レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

詳細検索

検索結果:3717件

レビューのみ表示

最近の「いいね!」

稀人オークと三十路の乙女

感情を持つ誰かと向き合うということ

本作は現代社会に、異世界ファンタジーの住人が稀人としてやってくる物語です。そんな彼らを邪険にしたり特別扱いすることなく、感情を持つ一人として主人公が相対していく物語は、種族等に全く関係のない、人として大切な"情"というものを感じます。 彼らが紡ぐエピソードも、心温まるものから、それぞれが抱える過去と向き合うものまで等、多岐にわたります。個人的には、現時点での最新話で主人公の過去の象徴である登場人物との決着がどうなるのか、が気になりますね。 今後彼らがどうなっていくのか。稀人がどうしてやってくるのか。続きが非常に楽しみとなっております。 他の皆さまも是非読んでみてください。

箱庭物語

色々な賞の選考にも残った、本と旅する物語。

『異本』と呼ばれる特別な本を集める物語。 現代世界が舞台ながら、その空気感はまるでファンタジーの様です。 こちらの作品は第6回カクヨムWeb小説コンテストの中間選考を通っていたり、 ノベリズム大賞では選考を通った上に主催側から言及を頂いているほど優れた作品です。 内容も実に美しく、キャラクター同士の掛け合いから始まるのが印象的でした。 話が進むにつれ世界観や目的が分かっていくという構成が実に素晴らしく、それだけで世界観にどっぷりと浸れます。 また本に関する知識も豊富で初版に関する出来事が話のキーになっていたり、フィクションながらベルリン崩壊といった実際の国の歴史や文化も作中に登場するなど、現実世界の出来事にも造形が深く描きたいものがしっかりと伝わる内容です。 シンプルかつ洗練されたタイトル、そして本を開けば仕掛け絵本のように溢れる魅力の数々。 是非貴方も一読してみては如何でしょうか。 私も陰ながら応援しております。

私は壁になりたい

真面目に読むと実は結構詰んでる(※真面目に読むものではない)

 進路希望調査票に「壁」と書いてきた女子生徒との、一対一の進路相談に挑む女教師のお話。  テンポよく切れ味のあるコメディです。場面固定かつ一対一の掛け合いという形式で、特に語り口の起伏や言い回しの妙で引っ張っていく内容となっており、つまりはショートコントのような軽妙な掛け合いの妙味を、小説という形式の上に再現しているところが魅力的です。  普通にコメディとして楽しく読んでいたのですが、でもこれ真面目に読むと実はものすごい勢いで詰んでいるのでは、というところもなんだか愉快でした。真摯に生徒のことを思ういい教師ではあるのだけれど、でも生徒自身の自主性を尊重しすぎた結果明らかに悲劇を助長している先生。そして想像以上にどうしようもなかった『壁』の正体。一切の遠慮なく一方的に垂れ流される欲望のおぞましさに、自身に向けられた暴力性すら跳ね除けようとしない先生の健気さ(あるいはヘタレっぷり)。読み終える頃にはなんだかDVによる共依存にも似た関係性が成立しつつあるようにすら読めて、いやもしかしてこの人らある意味相性ぴったりなのではと、そうごまかしてはみたものの結構身につまされる部分もありました。人の振り見てなんとやら。  単純に個々の掛け合いそのものも面白いのですけど、でもこうして見ると「いやいや結構な惨事ですけど?」と、そんな状況をでもサラリと飲み込んでしまえる彼女らのタフさにも笑えてしまう、つまりはしっかりキャラクターの魅力をも見せてくれる素敵な作品でした。

通知

こちらはユーザー用の機能です。

to_top