感じました。

百合帝国

【連載中】最強百合ハーレムの決定版!

ゲームの中のプレイキャラクターとして、NPCたちと異世界に行ってしまうと言うオーバーロード的導入ですが、ちゃんとその理由は説明されますし、なによりNPC359名が全員愛しい嫁と言うのが全く違います。 次から次にキャラクターがでてきますが、ある程度キャラわけもされていますし、みんな主人公が大好きなので読んでて楽しいです。 帝国を実際につくっていき、さらに側室として現地人の嫁ももらいますし、さらには神になって神様も手籠めにしていきます。とにかくテンポよく話が進んでいきますし、次から次に目新しいことが起こるので目が離せません。一気読みしてしまいます。 他の作品では神様になって終わりというのもありますが、この作品では神になるのはまだまだ序盤のあたりです。どんどん話はすすんでいっているところで、帝国を大きくしていく国造り的面白さもありますし、主人公が強すぎてその気になれば一瞬であらゆる全てを解決できるので、何があっても安心して読んでいられます。 一人一人の恋心にじわじわ焦点を当てる話ではないので繊細な恋愛観を求める人や、MMOにしたらバランスがとかが気になる人には向かないかもしれませんが、とにかく爽快でいちゃいちゃ百合ハーレムが楽しみたい人には絶対おすすめです。 連載中なので星四にしておきます。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top