ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

詳細検索

レビューのみ表示

日本のボッチなクリスマス

作品紹介 クリスマスに独りぼっちだっていいじゃない…… 様々なぼっちシチュエーションの日本らしいクリスマス風景を描きます。 ●マニュアル ークリスマスツリーの飾り方ー  クリスマスツリーを飾るのが面倒なみなさん! とっておきの方法を公開します! まだ間に合う! これであなたも、楽々とツリーを飾れるようになるかも!?(一切保証はしません) ●クリスマスツリーは知っている  1.枯れ葉は、音もたてず大人しく運命に従って落ちていくだけ? 枯れ葉の気持ちになってみました。  2.そしてクリスマスツリーは、どんな気持ちで落ちていく枯れ葉を見つめていたのでしょう? それぞれの話は独立しているので、お好きな話をお楽しみください。~作者作品紹介より~ ●マニュアル ークリスマスツリーの飾り方ー こちらは、クリスマスツリーを飾るのをためらっている人に語りかけているお話、2人称の文体は珍しいので楽しく拝見させて頂きました。 私もクリスマスツリーを飾るのが面倒な人種で、てっきり私に語りかけられているのかと思ってしまいました(笑) 落語ちっくな語りかけが楽しいですね。最後にオチもついていました。 ●クリスマスツリーは知っている  前編 あるじに捨てられた最後のひとり こどもの頃に読んだオーヘンリの最後の一葉を思い出しました。 もしかして、最後に残っていた葉は、こんな気持ちだったのではないだろうか。と思いを馳せてしまうような物語 ●クリスマスツリーは知っている 後編 数千万年ぶりの転生 地球の時の流れの中で、数多もの輪廻転生が繰り返されている。 その中のひとつの物語。 壮大な時間をかけて生まれ変わったモミの木。その姿は……。

4.5
0
asato umi

C-LOVERS

自らのコンプレックスと向き合い成長する6人の男女が織りなすショータイム

 この作品を読み始めた時の第一印象は「奇抜」の一言だった。  というのも、OPENING act を読むと分かるが、この作品が小説兼「舞台」に思えたからだ。私たち読者は、いわば「観客」ということになる。  臨場感あふれる冒頭に魅了され、読み進めていくと、登場する主な「役者」は6人の男女。  話が進むにつれて明かされていく彼らの境遇は、決して恵まれているとは言えないものだろう。そして、その境遇であるがゆえに抱えたコンプレックスは、とても根深いものだ。  時にそのコンプレックスは、同じような悩みを抱えた「観客」たちの心を揺さぶることもあるだろう。かく言う自分もそのひとりだった。克服するには、自分から踏み込んでいく勇気が必要……と、頭では分かっていても、実践するとなると簡単には出来ないものだ。  だからこそ、彼らにより共感することが出来たのかもしれない。  時間をかけながらも、彼らはそれぞれ、自らのコンプレックスに向き合い、克服しようとする。共通するのは「ひとりで」ではなく、「みんなで」向き合っていくこと。改めて人との繋がり、絆が大切だと思わされた作品だ。  次に彼らの舞台に魅了されるのは、そこにいる「あなた」かもしれない。  あなたが辛いと思った時、笑いたいと思った時……舞台の「観客」として、客席に足を運んでみてはいかがだろうか?

5.0
0
櫻井 理人

私立夢見沢学園

作品紹介 主人公ヤベンが通う事となった高等学校。その名は「私立夢見沢学園」、偏差値82のエリートのみが通う学園であると噂されていた…だが、それは真っ赤な嘘だった!偏差値は82ではなく18、生徒達の大多数が狂人揃い、挙句の果てには教師達もクレイジーな惨状…ヤベンはこの学園を中退しようとした…だが、それを止める仲間が居た。アレン、ミウ、カレン、ユウト、ユイ先生…彼には心強い仲間達が居た。これで一難去ったと思いきや、彼の高校生活は波乱万丈な代物となる。入学式、歓迎遠足、宿泊体験学習、体育祭、文化祭…学園行事だけでもヤベンの心をハラハラさせる様なストーリーとなっている。 これは、主人公ヤベンに襲い掛かる非日常的なギャグコメディである!~作者作品紹介より~ 読みます企画で1万文字まで拝読させていただきました。 まず、1Pに21000文字はちょっと多すぎるかな? 文字が滑って見えます。 2000~3000文字にして、1章の1,2,3などに分けた方が読み易いと思いました。 コメディということで、作者様の意欲は感じました。 登場人物に個性を持たせようと工夫をされている様子。 せっかくなので、同じタイプの登場人物は止めて、また違った設定の方がそれぞれの個性が活かされると思います。ちょっと勿体ないですね。

3.0
0
asato umi

Junk dog blues

大好きな小説に出会えた幸運に感謝

誰しも『読みたい』作品というものがあると思います。なかにはそれが見つからなくて、無ければ自分で書いちゃうという方もいらっしゃるようですね。 私にとってこの作品は「読みたいものはどこかに必ず存在する」と確信させられた、私の性癖をぐっさぐさに刺しまくり、『大好き』がぎゅうぎゅうに詰められた小説でした。出会えたことに感謝しかない。本当に。 物語は主人公タイラを中心として、彼と一緒に暮らす6人の仲間たちとの日常を描いたものとなっています。と言っても、少しだけ破天荒な人生を送ってきた彼らの日常。物騒な出来事に遭遇したり、過去からの因縁に巻き込まれたり巻き込んだりといった、穏やかなものとは少々かけ離れたものとなっています。 この作品の魅力はなんと言っても、仲間たち全員のそれぞれの辛い過去やそこからの成長の深い掘り下げにあります。このエピソードががっつり描かれていることで、彼ら全員を大好きになってしまって感情の入り方が半端なかったです。こんなに登場人物みんな好きと思える小説に出会えることはなかなか無いかも……。 と言いつつ、そんな中でもお気に入りはユウキとミユちゃんのちびっ子コンビ。小さな彼らでさえ大きな傷を抱えて、そしてそれを乗り越えるべくもがいて頑張っていくのです。ほんと好きすぎる。泣ける。 読み口は紙の本に近いので、じっくり腰を据えて読める方向けかもしれません。しかし情景・心情がしっかり描かれ、かつ難しすぎない文章なのでするすると読めると思います。こちらの作者さんの文章は、とても心地良く読めることもお気に入りの理由の一つです。 もっとたくさんの方に読んでもらいたいし、読んで絶対に損のない作品です。本当におすすめ。ぜひご一読を!

5.0
0
tomo

最近の「いいね!」

カクヨム恋愛短編完結

眠れぬ夜には、恋歌を

心温まる冷たい世界の物語

不思議な力を持っていたが為に忌み嫌われ、死を目前にした少女が出会ったのは、さいはての島に住む氷狼セン。 孤独を知る二人は互いを想い合い、心を温め合います。 異種族間の恋愛という、ともすると悲恋になりがちなテーマを、心温まる純愛に昇華した作者の手腕は見事と言わざるを得ません。 寒い季節にピッタリの異種族恋愛ファンタジー、必見です。

カクヨムファンタジー連載:43話完結

時の旅人~CROWN~

その強い想い、悪しき思惑に打ち勝たん

主人公アーサーは、一貫して「兄さんを助ける」と、強く無垢で純粋な意思を持ち続けています。 それが強みで魅力で、行く先々でアーサーに力を貸す者──仲間が増えていきます。 アーサーと話していると、なんだか徐々に協力したくなってくるのかな、と。 外観だけではわからない中身にこそ、人々の輝きや希望が詰まっている。 そしてそれは時として絶望や怨恨の火種になって、操ってしまおうと思い始めてしまうのかもしれない。 この物語は、敵も味方も深い想いを抱き、いつだって『誰かのために』したかったことを目指していました。 アーサーは、みんなは、胸に抱く誰かのために、今日も行く先を進みます。 その強い想い、悪しき思惑に打ち勝たん──!

カクヨムファンタジー連載:31話完結

時空の旅人~Memory~

協力、敵対、戦闘、異能…ゲームのシナリオみたい

RPGのシナリオみたいだ、と思いました。各キャラに合った武器での戦闘シーンやイベントシーンが目に浮かびノベライズを読んでいるよう。ストーリー自体も王道で、架空19世紀末を舞台に時の民である少年アーサーが行方不明になった兄フランシスの行方を追い旅立つところから始まります。その過程で信頼出来る個性的な仲間に出会い物語の核である秘密に迫っていきます。 敵にも悪になった背景がきちんとあって魅力的。仲間って良いよな、そう思える素敵な小説です!