ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

詳細検索

レビューのみ表示

キミの声だ、ってわかるんだ

挫折はけして、絶望じゃない

 ずっとやりたかったことを否定され~ふとチャンスがめぐってきて~(承)ハッピーエンド  ここまでの作りは、きちっと押さえてあって、でも、「これは、ありきたりな話じゃないな」と感じると思う。そこが恐らく作者スパイス、味かなと。  (承)起承転結の承なのですが、流れよく↑にあがっていくのですが、へ?と、流れよく↓にも下がる、このターンはとても緩やかで、序盤に出てきた挫折とも違う。  「大人になってからの挫折と、子供の頃から尾を引く挫折って違うよなぁ」と染々しました…。  そこにエイトビートをぶち込んで「やるぞ!」まで行くと強くなれる気がするし、そんなときにまわりに誰かがいたら「やるぞ!」の叩き方が変わってくる。  しかし、穏やかな風のような音。これを聞き取って欲しい。沢山の意味がある。多分それは「表現」という感覚でない、体温で感じるもの、ごく自然な、当たり前な、馴染みあるものに。  誰がどう読むか、それは別に感想としては言わないでおこうと思う、言葉にすれば陳腐だし伝えられない。風の音、空気の振動、緩やかに、時にシンバルだって優しい音を出すものです。好きに生きていたい、伝わってくるような。そんな青春、それは音波信号のようなもの。 良作ありがとう。

5.0
0
詩木燕二

メッセージ性のある物語

~あらすじ~ 水泳の県大会を前に、大山龍樹(中3)は、無自覚だが感染が確認され欠場を余儀なくされる。 すべてを賭けていた大会に出場が叶わなかった龍樹は、やる気を失くし勉強にも身が入らない。家に病気を持ち込んだ母親のせいでは無いと頭ではわかっているのに感情では処理しきれずにいた。 落ち込む龍樹に水泳部の友人である繁が声をかける。前向きにやって行こうというが、龍樹には響かない。 ライバル校の活躍記事を目にした龍樹は、努力が報われない思いをするために水泳をやっていたのかと、やるせなさを募らせる。 そのタイミングで繁から夏の思い出を作ろうと連絡が入る。 起承転結が明確な作品で分かり易い。 主人公・大山龍樹の理不尽な挫折から物語がはじまり、今まで打ち込んできた水泳の大会に出れず何もできないまま中学生活が終わろうとしている、やるせなさが伝わってきた。 今、このご時世で、主人公と同じ思いをした人は少なからずいるはずだ。 作中、高岡の言葉にある通り「努力が報われないことも、理不尽なことも世の中にはあるかもしれない」 しかし、それを乗り越え、続けることによって、見えて来るものがあるのではないだろうか。と訴えかけるお話でした。

4.5
0
asato umi