ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

小説家になろうファンタジー10万文字以下

雨の国

ぞーいーさんのレビュー

語り手を通し、「異国の地」を敬意を持って描いた作品

5.0
3

かなり前、恐らく8〜9年くらい前に読ませて頂いた作品ですが、今でも心に残っている1作です。

というか、この作者さんの作品は大抵心に残っています。


冒頭から丁寧な描写で、ゆっくりと物語に引き込んでくれます。

語られる雨の国の素朴な生活や人々の描写も興味深かいものでした。

こういう風に、その土地そのものや、そこで生きることの意味をしっかり作品から感じられるところが本当に素敵だなと思います。


それに、何より、仕方なしに生まれていったしきたり、考え方を否定するような結末にならずに、逆にその土地で培われた少年や少女の優しさや強さがラストから感じられて、とても良かったです。

最終的に肯定にも否定にも結論をつけられない主人公の立ち位置も良く、主人公ではなく、主人公を通して「異国の地」を描いているという印象の作品です。

そのおかげで、読み手も偏った見方ではなく、ある種、その多くの風習に敬意を持って読めるのが、いいな、とも思いました。


ラストに垣間見える希望、未来への期待も心地よかったです。


個人的にはイアン君が好きでした。

やさしそうじゃないのにやさしい男の子って、いいなと思います。


読ませていただいたことを感謝したい作品です。

登録日:2021/7/18 08:43

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはぞーいーさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろうファンタジー

霧の町

霧の先に見える真実

『新島 葉月』それが彼女の記憶であり、自分という存在を確立する唯一の持ち物。  葉月の存在だけでなく、彼女が気が付いた霧に包まれた見覚えのない街の存在が、より一層あやふやさと言い様のない不安を煽ってきます。  そしてこの物語のを知る上で『理由』『願望』『真実』この三つの道を進む必要があります。その先に見え、知ることになる現実を見てあなたはどう思うでしょうか?  きっと色々な答えがあると思います。でも、なにが正解なのかなんてないのでしょう。  新島葉月の真実を、選択を最後まで見届けて欲しいです。  ☆ ☆ ☆  深い霧の中をさ迷う不安な感じが、綺麗にまとまった文章が鮮明に伝えてくれるので、新島葉月の視点で見ているような感覚で読めると思います。  霧が晴れていき真実に近づく感じがドキドキさせてくれ、続きが気になり一気に読んでしまいました。  文字数も七千字未満で読みやすい量ですが、読みごたえはあると思います。  読み終えたときに色々と考えさせられました。あまり書くとネタバレになってしまうので、是非読んでこの物語の結末を見ていただきたいです!

小説家になろうファンタジー

植物モンスター娘日記 〜聖女だった私が裏切られた果てにアルラウネに転生してしまったので、これからは光合成をしながら静かに植物ライフを過ごします〜

少女は花となり、やがて華となる(゚∀゚)

少女は仲間に裏切られ、失意と植物モンスターの中で、人間としての命を失う。 だが、当代随一の光の回復魔法の使い手だった彼女は一つの奇跡を起こす。 彼女は一輪の花となる。 意志持つ花は、やがて大きな華となる。 この作品を数多のファンタジーを舞台としたコメディー作品と同じと思って読むと大きな違和感を感じることになるわ。なぜならこの物語、コメディーを支える軽快な会話がほとんないの。 でも、それにもかかわらず物語は軽快さも楽しさも、そして華も失ってはいない。 実に見事な一人称で進められているのよ! この作風を根幹から支えているのはタイトルね。 そうこれはまさしく日記なの。 実に華のある日記なのよ。 ぜひ貴方にも彼女の私生活を覗き見てほしいわ。 すでに書籍化されている絶品のコメディー作品よ♥

小説家になろうファンタジー

にゃん銃士 ~姫を護るのは最強のにゃんこたち~

にゃんとも奇妙な転生劇

猫の獣人に転生してしまった主人公の大冒険とその後のまったりライフとなります。序盤は海賊と戦ったり、クラーケンとも!? 国に帰ってからは名誉ある称号を与えられ、好き勝手にまったりと生きています

小説家になろうファンタジー

御伽世界のアイデンティティー

人は皆、物語を紡ぎながら生きている

 望月友也。彼の平和な日常はある日の流れ星と共に終わってしまった。  不思議な本との出会いの後に訪れる、クラスのマドンナ的な彼女とのおしゃべり。楽し気なラブコメでも始まるのかと思いきや、突然現れる猫耳パーカーの謎の人物――。命の危険すら感じる冒険が、彼の望まぬ方向で突如始まってしまい。  彼を助けたのは織姫という少女。彼女と一緒に行った異世界には謎のかぼちゃ頭が…。  お伽噺をモチーフとした異能系バトル作品です。それぞれが持つ本の物語に沿った力を駆使して戦う事になるのですが、主人公の望月は最初はなんともへっぽこ。織姫とかぼちゃ頭のジャックは、そんな暗闇を歩く望月の足元を照らす灯。  メジャーなお話からマイナーな物語まで、世界各国の「お伽噺」をモチーフにしたエピソードと登場人物に彩られた、少し不思議な物語。見事なまでの比喩表現を駆使した情景描写は、映像が迫って来る迫力あり。  この作品はそんな世界の中で、織姫たちの手を借りながらも確かな歩調で成長する「彼」の元で生まれる新しいお伽噺。  あなたも堪能してみませんか?

小説家になろうファンタジー

Winning!-苦学生×ょぅι゛×祖父×変人-

個性的な四人が科学と論理で挑むのは、人なざる者ども?!

【簡単なあらすじ】 ジャンル:現代ファンタジー 日用品を買いに出かけた先で、主人公はある迷子の幼児をインフォメーションへ届けることになる。しかし届けたのはいいものの、名前も言わず連れが迎えに来る様子もない。その上幼児は主人公の服の裾を掴んで話さない状態。結果、保護者が迎えに来るまで一緒にいることになったのだった。まさか、後日その二人に再会することになるとは知らずに。 【物語の始まりは】 主人公と幼児を連れた年配の男性との出会いの経緯から始まっていく。日用品を買いにショッピングモールへ出向いた主人公は突如、コートの裾を掴まれた。視線を落とすとそこには迷子らしき幼児が。迷子センターに連れて行くも、名前も言わず困ってしまう。何とか服装だけで放送をかけて貰うも、なかなか連れが来ないという状況であった。 【舞台や世界観、方向性】 〈天が定めた理〉 この世で起きたことはこの世で解決するものであり、例えば犯罪を犯してもそれを裁くのは、この世に生きている”人”である。仮に何も悪いことをしなくても天が味方してくれることはないということ。 備考〈個人的に調べた用語〉 天佑とは……天のたすけ。天助。 チュニックとスモックの違い……チュニックは丈の名称。(例:ロング丈) スモックは上着のデザインの名称。(web調べ) EVA樹脂とは ……エチレンと酢酸ビニル共重合体させた合成樹脂。 この物語は群像劇。主人公以外の視点からも物語は紡がれており、彼女の知らない彼ら(幼児と祖父)の日常を垣間見ることができる。 幽霊について。 死神が間に合わない場合に幽霊となるようで、例えば自殺や殺害、事故など。恐らくこの物語で幽霊となってしまうのは、”想定外(寿命以外や予定外等)”の死によるものなのではないだろうか? 幽霊退治の論理が科学的である。 【主人公と登場人物について】 主人公は細かいことが気になってしまう女性という印象。幼児にパパと言われてしまう。一般的な女性にしては(モデルなどを省く)長身の部類に入り、髪もショートカットだった為だろうか? 仕事のために向かったスタッフルームで医師だという女性と遭遇。変わり者のようだが、会話のテンポが合っており、主人公とは気が合うような印象。 【物語について】 初めの場面から感動するシーンのある作品。迷子の幼児はなかなか彼女の服の裾を離さなかった為、最終的にはお迎えが来るまで一緒にいることとなる。ここで彼女の優しさや親切心が垣間見える。 主人公の通う大学は少し変わっており、運営母体はホテル産業である。自社の人材は自分で育てるという方針のようだ。彼女がこの大学を選んだのは”在学中にホテルの仕事をすれば、奨学金が出る”というシステムがあるからのようだが、このホテルの仕事とはホテルを運営する(ホテルマンやベルボーイ等の)スタッフという意味ではなく”怪力乱神を世から排除する”という特殊なものであった。(幽霊退治) 【良い点(箇条書き)】 ・中心となる四人の人物はそれぞれ性格が異なり、良いバランスを生んでいる。とても個性的である。 ・霊などの設定や倒し方など設定が細かい。よくありがちな陰陽師とかではなく、どちらかと言うと科学的であり新鮮である。 ・先進的技術(スマホやアプリなど)と古くからあるもの(霊など)のモチーフの融合がナチュラル。 ・幽霊などを見たことがなく倒したこともないが、論理的な戦い方なので分かりやすい(化学物質など)。身近なもので戦ったりするので(例えば塩)、想像しやすい世界観である。 【備考(補足)】13話まで拝読。 【見どころ】 この物語の設定で面白いなと感じるのは非科学的なものを科学で退治しようとするところだと思う。つまり力任せでも神頼みでもなく、知性と知識、閃きなどで解決していく部分があるということ。そして使用されるものは最近の物から、昭和に流行したものなど多岐にわたる。それはものによって良い部分や使える部分に着目しているということなのではないだろうか? そして主要な登場人物も個性的である。それぞれに役割があり、明るい雰囲気を作っている。年代が別々なことも、色んな時代のものを使っていることと合わせると、納得の組み合わせでもあり、バランスの良さも感じる。 主人公は元は、衣食住の保障と奨学金の為にこの制度を利用しようとしたのかも知れないが、とても楽しそうである。世界観の設定と登場人物たちに魅力を感じる物語だと感じた。12話からは登場人物が増え、物語にさらに奥行きも出てくる。彼らは敵か? それとも味方か? あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? この先どんな展開になっていくのか、その目是非確かめてみてくださいね。お奨めです。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録