レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

ジジババだって恋がしたい

作品詳細
繁蔵は今年七十五にもなる爺だが、散歩に出かけたある日、公園で読書をする花江と出会い心を惹かれる。 そんな感情をこんな歳の爺さんが持っていいものかと繁蔵は葛藤するが、花江にはある秘密があり……? 「5分で読書 テーマ 誰にも言えない恋」 応募作品となっています。 初投稿作品です。お楽しみ頂けたら幸いです。

70過ぎの独身お爺さんが中学生みたいな恋をするほんわか切ない短編

5.0
0

70過ぎでも魅力的な人に会えば恋をしてしまうもの。そしてすれ違って挨拶する小さな恋が始まるのですが、お婆さんの方にのっぴきならない事情があり…。

クライマックスは切ないのですが、始終ほんわかしててお爺さんの恋を応援したくなり、ライトな文体もあり、サラッと読める短編で面白かったです!

あっさん

登録日:2022/6/23 20:35

更新日:2022/6/23 20:28

問題を報告する

こちらはあっさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

あっさんの他のレビュー

おすすめレビュー

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet!

同棲ものの傑作

同居に戸惑いながらも少しずつ距離を縮めていく糖分高めの作品。 コーヒーを用意して読んでください。

死に戻りの魔法学校生活を、元恋人とプロローグから (※ただし好感度はゼロ)

切なく甘い、魔法学校を舞台にした青春恋愛小説

1話から、ものすごく引き込まれます。初めて読んだときは徹夜で読破しました。切なさや感動で泣けるシーンも一つや二つではなく、本当に最初から最後まで素晴らしい作品です。 恋模様は、切ない部分はもちろん、甘い部分もいっぱいあります! 死に戻りをしてようやく恋人と再会できたと思ったら、彼は自分を覚えていなかった……という切ない始まり方ですが、ヒロインのオリアナちゃんが明るく前向きに頑張っている姿に癒やされますし、心から応援したくなります。切なく悲しいだけではありません。元恋人のヴィンセントも、本当に応援したくなる男の子です! たくさんのキャラクターがみんな個性的で魅力的で、生き生きとしています。よく練られた世界観と巧みな文章表現で、作中の世界が鮮明にイメージでき、しかもキラキラと輝いているような印象です。オリアナちゃんとヴィンセントの恋愛模様だけでなく、周囲の他の人物たちとの友情や、彼らの間で繰り広げられる恋模様、家族愛も丁寧に描かれています。 何度読み返しても色褪せることなく、毎回感動して泣いています。本当の本当に素晴らしい作品です。 ぜひ読んでください!

【恋を知らない『わたし』と愚かで愛しい人間たち】

恋を知らない不思議生物の独白

 人のふりをして巷間に紛れる『同期体』という生き物と、その観察したとあるひと組の男女のお話。  あるいは、男女それぞれ二名ずつの仲良し四人組の青春群像劇。ただそのうちの男女各一名ずつが『同期体』で、お互いに意識を共有する関係——というか実質『わたし』というひとつの意思の支配下にあるいわば端末みたいなもので、つまり個々の肉体を超越したところに個体としての自我があるため、世に言う『恋』を知ることがない、と、いまいち上手く要約できませんがだいたいそのような物語です。  お話はすべてこの『同期体』=『わたし』の視点を通じて描かれていて、つまりは四人組のうちの残り二名に関わりながらその様子を観察するような形でお話は進んでいくのですが、この『わたし』の独白というか思考というか、考えの変遷していく様がとても魅力的です。  この同期体さん、要はSFやファンタジー的なすごい生き物というか、少なくとも個体としての人間よりは優秀で、なおかつそれを自覚しながら人の世に紛れる立場にあるのですが。そのおかげかどこか神の視座にも似た冷徹な話しぶりの、その確かな説得力とはまるで裏腹のこの情操の芽生え。いや裏腹というのもおかしいのですけど、でも大雑把な言い方ではある種のギャップのような、もう少し丁寧に言うなら『人とは全く違う種の中に生まれた人らしい感情』であるからこその美しさというか、とにかくくっきりと浮き彫りにされた何かの、その厚みのようなものを感じました。  いや実際、序盤なんかはゾッとするところもあるというか、おそらくは人類と敵対的な関係にあるはずの存在なんですよ。人知れず人の世に紛れる異種の生命体。本来相入れないはずの存在が、でもまっすぐな青春の風景を通じて、我々と同じ何かを共有してしまう光景。どこか危うさのようなものを孕みながらも、それでもこの結末と同じ風景が続くことを信じさせてくれる、優しくも力強い作品でした。

今宵の夜伽は、君に捧げる。

今宵は誰の物語を紡ぎましょう――、三者一羽の色に惑う、中華幻想恋愛譚。

 中華ベースの異世界宮廷で織りなされる、溺愛系恋愛ファンタジーです。  気質の違う三人の皇子、そして美しい妖鳥が想いを向けるのは、宮仕えをしているしっかり者のヒロイン。三者一羽の愛情はまっすぐでわかりやすく、反面、ヒロインの朱衣の心は序盤ではあまりわかりません。  皇子たちを一人一人掘り下げて描いていくうちに、彼女の想いと宮廷の現状が少しずつ紐解かれていきます。  乙女ゲームや少女漫画のような王道のストーリーラインですが、朱衣の父親である「先生」との日々を三人の皇子たちが回想する流れは、この物語のもう一つの軸のように思います。  幼いときの思い出と今の朱衣との関わりが、彼らの生き方をどう変えてゆくのか。国の在り方にも関わるその変化も、見どころかなぁと。  甘い恋にほんのり苦い毒が混じる恋愛劇、ぜひご一読ください。

星鳴らす姫の歌う大地で

浮遊感ある世界、記憶喪失の村娘が聖女誘拐の容疑で捕まりかけ…

浮かぶ島が舞台の中、記憶が欠けている女主人公エシアがある日いきなりやった覚えのない聖女誘拐の容疑で、聖女の遺体を探す聖域府の役人に捕まりかける所から始まります。読み進めていく内に段々と主人公の記憶や、聖女誘拐の悲しい真相、幼馴染の騎士リグリアスとの三角関係が判明していきます。 淡々と読ませるサスペンス、そんな小説が好きな人には刺さるかと思います。 完結してます。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top