ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

asato umi

読書専用のアカウント 主に恋愛・青春・BLを読みます

全文表示

うさぎは何を見て跳ねるのか

詩のような文体です。 淡々と物語が進んで行きました。 1万文字まで読みますとのお約束でしたが、最後まで読み切りまして、数回読み返しましたが、なかなか話しが掴めませんでした。 私の読解力が足りなかったのかもしれません。 ~あらすじ~ 主人公、佐倉歩  高校1年 ヒロイン 高月リツ花  主人公、佐倉歩は平均的な高校1年生。ヒロイン高月リツ花は美しさで異彩を放つ存在。リツ花のファンは多い。 佐倉歩は放課後、学校の裏手を歩いているとウサギ小屋のウサギを撫でる高月リツ花と出会い仲良くなるうちに佐倉歩は恋心を抱くようになる。 高嶺の花と言われたヒロイン高月リツ花だったが、家庭に恵まれず、ガールズバーでバニー姿で働いていた(風営法はだいじょうぶなのか?) 駆け落ちを考えるが、生活力がない事を痛感。 自分たちはウサギ小屋のウサギだと揶揄する。 学校のウサギが死んでしまい高月リツ花は学校を辞めるという。 2人はキスをして別れる。 数年後、交差点で高月リツ花を見かける。 高校時代の大人になり切れていない微妙な年代の足掻いても足掻き切れない、切ない恋物語。 期待感の残る最後は良かったと思います。 恐らく、作者さんの中ではいろいろと書きたい事があったのかもしれませんが、それを書き切れていない様子です。もっと一つのエピソードを練って主人公やヒロインが何を思って、どう行動したのかが伝わると良いと思います。時系列も前後させない方がわかり易いと思います。 何回も読み直して、話しが飛んでいないか。なぜこの場面が必要なのか。気持ちは伝わっているか。など、作品と向き合って育ててあげてください。

3.0

揺れる想い

~あらすじ~  田上優里は、17歳の春。 友達の亀ちゃんの好きな人「田川」君と同じクラスになって隣の席になる。 最初は亀ちゃんの好きな人だから……と、恋愛のキューピットになるつもりで田川君と仲良くなった。でも、一緒に時間を過ごすうちに、段々と田川君の明るくて優しい人柄に惹かれ始めてしまう。 でも、優里には密かに付き合っていた彼氏がいた。何を考えているのか分からない彼に疲れていた優里は、段々と田川君の優しさと明るさに救いを求めるようになってしまう。そんな優里に、田川君が「悩みがあるなら聞くよ」と、声を掛けてきた。「田上は、なんでも一人で背負い込もうとするからな」優里の気持ちを掬い上げてくれる田川君。でも、田川君は亀ちゃんの想い人で……。 タイプの違う二人の間で揺れ動く優里。 彼女が選ぶのは…… ~感想~ 30ページまで読んだ感想になります。 主人公の一人称で物語が進む。 明るく元気な主人公に好感が持てる。主人公が嫌な子だと読者はついていけないので、ヒロインの田上優里のキャラクターは好感度が高く、応援したくなるキャラクター。 主人公の彼氏(一人目のヒーロー)である長塚は当初、主人公に対して冷たい印象を受けたが、思春期特有の男の子が持ち合わせる、彼女に対しての照れやどう接したら良いのかという戸惑いであったことが、本文を読み進めて行くうちに理解出来た。 もう一人のヒーロー役である隣りの席の田川君も好きな子にちょっかいをかける、男の子の不器用な面と優しい面が見えた。 設定したキャラクターが生き生きと描かれているのが良かったと思います。 物語の1/3の読了でしたが、エピソードからも主人公の切なさや喜びが伝わってくる内容でした。特に遊園地に遊びに行ったシーンはとても自然で、ふたりの緊張する様子が、友達に偶然出会う事によって、実況されて、読者にわかりやすい構成。長塚の普段そっけない面と優しい面も上手く描かれていました。 会話のつなぎの地の文を工夫されるともっと読みやすくなると思います。

3.5

おやすみテレフォン

高圧的な祖父に逆らえない父と母。抑圧された日々、そんな家庭に嫌気がさし、自分の生活費は自分で稼ぎながら大学へと通う主人公は、無理がたたりアルバイト中に倒れてしまう。体力的に追い込まれた主人公は、バイト先の友人から紹介された「おやすみテレフォン」という怪しげなバイトを始める。そのバイトは、電話越しに人の話を聞くという内容。思ったよりも健全なバイトだった。ある晩、新規のお客様からの電話。その声は、自分の父親だった。 「おやすみテレフォン」という怪しげなアルバイト。イマドキありそうなリアリティのある設定。それを作中では、上手く役立たせている。 父親の声に気付いた主人公の焦りや感情の動きが上手く表現されていて、物語へと読者を引き込んでいく。 家族だからこそ、こじれてしまった感情の縺れは、心の奥に深く根付き、なかなか許容できなくなる。「おやすみテレフォン」というアルバイト中の主人公は、むやみに電話を切る事も出来ずに言葉を選びながら、父親の話しを娘としてではなく、一歩引いた目線で会話を進める。そこで父親の苦悩を知ることとなる。 読者は父親と主人公の苦悩と心の葛藤に触れ「もしも、自分だったら……。」と思わず考えてしまう、力のある作品でした。 希望が見える最後。読後感も良い作品でした。

5.0

asato umiさんの読んだ分布

読んだ文字数:11万831文字

サイト割合

4 (100%)
■エブリスタ

ジャンル

ヒューマンドラマ

3

恋愛

1

asato umiさんの評価

5

2

4

3

3

4

2

0

1

0