ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

詩木燕二

投稿サイトで活動中。 世界一優しいマイノリティ人種です。 ※レビューは好きで書いていますので、もしもTwitter等で見つけられた場合、お返事は作者様にお任せします。 Twitterで繋がりがない場合、各サイトの作者様プロフページを掲載し、ツイッターにて紹介させていただきます。 ※もしもレビューにご不満がありましたら、お申し出くださいませ。

全文表示
エブリスタBL連載:56話完結

キミの声だ、ってわかるんだ

挫折はけして、絶望じゃない

 ずっとやりたかったことを否定され~ふとチャンスがめぐってきて~(承)ハッピーエンド  ここまでの作りは、きちっと押さえてあって、でも、「これは、ありきたりな話じゃないな」と感じると思う。そこが恐らく作者スパイス、味かなと。  (承)起承転結の承なのですが、流れよく↑にあがっていくのですが、へ?と、流れよく↓にも下がる、このターンはとても緩やかで、序盤に出てきた挫折とも違う。  「大人になってからの挫折と、子供の頃から尾を引く挫折って違うよなぁ」と染々しました…。  そこにエイトビートをぶち込んで「やるぞ!」まで行くと強くなれる気がするし、そんなときにまわりに誰かがいたら「やるぞ!」の叩き方が変わってくる。  しかし、穏やかな風のような音。これを聞き取って欲しい。沢山の意味がある。多分それは「表現」という感覚でない、体温で感じるもの、ごく自然な、当たり前な、馴染みあるものに。  誰がどう読むか、それは別に感想としては言わないでおこうと思う、言葉にすれば陳腐だし伝えられない。風の音、空気の振動、緩やかに、時にシンバルだって優しい音を出すものです。好きに生きていたい、伝わってくるような。そんな青春、それは音波信号のようなもの。 良作ありがとう。

5.0
エブリスタBL連載:2話完結

呼吸する貝骸

呼吸をどう読むか

 タイトル、正直これだけで語り尽くしている気がする。  作者さん配慮で所謂“地雷”と呼ばれるだろうものが概要欄にありますが、まぁ、私の主観では概要にはそれだけの意味しかないだろうと思いますので、8,000字、読了14分とサイトさんに書いてありますから、身構えすぎることもなくさらっと読んでもぐっと読んでも良いのではないかなと思います。 【読み専視点感想】  “ふわっとしているという情景のわかりやすさ”が世界観に繋がっている気がします。切なさ、海、等といった交じり合い。これが喧嘩をすることもなく1本、として出来上がっている。 深読み派さんもさらっと読み派さんも恐らく満足するだろう文量だと思います。(深読み派さんは何回か読むとしても、丁度自分にストンと落とせるのかなと思います)  “余韻”是非嫌わないでください。読んだ方各々で多分、完結してくれるだろうな、という作者の委ね方、客観的にみても完結はお持ち帰り、出来るんじゃないかなぁと個人的に思います。恐らくそれが読者と作者の個性です。  恐らく、こってこてにジャンルに縛られ「これ、BLか…」と引き返したらそれは勿体ないかなと思います。却って、このレビューを読みこってこてに「BLじゃないんかいっ!」と去ってしまう方へも、勿体ないと思いますし、というふわっと世界観。  交じり合い、しかし何故喧嘩にならないのでしょうかねという伏線を感想で勝手に撒いておいてからの、 【書き手視点感想】  表現力が幅広い。ふわ~っとしたものをしっかり書く文体、これ結構大変なんですよね…。てゆうかやはりタイトルが良くて。 「プロットォォオ!こてこてぇぇえ!起承転結ぅうう!」  という固定観念で多分、作ってないんじゃないかな、というのは私の邪推ですが。でも、だからといって纏まりがないわけではなく、AもBも表現法の一定化と言葉遣いがあるので、本当に「フィルムケースだなぁ」と思う。  8,000字でこの纏め方、感服…脱帽…。  私の感想文章力がこてんぱんにされている…こんなにカッコつけて書いてますが本当は一言「すげぇ…」しか出てこないんですよねー、ただ個人的分析を勝手に書いているだけで、現在2022/8/20の6:25現在…。不貞腐れそうなくらいの作者さんパワー…。私も拾いたいな、そういうの…。  以上、長々してしまいましたが、感想でした。是非読んでください!

5.0
エブリスタヒューマンドラマ短編完結

夕闇エモーション

エモーション、ロマンチック。

 読み終えてふと、演劇部だった中学生の頃の景色が頭に浮かんできた。私は音響でしたが、舞台のライトは上下がありまして、照明担当の部員がカラーフィルムを持って、ゲネリハの際に色々調節していたんですよ。  夕日のシーンだったんですが、ふと照明の人に「案外、青を混ぜるといいよ」と言われていた。上下どちらにいれるか、光の強さのバランスで夕日を作った。  と、自語りから入ってしまいましたが、作品のお話をします。  冒頭はパッと、照明が点いたような「目覚め」。  映画を一緒に観て語り合う友人、そんな何気ない日常…いや、映画を観に行くのはいつもある日常の中、微炭酸のような刺激があると思う。この二人はなんの映画を観たんだろうなぁ。  ポツポツと友人の事を語っている心情描写。そしてどんどんと青が濃くなって行く。  一日の中で、今日も暗くなってきたなぁと思う瞬間は、青とオレンジだと思う。徐々に徐々に秒単位でじりじり、じりじりと青が勝り、気づけば夜、そこから寝て、また朝が来た頃には白に近い日の光になっていると思う。最後の電話は何色の音だったのだろう。  またきっと明日、冒頭のようにパッと日常がある主人公と、記憶の中の友人。短編で上手く切り取っているその空気感に、爽やかさと寒々しさを感じました。毎日は常に、ロマンに溢れています。  良作ありがとう。

5.0
アルファポリスBL連載:45話完結

永い春の行く末は

タイトルで全てを語っている

 か。いや、そういうわけではないだろう。  情というものほど厄介なものはない。そしてこれは「怠惰だな」と自己満足かつ自分勝手に決めつけてしまいがちだ、こういった点が恐らく「厄介」に当たるのだろうと思う。   「やっとの思いで付き合っちゃいました」の、人生最大の盛り上りで“物語”は終了してしまうケースが圧倒的に多い。何故、物語を読んだあとに「でも現実と違いますわな」と離れてしまうのかなと考える。その先の生活がまるでないかの如くだからかもしれないなと考えた。  ……いや、まぁここからが私の主観です。    あるよなぁ~熟年って…この、なんだかわからん変な気遣いとか~!と勝手に自分に持ち帰りました。あれ、これレビュー文字数足りるかな。  脱帽だ…と思ったのは、そうなのよね、男って曲げられないのに神経細いから、そう、レズビアンとは全く違うモダモダが生まれちゃうのよねぇ…と。  アットホーム型(世界一優しい人種と私は呼びますが)バイセクシャルさんには、一方向で進んで行く相手の機密さってものが微妙に拾えないのだが、アットホームなだけあってサバサバしていたりしちゃって…(多分間口は広いんだろうが…)と、←この範囲はBLではない場所。でも、マイノリティの摩擦は場所の違いだけだったりする。根本は同じセンチメンタルとハッピーがある。  で、こちら作品はBLなわけでして、最早直球で「一方向で進んでいく男に於いての同性愛~晩年型~」をバチっと書けていていやぁこれほどピッタリなジャンルでリアリティ、なかなかないよなとなんか…凄く感銘を受けました。(ちょっと何言ってるかわからなかったらすみません) 春ですかね。秋も春と似ているような気がします。でも、桜は年々良さがわかるようになる。当たり前に「10年単位」と相手を眺めるのが人生奥深き。  私は最後、彼と共に近間の桜を眺めた気に浸れました。良作ありがとう。 ps.後記  このレビューは、オノログさんの対象でなかったサイトに直接去年に書いたものだが、今日(2022年1月31日)ここに書くまでに後日談がある。自費出版されたのだ!  しかも現在、番外編プロットを練っている最中だそうだ。楽しみはまた増える。春は、もう目の前です。

5.0
エブリスタ恋愛連載:6話完結

藍 深紅 ……

 私は以前、連載終了したあとに読んだので、いま連載中であったとしても完結するはずです。確かあと2/3あったかなぁ?(10万字行っていたような、行っていなかったような、くらいの読みごたえ) 【現在公開中分のご新規さん向けレビュー】  青春の生々しさ、家と学校では違う顔、と言う強弱がリアルです。文体が淡々としているので、あっさり登場人物へ移入することができます。  ボトルフラワーや「涙の味、わからへんかった」等、多感な女子高生、それが淡々と続く日常、ずっとなんもない日常をこうも淡々と続けられるとな…ではないんです。青春って、皆当事者の頃はなかなか拾わなかっただけで、大人になると面白く、拾えばキラキラしていますよ。そのポイントをがつっと押さえてあり、じわじわとくる。  思春期独特の、恋愛が少し怖い(大人の勇気のなさとはまた違う)女の子と、どないしたらええんやともがく男の子。上手く行っても行かなくても(2021/12/26現在57p)切なさ、暖かさ、殺伐さがある作品です。 【作者様への言葉】  以前読んだ頃より、遥かに達観している気がしました。以前も誰に寄っているのかな、まぁ、主人公の背中なのですがもう少し離れたような。これを良いとするか悪いとするかは読者様次第かなぁと、間口、司会は広くなったような気がします。当時の感じもかなり生々しく胸につまりましたが、これはこれで作者様のセンスが折り交ざり、それでも「うるさい作者主張」ではないので、本当に作品と共に歩んでいるなと感じました。

5.0

詩木燕二さんの読んだ分布

読んだ文字数:219万2888文字

サイト割合

56 (82%)5 (7%)4 (5%)2 (2%)1 (1%)
■エブリスタ■アルファポリス■カクヨム■ノベルアップ+■小説家になろう

ジャンル

ヒューマンドラマ

19

BL

12

恋愛

6

詩・童話・絵本

6

SF

5

ファンタジー

4

ホラー

4

ミステリー

3

コメディ

2

その他

2

ノンフィクション

2

歴史・時代

1

純文学

1

青春・ヒューマンドラマ

1

詩木燕二さんの評価

5

65

4

3

3

0

2

0

1

0