ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

tatsukichiさんのレビュー

【完結】読了まで先が気になる長編作。ミステリーらしさを求める方は要注意。

3.5
0

完結作品 37話 224,511字 読了まで約7時間


文章力はそれなり。文芸寄りの文体です。

キャラの掛け合いは好み。万人が楽しめると思います。

ミステリー的な面白味は薄く、別ジャンルであるかのような印象。

設定や謎の開示は非常に上手く、常にワクワクしていられます。


以下、詳細をレビューしていきます。


舞台は現代日本。現実と変わりない世界に、超常の力を持つ存在"魔女"が溶け込んで生活している、という設定です。


主人公の青年は、"魔女"の一人である女性と協力して超常的な事件に挑みます。いわゆる男女バディもの。陰惨な場面もあります。


本作は現代ミステリーのお決まりと言える導入から、ミステリーとしては破天荒な最後を迎える、豊かなダイナミクスが魅力の作品だと思います。


幻想怪奇的な描写も綺麗に書けていて、雰囲気ある世界にすんなりと入り込むことができました。


ミステリー的な展開の妙に乏しく、各章にもう一捻りほしいと思わせる反面、ミステリー風ライト文芸として見ればテンポよく、だれることなく結末へ向かいます。


キャラクターはかなり良く、正義感が強く前のめりなヒーローと、ミステリアスでひねた性格のヒロインが好相性です。二人共気持ちの良い性分なので、結末まで読んで満足感がありました。取り巻く人々も個性的。


掛け合いも軽妙で面白いのですが、時折地の文に寄った説明口調になってしまい残念。おかげで話の流れが分かりやすいとも言えますので、一長一短です。


ヒーローとヒロインには深刻な悩みがあり、それが物語のキー、かつスパイスとなっています。この点は見せ方が非常に上手く、最後まで興味を持っていられました。


誤字脱字は少なく、ルビ等の設定ミスか何かが見受けられるだけです。


以上、刺激的な幻想怪奇譚を求める方、キャラクターの絡みを重視する方にはオススメの作品です。私も楽しく読めました。

登録日:2021/7/12 18:11

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはtatsukichiさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムミステリー連載:2話完結

あなたを死なせるための手紙

この文字数の中に、どれだけのドラマが詰め込まれているのか。

 一切の無駄がない物を読んだという気がします。  タイトル、キャッチコピー、第一話の文言ですら、この物語には必要な文章だったように思います。読了後にそれぞれ意味が分かったときに、ああ……という言葉しか出ないかもしれない。  姉妹だからこそ、というのでしょうか。深い愛憎というものを見た気がします。  手紙の形で物語られる二人の人生は、読み手にも色々な感情を想起させ、ラストに向けて不穏な空気を感じさせます。  手紙によって最後に残されるものが何か、ぜひ最後まで読み切っていただきたい一作です。

カクヨムミステリー連載:5話完結

全員犯人殺人事件

孤島洋館本格ミステリー中編。探偵役がクズなのも良い

特に記念日でも無いのに社長に顔見知りの集まる別荘に招待された主人公は、日頃の恨みにより社長を殺害。そこを探偵役に目撃されるが、探偵役は客をある部屋に集めてくれ、と持ちかけるだけ。そして探偵役は社長殺しの真相を語るのですが…みんな「自分が犯人です」って言い出します。探偵役も遺産目当ての犯人です。 どういうこと??って感じなんですが、ちゃんとしたトリックもどんでん返しも用意されていてきちんとミステリーしていますので、最後まで読むと「そういう事だったんだー!」ってスッキリします。 中編といっても3万文字くらいです。本格ミステリーお好きな方に!

エブリスタミステリー連載:3話

血塗れた手巻き時計

これから二人はどんな事件に巻き込まれていくのか?その真相は⁈

*3話まで連載中(2021年12月4日時点) 1 読む前の印象や予想など(表紙やあらすじなどから想像したこと) あらすじだけでは想像のし辛い物語ではある。 ・まずは手巻き時計の魅力から。 ローターを持たない手巻き腕時計は、自動巻き腕時計よりデザインや装着感、さらに耐久性にも優れる。(web調べ)ローターがないことで薄型のデザインにし易く、装着感やデザイン性にも優れているものが多いらしい。値段はピンキリ。 ・ディスカウントストア(ショップ)とは色々なジャンルの商品を低価格で販売している小売店のこと。 あらすじの手首を切り落とされる事件は、タイトルの手巻き時計に関係していると思われる。主人公たちは、ディスカウントストアの店員ということから、そこで販売した物がこの事件に関係しているのではないか? もしくはそこで買い物をした客が関係しているのかもしれない。果たして真実は? 2 物語は(どのように始まっていくのか?) 主人公の職場にて、朝のミーティングの場面から始まっていく。ミーティング内容の各売り場の予算を見る限りでは、そんなに大きな店ではなさそうである。色んな商品を取り扱っている、ドンキ○ーテのようなタイプの店だと想像する。その中で主人公のノルマは100万であった。時計売り場として高いのか安いのか、ものに寄るだろうが。主人公はこの後、どのように事件に巻き込まれていくのだろうか? 3 良かったところ。印象に残ったところ。好きなセリフなど。 ・名前のある人物が思ったよりも多めではあるが場面のみの登場人物もいる為か、話が分かりやすい。 ・フロア長がなかなかの演出家である。主人公に奇跡と思わておいてからの、ネタばらしの流れが良い。仲の良さを感じた。 ・作中では恐ろしい事件が発生しているが、主人公が天然なのか暗くなりすぎない。 ・先がとても気になる。 4 公開部分の感想 まだ8000文字程度なので、事件の全容は分からないが気になる部分で終わっている。ここまでの話しで分かることは主人公は少し天然でズレているタイプ。それは人を和ませたりするが、呆れさせたりもする。憎めないタイプの人物のようである。そして時計売り場には新人も併せ二人の女性店員がいるようだ。洋服店や宝石店でもそうであるがその店のものを身につける(販売の戦略して)ということはよくある。その利用法はそれぞれではあるとは思うが、少なくともこの二人は、今回の事件の被害者となりうる条件を満たしているようである。まだ巻き込まれる部分まで話が進んでいない為、どのような巻き込まれ方をするのか分からないが、被害者になってしまうのか? それとも事件を解く側になるのか、非常に興味深い。今後の展開に期待。 5 物語のその先を想像して 2021年12月2日時点での公開済の部分では、非常に気になる部分で終わっている。無事に部下が帰宅で来たのかも分かっていない。 犯人の目的が想像し辛い事件である。もし、時計を手に入れたいのならば殴打するなどし、気絶させてから奪うなどすればいい。もしくは手巻き時計を持っている人物に恨みがあるというのなら、そんな面倒なやり方はしないだろう。つまり、手首を切り落とすことに意味があると言える。果たして犯人の動機は何なのか? 次の被害者は誰なのか? 動機は見当もつかないが、現時点で被害者になりうる人物は5人いる。彼らが無事なことを祈るばかりだ。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

カクヨムミステリー短編完結

【短編】シニガタリ

短編と侮るなかれ、濃密な作品

カクヨムコンで佳作を取った作品であり、期待通りの面白さでした! きっとこの予想外な展開で審査員をも唸らせたんだと思います。 私は「――1――」の最後の一文と、エンディングが好きでした。 短編とはいえど濃密な作品を拝読できたこと嬉しく思います。

カクヨムミステリー完結非公開

閉ざされた輪の王国

愛憎は途切れぬ輪となり、永遠に続いて行く。

ジェフティ、アラディア、それぞれに継がれていく名のように、どこまでも受け継がれ繰り返されていく愛憎。途切れることのない輪のように巡り続ける残酷な運命に、どこか、ほんの少しでもその輪から抜け出る道を選ぶ方法はなかったものかと、ため息が出ます。 張り巡らされた伏線と、みごとな構成に、手技の光る作品です。

ログイン

新規登録