ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

評価:0Query:全て
レビューのみ表示

電脳猟兵×クリスタルの鍵 (C)Copyrights 2016 中村尚裕 All Rights Reserved.

文字にzip圧縮された脅威の映像データ。その先にあるのは――【映画】

【CAUTION!!】 本作は文字列で構成された一般的な小説ではありません。 文字に映像データを圧縮させた特殊情報媒体です。 ------------------------------------------------------------ 僕は文字を読んで、風景が、人が、動きが伝わる小説が大好きです。 読んで――伝わる。 読んで――感じる。 本当に気持ち良いですよね。 伝わる事こそが、活字の真骨頂だと思います。 「文字を読んで、その場面を思い浮かべる」 これこそが、活字を読む際に得られる《最高の快感》だと思っていましたが この作品を読んで、それは間違っていた事に気が付きました。 この感覚を遥かに上回る作品があったのです。 「電脳猟兵×クリスタルの鍵」 一文字一文字に《映像データが圧縮》されています。 マジです。 その映像データは……まるで映画です。 飛び散るガラスの煌めき 街のネオンが放つ霞むような夜の瞬き 主人公とすれ違う一般人の様子すら、仔細に描かれ―— 緊迫するシーンではスローモーションで再生されます。 マジです。ホントですw 脳内で映画の様に再生される理由は恐らく「計算されたカメラワーク」 練り上げられた全体像 そしてそれを読み手に映し出す、カメラワーク。 この2点が主軸となり、圧縮データが詰められた文字から再生される 映像は押井守監督が作った、近未来の公安部隊が活躍するあの作品のそれに 酷似すらします。 ただ、圧縮されたデータを再生するには ①データの解凍 ②再生アプリケーション が必要になるのも事実。 ①データの解凍→少しばかり「ゆっくり」読む。焦らないで。 ②再生アプリケーション→ガンアクション、諜報、潜入モノが好きな人なら あなたの脳内には既に用意されています。ばっちりです。 ------------------------------------------------------------ さぁ《映画》を見る準備が出来た方は、是非お進みください。 文字に圧縮された新次元映像空間へ、ようこそ。

1
防衛太郎

「ジョブが忍者の癖にやかましすぎるだろ……」と冒険者パーティを追放されてきた爆音忍者四人衆と、来月末までに莫大な借金を返さなくちゃいけない子爵令嬢の浮き沈み激しい二ヶ月分の人生~超速い。忍者なので~

忍者たちがダンジョンで暗躍……できないようです。

莫大な借金を抱えた令嬢がダンジョンで荒稼ぎするために忍者を雇うもうるさすぎるメンバーばかりが集まってしまうというコメディー系の作品になります。 まず、モンスターを倒さずに宝箱だけ開けまくれば良くね? という発想により忍者が花形職になっている世界というのが面白いです。 さらにそこから爆音忍者というネタに繋げて、しかも一発ネタで終わらせずにそれなりの長さに仕上げているのはすごいと思いました。 主人公もツッコミ役かと思わせて実は一番ハジけたキャラなのもパーティ全体のハッチャケぶりを加速させててよかったです。 なんというかあらかさまに非常識なキャラがいなくて全員、常識人っぽさもあるのにまともじゃないあたりが面白いと感じました。 副会長が好きです。 私が珍しくハマったコメディー系の作品なので、ぜひ読んでいただきたい気持ちが強いですね。 よろしくお願いします。

0
六戸行部

無限大の魅力を持つ君と一歩ずつ歩み寄った僕

日常と特別を往復するピュアな二人の青春物語

高校に入学した健は、同じクラスの高島さんに声をかけられ、ひょんなことから「数学会」という名の数学勉強会をすることになる。 健は最初は高島さんの考えがわからなかったが、二人で何度も勉強会やデートを重ねる度に、健は高島さんの数学への思いや、自分の高島さんへの思いを感じ取るようになっていく。というお話。 物語は基本、勉強会を中心とした日常が描かれる。その中で、定期テスト、体育祭・文化祭、長期休暇といった「特別な日」が挟まれる。 高島さんは非常に快活でな女子高生である。健とふたりきりの時間を過ごしていても、さっぱりとしていて、一見、健の片思いのようにも見える。 特別な日においても、とびきりの出来事が起こるわけでもなく、健は常に残された高校生活の時間を気にしていた。 しかし、その中でも、高島さんの僅かに気持ちが表れる言動がある。 健はそのささやかな言動に気付きはしているが、確信するまでにはいかないので、読んでいてこちらがもどかしい気持ちになってしまう。 その二人の近すぎず、遠すぎずな距離感と、日常と、特別な日と、僅かににじみ出てくる二人の気持ちがとても純粋で、初々しくて、全ての時間が大切なものになっている感覚にもなる。 主人公、山口健の一人称で物語は進む。そのため、健の高校入学時から卒業までの高島さんへの思いの変化が素直に描かれている。健が自分の気持ちが分からない様子、自分の感じているものに確信する様子を読み取ることができる。 一方、高島さんの気持ちは、健の目を通してでしか見えない。読んでいる側としては、高島さんの気持ちは分かるし、察することもできるが、でも健はその行動を認知していても高島さんの本心までは察することはできない。それがもどかしさに繋がっていたように思う。 セリフからは高島さんの元気っぷりが表れていて、高島さんの可愛らしさが描かれていた。 高校生の日常、その全てが青春で輝いていて、全てのページが愛おしい作品である。

0
月瀬沙耀

最近の「いいね!」

エブリスタファンタジー

星集めの絵

ケンタウルス、露をふらせ

 夜空、星空といえば、とにかく私は宮沢賢治の作品に描かれる黒か濃紺のイメージを持っているのだけれど、「星集めの絵」がそういう背景だと描写されていて妙に納得してしまった。  だが同じ心象映像を想起させるのに、宮沢賢治と夏木さんでは作品から受けるイメージが大きく違う。前者はいつまで経っても夜のままでひんやりとした世界であり、夏木さんの作品はラストで陽の光の眩しさ、温かさの中へと場面転換していくからだ。  たしかに「星集めの絵」では人の死、という究極的に暗いテーマは取り上げられていない。だが主人公が役立たずな魔法しか持っていないことや、その能力ゆえに両親を苦しめてしまったトラウマ、ステラが間もなく失明するであろうことなど、十分に暗くて重いテーマを内包している。  宮澤賢治の作品の多く、たとえば「銀河鉄道の夜」は確かにハッピーエンドではないものの、救済がないとは言い切れないだろう。「よだかの星」や「雁の童子」は同様に夜空を想起させる作品であり死が結末だが、そこが終わりではなく、死んだ後にこそ救済がある……と読み取ることもできる。  では何がそんなに違うのか? といえば、パートナーの存在ではないか、と私は思う。  どちらも孤独だった主人公とステラ、使い途のない魔力の持ち主と、生まれ持った素晴らしい魔法の力を間も無く使えなくなってしまう女性とが出会う。それは雇用主とアルバイトの関係から始まり、主人公の願いが「ステラの願いを叶えたい」という方向へ傾くことをきっかけに同じ一つの願いとなり、互いが互いを救済し合う関係になっていく。主人公は視力を共有させること、ステラは彼の能力にも使い途があると可能性を提示することで。  世の中には慈善を為すこと、恵み与えることが至高の徳で、それを幸せと感じる尊い心の持ち主もいるだろう。だが主人公たちの見つけた幸せは与えることよりも、相手に求めること、ではなかっただろうか。  お互いが相手に求めれば、お互いが相手に「求められている」ことになる。求められもせずに与えるよりも、求められて与えることの方がより幸せである、そう感じるのは私だけではないと思うのだ。  アルバート青年が、彼女の求めに懸命に応えようとしたように。  この作品は、場面ごとの明るさや天候が効果的に演出されている。未読の方はぜひ、読んでいただきたい。 はやくもよいち

カクヨムSF

機械仕掛けの死神《デス・エクスマキナ》 〜人類が奴隷に堕ちた日〜【超美麗イラストあり】

心情描写が光るファンタジーの最高作

 新米兵士の主人公が戦場で謎の少女と出会い、様々な経験をして変わっていく小説です。  主人公の細かな心情描写が光り、作品に説得力があります。  出てくるキャラクターも個性的で印象に残ります。  世界観も細部まで作り込まれていて読んでいて面白いです。  また文章での表現の仕方がかっこよくて読んでいて続きをどんどん読んでいってしまいます。  どの点を取っても素晴らしい作品だと個人的に思います。  皆様にもぜひ読んでいただきたい作品です。

ノベルアップ+SF

電脳猟兵×クリスタルの鍵

主人公が選ぶ未来とは? アクションが見どころのSF、群像劇。

【物語は】  序章のニュースにて幕を開けていく。  主人公は賞金稼ぎ。この賞金稼ぎには、いろんな制約があるようだ。実際に彼らが活躍する場面から始まっていく。  その中で、賞金稼ぎとは実際どんなことをするのか? などが明かされていく。  彼らがこの時、対峙した相手とは? 【物語・世界観について】  ある事件から物語は始まっていく。クリスタルというものが情報の媒体になっているのだろうか? この時見つけたクリスタルから引き出した情報は、主人公にとって何か因縁があるものが混ざっていたらしい。  その詳細については今後明かされていくものだと思われる。  この世界の全員がそうなのかは分からないが、彼らにはナヴィゲータというものがいる(ある)ようだ。この電脳システムについては、まだ詳しく分からないが。  そして、それぞれのナヴィゲータ(電脳空間を渡る擬似人格)は性格が違うようである。  「」の形の種類によって会話がどこで(*)なされているのか、分けられているようである。 *「どこで」とは、電脳や表の会話など。 *かなり特殊な書き方をしていると感じた。 【登場人物について】  主人公の他によく登場するのは、同業者のロジャーという人物である。  主人公であるジャックは硬派な感じがするが、彼はどちらかというと軟派な印象。  その上、自由人のイメージを持った。  それぞれのナヴィゲータとのやり取りは、個性が出ており二人の性格が分かりやすいものとなっている。  序章で手に入れたデータに対しての二人の反応は異なる。ジャックは乗り気ではなさそうだがあらすじの内容からすると、いずれ考えを変え自ら関わっていくのかもしれない。 【物語の見どころ】  かなり特殊な書き方をしていると感じた。  「」などの後を改行しない部分が多くあるため、怒涛の勢いでストーリーが進んでいるような印象を受ける。  全体的にスピード感のある物語である。ただ、好みは分かれると思う。  男性のような話し方の女性が出てくるので、彼なのか彼女なおかいまいち掴み辛い部分もあるが、この物語はロマンスよりもアクション重視の物語だと感じた。  主人公が冒頭から続く事件の後、ロジャーと別れ帰宅する。その時、家には侵入者がいた。この人物は古い知り合いなのだろうか? この人物との遭遇が彼にとってのターニングポイントなのでないかと想像した。  見どころとしてはアクション部分だと思う。  読了部分では、まだ彼が誰に対しどんな目的で復讐をしようとしているのかは分からない。多視点の群像劇でもある。  あなたもお手に取られてみませんか?  この物語の結末をその目でぜひ確かめてみてくださいね。  お奨めです。 *備考8ページ目まで